エントリ

鹿児島県議選違反 12被告全員「無罪」、ずさん捜査“完敗”(ヤフーニュース 2月24日8時0分配信 産経新聞 キャッシュ

 これが第一報でしょうか。
 以前から注目していた事件の判決です。

 しかし判決は、4回の買収会合が開かれたと自白した6被告(うち1人は公判中に死亡)の供述調書について「実際には存在しなかったと考えられる会合の内容までが、さもあったかのように具体的、迫真的に表現されている」と信用性を否定。その上で「被告らが長時間の取り調べの末、捜査官の強圧的な誘導に迎合した結果、苦しまぎれに供述したとうかがわせる」と結論付け、「7世帯しかない山間部の小集落で複数回の買収会合を開き、多額の現金を配って選挙運動をすることの実効性には疑問がある」と、検察側が主張した事件の存在そのものを事実上否定した。

 かなりの確率で無罪が予想された事件で、これで有罪になったらほんとにどうしようかと思っていました。
 裁判官がきっちり仕事をなさった事件だと思います。

 今まで報道された範囲でのコメントですが、検察は控訴しないのが信頼を得る(正確に言えば、これ以上損なわない)所以であろうと思われます。

 ニュースの見出しには「ずさん捜査“完敗”」とありますが、この事件の捜査を「ずさん」というのは極めて不正確だと思います。


ヤフー関連ニュースリンク

| コメント(5) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(5)

検察内外から批判が加えられるのは必至でしょうが、このような起訴が行われる背景が気になります。フィクションに基づいて証拠を解釈しようとすると、どこかで歪みが生じるものだと思いますが、歪みに気が付かなかったのか、歪みに気が付いていながら無理矢理起訴したのか、疑問があります。

本当ずさんだなんて言葉で簡単に、くくってほしくない事件でしたね
無罪になって当たり前なのに周囲が、どうなるのか「鹿児島県議選違反」??
みたいに、騒いでいるのが通念や倫理上から言っておかしかったです。
当然の判決です〜☆

ところで、本件では1年近く拘置された方がいらっしゃるようですが、また、関係者は「何もおとがめなし」なのでしょうか。

なお、鹿児島県警では、最初に捜査官が筋書きを書いて、それに合わせて自白させる「たたき割り」という手法があるようですが、こんな言い「先入観」の入った操作が許されるのでしょうか。それにしても、検察は、このような捜査結果を、どの程度信じていたのでしょうか。

警察に自浄作用なんて期待できないのでしょうね。密室での取り調べを禁じる方向に行かなければ、近代国家とはいえないのではないでしょうか。これだけおかしな事を警察がしているというのに、どうして日本のジャーナリストは逮捕すなわち犯罪者と見なすのだろう。

警察が無茶な取調べをしたとして
その長所を検察がそのまんま信じ込んだのはナゼかという
疑問は残る 検察は警察よりはるかに有能でかつ慎重である
これに対するいのげの想像する答えは「自白があったから」
自白は証拠の王とする自白重視主義である
これは日本の司直の宿痾というべきものだ

有名な元検察官の堀田力氏はニュース番組で
「ちゃんと調べていればそういうことにはならない」
とコメントした

その一方でライブドア事件当時コメントでは
自白重視主義を隠そうともしなかった
http://www.yabelab.net/blog/2007/02/24-122400.php#comments
「従来、日本の裁判は争っている事件でも相当高い確率で有罪判決が出ている。それはなぜかというと自白があるからだ。いくら裁判で否認しても最後に自白を出せば状況がきちんと書いてあれば信用できるということで。日本の裁判の有罪率が高いのは調べのなかで自白があるからだ。」

桜井よしこブログにおける堀田コメント
http://blog.yoshiko-sakurai.jp/2001/03/post_37.html
「裁判で、証人が嘘の証言をすれば罰せられます。しかし被疑者、被告人は検事に取り調べられているとき、嘘をついても罰せられないというのはおかしなことです。被疑者、被告人の権利を保護することはもちろん大切ですが、これでは真実を明らかにし、公正な裁きをするという裁判の目的を達成できないのではないでしょうか。堀田氏がさらに続けました。
「原因は、日本の憲法をつくるときに、黙秘権、供述拒否権を誤解したことにあるのでしょう。供述拒否権というのは、供述を拒否できるだけの権利であって、嘘をつく権利ではない。しかしそれをひっくるめて、嘘をついてもいいことにしてしまったことが大きな間違いだと思います」

偽証罪がないことは、取り調べる側にとってだけでなく被疑者、被告人にとってもよくないと考えます。どうしても自白させなければならないとなれば、検察官もかなり強引な取り調べをせざるをえません。その厳しい追及ゆえに、本当はやっていないのに「やりました」と嘘をつき、逆に冤罪を生み出す危険性も否定できないからです。」


要するに現状では冤罪を生み出す危険性のある厳しい追求を
やっているということだと解釈できます
本人が言うんだから間違いないでしょう
やっぱりテレビでこれは言えんですか

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント