エントリ

和歌山県知事の木村良樹容疑者(54)と接見した弁護士は16日午前、勾留(こうりゅう)先の大阪拘置所(大阪市都島区)前で報道各社の取材に応じた。知事が大阪地検特捜部の調べに対し、「容疑についてはよく思い出してから話したい」と供述したとされることについて、「知事は『そのようなことは言っていない。なぜ、そんな報道がされているのか。和歌山で談合があったこと自体知らなかった』と話している」と語った。

 また、弁護士はどこまで接見内容を語るべきか、ということが問題になりそうな報道です。
 今回は検察のリークに対するカウンターという意図があるみたいですが、
 このような弁護士の発言が検察や裁判所の判断に影響を与えることはほとんどありませんから、世論を意識したパフォーマンスに過ぎない、と思ってしまいますがさてどうなんでしょう?

 『和歌山で談合があったこと自体知らなかった』というのは、『知らないふりをしていた』ということなんでしょうかね。
 パフォーマンスとしては効果が薄いんじゃないでしょうか。

 私は、談合がない県などあり得ないと思ってます。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント

  • コメントはまだありません。