エントリ

などというカテゴリまで作っていろいろ書いてきましたが

単独犯罪…責任どこに 耐震偽装事件の捜査終結(asahi.com 2006年07月02日15時30分)

 耐震強度偽装に絡む警視庁などの捜査が終わった。最初から地震に耐えられない建物を設計するという前代未聞の事件。姉歯秀次元建築士の「うそ」によって当初は施工・販売業者も巻き込んだ「組織犯罪」と見られた構図も、捜査の末、偽装自体は元建築士の単独犯行と断定された。

 はぁ、そうだったんですか、という感じですが、捜査の結果としてはもっともこじんまりした結果に落ち着いてますので、まぁ、そうなんでしょうね。

 いろいろ派手なことを書いてきた私としましては、何やら気恥ずかしい思いがしています。
 最終的には、姉歯元建築士の責任が最も重大ということになるようですが、とても深刻かつ重大な結果も生じており、次の焦点は姉歯元建築士に対する求刑、量刑ということでしょうか。

 もっとも、民事がそれ(姉歯一番悪い)で済むかどうかは、まったくわかりませんが。


 姉歯元建築士に利用されていたのか利用していたのかよくわかりませんが、姉歯元建築士以外の起訴された面々の公判における供述が面白そうです。
 みなさん、どのようにしたら姉歯元建築士に責任を転嫁できるかということを最重要項目として考えているんじゃないでしょうか。

asahi.comの関連記事一覧

| コメント(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(7)

耐震偽装問題の最終決着はうまくいくのだろうかと言うのが、今回の刑事問題捜査終了に関して思うところです。
「人はともすれば悪事を働くものである。」との観点より、悪事を働いても耐震性問題等社会的問題に発展しない仕組みを構築しなければならない。
火災保険に地震保険特約を付けるに際し、本来は保険会社が耐震強度を評価し引受の可否、料率、金額を提示し、保険契約を締結すべきところが、国内での保険は保険会社横並びである。
何故かスッキリしない。結局は大手ディベロパーであれば、問題が生じでも逃げはしないし、賠償能力もあるとして大手に流れざるを得なくなると思うのだが。

「正直いって本当かなあ」というのが、私の見方です。
一番所轄官庁に対して遠い立場の人間に持っていったなあ・・というのが感覚としてあります。捏造して一番徳が生じるのが彼か・・とは言えないだけに(全然ないとは言いません)その偽造作業のメリットが感じられないのですよね。
許認可などが製造物責任に関係するのは、爆発物(燃料油・LPガスなど) 圧力容器(圧力・・・労災上)などありますが、その場合の従来の「行政指導と」比較すると少し不自然な感じがします。

これは、さすがに載せておいた方が良いかと思いますので、、、、、

藤田社長の最新メッセージ【日本外国特派員協会の記者会見の件】
http://ganbarefujita.jugem.jp/?eid=94#sequel
以下引用です。
**************************
(以下の文章、ご自由に転載ください。文責は全て私にあります。藤田東吾)2006.11.8

私が信頼する皆様へ
この1、2週間の私の活動を、外国特派員協会の記者の方々は理解され、急遽、明日(11/9)、日本外国特派員協会にて記者会見を行うことになりました。
私や有志の方々が、国民の命と財産を犠牲にしてでも自分たちの利権を死守しようとする公務員(政治家、官僚、地方公務員等)を弾劾しようとする活動を、政府による報道規制の下、日本のマスメディアは、耐震偽装事件の真犯人を報道していません。しかし、インターネット上においては、真実の情報が報道されており、すでに多くの国民が耐震偽装事件をもたらし、それを少数の民間人の責任に押し付けて隠蔽しようとする者達が、時の首相だった、小泉純一郎以下、大臣や官僚他公務員による犯罪であることを知っています。ただ、インターネットに不慣れな多くの国民に真実を知らしめる為には、マスメディアが勇気を持って真実を伝えなければなりません。その為に、外国特派員協会で記者会見を開催してくださることになりました。 日本は、今正に、真の意味での民主化の岐路に立たされています。耐震偽装事件の展開を目の当たりにしていると、この日本という国が、国家に巣食う一部の者たちによる組織的独裁政権なのではないかと目眩を覚えます。北朝鮮や、イラク以上に、性質が悪い国家的犯罪だと思います。 明日は、午後一番に、姉歯氏の判決が出ます。しかし、姉歯氏は、氷山の一端です。耐震偽装事件を、「姉歯単独犯説」などという国家の「大嘘」で終結させることを断じて許してはなりません。犯罪を犯した、公務員は全員が逮捕されて罪を贖うべきです。 子供たちの未来の為に、明るい豊かな日本を作るために、見て見ぬ振りをしてはいけません。どうか、ご協力をお願いいたします。 日本のマスメディア(新聞、テレビ、雑誌等)に所属する方で、この活動に賛同してくださる方は、是非明日の午後3時半から行う、外国特派員協会での記者会見に出席をお申し込みください。(to 03-3211-3161 日本外国特派員協会報道部宛て)お知り合いの記者の方にどうか声をおかけください。今回は、特別に、事前の申し込みがあるメディアなら、外国特派員協会の記者会見に出席可能との事です。なにとぞよろしくお願いいたします。
 イーホームズ株式会社  藤田東吾
**************************
以上引用終わり

この件に関する藤田東吾イーホームズ社長のコメントがネットTVで年内放映中です
http://odoroku.tv/knowledge/fujitatohgo/index.html

利害関係当事者である藤田氏の意見を棚上げしても
魚住昭・江口征雄とこの問題を深く調べているジャーナリスト
二人とも偽装については姉歯単独犯行説で
背景についての説明も非常に複雑ですが一定の合理性があると思います

また、被害者住民に対する民事責任(賠償)については
販売業者(ヒューザー・シノケン等)に無過失担保責任がある、と
これは小島社長自ら最初から強調していることであり、実際破産したけど
責任逃れはしてないわけです。

藤田氏の批判は国土交通省に対するものが主であるようですが、
検察の捜査手法の問題も重大だと思います 別件逮捕が多すぎる
藤田氏の資本金虚偽記載の件 共犯として逮捕された司法書士は
すでに無罪判決が出て不当逮捕である事が確定してます。
しかもこの件に関するマスコミ報道が私が知る限り無い。
イケイケドンドンの不法捜査がやりたい放題の現状が露呈しています。

この事件の強制捜査は、検察・警察が大衆やマスコミに媚び過ぎたのが問題だと思います。

強制捜査は、人の生活や会社の営業を破綻させるわけですから、
もっと確実な根拠を基に行うべきでした。

>いのげさん
>別件逮捕が多すぎる

別件であろうがなかろうが、逮捕の要件を満たしているかどうかを問題にするべきだと思います。例え別件であっても、それが逮捕に値するようなら問題ないと思います。また、不当逮捕であるのなら別件であろうがなかろうが問題にするべきかと存じます。

しまさん

>別件であろうがなかろうが、逮捕の要件を満たしているかどうかを問題にするべきだと思います。例え別件であっても、それが逮捕に値するようなら問題ないと思います。

逮捕の要件を満たしていたとしても問題の残る場合はあると思います。
木村建設の篠塚支店長でしたっけ?彼は、普通なら逮捕されたり長期間勾留されたりしないような被疑事実で何ヶ月も勾留されてました。
多少でも人権意識のある方であれば「あれで問題ない」で済ますとは思えませんが。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント