エントリ

ブレーキ遅れ、日勤教育の影響 宝塚線脱線・最終報告(asahi.com 2007年06月28日20時51分 ウェブ魚拓

 さて、JR西日本に聞く耳ありやなしや。

| コメント(5) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(5)


JR西日本が事故につながりかねない事象(インシデント)などの報告を求めながら、報告すれば日勤教育や懲戒処分を行い、報告を怠ればより厳しい日勤教育などを行ってきたと指摘

この件に関して色々なニュースを見てきましたが、これが一番衝撃的でした。

どうしても今の医療の現状と重なって見えてしまいますね。

事故からしばらくして、指導医の先生が
『まったくもって人事ではない』と語っていた事が印象に残っています・・・

No.2 ようやく3年目さん

医者だけじゃないですよ。中央官僚(医療関係者の怨敵厚生労働省も含む)や一般公務員、教師も多かれ少なかれこんな感じです。

ニュースだけで、事故調査報告書そのものにリンクが無いので、
URLを書きます。
・航空・鉄道事故調査委員会
http://araic.assistmicro.co.jp/
・西日本旅客鉄道株式会社 福知山線塚口駅〜尼崎駅間 列車脱線事故鉄道事故報告書
http://araic.assistmicro.co.jp/railway/bunkatsu.html

ほんの一部しか読んでいませんが、しま(その他)さんの引用部分は、
「3.14.2 同社の運転士管理方法の本事故への関与に関する解析」
に記述があります。

>WA さん

 情報提供ありがとうございます。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント