エントリ

堀江被告実刑―断罪された「錬金術」(朝日 キャッシュ
社説:堀江前社長実刑 ルール無き拝金が断罪された(毎日 キャッシュ
[堀江被告実刑]「金銭至上主義が断罪された」(読売 キャッシュ

 流し読みした感想ですが、読売が一番浅薄な印象です。

 「法に触れさえしなければ」と言いつつ、違法行為そのものにも手を染めていた。実刑判決も当然だろう。(読売)

 なぜ実刑なのか、について検討したのかな、という感じです。

1審は半年余りで終了した。大型経済事件としては異例の速さだ。(読売)

 これは公判前整理手続の導入の影響が大きいと思われます。
 制度が変わったことをまったく無視した社説です。
 このあたりにも不勉強さが表れているように感じられます。

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(1)

知り合いのブン屋さんは読売新聞のことを「ごみ売り」なんて悪口を言ってましたが、こういう指摘を伺うと、なまじ的外れではないような気がしますね(笑)。
読売記者の奥さんが知り合いにいるし、個人的な恨みはありませんが。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント