エントリ

 ろーやーずくらぶの増田先生が紹介していたHP(ザ・スクープのクリップ)を見ました。
 捜査経過と公判の推移の詳細を知りませんので、起訴時点での起訴検事の認識と予見可能性がどのようなものであったのかが必ずしもはっきりしませんが、検事の目から見てかなり常軌を逸した事情があったのではないかと想像されます。
 つまり、精一杯控えめに言って、つまり目一杯検事サイドに立ったとしても、起訴には相当慎重でなければならなかった事案だと思われます。

 「相当慎重」と言うのは、検事自らが虚心坦懐に被疑者の取り調べを行い、自白に至る経緯について詳細に確認し、警察に対する自白の任意性と信用性について最大限の疑いを持ちながら調べる必要があったのではないか、ということです。

 ザ・スクープによれば何人もの自殺未遂者が出たとのとこですが、末端の買収・被買収ごときで自殺しようと考えることが不自然です。
 県民性にもよると思いますが、やったことを認めるより、やってもいないことを認めさせられることのほうがはるかに屈辱的であり精神的苦痛が大きいはずです。

 さらに弁護士接見の妨害と解任強要があったようです。
 これは重大な問題です。
 被疑者と弁護士との関係は、被疑者と弁護士だけの問題であり、仮に冗談であったとしても警察が被疑者に弁護士の解任を促すことだけでも供述の任意性を否定すべき事情になると見るべきです。

 それに加えて今回の自白強要の発覚ですから、もはやこの裁判は検察のこれ以上の立証を許すべきでない段階にあるように思います。

 このような自白強要が明らかになりますと、私の取り調べの可視化に対するスタンスも修正せざるを得ないかなと思います。
 ヤメ記者弁護士のヤメ蚊先生の、警察庁刑事局は可視化に反対?!における

そもそも、信頼関係を構築して得られたはずの自白がなぜ争われるのでしょうか。

という指摘は、取調べに携わる者が常に自問自答しなければならない問題だと思います。

 もっとも、ヤメ蚊先生がブログで使用されている「信頼関係」という言葉は強い皮肉を込めて用いられているようですので、私が以前に「信頼関係」について書いた記事とは意味合いが違います。

 文字通りに「信頼関係」を構築して得られた自白もありますが、鹿児島県警の自白強要事件は日本の全ての警察官や検察官の獲得する自白に対して強い疑念を生じさせるものです。
 その意味で、鹿児島県警は警察組織を代表して自分で自分の首を締めたと言うことができます。

 「自白を得る」ということと「自白調書を作る」ということの決定的な違いを、鹿児島県警の警察官も鹿児島地検の検事も区別できていなかった(現在形が適切かも知れませんが)と思います。

| コメント(6) | トラックバック(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(4)

情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士 - 職務質問に強制力〜山下弁護士の警鐘 (2006年1月 5日 19:51)

【政府内に「テロ攻撃を未然に防ぐには、警察官らによる立ち入り制限や強制的な職務質問が必要だ」との見方が広がっているとして、重要施設の警備に関する警察官らの... 続きを読む

鹿児島県警、ウソの供述を強要 県議選違反事件 (朝日新聞) - goo ニュース これは、2005年2月13日のTV朝日の「ザ・スクープ」で既報。 なぜ... 続きを読む

 近頃警察に対する不信を強くするような報道が目立っています。長野智子blogの方でも、久しぶりに警察絡みの記事が出ていました。 http://yaplog... 続きを読む

柳に風、暖簾に腕押しで人生万事塞翁が馬 - 大事件? (2006年1月13日 11:07)

鹿児島県警が自白を強要したという、ま、今までの警察の歴史からすれば「またか」というごくありふれた事件なのだろうけれど、だからといって掃き捨ててはならない大... 続きを読む

コメント(6)

だって,この私自身が,弁護人解任を受けたのですから,これ以上語る必要はないでしょう。
モトケン先生引用の,「虚心坦懐」に取調をしろという,捜査主任検事あて上申書の控えは,今も,このパソコンのどこかに眠っています。
無罪であることは,当番弁護士としての初回接見で明らかだったし,現在では,検事総長決裁を経て,公訴取消すべき案件だと考えます。

漫画のようなことが本当に起こりうるんですね。踏み出したら後戻りはでいないと言うことでしょうか?
 暴走特急みたいですね。一路まっしぐら。
 無罪率への強烈なこだわりについては最近耳にする機会がありませんが、なにか同じようなものに執着しているように思えます。
 未だに、神話のようなものを必要としているのでしょうか?
 同じ日に、仙台区検の検察官(副検事)による暴行未遂事件も報道されていましたが、ラジオでもテレビでも見る機会はありませんでした。先のわいせつメール判事の時も同じく、ネットだけの情報でした(週刊誌は見ていません)。
 不祥事には違いありませんが、胡散臭い神話が崩れてゆくのは、歓迎すべき、よき傾向と思います。

マンガどころか現場の警察の捜査方針の基本が見込み捜査,捜査して結論を出すのではなく,結論をだしてから捜査している様にみえます.冤罪は最近映画になった公認会計士さんとかまだまだ他にも有る.
 わたしも別件で検察に楯突いている身なので,身に覚えの無い件ででっち上げ捜査を受けたときは,供述もハンコも全部拒否で行こうとあらかじめ決めています.

こういう事例も検察庁がまともに対応できないのなら法務大臣が指揮権発動して当然だとも思っています.

鹿児島県警って鹿児島県人が殆どの構成人員なんでしょうか?焼酎が好きで、仕事以外で深酒気味、かなり飲む、そういう人達。これは警察官であっても同じかもしれません。
私は鹿児島県警に鹿児島に住む家族が嫌がらせを受けたりしているので、それを防ぎたいのだが、と報告したのですが、私には連絡無しで、勝ってに家族の電話番号を調べて家族に電話していました、
私が家族の電話番号や住所を書いていれば、それは適切かもしれませんが、なんだか変だと思いました。結局、家族から連絡はありましたが、その後も県警からは返信が無いので、普通じゃないと手紙を書いてみました。
気持ち悪いです。

警察についても話題ですが、民間の人もちょっと都会ではありえないような、変な民事裁判だとか、あるようです。
まあ、東京でも小泉総理大臣を不思議な理由で訴えた人がいたようですが、世の中には不思議な人が多いと思います。
お金が目的となると、いよいよへんです。
苦肉の策で訴えても、どう見ても変なんです。だって、お金が欲しいだけですから。
卑しさと貧しさと、意地汚さが、生き方と行動に現れている、私はたった5年いた鹿児島で、そういう人を数人見ました。

まあ、どこにでも変な人はいますが、良い人に見せかけたり、見栄をはったものの言い方をする人がいますが、方言があるにしても、こういうタイプは鹿児島、九州なんかではものすごく乱暴です。
すごいです。捕まって当然な態度です。よそでは捕まるでしょうが、あとからしかえしするからなんでしょうか?誰も警察を呼ばないでそのままだったりします。

土地柄で済まされて良いのでしょうか?
田舎で、相続なんかでもとんでもない独り占めが家長制度だとか、そういう考えのもとにまかり通っている人達もいるようですよ。それで、愚痴る人達もいる。

なんだか、いなたい、って(差別用語じゃないですよね?)あか抜けない悩みだと思います。法的にばしっと片付ければいいのに、裁判など起こしきれないでぐちゃぐちゃ悩む、噂が都会より先立って、本人たちの生活を蝕む、等々、いなたい、ってどっかの方言でしょうか?なんて言えばいいんでしょう?

すっきりしない不快感が残っています。警察もそういう家長制度の人達なのかな?って疑ってしまいそうです。
みんな友達としてつき合えば、良い人達だろうと思います。警察官を愚弄したいのでなく、裁判にしても何にしても、もう少し、人権の意味を理解して、法律の勉強をしないと、世間からずれた行為になりかねないと思うのです。

私は自分の職場で2件嫌がらせされたことがあります。やくざやさんと呼ばれている人が、仕事をできないようにしてやるーの世界です。警察に何回も手紙を書いたんですけれど、多分ほったらかしでしょうね。

この手が親戚にいると、もっとたち悪いです。外への挨拶、話とやっていることがだいぶ違う人達もいるでしょう。
でも腹黒いわりに、あんまりそれほどは儲からなかったり、捕まったりして、だめになっちゃたりするかも知れませんね。
そうそう、鹿児島のやくざは都銀とか大手の保険会社なんかの支店長に顔きかせて、嫌がらせで嫌いな社員や営業員を首にするように、その預金力でお願いするようですよ。
大口の預金が解約されたら、あるいは保険もですが、困るので言いなりになっていた人達もいたようです。
汚いですね。
でも、そうやって一般の会社経営者として幅きかせているんですよ。
そういうのが威張っている場所っていうのは、警察のモラルも疑わしいものです。
本当に大丈夫なのかな?ってね。

取調べ可視化に反対する根拠として、取調べの対象になっている被疑者と捜査官との間の「信頼関係」を阻害するという意見が捜査当局関係者からしばしば出ていますが、ここでいう「信頼」とは一体何ですか?捜査官と被疑者・被告人の利害のベクトルは180度逆を向いているのではないですか?検察官と被告人は公開の法廷で闘わなければならない関係ではないでしょうか?そういった間柄の二人に、一体どういう「信頼」関係が生じるというのでしょうか?また、なぜ「信頼」関係が必要なのでしょうか?

私の印象では、調書がなければ不安で不安でたまらない小心者の捜査官が、自分の仕事がやりづらくなることを恐れて頑なに反対している、そのようにしか見えません。「元検弁護士」先生はどう思われますか?

ちなみに私は東京地裁係属の国選事件の弁護を担当させられたことがあるのですが、その中で担当刑事が被告人の家族に対して弁護士を選任しないよう圧力を掛けた(具体的には、「弁護士など選任しては本人を甘やかすことになる、悪いようにはしないから云々」などと言ったということです)事件があり、対応に悩みましたが、先日大阪高裁で和解になった、高知地検検事の事件のように、やり取りを録音をしていたわけでもないので、問題にしてみたところで水掛け論で終わってしまうと考え、仕方なしに諦めたことがあります。

>Lori さん

信頼関係についてですが、以前にこんなことを書いています。

http://www.yabelab.net/blog/2005/09/04-190739.php

しかし、取調べの状況はさまざまであり、被疑者の立場もいろいろですから一概には言えないところがあります。

現状では取り調べの可視化は不可避だと思っていますが、そうなると可視化だけでなく、司法取引を正面から認める必要があると考えています。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント