エントリ

怪盗アンデス?実は「回答案です」…変“漢”ミス大賞(2006年12月25日20時41分 読売新聞)

 財団法人「日本漢字能力検定協会」(京都市)は25日、第2回「漢検“変漢ミス”コンテスト」の結果を発表した。

 思わず笑ってしまうような漢字の変換ミスの年間最優秀作品は、「遅れてすいません。回答案です」を打ち間違った、「遅れてすいません。怪盗アンデス」。終電間際に会議資料を作り終えた男性が、あせってメールを送信した時の変換ミスで、同僚から「腰の低い怪盗だなあ」などと大笑いされたという。

 私、こういう面白変換ミス好きなんです。
 過去の「年間変換ミスコンテスト」のエントリー作品はこちらにあります。

 誤変換から正しい変換を推理するというのも面白いです。

| コメント(8) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(8)

ATOKのお世話になるようになってから、ストレスは確実に減りましたが、こういう予期せぬ出会い(?)はめっきり少なくなってしまいました。

これって、投稿のかなりの割合は頭をヒネって考えたネタじゃないかと邪推していますが、どうなんでしょう。

まあ、面白ければどちらでもいいんですが(^^)

ATOKは割りと賢く変換してくれるかも知れませんが、MSIMEは何でこんな馬鹿なんだと思う変換第一候補が相変わらずですよ。
まだ変換ミス候補に出せるような面白い誤変換だと楽しいのですが、楽しくも無く単にバカな変換ミスが多くてイライラは無くなりませんね。

クルンテープさま

まさにそれなんです。自腹切ってATOK最新版を買うのがぜんぜん惜しくないと思わせてくれたIME、ありが

快適ですよ〜 @Jus●Sys●emの回し者

No.3 fuka_fuka さん

マイクロソフトというのはサードパーティとの共存をよくわかっているOS開発会社なんですね。
MSオフィスも開発をサードパーティに任せて手を引けばもっと共存共栄できそうなのに。

むか〜しの記憶です。(確か入賞してた筈)

好きだからだ居て。→好きだから抱いて。

おっさんの私は、こんなこと言ってるから婦女子職員の方々から、ヒンシュクを買うのです。(涙)おそらく来年も言ってるでしょう。(受験生のブルースのフレーズと同じか)

うちは電子カルテです。WindosのIME+医学医療辞書でやってますが、噴飯ものの変換が日常。「医師」と入れようとすると「縊死」が第一、第二が「石」、その次に「意思」それからやっと「医師」とか。おかしなことに同じ機種のはずなのに、馬鹿なヤツと賢いのがあって、数回繰り返すと学習するのもあれば、何度やっても変な変換をするのもあり。何が違うんだかわかりません。

失礼します。

私もIMEですが、短文変換と長文変換によって違ってくるようです。
私は短文変換にしているので、わりとうまく変換してくれています。
長文変換の方が変換ミスが多そうな気がします。

失礼しました。

また、失礼します。

過去の変換ミスを見てみましたが、個人的には、どれも笑えませんでした。
まだまだ、甘いなぁ。。。私は正直です。
お笑い芸人でも、つまらない人は笑いません。
(お笑いスタタンをよく見ていましたから。いろんな芸人希望者を見ました。)
もう少し笑えるものがほしかったですね。

失礼しました。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント