エントリ

 福岡県筑前町の中学2年の男子生徒(13)が、いじめを受けたという遺書を残して自殺した問題で、1年生の時の担任教諭が生徒に対し、不適切な言動を繰り返していたことがわかった。生徒の両親が「教諭からいじめを受けていたのではないか」とただし、町教委や学校側が15日、認めた。さらに、教諭の言動が、ほかの生徒たちによるいじめの発端になり、自殺につながった可能性があるという見方を示した。

 比較的速やかに認めたという点では滝川市教委よりましと言えるかも知れませんが

 これに対し、教諭は相談内容を漏らしたことや「偽善者」という発言、「うそをつく子」という申し送りなどについて、「はい」などと答えて認めた。亡くなった生徒を集中的にいじめたのではないかと問いつめられたのに対しても、これを認め、その理由について「からかいやすいというのはありました」と説明した。

 ひどい教師がいたものです。

 しかし

 合谷校長は席上、「そのこと(教諭の発言)が自殺につながった。一番大きな引き金になった。子どもたちの一連のいじめも実際にはあったが、大本となった。あす、子どもたちに、責任が教師にあったときちんと言う」と謝罪し、ほかに被害がなかったかを調べる考えを示した。同席した中原敏隆・町教育長は、教諭の発言から生徒が孤立を深めたのかという記者団の質問に対し、「今の段階で、そのようにとらえている」と答えた。

 生徒が自殺するまで問題にならないといことについて、学校や町教委はどう考えているのでしょう。
 学校や町教委にまったく何の情報もなかったとは考えられません。

教諭は話し合いのあと、記者団に「一生かけて償います」と話した。

 どのように責任を取るつもりか知りませんが、共犯がほかにもいるようです。

 教諭の刑事責任を問うのが困難な事案なのですが、業務上過失致死罪の成立は荒唐無稽な話ではないと思います。

| コメント(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(4)

>教諭の刑事責任を問うのが困難な事案なのですが、
>業務上過失致死罪の成立は荒唐無稽な話ではないと思います。

本当に教師失格ですよね。これまでの、いじめ自殺の教訓が全然生かされていない。またこの教師は、教訓をなんとと捉えてきたのか、児童心理等の訓練を受けてこなかったのか、そういう研修等がなされずに来たのか、「一生かけて償います」と言ったのが本心なら、例えば、再発防止の為に全国の小・中・高校をピエロ(反面教師役)となり講演して回るとかすべきと言いたい。それが亡くなった生徒に対してのせめてもの償いになると考えます。

昔(中野富士見中事件だったでしょうか),教師が被害者の「葬式ごっこ」に荷担(寄せ書きを書いた)した,ということで問題視されましたが,それと並ぶくらい悪質ではないでしょうか。
もっとも,本人は自覚がないかもしれませんが。でも,学年主任をするって,教師歴ン10年(少なくとも10ン年)の教師ですよね。それで自分の行動が生徒に与える影響を理解できないって,ちょっと……。

女生徒を「豚」と呼び、いいことをした子を「偽善者」と呼び、生徒のランキングを作って罵倒し、親の相談内容を皆の前で言いふらしてからかい、「からかいやすかった」と言う理由で先頭に立って自分の生徒をいじめる・・・教師としてではなく、一般社会でも十分失格です。47歳にもなり、学年主任と言う若手教師を指導する立場にありながら、この幼児性は一体どうしたことなのでしょうか。

とっさに出たであろう「一生かけて償う」という言葉の意味が、この幼稚な教師に理解できているとは思えないのですが。

>女生徒を「豚」と呼び、いいことをした子を「偽善者」と呼び、
>生徒のランキングを作って罵倒し、親の相談内容を皆の前で
>言いふらしてからかい、「からかいやすかった」と言う理由で
>先頭に立って自分の生徒をいじめる・・・
じじいさんの仰るとおり、教師生活がマンネリ化し、傲慢教師の典型
だったんでしょう。生徒を何だと考えていたのか質してもしょうがないでしょうが、
同類の教師への警鐘になればと願います。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント