エントリ

 法律論を離れて一言

 耐震強度偽装問題での当初の報道において、姉歯建築士が強い地震が起こった場合のことを問われて、自分が構造計算したビルが「ぐしゃっといくでしょうね」と発言した旨の報道があったと記憶している。

 そこまでの予測はできたようだ。

 では、ぐしゃっといくときに、その建物に人が住んでいるということは考えなかったのだろうか。
 建物がぐしゃっといったときに中にいる人がどうなるのか考えなかったのだろうか。
 この問題で、姉歯建築士にコストダウン圧力つまり強度偽装圧力をかけた人間が間違いなくいると思うが、その人間たちは、自分たちの圧力によって耐震強度が偽装され、きちんと基準を守っていれば倒壊などしないはずの建物が倒壊することを予想しなかったのだろうか。
 たくさんの人が死ぬかもしれないということを想像しなかったのだろうか。

 横井英樹という人物の名前を思い出した。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント

  • コメントはまだありません。