エントリ

ネット参拝は是か非か、初詣で前に揺れる神社界(2006年12月16日14時32分 読売新聞)

 初詣でシーズンを前に、インターネット上で「参拝」「祈願」ができたり、お守りやお札を販売したりする試みを巡って、神社界が揺れている。

 インターネットの普及はこんなところにも影響しているのか、と思ったニュースです。

 全国約8万か所の神社を管理・指導する神社本庁(東京)は、「ネット上に神霊は存在しない」と、今年初めて自粛を求める通知を出した。しかし、導入している神社からは「神社に親しみを持ってもらえる」「遠方の人の助けになる」との声もあり、本庁では頭を抱えている。

 信仰論として論じるのと、神社経営論として論じるのではだいぶ議論の中身が違ってくると思います。

| コメント(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(7)

靖国神社がネット参拝認めるとどうなるんでしょうね。

ネット利用出来るなら参加者はずいぶん増えるでしょうね。

自動車の省燃費グッズなどの例を見れば、とっても怪しげなものを結構な値段で売って居ますが、利用者にとっては思い込みにしか過ぎません。
ですから、たとえ口先に惑わされたのであっても、鰯の頭も・・・と言うものです。

靖国神社のように価値を感じられる所であった場合でも、現実に足を運んだ参拝とネット情報の違いは体感する時間を過ごせるかどうかで、結局は個人の価値観に帰着します。

特に義務感に捉われ易かったり、御利益を求める人や、遠隔地で参拝が難しい人たちは喜ぶかもしれません。

まあ、昔から、「どこそこにお参りすると、○○ヵ所巡りしたのと同じご利益が・・・」なんてことは言ってましたから、そうした発想は出てきても不思議ではないですね。入門編としてはいいかもしれません。

でも、個人的には、実際に足を運んで、荘厳な雰囲気の中を、威儀を正し、参拝することに意味があると考えています。

結局、背に腹はかえられないというこだと思います。
こういうのも宗教改革というんですかね。
神社に荘厳な感じを受ける人が多いのですねえ。宗教なんでしょうけど教義はあるんですか。

何せ、八百万の神々ですから、明確な教義はできないでしょう。

八百万だというのであれば、ネット上にだって神がいて何もおかしくないと思うんですけど。

「本庁」は、いかなる理由で「(ほかには遍くおわすのに)ネット上に限ってはいない」と断言されるのか、小一時間(ry

ネット上の神様はいわば新参者ですから、伝統ある(?)神社とは無縁なんじゃないですか。潤っている本庁は、荘厳なイメージや権威みたいなものを守りたいんでしょう。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント