エントリ

広島女児殺害、トレス・ヤケ容疑者を殺人罪などで起訴(2005年12月22日0時42分 読売新聞)

広島市の小1女児殺害事件で、広島地検は21日、ペルー国籍のホセマヌエル・トレス・ヤケ容疑者(33)を殺人、死体遺棄、強制わいせつ致死罪で起訴した。

 ビートニクス先生も先生のブログで批判されているのですが 、私も、広島地検が殺人罪と強制わいせつ致死罪で起訴したというのは賛成できません。

 人の命というのはただ一つであり、故意で殺害した以上、それ以外の死因を観念することは論理矛盾であると考えるからです。

 ビートニクス先生は

弁護側が捜査段階で何度も記者会見等で、わいせつ目的ではないと述べたことに対して報復するために、あえて、強制わいせつ致死罪を適用して起訴したものと思われる。

と述べられていますが、私は、そこまで検察が△△の穴の小さい(慣用句辞典参照)ことを考えているとは思えません。

 そうとは思えませんが、広島地検(の上司)の自信のなさ又は感情的なつまり論理的でない発想又はかなり古い感覚を感じてしまいます。

| コメント(6) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(6)

故意殺人とわいせつ致死が,死を二重評価しているという批判ですね。
00の穴が小さい批判でしょう。

故意で殺したけど,その深層心理にエログロがあったと正しく評価されて,広島地検検事が起訴したと理解します。

殺害という一個の行為を,故意殺とエログロ殺の両面で正しく評価されたのであり,広島地検検事が誤ったとは考えません。

ちょっと言い過ぎかなと反省しながら,なお,投稿ボタンを押す小心者

強制わいせつ(や強姦)で殺意がある場合については、殺人と強制わいせつ致死罪(や強姦致死)の観念的競合、というのが以前からの判例であり、単純にそれに従ったものだと思っていましたが。
傷害の故意ある場合との刑の均衡からそうなる、と聞きました。

それとも、これ、まさか併合罪?

起訴状を読んだわけじゃないけど,モトケン先生や僕が驚いてるのは,そのマサカの世界かも?

僕もマサカと思いながら,併合罪説が立つとの信念(アホの信念,岩をも通す)で書いたの。驚いた?

併合罪? (゚д゚lll)ポカーン 

(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル

あ、すいません。思わずAA使っちゃった。

そうやろ。
驚くやろ。
びっくり仰天やろ。
くりびってんやろ。
そやから,こないに身も蓋もない驚きをし,アホが居直ってるの。
解った?
それとも,懲りた?
怖い世界やから,まともな受験生は近づいたらアカンよ。
でも,まだ,起訴状を読んだわけじゃないから,くりびってんする必要まではないかも。

>判例であり、単純にそれに従ったものだと思っていましたが。

なるほど。
お屠蘇気分で書いてましたので判例は失念してました(^^;
そうすると広島地検(の上司)に対する論評は修正する必要がありますね。
単に先例踏襲の無難な処理ということでしょうか。

>傷害の故意ある場合との刑の均衡からそうなる、と聞きました。

この問題については、よく整理されたホームページがありましたので紹介します。
http://www.devoting.net/mh/study/criminal.html

私としては、上記HPで紹介されている前田・大谷説に賛成です。

つまり、181条に殺意ある場合は含まれないが,傷害の故意ある場合は含まれる。傷害の故意ある場合には強姦致傷罪一罪,殺意がある場合には強姦罪と殺人罪の観念的競合が成立する、と考えます。

ただし、改正後の刑法に対して前田・大谷説を採用すると、

「前田・大谷説では,殺意ある集団強姦殺人では集団強姦罪と殺人罪の観念的競合が成立する(死刑,又は無期,若しくは5年以上20年以下の懲役)ので,殺意のない集団強姦致死の場合(無期,又は6年以上20年以下の懲役)よりも 処断刑の下限が軽くなってしまう,という不都合が生じるのです。」

ということになるようですが、実務的には処断刑の下限が5年か6年かなどというのはたいした問題ではありません。
集団強姦罪が成立する場面で故意による殺人が行われた場合に、懲役5年とか6年ですむはずがないからです。
つまり、前田・大谷説で何の不都合もありません。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント