エントリ

 私がさかなクンを初めてしったのはつい最近で、世界の動物園や水族館を紹介するテレビ番組のレポーターとしてでした。
 第一印象は、「キンキン声でキャンキャン騒ぐだけの鬱陶しいやっちゃな」でした(^^;

 ところが、今日のasahi.comに「さかなクン」が初講義 「テレビの百倍緊張しました」という記事がありまして、「えっ、えっ、こいつ何者?」と思ってググッてみましたら、「さかなクンオフィシャルホームページへようこそ」なんていうのもありまして、そこのプロフィールを読むとなかなかの人物であることがわかりました(^^)

 9月の就任時、学内では「タレントなんかに」という声もあったという。だが、この日は質問にも豊富な知識で回答。「カツオの特殊なヒレまで知っているとは」と、専門家も脱帽させた。(asahi.com)

 あらためてテレビのシーンを思い出してみますと、別の印象が湧き起こってくるのが不思議(^^)

 ほんとに海の生き物が好きな人なんだと納得しました。

| コメント(6) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(6)

この人 ですね。

まじめな話、動物バラエティ番組とかで、知識の幅と深さにはいつも脱帽してました。
助教授に起用、というニュースを初めて見たとき、「おお、見る目ある大学もあるじゃん」と素直に評価してました。

いじってもよし、語らせてもよし、という稀有な逸材だと思います。

あ、この人 だったかも?

失礼します。

No.1 fuka_fukaさま。

モトケンさんが書いてらした「さかなくんのHP」が判りやすいですよ。
確かに「さかなくん」の知識はたいしたものですよ。

バラエティもドラマも見ないので知りませんでした。この人。

でもこういう人好き。
植物の精を自認していた牧野富太郎とか、こんな人だったのかしらん
最近では「パンダの死体はよみがえる」以来ブレーク中の遠藤秀紀とか。

私も,この人,嫌いじゃありません。すごい人だと思います。一種のオタクだと思うんですけど,対象が海洋生物・魚一般だと世間の評価も違うんですね。珍しいからでしょうか。

fuka_fuka 先生

>この人 ですね。

政治家バージョンですな。(他人とは思えん)

実際、「好きこそ物の上手なれ」を地でいかれている方でしょう。

私も魚スキなのでダイスキです、魚クン。
・・・にしても、かぶりものをしたまま講義しちゃうとは流石です。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント