エントリ

 今年は「のだめカンタービレ」の影響で(^^;

 NHK教育の第9を聞いた後で紅白を見ました。

 結果は白組の勝利!

 たぶん、おそらく、そうじゃないかなと思っているのですが

 DJ OZUMA と おおとりの北島サブちゃん がMVP候補ではないでしょうか(^^)

 特にDJ OZUMAは一瞬目が点(^^;
 
 いや〜、NHKもさばけてきたもんです。

 視聴率獲得に必死なんて、いいっこなし(^^)

追記
 「裸」演出、番組内で謝罪 NHK紅白歌合戦(asahi.com 2007年01月01日00時59分)

 NHKによると、終了までに問い合わせなど約250件が寄せられた。NHKは裸に見えたのはすべてボディースーツだったとしたうえで、「裸と見間違いかねない姿になるのは演出側は知らなかった。紅白のテーマにふさわしくないパフォーマンスだったと考えている」とコメントした。

 紅白くらいの大番組になると、演出側も番組の全体の詳細を把握していないんですね。
 当然事前にわかっていてGOサインを出したものと思っていたのですが。

 DJ OZMAは「リアルに作り過ぎたかな」と報道陣に語った。

 女子フィギュアスケートの衣装でも肌色部分を使う例が多いですけど、さすがおぱーいは描きませんね。

 問題の場面は同日午後10時20分ごろに放送された。直後から「裸ではないのか」「ボディースーツとはいえ、子どもの見ている時間にはふさわしくない」などの指摘があったという。

 午後10時20分ごろが子どもの見ている(べき)時間かどうかは議論の余地がありますが(^^;

 DJ OZMAこの後の民法番組でも同じボディスーツを使ってましたが、たぶん抗議はなかったでしょうね。

| コメント(11) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(11)

あけましておめでとうございます。

私はその場面見てなかったんですけど、
DJ OZMAの件、物議を醸しているようですね。

見たところで印象に残ってるのは、
ほしのあきのおぱーいくらいかなw


>私はその場面見てなかったんですけど、

 肌色のボディスーツにおぱーいの絵が書いてあって(^^)

 一見すると、トップなし。

 おまけにボディスーツの上にはいていたパウンティを脱いじゃって蝶々婦人状態。

 そりゃ物議を醸しますわな(^^)

天漢日乗に画像がupされていました。
私は生放送で見ましたが、おぱーいがぜんぜん揺れなかったので、なにか着ているのか、ヌーブラに絵が描いてあるのかと思いました。
現時点で苦情電話が250件と報道されていますね。

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2006/12/57nhknhk1231_2bb4.html

失礼します。

DJ OZMAさんの件。
そんなに騒ぐことでしょうか?
美術品にだって裸の彫刻があったりしますよね。
私個人は、今回の騒ぎと裸の彫刻と同じくらいのことだと思っています。
「裸の彫刻は芸術品だから許されている」だけのことだと思うんですが。
子供に影響するなんて、親が勝手に思っているだけで、子供自体は
なんとも思っていないかもしれませんよ。
これくらいでクレームつけてくるようでは、心に余裕がないのかも。
子供には、あれは肌色の服を着ている。と説明すればいいこと。
今の親御さんには心の余裕がないのかな?

失礼しました。


私は見てませんが、心に余裕がないというより不意打ちだったんでしょうね。
そういうものを(芸実だとしても)紅白では見たくないという人が多かったんでしょう。

これですね。

http://www.youtube.com/watch?v=k4hYsmIZtGc
見るだけなら著作権法違反にはならないのでご心配なく。

NHKは紅白をどういう方向に持っていくのか迷いがあるようですね。
結局、DJ OZMAを庇うコメントしてないようですし。

見るだけなら合法ですが、リンクを張るのは幇助となる可能性が
あるので、お気をつけ下さい。

参考
ttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/27/news029.html

DJ OZMAの件については、以下のリンク先が問題点を端的に提示して
いると思います。

ttp://my.shadow-city.jp/?eid=322607

ttp://my.shadow-city.jp/?eid=322819

わいせつかどうかは判断が難しいですが、紅白は世界中で
同時放送されているので、各国の放送法などに抵触する
可能性があります。NHKの海外担当の人も年始から大変ですね。

海外向け放送は最初から該当部分の映像がカット(静止画)されていたようです。
それで知らなかったと言われても、信じられないですね。

海外向けは録画放送だそうで、失礼しました。

まあ、昔はとんねるずのパンイチとかもあったくらいですから、客と出演者をドン引きさせながらも、こうした伝説系のぱふぉーまんすを敢行したDJ OZMAの根性には敬服します。こんなのがなけりゃ盛り上がらんですよ紅白も。我が家では「NHKも結構弾けるなあ」と皆でニヤニヤ笑いながらみてますた。

大晦日や正月早々NHKに苦情電話を入れている暇人はさておき、総合司会のお詫びもパフォーマンスの続きと考えれば、NHKもなかなかやるもんだと感心したところです。こういう企画モノは、多くを語らないところがいいんです。

でも来年はDJ OZMA出ないんだろうなあ、残念。(氣志團で出たりして)

DJ OZMAの問題はおっぱい出したか出さないかの問題ではなく、リハーサルの内容を反故にしたことが問題なんじゃないでしょうか。
話によると事前のリハーサルは水着着用、直前のリハーサルはサボタージュしたそうです。
もし番組を制作する立場に立ったら、リハーサルを反故にするようなアーティストは出演させたくないですねぇ。首が飛ぶかもしれないし。

まあ、OZMA側は「NHKから干されたくてやった」そうなので、狙い通りになったかと。
自分のわがままを通すために他人に多大な迷惑をかけるのが今風ですか。

今回はNHKだったからよかったものの、これが民放のゴールデンだったら大変です。
スポンサーに抗議が入ってしまったら大問題になってしまう。
NHKでやればNHKに批判が集中して終わりなので、NHKでやったほうが『安全』だったのでしょう。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント