エントリ

 裁判員制度の導入自体に反対するわけではありませんが、スムーズに軌道に乗るかどうかについては正直心配してます。

 その最大の理由は、対象となる事件が殺人や強盗致死傷などの人命にかかわる重大事件であることです。

 これでは泳ぎのできない人をいきなり背の立たない海か川に放り込んで、「さあ、泳げ。」と言うようなものではないでしょうか。

 もうちょっと単純・軽微な事件からだんだん慣れていくようにしたほうがいいと思うんですが。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント

  • コメントはまだありません。