エントリ

奈良医師宅全焼:高1長男を殺人などで逮捕 動機など追及(毎日新聞 2006年6月22日 20時25分 (最終更新時間 6月22日 21時17分))

 報道によれば

長男は「1階の台所や階段近くに火を付けた。(3人を)殺そうと思った」などと容疑を認める

ということです。
 この場合の長男が「(3人を)殺そうと思った」と供述しているという警察情報は、少年が誘導に乗りやすいという傾向に照らして慎重に読まないといけませんが、

調べでは、長男は20日午前5時15分ごろ、自宅1階の台所付近に火をつけ、2階で寝ていた▽母の医師(38)▽小学校2年の二男(7)▽保育園に通う長女(5)を殺害した疑い。

というのが客観的事実だとして、二階に母親らが寝ているのを知りながら放火したとなりますと、殺人の故意が認められる方向に傾くと思います。

 さらに捜査の進展を待つ必要がありますが、本当に痛ましい事件です。


関連報道
「節度ある取材・報道」を各社確認 奈良・母子放火殺人(asahi.com 2006年06月22日20時11分)

 今後はこのような申し入れが常態化しそうですね。

| コメント(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(3)

手から持っているものが床に落ちるほど驚きました・・・。
私の趣味の知人のご主人様は奈良県の医師で、この痛ましい事件のお父様とは同じ病院で同僚であった時期もあり、誠実なお人柄の立派な医師だそうです。
なんて切なく悲しい事件でしょうか・・・。
亡くなられたご家族のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の心情をお察しします。

実は犯人といわれている少年は、当方の後輩です。(泣)まだ動揺しています。見てられませんでした。

少年が自殺などせず、捕まってくれて良かったです。
家族とは難しいものですね。誰しも一度は、「家に居場所がない」「1人で生きていった方がラク」という思いを持ったことがあるのではないでしょうか。
ただ、「思う」ことと、実行を起こすこととの間には、相当な違いがあると思いますが・・。

話は若干変わりますが、長男が逮捕されてから、被害者家族も実名報道されなくなりましたね。板橋の両親殺害・爆発事件のときもそうでしたっけ?
ニュースで「母親と長女・次男が殺された」などというと、あまりリアルなできごととして捉えられません。被害者に対する報道被害の軽減については、いろいろと議論があるところだと思いますが、今回のことで、やはり、「全面的な被害者匿名報道」というのは、良くないんだろうな〜と感じました。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント