エントリ

12人の無罪確定へ 鹿児島選挙違反、控訴断念の方針(asahi.com 2007年03月06日08時24分 キャッシュ

 大事なニュースを見落としてました。大石英司さんの代替空港経由

 03年4月の鹿児島県議選をめぐって公職選挙法違反(買収・被買収)の罪に問われ、2月23日に鹿児島地裁で無罪判決を受けた被告で元県議の同県志布志市、会社社長中山信一さん(61)ら12人に対し、鹿児島地検は5日、控訴を断念する方針を固めた。一両日中にも福岡高検と協議するが、上級庁の高検、最高検はともに、現在の証拠関係では判決を覆すことは困難とみており、地検の方針を認める模様だ。これにより、控訴期限の9日を過ぎれば全員の無罪が確定する見通し。

 上級庁とは、すでに根回しが済んでいるんだろうと思います。
 たいてい無罪事件の場合は、現場の地検は納得がいかなくて積極意見(控訴したい)で高検と協議するんですが(高検でできないということが多い)、本件では地検としても控訴したいとは言えなかったんでしょう。

 既に既報の部分もありますが

(弁護側は)4回開かれたとする「買収会合」のうち少なくとも2回については中山さんにアリバイがあることも立証した。

 はっきり言って、これで勝負ありです。
 これによって

判決も、 (中略) 自白調書についても「あるはずもない事実が、さもあったかのように具体的かつ迫真的に表現されている」と指摘して、その信用性を否定していた。

ということになってます。

 その勢いで

 さらに判決は「自白した被告らの主張するような追及的・強圧的な取り調べがあったことをうかがわせる」と認定するなど、検察側の主張をことごとく退けていた。

となって、これはもう検察の完敗。
 
 勝ち負けで言ってはいけませんね。
 最初から、勝負というに値いしないひどい捜査ですから。

 ところで、大石氏は本件について(たぶんそうだと思う。ブログの記事の区切りがちょっとわかりにくい)

この事件の特徴的な所は、現場の捜査官が、驚くほど率直に、メディアに真相を話していることなんですよね。

と述べていますが、私も同感するところがあります。
 踏み字なんかしらばっくれても何の不思議もないのに、と感じていました。

 たぶん12被告全員「無罪」の背景で引用した記事の中の

「いくら調べても裏が取れない」「お前の調べ方が悪いんだ」。捜査会議で署長と取調官がたびたび衝突し、供述を取れる「勝ち組」と、口を割らせられない「負け組」に内部分裂した。負け組は厳しく叱責(しっせき)され、「自白」させるように圧力を受け、できなければ捜査から外された。「指揮する2人とも下積みをしていないから、現場の気持ちが分からない」と、刑事経験が豊富な県警OBは捜査の暴走を悔やんだ。

という状況が影響しているのだろうと想像します。

 警察内部にも、指揮官に対する不満と不信があったのだろう、ということです。
 それはつまり、現場の刑事の自分自信の捜査に対する後悔であり、懺悔であったのだろうと思われます。

 そういう目で見ると、鹿児島県警もまだまだ捨てたもんじゃないと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント

  • コメントはまだありません。