エントリ

 ある局のバラエティー番組制作経験もあるプロデューサーは「プライバシーが尊重される今、今回の判決は仕方ないと感じる。際どいところを狙う番組なので、(こんな事態が)いつか来ると思っていた」。

 形式論理的には、問題の番組のプロデューサー氏も同様の認識だったとすると、プロデューサーも未必の故意があったと考える余地があります。
 この報道によれば萎縮効果が生じているようですが、判決を批判する論調ではありませんね。
 朝日の記事ですが、ウィニー判決に対する態度とはかなり違います。
 ある意味で、表現の自由に対する制約判決なんですけどね。
 「基準があいまいだ。」というような批判はしないのでしょうか、朝日は。

 芸能界の裏情報に踏み込むことで人気のリポーター井上公造さんも「放送するかどうかの最終判断をするのはテレビ局」と、放送局の責任が重いとみる。

 リポーター自身は自分の発言に責任を負わないという趣旨なんですかね???

 一方で、「いろんなことにビビるだけでは、番組は作れないし、面白くない。(テレビ局は)常に今の時代を認識した上で、腰をひくのではなく、タイトロープのギリギリのところを歩まなくては」と語った。

 今回の判決では、やしきたかじん氏が事実に反する事を言ったことがかなり重要なんじゃないでしょうか。
 「タイトロープのギリギリ」というのは、いったいどういう意味なんでしょう???

 
 なお、犯罪としての名誉毀損罪は、真実を述べても成立する場合があります。
 嘘を言わなければ大丈夫というわけではありません。
 たぶん、民事不法行為でも同じだと思います。
 嘘のほうが責任が重いと言えますが。

 なお、朝日の関連報道は以下のとおり
 やしきさんと毎日放送に賠償命令 「番組で名誉棄損」

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(1)

こんばんは!名誉毀損」等の冤罪事件 。 取調べ→否認→拘留延長→否認→拘留延長→起訴→裁判→否認→拘留延長→否認→拘留延長→否認→拘留延長→否認→拘留延長→否認→拘留延長→証拠捏造→377日間長期拘留後→有罪判決→検察官勝ち!日常茶飯事である控訴・上告棄却→検察官勝ち!

YAHOO!JAPAN、 Google 等から 「名誉毀損」の冤罪 と ご検索ください

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント