エントリ

 ブログの紹介です。
 すでにご存知の方も多いと思いますが、

 少年担当ジェイのつぶやき

 です。
 本日時点で最新のエントリをリンクしていますが、少し遡って読んでください。
 ちょっと生々しすぎて、大丈夫かな、と思うところがありますが(守秘義務の観点からですが)、これは読まれるべきエントリであると確信します。
 被害者がこの世に生まれてきた証のひとつとして。

追記その1
 最新エントリです。
 慟哭と沈黙

追記その2
 タイトル及び本文を若干変更しました。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(2)

ジェイさんって驚くくらいふつーの人ですね(感性が)
裁判官の立場で文章を書く人ってすごく少ない
貴重な情報源です

 私もジェイさんの「ふつー」の感性に大変関心してます。健全な常識がある。これは試験では計れないし、実務研修でも涵養が難しいものでしょう。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント