エントリ

長野県は25日、同県松川村の保育園で27日に開催予定だった田中康夫知事の「車座集会」を中止すると発表した。村役場に24日夜、開催すれば子供を殺すと記したファクスが2回届いたという。県警は脅迫などの容疑で調べている。

 ファクスには、活字で「開催したら、松川の小学校・幼稚園・保育園児を1人ずつ殺す。中止しないと殺す人数も増やすからそのつもりでいろ」と書かれていた。差出人は「反・田中康夫連盟 政治結社全日本同胞社」で、県警によると、同名の団体は確認できないという。

 田中知事を支持するしないにかかわらず、とても卑劣は犯行であり、民主主義社会に対する重大な脅威と認識すべき事件です。

松川村から中止要請を受けた県は「脅迫に屈するのではなく、安全を最優先に考えた」としている。

 明らかに屈してますね。無理もないですが。

 考えられる罪名は、脅迫罪(二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金)、威力業務妨害罪(三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金)などですが、この種の事案に対する罪としては法定刑が軽すぎるように思います。

 軽すぎる理由は二つあります。
  一つは、憲法21条に対する重大な侵害行為であること
  二つは、子供の殺害を予告しており地域社会に深刻な不安を生じさせること
です。

 脅迫罪の加重類型として、懲役10年以下くらいの加重脅迫罪を作るべきだと思います。


関連ニュース
 これはただちに脅迫とは言えないのかもしれませんが、いろんな問題を考えさせられるニュースです。
関連ニュースの関連ブログ★J憲法&少年A★

| コメント(2) | トラックバック(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(4)

高野 善通のブログ雑記帳 - 事実無根の噂に基づく抗議 (2006年5月27日 23:31)

 爆笑問題・太田光氏に対して、元長崎市長を銃撃した右翼団体幹部が抗議を行っておりました(参照)。しかも、この論拠となったのは事実無根でインターネット上の噂... 続きを読む

5月26日の新聞に『「小学生、園児殺す」と脅迫文、田中知事の集会中止』という記事が社会面の片隅に載った。田中長野県知事の車座集会を妨害するため「開催したら... 続きを読む

=田中県政追撃コラム&取材メモ= - 県民目線を忘れた政治プロたちの知事選び (2006年6月 6日 13:26)

田中知事は確かに問題ありだが、その代わりが38歳の羽田雄一郎参院議員でいいかとなると大いに疑問だ。親の七光りで参議院議員になったような人が、今度は皆がまと... 続きを読む

脅迫文は「車座集会を開催したら、松川の小学校・幼稚園・保育園児を1人ずつ殺す。「あれは田中知事の自作自演ではないのか」というのだ。知性も常識もあり、社会的... 続きを読む

コメント(2)

全くその通りと思います。
実行を伴っていない単なる文書(Fax)でしかないが、余りにも卑劣ですね。米ブッシュ大統領のテロに対する戦いが米国でなぜ支持を受けているかというと、テロが民主主義に対する挑戦であり、許すことのできない行為であるからと思っています。
日本が太平洋戦争に進んでいった昭和初期の時代には5.15事件、2.26事件があった。誰も暴力を認めたわけではなかったであろうが、事件の実行者たちの心情はわかるといった加害者への同情が庶民の間におこった。
まさか、そんな時代に戻るとは思わないが、民主主義を守ることは貴重である。

たまたま、貴ブログ拝見しました。
やれやれ、遠くから見ているとやはりそういうステロタイプな反応なんですかね。長野県庁では田中知事の自作では?といった声がまず返ってきます。2000年の知事選挙のときにも右翼街宣車が数十台長野に押しかけましたが、これも変でした。いわゆる守旧派県議と関係のある個人住宅まで押しかけていました。詳しくは、近々これについて私のブログで書きますので、よろしく。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント