エントリ

 宇治小6女児殺害事件について、落合弁護士が容疑者のゼミ担当教授を、そして私が塾の経営者側の「人を見る目」を指摘し、それに対して落合先生のブログでも私のブログでもそれに対して批判的なコメントが寄せられています。

 私は、昨日のエントリで

 まさか大学生とはいえ大の大人が小学6年生とうまくいかないからといって、殺害に及ぶなどというのは想定外だったかもしれませんが(その意味で同情したいという気持ちもありますが)、もう少し適切な対応はなかったのかな、と思います。

と書いていますように、というかかなり微妙な書き方ですが、私の思いは、塾の経営者側に直ちに何らかの責任を問うべきというより、場合によっては事件を防ぐことができなかったのかな、という繰り言めいた感想であったのです。

 但し、コメントの中で気になることが一つあります。

 それは今回の事件を、容疑者と被害者との「相性」と捉えているご意見です。

 私は、今回の事件を「相性」のレベルで考えることができません。
 今回の事件は殺人事件なのです。
 これは容疑者の資質、性格、人格の問題です。

 事件が発生するまでは、周囲の人間としては、容疑者と被害者との「相性」の問題と見ていたかもしれませんし、それは無理もない面もあったかもしれませんが、事件発生という事実に基づいて見る限り、「相性」の問題ではなかったのです。

 結果論的な意見であることは重々承知していますが、結果の重大性を思うとき、残念な思いがしてなりません。

 ただし、今日の京都新聞でも指摘されていましたが、一度何らかの犯罪を犯したからといって、殺人予備軍のレッテルをはったりして社会から排除するような風潮が生じることは厳に戒められなければならないと思います。

 「人を見る」とはレッテルは貼ることではありません。
 文字通り、「その」人を見る、その人個人の本質を見る、ということです。

 決して簡単なことではありませんし、私なら見抜けたなどと言うつもりも全くありません。

 現時点では具体的な判断ができるだけの情報は全然不足していますが、少なくとも教育現場というのは、教える側には人を見る目がより求められますし、教師を採用する側にも人を見る目がある人間かどうかを見る目が求められていると思います。

 もちろん、何の手がかりもなしに人を評価することは不可能ですし、十分な資料もなしに適切な評価を下すこともできませんが。

【関連報道】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051214-00000005-kyt-l26
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051214-00000006-kyt-l26
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051215-00000016-kyt-l26

| コメント(6) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(1)

40代の私にとっての最新情報・重要ニュース - 【あえて暴言を吐く】堀本紗也乃さん殺害の謎 (2005年12月16日 10:39)

『「何で殺されなければならなかったの」「事件のあった塾に通っている親友がかわいそう」。京都府宇治市の学習塾で小学6年の女子児童(12)が殺害された事件は、周辺の... 続きを読む

コメント(6)

この件は、広島や栃木の事件とは違って、身近なシチュエーション(ある程度の学歴を有する人間にとっては特に)で起こっただけに、自分の立場に引き寄せて考えやすいのかな、と。
それだけに、いろんな立場の人から、いろんな角度の意見が出てきやすく、評価も様々になっているのではないかという気がしています。
(幼児性、という軸はカタいでしょうけど)

特にここの誰かの見解に反対、という趣旨ではなく、報道・BBS・ブログ等々見ていて感ずる印象にすぎないのですが。

最近の一連の幼女殺害事件は、死刑の是非についても論議を呼んでいるようですね。
「抑止力」の論点についてはいろいろ昔から考えてるんですが、まだうまくまとまりません。
(方向性は、「どうすれば『抑止力なし』との見解を論破できるか」なのですが)

わたしは「人を見る目」の重大性については大いに強調するべきだろうと思っています。

一つは16年間も@nifty フォーラム管理者をやった経験から「顔の見えないネットワーカを見抜く」ことの重要性を知っているからですが、もう一つ月曜日に驚く経験をしました。

http://youzo.cocolog-nifty.com/data/2005/12/post_0081.html

ここに書きましたが「殺人請負探偵の詐欺事件」を傍聴してきました。
この犯人、あっちこっちに散々迷惑をかけたあげくに詐欺で逮捕、2ヶ月間の勾留ということになったのですが、なぜする気もない殺人請負を引き受けて156万円を受取り、実行犯と称する人物を紹介したのか、法廷で聞いていてもさっぱり分かりません。

続いて、ここに書いたのですが

http://youzo.cocolog-nifty.com/data/2005/12/post_0783.html

犯人がなぜこんなことをしたのか分からないという点については京都の小学生殺人事件も同じだと思いますが、驚いたことに京都の犯人も前科あり、殺人請負探偵も前科8犯です。

前科者だからという以前に、いくら軽犯罪法違反レベルでも前科8犯であり、その後は喧嘩や家宅侵入で警察に調べられて、不起訴で現在に至るというのでは「反省しないで、うっかりするとすぐ犯罪に走る人物」となってしまっても仕方ないでしょう。

ではこの人物をネットワーク上でこのような人物だと判断していたか?となると、否です。

前後が逆になりましたが、この探偵との関わりは友人の悪徳商法?マニアックスの管理人 Beyond 君を始めとして、わたしの知人が脅迫されたりしたから以前から注目していました。

先に述べたように「ネットワーク上の会ったことがない人を判断する」ことの重要性を承知していて、経験も意識して判断するように心がけているわたしが想像出来ない人物だった、ということです。

やはり、人を見るといっても「想像力を働かせて判断する」だと思うので「想像外の人間」に出会った場合には分からないものなのだな、と思った次第です。

私は、塾を気の毒だと思ってます。
それは、人となりが変だと思って不採用にできれば
それはそのほうがよかったとは思いますが。
この人成績よかったんですよね。学習塾の講師は
人となりよりも成績とか、教える能力重視で当たり前だと思うし、子供の両親もそっちを望むんでないでしょうか?学習塾なんですから。
それに、前科がわからないなんて、あったりまえだと思うし、そもそも前科があったら採用しないほうがいいなんて、そっちの方がそもそもおかしいです。前の事件は不起訴だったときいています。知ってても採用するくらいでもぜんぜんOKだと思います。
こういうことが起きてしまったのは、あくまで殺したやつが変だったんで、採用しなければこんなことにはならなかったという単なる因果関係を、マスコミなどが責任問題にすりかえて追及するのは筋違いだと思います。

TBありがとうございます。

私の考えは、本件の塾自体というより社会全体における「塾」そのものの在り方に疑問を感じるところを核とします。

すなわち、生徒と接する第一線にいる講師を学力のみで採否を決定する塾のやり方、またその塾に対して全面的な信頼をおく家庭の考え方がおかしいのではないか。「塾の安全神話が崩れた!」みたいな報道がされていますが、塾はひとつの会社であって、もともと安全でもなんでもない。

起きてしまった事件の犯人の異常性を考えることもさることながら、こうした世の中の傾向を見直す契機として考えていきたいと思ったしだいです。

管理人様、こちらにお邪魔します。

私も「容疑者と被害者との相性」の問題と捉えることに疑問を持ちます。「相性」という捉え方は、両者が自立した存在、個として確立した同士の言葉だと思います。
確かに世の中には「虫が好かない人」「リズムが会わない人」「価値観が合わない人」が居ることは居るでしよう。でもその相手といつも衝突する必要は無いし、オトナなら「回避」する選択もあるでしょう。
つまり、仰るとおり「相性」と「犯罪」は別の次元です。
もっと言えば、自己を確立していないのに「自分に合わない」と勤め先をやめたりする風潮にも納得しかねます。「ジブン様」が増えているように思えます。

いろいろなご意見ありがとうございます。
関連報道を追記しました。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント