エントリ

いじめの定義をより広範に 文科省、「見逃し」を懸念(asahi.com 2007年01月10日21時51分)

 文部科学省は10日、いじめの現行の定義を見直し、一部の文言を削除する方針を固めた。教育委員会や学校が、定義を厳格に解釈するあまり、いじめと認定しない事例が相当数になると判断した。いじめの兆候を早期につかむため、全国調査の質問も手直しする。
 文科省は、(1)自分より弱い者に対して一方的に(2)身体的・心理的な攻撃を継続的に加え、相手が深刻な苦痛を感じているものを「いじめ」と定義してきた。このうち、「一方的に」「継続的に」「深刻な」という文言は「教委や学校が判断に迷い、結果的に、いじめを見逃しかねない」と判断し、削る見通しだ。

 現場の意識が変わらなければ、結局見て見ぬ振りをするんじゃないでしょうか。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(2)

 そもそも「いじめ」の定義にあたるかどうかの問題じゃないと思います。これこれこういうことがあった、ほっといたらこうなるかも知れない、っていう想像力、人の痛みに対する想像力の問題だと思います。現場の先生は忙しすぎて、といつもおっしゃるようですが。

そんなところで言葉の定義にこだわってる暇があれば、もっと他にやるべき、またやらせるべきことがあるでしょう、文部科学省の偉い人・・・。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント