エントリ

「踏み字」取り調べ事件、控訴を断念 鹿児島県警(asahi.com 2007年01月31日22時31分 キャッシュ

 一応決着のようです。

 この警部補の取調べは強く非難されるべきであることは間違いないのですが、実は、よく踏み字の事実を認めたな、という気もしています。
 取調べは密室ですから、警部補が白を切りとおすこともできたのではないかと思います。
 認めざるを得ない動かぬ証拠があったのなら別ですが、そうでないのに認めたのであれば、非常に低次元の話ではありますが、そこに救いを見ることも可能かなと思います。

 ただし、知事が言ううように「自浄作用が働いた結果ではないか」と言えるかどうかは疑問ですが。

川畑さんは警部補を鹿児島地検に特別公務員暴行陵虐容疑で告訴しているが、取り下げるつもりはないという。

 この事件を含む一連の公職選挙法違反事件では、鹿児島地検の捜査も相当問題があったやに聞いていますので、この告訴事件の顛末も興味があるところです。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント

  • コメントはまだありません。