070共謀罪の最近のブログ記事

 落合弁護士が東京新聞のインタビューを受けられたようですね。
 相談なしでも摘発(東京新聞特報)

 コメントに値する内容が多い記事ですが、いくつか思いつくままに書いてみます。

| コメント(4) | トラックバック(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)
| トラックバック(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 本日中の強行採決は回避されたようです。
 「One And Only」さんからその旨のトラックバックをいただきました。

| コメント(1) | トラックバック(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 警察権力と共謀罪の関係について何かを書かなければいけないな、と思っていたところに例によって東京新聞の特報がタイムリーな記事を書いてくれていました。
 やっぱり現場の声をまず聞く必要がありますね。

 刑減免より犯罪組織が怖い(共謀罪 刑事が反対する理由)

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 共謀罪法案が治安立法または公安立法であることは間違いないところでしょう。
 公安関係事案は最も権力濫用の危険性の高い領域ですので、現在の司法関係者の公安関係事案に対する姿勢を示していると思われる立川自衛隊官舎ビラ撒き事件について考えてみました。

| コメント(25) | トラックバック(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 共謀罪の立証について考えてみました。

 まず、共謀共同正犯との関係で考えてみます。。
 共謀共同正犯の問題は、実行行為者との関係で、すなわち確定された実行行為の存在を前提にして、共謀共同「正犯」としての責任を負うかどうかの議論であり、その意味ではその理論的機能は、現在では正犯の範囲の限定の理論であるべきだと考えています。

| コメント(11) | トラックバック(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 昨日の「共謀罪の議論について」のコメント欄において若干触れましたが、共謀罪反対論において指摘されている濫用の危険というのは、共謀罪の適用にとどまらないものを含んでいます。

| コメント(2) | トラックバック(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 最近の刑事司法関係の話題として議論の中心にあるのが共謀罪のようです。
 国会の情勢を見ると、今後どの程度の法案修正があるかどうかはともかく、成立はほぼ確実と思われます。
 ブログ界をさほど広くない視野で見渡しますと、乱用の危険を強調した反対論が大勢のようです。

| コメント(5) | トラックバック(8) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)