エントリ

偽メール:4日にも西澤氏の証人喚問 衆院懲罰委(毎日新聞 2006年3月24日 20時44分)

 野次馬的には面白いのですが、国会議員と国会の貴重な時間を使ってやるほどのものなのかな〜、というのが正直な感想です。

 悪しき先例にならなかればいいなと思う半分、永田議員及び今の民主党執行部のようなオオボケをかます国会議員がまた出てくるかどうか疑問というのが半分、という感じです。

 ところで、西澤氏の代理人の弁護士は、

「証人喚問を受けるかどうかも含めて検討する」と述べた。

そうですが、議院証言法には、証人が正当な理由なく出頭しないと、一年以下の禁錮又は十万円以下の罰金に処せられるんですね(同法7条)

 もっとも、こんな事件で告発を受ける検察庁としてはやってられないかもしれませんが。

 たぶん、出頭はして、同法4条に基づいて証言拒否をするんじゃないだろうか、などと勝手に想像しています。
 ちなみに同法4条というのは

第四条
 証人は、自己又は次に掲げる者が刑事訴追を受け、又は有罪判決を受けるおそれのあるときは、宣誓、証言又は書類の提出を拒むことができる。
 一 自己の配偶者、三親等内の血族若しくは二親等内の姻族又は自己とこれらの親族関係があつた者
 二 自己の後見人、後見監督人又は保佐人
 三 自己を後見人、後見監督人又は保佐人とする者
 2 医師、歯科医師、薬剤師、助産師、看護師、弁護士(外国法事務弁護士を含む。)、弁理士、公証人、宗教の職にある者又はこれらの職にあつた者は、業務上委託を受けたため知り得た事実で他人の秘密に関するものについては、宣誓、証言又は書類の提出を拒むことができる。ただし、本人が承諾した場合は、この限りでない。
 3 証人は、宣誓、証言又は書類の提出を拒むときは、その事由を示さなければならない。

こんな条文です。

 名誉毀損罪に問われる、とかいう事由(理由)をつけるんでしょうか。

 野次馬的に注目することにします。

| コメント(4) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(1)

永田、メール記者実名白状「辞職」は拒否 西澤孝氏の証人喚問、4月4日で調整 衆院懲罰委 永田氏、メール問題 人ごと 民主がけっ縁  永田議員 自ら... 続きを読む

コメント(4)

結局、民主党は、自民党にいいようにやられてますね。
西澤氏の証人喚問も、耐震偽装問題のときのように、質問者のスタンドプレーの場になったり、証言拒否の嵐になったりしたら、他の懸案事項を差し置いて証人喚問を意味がありません。

だから、とっくの昔に辞めさせていればよかったのに、と思います。

とにかく死ね!!

そんなこと論じてる場合か?!

永田のネクタイがちょっとまがってようが、

興味無い。

朝鮮人も笑ってるぞ!^^

もう・・終わりかもな・・

すみません・・

イラ立ってる時に、勢い任せで書いてしまいました^^

でも、芯・真に其の姿を観ている、私は困り果ててましました・・・幼稚園で仕事してたとき・

同じようなコトをして(消しゴムをとるとか)いても、その反応が違う・・

「どくと(竹島)はニホンがとった・・・ボクがとり返す・・」

ホントに絶句します。

かなり、極端な例とは思いますが、すくなからず、そういうものであると、今では認識しています。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント