エントリ

 本日中の強行採決は回避されたようです。
 「One And Only」さんからその旨のトラックバックをいただきました。

 共謀罪法案というのは、犯罪の実行の着手のはるか手前の段階を犯罪化する法案ですから、各方面から指摘されているように刑法の基本原則を大きく緩める法案です。
 刑法にも、内乱罪、私選予備罪、放火罪、殺人罪、身代金目的誘拐罪、強盗罪などの限られた凶悪犯罪類型だけについて予備罪(これも予備行為が要求されている)が規定されており、事前共謀に相当する陰謀については、私選、外患援助、内乱などの国家の存立にかかわる超重大犯罪にだけ認められています。

 ところが共謀罪法案というのは、法定刑の定めを基準にして適用範囲を決めようとしていますので、極めて多数の犯罪が適用対象になっています。

 やっぱりこれはいくらなんでも刑法の原則から離れすぎというべきでしょう。
 はっきり言って、濫用防止のための配慮を怠りまくった手抜き法案です。
 私も、テロ対策やそのための国際協調の必要性を認めることにはやぶさかではないのですが、立法論として、かなり無茶な法案に思えます。
 理論的に言いますと、保護法益と立法目的との関係という視点が欠落しています。

 共謀罪法案を容認するとしても、適用対象犯罪については、テロ対策などの法案目的のために必要不可欠と思われる罪名を特定して、個別に共謀段階まで処罰範囲を拡張する形式にすべきだと思います。

 もちろん、適用主体や共謀についての絞りが必要なことも当然です。

| コメント(1) | トラックバック(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(7)

40代の私にとっての最新情報・重要ニュース - 共謀罪法案の採決先送り (2006年5月19日 18:08)

『河野洋平衆院議長は19日午後、自民党の細田博之、公明党の東順治の両国会対策委員長らと衆院議長室で会談し、与党が同日に予定していた「共謀罪」創設を盛り込ん... 続きを読む

先日、与党による医療制度改革法案の強行採決を終え、党首討論で小沢氏に突っ込まれていましたが、今度は違うのかな? 5月19日午前、衆議院法務委員会理事会で... 続きを読む

佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン - 共謀罪vs.居酒屋談義保護法 (2006年5月19日 21:58)

livedoor ニュース:【意見募集】共謀罪再修正案 支持しますか?なぜか興味湧かないが、なぜか世間は騒いでいる。難しくてよう分かんない( ´Д`) 続きを読む

共謀罪創設法案、19日採決へ 犯罪の企てを話し合ったとみなされただけで罰せられる「共謀罪」を創設する法案をめぐり、衆院法務委員会の理事会が18日開かれ... 続きを読む

共謀罪法案、採決は来週に持ち越し 「共謀罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案の扱いをめぐり、自民、公明の与党は19日、同日中に衆院法務委員会で採決するこ... 続きを読む

先週末から自民党と民主党との攻防が続いている「共謀罪法案」、 杉浦正建法相は「当然、今国会での成立を目指す。まだ時間は十分にある。」と、 広島市内での記者... 続きを読む

コメント(1)

TBのお返し、有難うございました。
日本国憲法の思想の観点から、私も罪名を特定して、個別に共謀段階まで処罰範囲を拡張する形式が望ましいと思います。

応援クリックさせていただきました。これからも宜しくお願いします。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント