エントリ

 刑事事件で起訴された被告人が無罪判決を受ける場合には、いくつかのパターンがあります。

1 犯人であることは間違いないが、証拠収集手続(捜査)に重大な違法があったことから結局その証拠が裁判の証拠と使えなくなってしまって無罪になる場合があります。
 例えば、覚せい剤所持事犯で、覚せい剤の押収手続に違法があると、その覚せい剤を証拠とすることができなくなって、結局被告人が所持していたものが覚せい剤であることの立証ができなくなって無罪になります。

2 外形的に犯罪行為を行ったことは間違いないが、故意がないとして無罪になる場合があります。
 覚せい剤所持事犯で言えば、被告人が覚せい剤を持っていたことは間違いないが、被告人がそれを覚せい剤だと知らなかった場合などです。

3 起訴時点では検察官は被告人が犯人に間違いないとの証拠と心証のもとに起訴したとしても、裁判における立証において裁判官に対して、ある程度の有罪心証を持たせたとしてもその確信を得させるところまでの立証ができなかった場合も無罪になります。

4 起訴時点では検察官は被告人が犯人に間違いないとの証拠と心証のもとに起訴したとしても、その後の審理で、無罪であることの明白な証拠が発見されて無罪になる場合があります。
 別人が真犯人であると名乗りを上げて、それが強力な証拠によって裏付けられた場合などです。

 最初の例は犯人であることが間違いなくても無罪になる例です。

 2番目の例は、被告人が何らかの形で犯罪に関与していたとしても犯罪要件を全て満たさなければ無罪になる例です。
 この場合に、故意があるかどうか不明の場合は次の3番目の例と同じになります。

 3番目の例は、証拠不十分無罪で、いわゆる灰色無罪の例です。
 訴訟法上は完全な無罪ですが、歴史的事実の存否の観点では被告人が犯人かどうか真偽不明な場合です。
 疑わしきは被告人の利益にという原則は、真偽不明な場合に犯人ではないと認定するという刑事司法上の原則のことですが、裁判官の心証としては犯人である可能性が否定できない場合です。
 例えば、相矛盾する目撃証言があったりして、どっちとも決めかねる場合などです。

 4番目の例はいわゆる真っ白無罪です。

 なお、再審無罪の場合も灰色無罪の場合と真っ白無罪の場合があります。

 刑事裁判では、黒でなければ白です。
 ただし、「黒でない」の中には「灰色」も含まれます。

 弁護士がこんなことを言うと怒る人もいますが、なにしろ私は元検ですので、検事はこのような認識をしているとご理解いただければ結構です。

 さて、冤罪とはどういう場合を言うのでしょうか?

 真っ白無罪が冤罪であることは議論の余地がないと思います。
 検事としても、真っ白無罪を出すことは上司の評価如何にかかわらず、検事として最も恥ずべきことだと教わりました。

 では灰色無罪はどうか?
 マスコミでも「無罪=冤罪」とは考えられていないように思うのですが、このあたりはどうなのでしょうか。
 冤罪という言葉は法律用語ではありませんので、その意味は個人個人によって微妙に違うかも知れません。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント

  • コメントはまだありません。