エントリ

「堀江メール」は偽物 民主幹部が認める(北海道新聞 2006/02/21 06:38)

 あ〜あ、やっぱり
 という感じですね。

同党首脳は二十日夜、記者団に「メールの真偽は関係ない。大切なのは、銀行口座をめぐる問題だ」と強調し、メールが偽物だった可能性を示唆。二十二日に行われる前原氏と小泉純一郎首相との党首討論より前に、口座名などメールとは別の新証拠を公表する考えを示した。

 そんなものがあればとっくに出していると思うのですが。

 民主党はこれからどうするんでしょ?

追記(2月22日)
 既に各所で指摘されていることですが、銀行口座を巡る問題だということは最初から分かっていることであり、口座を巡る疑惑の唯一の根拠としてメールを持ち出しておきながら「メールの真偽は関係ない。」というのはいったいどういうことなんでしょう。
 こんなことを言っている同党首脳の名前こそ明らかにしてもらいたいです。

 北海道新聞に続報があります。
党首討論で新情報もメール問題 民主・前原氏(2006/02/22 01:50)

一方、自民党の細田博之国対委員長は同日、現金の振込先とされる銀行口座の開示を民主党に近く申し入れる方針を記者団に表明し、「何を恐れて民主党は口座を示さないのか。口座番号を知らないのではないか」と指摘した。

 当然の指摘であり疑問ですね。
 これ以上のコメントは党首討論に関する報道を見てからにします。

| コメント(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(3)

 こんにちは。

 先日は、再三のコメントいただき感謝しております。結構、素通りばかりでコメントくださる方は稀ですからね^^)

>民主党はこれからどうするんでしょ?

 野党ここにあり!!という失態ではある。前原代表には学ぶことも多いのですが、「民主党をまとめる」というのは極めて困難な課題になってます。このままだと代表を退くかも・・・。

 リンク設定させてもらいました。ご迷惑でしたら、ご一報ください。よろしくお願いします。

いまさらですが、永田議員は仲介のフリージャーナリストとやらに、「メールのヘッダを全部見せろ」と請求すればよかったんですよ。「出せない」と言ってきたら、その段階で信憑性なし決定です。出してきたら、それをメールシステムの仕組みを熟知した人に見せて、偽造の痕跡がないか探してもらいましょう。雛型なしで偽造したものなら、Received フィールドに痕跡が残るものです。見る人が見ればわかります。それぐらいはしてから、持ち出してほしかった。

なお、実在のメールのヘッダはそのまま残して(あるいは、日時だけずらして)ボディだけ入れ替えるなどの方法で偽造した場合はこの方法では見抜けませんが、ぞの場合は、実在のメールを入手する必要があることから、偽造を行った人物を絞り込むことができますね。

無名さん
 民主党執行部の責任問題が浮上しつつあるようですね。
 リンクを設定していただいてありがとうございます。

wd さん
 コメントありがとうございます。
 別の方へのレスでも書きましたが、あまりにも無知なんでしょうね。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント