エントリ

いじめ自殺:素早い対応で防止 母親が体験語る(毎日新聞 2006年11月16日 15時00分)

女性は自殺にまで至らなかった理由の一つに「学校の素早い対応」を挙げる。その日のうちに、校長は関係する児童と保護者を呼び、一家族ずつとじっくり話し合ったという。
「学校がいじめの相談を受けた時に『しばらく様子を見ましょう』というのは絶対だめです」

 引用元サイトで全文をお読みください。

 やっぱり(制度じゃなくて)人なのかな、と思います。
 
 即座に対応する先生と「しばらく様子を見ましょう」と言って何もしない先生がいるようです。

| コメント(9) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(9)

 当県の教育関係者の「不登校対策マニュアル(?)」の1つに、
”明日では間に合わないかも知れない” という切迫感を持つ というのがあります。

いじめが関係している場合なら、なおさら そうすべきだと思います。
なぜなら、大きなトラブルに発展すれば、教師としての自分にこそ
責任がかかってくるのですから・・・。

>No.1 田舎の眼科開業医様
>大きなトラブルに発展すれば、教師としての自分にこそ
責任がかかってくるのですから
全く、その通りですね。問題の先送りこそが責任を問われる時代ですからトラブルにどのように対処したかが評価されることになるでしょう。
もちろん、責任逃れのために対処するのではなく、自分の職責は何なのか何をすべきなのかを理解していることが前提ですけれど。・

>(制度じゃなくて)人
結構この点が肝要なのだろうと思いますが、ことこれは外見で区別が附くもので無しでして。

はじめまして。唐突にこのような書き込みをする無礼をお許しください。実は、うちの子がいじめにあっていたことが分かりました。小学4年生の女の子です。課外活動のマーチングバンドの倶楽部で、同じアルトサックスを担当する5年生と6年生の二人の児童から約一ヶ月間にわたり、練習の度に「じろじろ見られたり、コソコソ話をしたり」されたそうです。いつもは元気な子なのに、マーチングバンドの練習に行くと体調不良(腹痛)が襲い、結局途中で練習を抜けて横になったりせざるをえなかったようです。おかしいなぁとは思っていました。今思えば、これはストレスによる自律神経失調症だったのでしょう。「そんなことも出来ないの?」「へたくそ」「そんな拭き方じゃ汚い」などなど…。それでも娘は、意地悪されていると思うのは、自分の思い違いかもしれないと思いながら、一ヶ月間は誰にも言わずに一人で頑張りました。お盆休み明けの練習では、前日から「久しぶりの練習だから楽しみ」と言って張り切っていました。午前中は、私と一年生の弟と三人でゆっくり過ごし、お昼ごはんを食べてから、午後一時からの練習に間に合うように車で練習会場まで送って行きました。それなのに、練習が始まってわずか15分で、やはり腹痛が起き、練習に参加できなくなったのです。別の場所で休ませてもらったあと、練習終了の15分前、みんなで合わせるから戻るよう指示され、戻った娘に、その子達は「そんなに具合が悪いのなら初めから練習に来なければいい」と言ったそうです。練習終了後に迎えに行った時の娘の悲しそうな表情が忘れられません。その翌日、ついに娘が「マーチング、行きたくない」と言い出しました。そこでやっと、いじめられていることを話してくれたのです。その後、娘の傷が、それ以上大きくなることを恐れて私が退部をすすめ、娘も同意したので退部させました。その時、私は「いじめられていて、マーチングに行くのを辛がっていますから退部させます」と担当の教諭に電話で伝えました。一言も引き止められることもなく、謝罪の言葉も無く、その後、その教諭からは何の連絡もありませんでした。私は、とりあえず、いじめられていた子どもの心のケアを最優先に考え、アルトサックスは続けたかったという本人の思いを汲んで、楽器を購入し個人的に練習できるよう環境を整える等の努力をしてきました。子どもも元気を取り戻し、少し落ち着いた最近になって気付いたのですが、結局その後、学校からも加害者からも何の連絡も無いままです。先日、学校行事の際、たまたまその担当教諭と会ったので「その後、どうなりましたか?いじめについて調査されましたか?何の連絡もなかったので」と話しかけたところ「あ、すみません。はい。調査しました。3回くらい意地悪をしたと言ってました。本人達から教室に謝りに行ったようです。」との返事、2分ほどの立ち話で、この件については終了といった感じで去って行かれました。ですが、親としては納得できず、きちんと相手の両親に経緯を報告して欲しいと二日後に学校に連絡を入れました。一応、父親と子どもが連れ添って家まで謝りに来ました。ですが、相手の親はこちらが負った傷に比べると考えられないくらい軽い受け止めと判断せざるをえないような態度でした。そして、校長は「学校の認める活動ではあるが、学校の責任において行っている活動ではない」と、こちらが求めているのに家に電話も掛けてきません。(ところが、加害者の親には電話をかけていることが分かっています。)「もういじめません」と口頭で言ってはいましたが、昨日、学校の廊下ですれ違った時に「コワイ顔をしていた」と娘は言っていました。本人達が本当に反省しているとは思えないのです。少年法による責任を追及したい気持ちになってきています。そのようなことは難しいのでしょうか?アドバイスいただけると幸いです。

知り合いの先生が先輩から言われた言葉
「教育」というのは、「今日行く」なのだと
素早い対応は必要でしょう。そういった余裕を与える仕組みが必要なのでは。

いじめというのは、昔からあって、自分自身もいじめられた経験があります。
部活内(吹奏楽部)でのいじめで、上履きを隠されたり、けんかを仕掛けられたり。
こうしたことは、両親に話したこともありませんから、家族は知らないでしょう。
退部しようと、部活の顧問に申し出たりしましたが、その原因について、いじめられたからとは言い出せませんでした。いじめられれば、つらいのはつらいですが、人に好かれないといけないというこだわりを捨て、我が道を行こうと考えて乗り越えたと思います。

いじめで自殺に至るのは、「がんばる」のが善で、「がんばらない」のが悪という深層心理の価値観が原因ではないかと。不登校になるというのも子供の心理防衛反応だと、表面的に見ないで、先生・保護者みんなが深層心理を理解する努力も必要でしょう。

コメントを書いている途中で、なごみさんの投稿がありましたので、少しコメントします。
こうした不満を持たれることには、同情申し上げます。
おそらく、いじめられた娘さんの感情をみんなに共有してほしかったのに、そうできなかったというの最も大きな不満でしょう。解決の目標をどこに置くのか、考えて対処されてはいかがでしょうか。法的処罰を与えるのが目的ではないでしょうから。

なごみさんの投稿を読みました。
あなたのお気持ちは分かりますが、しかし、いじめの加害者に、これ以上の処罰を与えることは意味がない事と思います。
すでに、加害者の両親も、謝罪しているのですから、相手を許す事が必要だと思います。もし、いじめの加害者に法的な処罰が下るような事態になれば、あなたと同様に、相手の両親の心にも深くて、大きな傷を残す事になり、相手の心にも憎しみを残すだけだと思います。加害者を憎むだけでは、憎しみの連鎖にしかなりません。
すでに、謝罪している加害者を許す大きな心を持って欲しいと思います。

なごみさん
こんにちは。中学生のとき、クラスの女子ほぼ全員から半年間無視されていた経験を持つものです。当時自殺を試みましたが、失敗しました(今は、生きていてよかったと思っています)。
遺書は書きませんでしたが、経緯を書きとめていた日記を母が読み、私に告げることなく、名前の出ていた同級生の家に話をしにいってしまいました。その結果、終わりかけていた無視、陰口が長引いてしまいました。

このような経験を持つものからお伝えしたいことは、なごみさんがいじめた人間の親でない以上、相手への働きかけが一層娘さんにイヤな状況を引き起こす可能性があるということです。いじめた本人の親が、真摯に考え、自分の子供と話し合ってくれる親御さんならよいですが、むしろ自分の子供は悪くない、かばいたいと考える人のほうが多いでしょう。あるいは単に子供を責めるだけの親も多いでしょう。その場合、相手の子供の憎しみの矛先は娘さんに再び向けられる可能性が大きいです。

それよりも、そんな不快な人間の存在が気にならないように、また娘さんが自分を責めてしまうことのないように、ほかの友達とよい関係を築く助けをしてあげること、またできたら学校以外にも自分の居場所を作ってあげること、が有効な気がします。

今回は相手がクラスメイトなどでなく来年以降はいなくなる上級生ですし、娘さんの心の傷ができるだけ小さくなるように、また強い心を持てるように、支援してあげるのがよいのではないでしょうか。

いじめる側はいじめられる側の気持ちなんてわかりっこないですよ。
逆の立場にならない限り、そう簡単には。

医事関係訴訟をめぐる法曹側のスタンスだって、このブログ内はともかく、世間的にはまだまだ「いじめられる側にも(/にこそ)問題がある」です。

医療者も患者になってみない限り、患者のほんとの気持ちなんてわかりっこないんですけどね。

>なごみさん
はじめまして。このケースではいじめなのか、いじめではないのか、個人的には判別が難しいような気がします。文面からすると「意地悪をした」と言う認識のようで、いじめたという認識は薄いみたいですね。相手は恐らく悪いことをしたとは思っていないので、謝罪はあまり意味がないかと思います。

なごみさんと娘さん、相手の親御さんと相手、それから学校を交えた上で、原因追及を行う方がよろしいような気がします。意地悪をしたという認識はあるみたいですので、「なぜ意地悪をしたのか」を追求するのがよろしいかと。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント