エントリ

<堀江メール>民主党の永田議員、辞職の意向伝える(ヤフーニュース (毎日新聞) - 2月23日12時0分更新)

民主党の永田寿康衆院議員がライブドア前社長の堀江貴文被告から武部勤・自民党幹事長の二男への「送金」メール問題をめぐり、議員辞職の考えを同党に伝えていることが分かった。

 なんといいますか、落ち着くところに落ち着きそうというか、茶番だったというか・・・
 テレビをあまり見ていませんので、永田議員の質問シーンとしては、半泣きになりながら「先入観云々」と言っていたシーンしか印象に残っていません。
 
 デジタルデータの改ざんの容易さ、逆に言えば信用性立証にはとても神経を使う必要があることを全く分かっていなかったのでしょう。
 本人も党の幹部もです。
 しかし、無知だったでは済まないでしょうね。

堀江メール 「永田氏の提訴も検討」 武部幹事長(ヤフーニュース (毎日新聞) - 2月23日10時2分更新)

 ほとんど死者をむち打つような対応ですが、また免責特権との関係で問題があるように思いますが、これも政治なのでしょう。

民主、メール問題で永田議員の責任問題などを協議(ヤフーニュース (読売新聞) - 2月23日11時32分更新)

前原氏に関しては、現時点では責任問題に波及しないとの見方が党内の大勢を占めている。

 ふ〜ん、そんなもんなんですかね、という感じです。
 ま、とりあえずはということなんでしょう。

 しかし、今となっては、「白けたな〜」という思いが強いです。
 前原氏が言っていた「確証」というのは、ことここに至っても、「下手をすればもっと傷が深くなる」程度の「確証」だんたんだな、と言わざるを得ません。

 将来有望(だったかもしれない)若い政治家をよってたかって見殺しにしたんじゃないでしょうか。

追記(H18/3/24)
 買いかぶり過ぎだったようです。
 今となっては全然有望とは思えません。
 酔うぞさんのご指摘をあらためて噛みしめております。

| コメント(4) | トラックバック(6) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(6)

それぞれ1日1回ワンクリックしてください!ランキングにご協力をお願いできればまことにありがたいことであります!!!  さて今回は、トリノ五輪のこ... 続きを読む

メールの真贋論争を国会の場でやるまでもなく、ガセネタだということは素人だって判断ができるのに、民主党の永田議員は「あ?あ、やっちゃった」。 ネタ元と... 続きを読む

ライブドアの強制捜査、株式市場ではライブドアストップ安、そしてその後東証、初の株式全取引停止・・・。混乱の始まりか、バブル経済の強制停止か。思うところを語... 続きを読む

 ほぼ「偽物ガセネタ」であることが明確になってきた「堀江メール」問題で、永田議員が辞意をもらし、執行部が結論先送りにし、永田議員は入院した。  永田... 続きを読む

本日行われた「民主党永田寿康議員」の会見を、さらっと検証しておきたい。まず、この会見は国会内にて、鳩山幹事長、野田国体委員長、同席のもと、医者の提言で30... 続きを読む

永田議員の謝罪。民主党党員資格の半年間停止。野田国対委員長の辞任。鳩山幹事長の厳重注意(いずれ辞任を示唆)。……前原代表にはお咎めなし。 あまりにも... 続きを読む

コメント(4)

>将来有望(だったかもしれない)若い政治家

わたし民主党員で地方政治に関わっていますが、その上でこのお考えは間違ってますよ。

現在、新人議員がどんどん若返っている傾向があり、その経歴をチェックすると「学生のころから政治家を目指して」、秘書、地方議員、国会議員と「政治家一筋」でやってきている人が圧倒的に多いのです。

彼らがなぜ選挙で勝つのか?は、そればかり何年を勉強したからですよ。

中高年の政治家だと「社長」とか「労組の委員長」とかなんか実務からの「上がり」というところがありますが、若手の政治家は「政治家しか出来ません」という人種である意味では「一番政治家にしたくない人たち」という面があります。

なにしろ親が力を入れて「巨人の星」のようなのもアリで、その親が他の議員を叱る、なんてことすら起きてます。

容易に想像できることですが、政治家の世界は古いわけで、インターネットに最も遠い世界であって、若手議員が居られる理由は「古い世界に合っているから」です。

外の世界を知って、今までの歴史を体験していきた中高年の海千山千の議員に比べると「より一層、変化を厭う」と思った方が良いのではないでしょうかね?

そんなわけで最近は「若手」だけでは政治家を評価しないようになってます。

>そんなわけで最近は「若手」だけでは政治家を評価しないようになってます。

 なるほど
 テレビでの印象があまりにも初々しかったもので(^^;


 これから会議がありますので、他の方へのレスは後ほど

>将来有望(だったかもしれない)若い政治家をよってたかって見殺しにしたんじゃないでしょうか。

 痛烈ですね。永田議員個人に対する皮肉と今回の民主党の対応に対する非難の両方を含くものとしてと読みました。
 先生の思いは違うのかもしれません。少なくとも、私はそういう思いでおります。
 

無記名さん、こんばんは

>永田議員個人に対する皮肉と今回の民主党の対応に対する非難の両方を含くものとしてと読みました。

 そうですね、皮肉も非難も含んでますけど、それだけじゃないみたいですね。
 自分でみたいというのも変ですけど。

 書いたときの一番強い気持ちは、
 「あまりに愚かで痛々しい」
という気持ちだったような気がします。
 永田議員にはいろいろ武勇伝があるようですが、今回が初めての本当の修羅場なんじゃないでしょうか。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント