エントリ

滋賀の2園児刺殺、鄭被告側が罪状否認し責任能力争う(2007年2月2日13時51分 読売新聞 キャッシュ

 弁護人も大変そうです。

 責任能力判断の事例として興味を持っています。

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(1)

> 弁護人も大変そうです。

ご拝察申し上げます。
それに、刑事裁判で責任能力ナシ無罪を勝ち取ったとしても、医療観察法審判事件が待っている。
なお、医療観察法は「実刑判決を受けないこと」が要件なので、
無罪ばかりでなく、責任能力ありや限定責任能力で「執行猶予が付いた場合」を含みます。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント