エントリ

小学生の女児、連続わいせつ 容疑の男逮捕 兵庫(asahi.com 2006年11月06日11時34分)

 調べでは、山本容疑者は今年6月上旬、姫路市内の住宅に侵入し、1人で留守番をしていた小学生の女児に「殺すぞ」と脅して体を触るなど、昨年夏から今年夏にかけ、同市や隣のたつの市などで小学生の女児7人にわいせつ行為をした疑い。同容疑者は6月に逮捕され、強制わいせつ罪などで公判中。

 ガス点検員を装って家に上がり込んだり、路地裏に呼び込んでナイフで脅したりする手口だったという。

 ぞっとする記事です。

 被害者の女の子に大声をだされたりしたら思わず殺してしまうというのがよくあるパターンだからです。
 犯人の性格にもよりますが、気の小さい男ほど殺人に至りやすいと思っています。

 ともかく命を奪われる犠牲者が出ないで逮捕されたというのはよかったと思います。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(2)

こうよう事件は、後を絶ちませんねー。
被害にあった少女達がかわいそうです。
しばらくは、男の人を見ると、泣き出したり・怖がったりするでしょうね。
まったく、何てことを。
ロリコンなのか、大人の女性との関わりに自信がないか
どちらかのような気がします。(個人的意見)
その後、被害にあった少女達は、カウンセリング等のフォローはされたのか心配です。

ほんとに後を絶ちませんね。
どうせ数年かそこらで、何の矯正も治療もなく社会に戻ってくるんでしょう…。

こういうニュースを見ると、漫画DEATH NOTEの中で主人公のキラが警察や司法よりも世間の圧倒的支持を得ていたことが実感として納得できますね。
非人間のなせる業に対する、法律の限界を痛感させられます。
映画では、雨でずぶぬれになった六法全書が象徴的でした。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント