エントリ

 担任していたクラスで児童3人に包丁を突きつけ、停職3か月の処分を受けた広島県竹原市立中通小学校の男性教諭(46)を、学校が今年3月、現場復帰の研修として、被害に遭った児童たちがいる同じクラスで授業をさせようとしていたことがわかった。

 研修初日に校内で教諭を見かけた児童が下痢などの体調不良を訴えたため、保護者が学校に抗議し、研修は中止となった。市教育委員会は「配慮が足りなかった」と陳謝し、教諭の復帰を見送った。

 こういうことをした人間が教師を続けていることがそもそも疑問なのですが、この学校の対応はどういうことなのでしょう。
 配慮以前の問題と思われます。

 で、もともとの包丁突きつけ事件というのはどういうものだったのかと思ってググッてみたところ、以下の記事が見つかりました。

 広島県竹原市立小−教師が子どもの包丁を向けトラウマ

 この記事どおりなら、あきれはてた連中です。

| コメント(6) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(6)

この男性教諭の包丁事件の前の日頃の評判はどうだったんでしょう。厄介ものの教師ならば
退職を勧奨する形が、良かったんじゃないかと。

かっとなって手の出る暴力教師もそうですが、そういう人は当然に教育者の適性にかけると断言できるでしょう。

>この記事どおりなら、あきれはてた連中です。
モトケン先生の仰るとおりで、人を馬鹿にするにもいい加減にしろ、と言いたい人々ですねぇ。みんな一緒に辞めてもらいましょう。

元々の包丁突きつけた事件で刑事事件とかにはならなかったんですかね・・・
さすがに体罰をとおりこして脅迫のような気もするんですけど。
あと、「病気休職を繰り返し」て給与はでてたんですかね?

子供達に包丁を突きつけた教師を停職にした時点で甘かったと思います。
停職期間も3ヶ月なんて短いですよ。
懲戒免職でしたっけ?それくらいしないと全然効き目はありませんよ。
復帰させるというもの、駄目。信用できません。
馬鹿者!!何故、以前と同じクラスでリハビリさせるわけ?
子供達のことを何も考えてない。
悪夢を蘇らせるようなものじゃないか!
この学校も市教委も何を考えてるんだか。
(たぶん、たいして考えてないんだろう。)
「配慮が足りなかった。」のではなく、「あなた方がおバカさんなのです。」
いい加減「自分がおバカさんだ」と気づいてくださいよー。

>退職を勧奨する形が、良かったんじゃないかと。

いかなる理由があっても、生徒に包丁を突きつけるような教師に人を教育する能力を求める方が無理というもので、懲戒免職にしなくても、分限免職は十分可能だと思います。

教育委員会として、当該教師の能力を認め再生したいと思うなら、少なくとも迷惑をかけた生徒に追い討ちをかけるようなまねは止めるべきであり、、受け入れてくれる学校を気長に探すくらいの覚悟を持つ必要があるでしょう。当該教師の倫理観は、一朝一夕に治るものではないと思われます。

>あと、「病気休職を繰り返し」て給与はでてたんですかね?

病気休職なら、繰り返しても、満額かどうかは分かりませんが、給与は出ていたものと思われます。

広島というところに過剰反応してしまうのですが・・・。

あそこは日○組が強いですからね。

子どものことよりは教師の権利の方が優先されるのかと邪推してしまいます。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント