エントリ

既に亡くなった伊藤栄樹元検事総長の書かれた本の題名ですが、確かに検事はよく騙される。
じゃあ、騙されっぱなしかというと必ずしもそうでもない。
嘘の話というものは、どっかしら変なところや不自然なところがあるもので、ほんとのことは分からないまでも、嘘だということが分かるときもある。
もちろん分からないときもある(^^;

私が検事になりたての頃、覚せい剤の自己使用の被疑者を調べた。
警察の調書によれば、逮捕当日にパチンコ店のトイレで使用したとなっている。
ところがその被疑者は突然困ったことを言い出した。

「検事さん、実はパチンコ店のトイレで使ったんじゃないんですよ。」
「ほんとは逮捕の2〜3日前にパチンコ店の近くの公衆便所で使ったんですよ。」

と真顔で言う。
そんなこまかいことどうでもいいじゃないかとお考えかもしれないが、日時と場所が違えば無罪になりかねない。
少なくとも公判担当の先輩検事に迷惑をかける。

私が「本当か?」
と問うと
「本当です。」
と答える。

私がどうしたかということは内緒にしておきますが、その被疑者はどうして私にそんなことを言ったのか、今でもときどき思い出す。

私を新米検事だと見てからかったのだろうか。
それともやっぱり本当のことを言いたかったのだろうか。

私はその被疑者を起訴したが、裁判では素直に起訴事実を認めて実刑判決を受けたと聞いている。

| コメント(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(7)

y-yabeさん


はじめまして。コメント&TBありがとうございます。
同業者の方からコメント&TBを頂けてとても嬉しいです。


私が直接,検察に触れたのは修習時代だけですが,やっぱり修習の中でも,「検察修習」が圧倒的に思い出深いです。


y-yabeさんの「騙される検事」の記事を読ませて頂きながら,自分の唯一の検察官もどきの体験,「検察修習での取り調べ」を思い出しました。


被疑者の突拍子もない発言に遭遇して,からかわれているのか,それとも何かの確信に基づいて言っているのか,相手の心を全く読めない「闇」に陥ったこと。自分が否認から自白に転じるに至った経緯を逐一説明して,「いい検事さん(私のことではなく担当検事のこと)に出会って人生をやり直せることに感謝する」等と言って涙を流し始める人。等々。
自分が関わった被疑者の顔や言葉は,今でも心に焼き付いています。


また,どういうわけか私は,y-yabeさんのように元検事の弁護士さんと意気投合することが多いです(事務所の中でも外でも)。

私が,検察官に対して,ずっと目に見えない憧れを持っていることが,そういう出会いを呼び寄せるのかもしれませんね^^


また遊びにいらしてください。私もまたブログ拝見させて頂きます。

公訴事実中の使用日時・場所に幅を持たせた、に一票。

とおりすがりさん、こんばんは

>公訴事実中の使用日時・場所に幅を持たせた、に一票。

否認事件ならともかく、一応自白しているのにそうそう幅を持たせることはできません。
というか当時はそんなこと考えも及びませんでした(^^;

シャブで否認から自白に転じたようなケースは,尿提出前2週間,県内及び隣接県内某所で公訴事実を構成していました。
また,部下職員にも,そのように指示していたし,注射ではなく,身体に接種しと書かせていました。
いったん否認した男は,嘘つきだと思い知らせてやるためです。

ところで,若いころは,良く騙されていました。
ビール数本を盗んだという泥棒を起訴猶予にしてやりました。
数ヶ月後,その男が,路上で寝ているのを発見し,近くの公園まで運んでやりました。
さらに数ヶ月後,焼酎泥棒で,その男は逮捕されました。
弁録で,「俺の顔を覚えているか。」と尋ねましたが,その男は,路上で寝ているところを助けてやったことすら覚えていませんでした。
どのような処分をしたかは,ご想像にお任せ致します。

日本語力などとほざきながら,「接種」と書いてしまいました。
「接取」が正しいのかな。

接種は,ワクチンなどを人体に加えること
接取は,栄養物を体内に取り入れること
と広辞苑第5版に書いてありますし,おぼろげな記憶をたどっても,「接取」と表記していたように思います。
ちなみに,ATOK基本設定だと「接取」とは変換されないのですね。
私のATOK辞書は,現場にいたころのままのはずなのですが,「接種」か「接取」かだんだん自信がなくなってきました。

こうなると必殺技,「極秘・検察文書」CD・ROMにあたって再確認すべきか。


身体に使用しという構成要件だけ言えば十分なのに,何故こんなに悩むのでしょうね。


もうひとつ,「部下職員に指示し」も誤りです。
正しくは,「部下職員のご納得を得た上」です。
検察同一体の原則とはいえ,起訴状の表記まで個々の検察官の独立を排除することなど,出来る道理もありません。検察は,軍隊であり,軍隊には,軍人の掟があります。

赤面する薩摩浪人

「摂取」だったと思いますが。
最近、覚せい剤自己使用の否認事件をやってないのでヤフーの辞書で検索してみました。

私に最もふさわしい「せっしゅ」は「節酒」のようです(^^;

節酒に一本
まいりました。ごめんなさい。
薩摩浪人

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント