2007年7月アーカイブ

私の母校創価高校が、高校野球西東京大会で優勝しました(^o^)

http://number.goo.ne.jp/baseball/hsb/local/wtokyo/TKY200707310317/(ついでにウェブ魚拓^^)

 アラシが来ようが何が来ようが喜ばしいので大々的に紹介しちゃいます(^^)

 最近、高校野球を斜に構えて見るようになりましたが、後輩が出るとなったら話は別です(^^;

 甲子園でもがんばってほしいと思います。

| コメント(16) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 ヤフーの辞書サイトに「新語探検」というのがありまして、そこにあった言葉です。
 内容はこちらを読んでください。

 毎日新聞が「えらぼーと」という名前で運営しているとのことですので、早速やってみました。
 私はすでに投票を済ませていますので、単なる興味本位です(^^)

 なかなか興味深い結果が出ました(^^;

 21ほどの設問に答えると自分の意見とそれぞれの政党の候補者の平均的な意見との一致度が計算されるというもののようですが、微妙な問題について、いくつかの質問から一つだけを選ぶ形の択一回答設問ですので、回答するときの気分で結果が変わるかもしれませんし、候補者が有言実行してくれる保証もありませんので、どの程度投票の参考になるかは皆さんが勝手に判断してください(^^)

 ともかく、選挙は国民の意思表示の機会ですから、みなさん、明日は投票に行きましょう。

| コメント(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 光市関連のエントリの後に書くにはいかにも間が悪いのですが、忘れてしまいそうなので書きます(^^)

 先週の土日にかけて、家族四人で八王子と京都の間を車で往復しました。

 その途中のサービスエリアで休憩したのですが、つばめの巣の団地状態になっていて親つばめたちがせっせと雛にえさを運んでおりました。
 たくさん目につくつばめの巣の中に、ひときわ大きな雛たちが4羽もいてほとんど巣からこぼれ落ちそうになっている巣がありました。
 巣立ちが近そうでした。

 私以外の人も何人かその巣を見ていたのですが、その中に、お腹の大きい若い奥さんがいました。
 たぶん、8か月くらいにはなっている感じでした。

 その奥さんの親つばめが一生懸命えさを運んでくる4羽の雛を見つめる眼差しがとても優しそうだったのが印象的でした。
 これから生まれてくる赤ちゃん(たぶん第1子)と赤ちゃんを旦那さんと二人で育てる自分を思い描いているんだろうな、と勝手に想像しておりました。

 見ている私の気持ちも優しくなってくる光景でした。

| コメント(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 ここ数日更新を怠っていましたが、アクセス数はけっこうありました。
 言うまでもなく、光市母子殺害事件のニュースのおかげです。

 上野正彦氏の証言等により、被告人の自供調書の記載と死体痕跡との不整合が指摘され、殺害方法に関する自供調書の信用性に疑問が投げかけられています。
 今になってこのような指摘を受けるということは、起訴前の捜査が甘かったのではないかという疑いが生じますが、それはともかく

 弁護団は、殺害方法に関する自供調書の信用性が揺らいだことをもって、被告人に殺害の実行行為はなかった、殺意はなかったと主張しているようです。

 しかし、この弁護団の主張は、すでに各方面で指摘されていますが、完全に論理の飛躍です。

 弁護団が主張するように、被告人が被害者の口を塞ぐために口を押さえた、逆手の右手がずれて首を押さえる形になったとしても(私は依然としてこれも死体痕跡と整合しないと考えていますが)、被害者が窒息死するまで首を押さえ続けていたということであれば、それは殺人の実行行為に他なりませんし、殺意も優に認められます。

 そして、被告人の殺意の存在は、1審・2審で基本的に殺意を争っていなかったことや口と鼻を塞ぐように貼られていたガムテープなどから、これを今更争うことは困難であろう、というのが私の外野からの印象です。

 ついでにもう一言コメントしておきますと、

 中国新聞の記事ウェブ魚拓)によりますと

元少年は面接の際「弥生さんはまだ生きている」「来世で(弥生さんの)夫になる可能性がある」などと話したといい、野田教授は「本当の意味で二人を殺した認識ができない」と分析した。

とのことです。

 野田教授の判断はさておき、被告人が「『来世で(弥生さんの)夫になる可能性がある』などと話した」というのが事実だとしますと(今朝のテレビの言い方ではもっと直接的だった可能性がありますが)、やはり被告人は被害者を性の対象と見ていた、という認定が強まると思われます。

 野田教授がどういうつもりで「本当の意味で二人を殺した認識ができない」と言ったのかわかりませんが、私としては、被告人の再犯の危険性をさらに強く感じる発言だと思います。

 復活の儀式やドラえもん発言以来、被告人が何を言っても驚かないという気になっていましたが、「夫になる」というような言葉を口にする被告人には、あらためて驚くとともに戦慄すら覚えます。

| コメント(51) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このブログは今日で、満2歳になりました。

| コメント(18) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 アマゾン夏の大バーゲン開催中だそうです。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「段ボール肉まん」は虚偽報道 北京テレビが謝罪(asahi.com 2007年07月19日 ウェブ魚拓

 いずれにしても捏造ということでしょうか。

 しかし、

 このニュースも捏造でないか、という疑問がまったくないわけではない、という意見があってもまったく不思議ではないわけで

 もう収拾がつかない感じです。

| コメント(47) | トラックバック(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

みんなのニュース:サイバー攻撃「一本釣り」に 米で被害深刻化(毎日 2007年7月19日 ウェブ魚拓

 みんなのニュースと聞くと、子供向けニュースみたいに聞こえますが、そうではありません。
 みんなが知っておくべきニュースだと思います。
 一読しておきましょう。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

村上被告に懲役2年、追徴金11億円余 東京地裁判決(asahi.com 2007年07月19日12時51分 ウェブ魚拓
インサイダー取引:村上被告に実刑 追徴金11億円(毎日新聞 2007年7月19日 10時12分 (最終更新時間 7月19日 13時26分)ウェブ魚拓
村上被告に実刑2年、追徴金11億円…「利益至上」を断罪(2007年7月19日13時47分 読売新聞 ウェブ魚拓

 捜査段階で自白しておきながら、公判段階で否認した結果が、懲役2年の実刑であるように思われます。
 捜査段階で自白すれば起訴猶予になる、などということを考えていたとは到底思えませんので、このような村上被告の態度の変遷は不可解です。
 不可解というのは、相当頭のいい(と思われる)村上被告が、当然弁護士と十分な協議の上で捜査段階においては自白という方針を選択したにもかかわらず、公判で否認に転じたからです。
 捜査段階で弁護士の弁護を受けずに自白して(させられて)公判で否認に転じるというのはよくある話ですし、何の不思議もないのですが。

 考えられることと言えば、捜査段階での見通しと、起訴されてからの見通しが大きく変わったことが一番ありそうなことなのですが、さてどうなんでしょうか。 

 しかし、多いですね、追徴金。

| コメント(5) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 最初は、「のみなかま」という名前の京都の飲み屋さんの紹介かと思いまして、それなら一度行ってみねばなるまいと思ったのですが、月桂冠の販促サイトみたいですね。
 日本酒が好きな人は一度ご覧になってはいかがでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 ダイキャスト・モデルです。
 プラモデルではありません(^^)
 いや〜、垂涎ものです。
 戦闘機ハーレーダビッドソンなどがあります。
 見てるだけでわくわくしてくるものもあります。
 ハーレーのページは音が出ます(ナレーションはなかなか泣かせます^^)。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

新潟県長岡市などで震度6強 柏崎刈羽原発で火災(asahi.com 2007年07月16日11時52分 ウェブ魚拓

 原発が緊急停止したようです。
 気になるのは

放射能漏れは確認されておらず、けが人の情報も入っていないという。

と言いつつ、

放射性物質を測るモニタリングポストから情報が届かなくなっている。

と報じている部分です。

 モニターが正常に作動していて放射能漏れが確認されていないのか、モニターが故障している可能性があるのかはっきりしません。
 早急に確認してもらいたいところです。

 大地震が不可避の日本で原発を動かしているわけですから、今回の地震が原発の耐震安全性を確認する機会になることを祈っています。

 エレベーターの鋼材の強度偽装が発覚したばかりですが、本当の安全性というのはこういう場合に安全であって初めて安全であるわけですから、設計者、施工者、運営管理者さらには国の安全に対する意識の答が今こそ出る時だと思います。

| コメント(24) | トラックバック(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

公判前に争点整理すると審理期間は半分 最高裁が報告書(asahi.com 2007年07月15日12時27分 ウェブ魚拓

 従来は公判を開く前に裁判官が心証を抱くことがないように、争点整理は行われてこなかった。報告書は残る課題として「連日開廷などに対応するため、刑事弁護態勢を充実させること」を挙げた。

 弁護士の負担が相当重いという指摘がかなり弁護士側からなされています。

 従来の感覚を大きく修正する方向に舵を切ったわけですから、いっそのこともっと大胆に司法取引を正面から導入すべきだと考えています。

| コメント(9) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 SankeiWEBにあった「得ダネ情報>マンション」の記事なんですが、

女性を引き寄せるマンションに住まう贅沢

というキャッチコピーが目を引きます(^^)

| コメント(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 カフェミュージックというのがあるそうな。
 ということで例によってググッてみますと、

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

エレベーターで強度偽装 JFE系商社が鋼材をすり替え(asahi.com 2007年07月12日21時33分 ウェブ魚拓
エレベーター:フジテック製の強度不足判明、改修を指示(毎日新聞 2007年7月12日 21時03分 (最終更新時間 7月12日 23時00分)ウェブ魚拓

 同社は、強度が低い鋼材の納入時に強度の高い鋼材の検査証明書を発行したことを認め、「フジテック社員との合意による不正だった」と説明。フジテックは「すり替えは知らなかった」と反論しており、同省はフジテックに再度の報告を求めた。(朝日)

 フジテックの関与については争いがあるようですが、

 同省によると、設計より強度の低い鋼材が使われていたのは、マンションやオフィスビル、病院や駅などに設置しているエレベーター1万2727基とエスカレーター634基にのぼる。

 ここまで大規模ですと、いくらなんでもフジテックの関与が全くないというのは相当苦しい説明のように思われます。

 JFE側は、強度が劣り、価格も5〜6%安い「SPHC」鋼材に、「SS400」鋼材の検査証明書を添えて納めていたという。

 安い鋼材を使って利益を得るのはどちらかを考えれば、常識的な結論は自ずと明らかです。

 使用されているのは、36都道府県のマンションや事務所、病院など多岐にわたり、JR西日本の各駅では約150台に達する。建築基準法は、エレベーターの強度を通常運行時の3倍の安全率を見込んでいるため、同省は「今回の強度不足で直ちにかご枠が破壊されたり、ゆがんだりすることはない」とみている。(毎日)

とのことで、直ちに問題が生じることはないようですが、建築基準法が通常運行時の3倍の安全率を見込んでいるというのはそれなりの理由(地震の際の安全確保など)があるはずですから、それをここまで無視しまくるというのは到底容認しがたい安全軽視だと思います。
 安全軽視というのは人命軽視です。

 それとも、建築基準法の基準は過剰基準だというのでしょうか。
 それとも、安全に問題が生じるような地震は絶対起こらないという確信でもあるのでしょうか。

 両社には、完全な耐震補強を行ってもらって今までのつけをきっちり払ってもらい、今後の営業活動に対する影響によってしっかり報いを受けてもらうことにしましょう。

| コメント(14) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「僕はパパを殺すことに決めた」で、東京法務局が勧告(asahi.com 2007年07月12日19時18分 ウェブ魚拓

 講談社は「勧告は真摯(しんし)に受け止めている。今後も少年法の精神を尊重しながら、社会的意義のある出版活動を続けていく」とのコメントを発表した。

 恐ろしく白々しいコメントに聞こえるのは気のせいでしょうか?

 犯罪報道、その中でも少年事件報道には深刻な議論があるのですが、このコメントからは「真摯さ」というものが感じられません。
 単に私の印象ですが。

 はいはい、わかりました〜、一応聞いておきますね〜

という感じです。

 これなら、まだ新潮などのほうが態度がはっきりしていて分かりやすいです。

 もちろん、新潮社のスタンスを支持しているわけではありません。
 スタンスが分かりやすいというだけです。

 少年事件については、保護処分(少年院送致など)と検察官送致起訴事件(いわゆる逆送事件)は区別すべきだと考えています。
 保護処分が適当と判断された少年については、矯正教育や社会復帰が最優先されるべきであると思います。

参考ブログ
 法と常識の狭間で考えよう

| コメント(16) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

チャイルドシート非着用、子供の致死率は9・8倍(2007年7月11日11時16分 読売新聞 ウェブ魚拓

 チャイルドシートの着用が義務づけられている6歳未満の子供が車に同乗中に起きた昨年1年間の交通事故を警察庁が調べたところ、非着用の子供の致死率は、着用していた場合に比べ約9・8倍に上ることがわかった。

 チャイルドシートを嫌がる子供もいるようですが、転ばぬ先の杖ですね。
 転んだら二度と起き上がれない場合があるのですから。

| コメント(13) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

愛知籠城、甘かった警察…防弾車の位置で盾にならず(2007年7月11日3時0分 読売新聞 ウェブ魚拓

 警察官が死傷した愛知県長久手町の籠城・発砲事件の警察による検証結果の概要記事です。
 読売紙面にはもう少し詳しい記事がありました。

 現場に投入された特殊急襲部隊(SAT)の隊員らは、防弾機能を持つ特殊車両を盾にする計画だったが、想定した位置より車両が後方に止まったため、身を隠せず銃撃された。県警の最高幹部クラスが、作戦の立案を現場に任せ、SAT隊員の配置を正確には把握していなかったことなども判明。銃を使った犯罪への対応の甘さが浮き彫りになった。

 やはり愛知県警の危機管理能力の低さを感じざるを得ません。
 亡くなられたSAT隊員については不運な面もあったと思いますが、県警幹部がもっと綿密な作戦計画を立てていたら不幸な結果は避けられたと思われます。

 作戦を指揮する刑事部幹部は、警備部に所属するSATの運用は同部に任せた方がいいと考え、事実上、現場に判断を一任。隊員の具体的な配置場所などは把握しておらず、作戦の最高責任者の県警本部長も現場全体の詳しい配置などの報告は受けていなかった。

 これじゃ、作戦指揮の体をなしていません。
 刑事部と警備部の連携というのは普段から取れていないと感じていますが、本件のような重大事態に対処するに当たって、こっちはこっち、そっちはそっち、というような考えであったとすれば、亡くなられたSAT隊員は無責任な県警幹部に殺されたようなものです。
 そうすると、最高指揮官たる本部長の責任はやはり重いと言わざるを得ません。
 発生後5時間以上経過していたにもかかわらず、つまり現場の状況把握と対応検討についての十分な時間があったにもかかわらず、この体たらくでは、命をはった現場の警察官がかわいそすぎです。

| コメント(13) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

3歳児に万引きさせた母親・祖母に有罪判決…魚津簡裁(2007年7月10日13時55分 読売新聞 ウェブ魚拓

 大西守裁判官は、「幼い子どもを犯罪の巻き添えにしており、極めて悪質」として、母親に懲役1年2月、保護観察付きの執行猶予3年(求刑・懲役1年2月)、祖母に懲役1年6月、保護観察付きの執行猶予3年(同・懲役1年6月)を言い渡した。

 判決などによると、2人は、男児の伯母(懲役1年6月、保護観察付きの執行猶予3年)と共謀し、今年3月18日、同県入善町のレンタルビデオ店で、男児をそそのかし、映画のDVD3枚(計9200円)を盗むなどした。

 ちょっと専門的な話をしますが、因果的共犯論の立場からは「幼い子どもを犯罪の巻き添えにしており、極めて悪質」という判示は違和感があります。
 しかし、被告人に対する説示としてはまさしくそのとおりであると思います。

 この母親らの犯行は、子供の人格形成に対する犯罪です。

 母親らがそれを理解しているかどうかわかりませんが、裁判官が保護観察付き執行猶予を付したのは適切な判断だと思います。

 保護観察付き執行猶予中の再犯は再度の執行猶予の余地なし、つまり実刑確定ですから、裁判官はこの母親らに性根をいれて子供のために反省しなさい、と言ったものと推察されます。

 後は本人たちの自覚次第ですが、母親が刑務所に入ることは子供にとっても不幸であることを十分認識してもらいたいと切に望みます。

| コメント(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

を打開するため、とのことですが

医師・助産師不足、関係学会が緊急対策を要望(2007年7月9日23時12分 読売新聞 ウェブ魚拓

| コメント(8) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

象牙密輸で荷受け側の男に、猶予付き有罪判決 大阪地裁(asahi.com 2007年07月10日11時12分)

 栗原保裁判官は「共犯者に密輸を持ちかけられ、荷受人として不可欠な役割を担ったが、主導的な立場ではない」と述べ、懲役1年執行猶予3年、罰金80万円(求刑懲役1年、罰金100万円)の有罪判決を言い渡した。

 個人的には、この種の事犯における求刑も判決も軽すぎるように感じています。

 被告人はとりかえしのつかない事態になることに対して手を貸している、という認識が必要だと思っているのですが。。。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

畠山被告「落下の瞬間、忘れた」 長女殺害、隠蔽否定へ(asahi.com 2007年07月10日15時34分 ウェブ魚拓

 若干既視感を覚えるニュースですが

| コメント(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

高専生死亡事故:トラック運転手に逆転有罪 大阪高裁(毎日新聞 2007年7月6日 20時04分 ウェブ魚拓

 ようわからん記事です。

| コメント(15) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

愛知・豊川の男児連れ去り殺害、二審は逆転有罪判決(asahi.com 2007年07月06日11時58分 ウェブ魚拓

 微妙な判決です。
 決定的な物証がなく、自白の信用性の判断をしなければならない事案ですね。
 このような裁判の当否は、被告人の自白を全て精査して、周辺の状況証拠を慎重に検討しないとコメントできません。

 裁判員裁判で審理したとしたらどうなるか?

 仮定の話ですが、裁判員の構成を変えるたびに結論が異なってくるかも知れません。

| コメント(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)
| コメント(13) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

重大欠陥なくても住宅施工主に賠償責任…最高裁が初判断(2007年7月6日21時4分 読売新聞 ウェブ魚拓

 常識的な判断だと思いますが、解決まで時間がかかりすぎている気がします。
 これから差戻審ですしね。

民事、審理期間が短縮 10年前より2.4カ月減(asahi.com 2007年07月06日17時30分 ウェブ魚拓

 こういうニュースもありますが、

 全体に当事者が多くいる訴訟や医療や建築など専門性の高い分野の訴訟は審理が長くなる傾向がある。裁判所も態勢を見直し、医療や建築の訴訟を専門に扱う集中部を創設するなどして短縮化を図っている。

 まだまだ改善の余地が大きそうです。

| コメント(9) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

厚労省の電子申請欠陥、10日間放置…個人情報流出の恐れ(2007年7月5日23時46分 読売新聞)

 このソフトを利用者が使うと、外部からパソコンを操作され、情報が流出する恐れがある。同省は先月26日、欠陥を認識したが、適切な対応をとっていなかった。同省によると、今のところ被害の報告はないという。
 ソフト会社は昨年12月の時点で欠陥を公表していたが、同省は気づいていなかった。

 同省は先月26日、内閣官房情報セキュリティセンターからの指摘で初めて問題を認識したが、利用者に注意喚起せず、システムを稼働させていた。同省では「早急に対応すべきだった。反省している」としている。

 結局、半年以上放置していたということですね。

 日本の官僚というのは頭がいいのか悪いのかよくわかりません。

| コメント(15) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

柔道の技を何度もかけて脳に障害 中学校教諭を書類送検(asahi.com 2007年07月02日13時21分 ウェブ魚拓

 部活動中に生徒に柔道の技を何度もかけ、脳挫傷などのけがを負わせたとして、神奈川県警は2日、横浜市立中学の柔道部顧問の男性教諭(28)を傷害容疑で横浜地検に書類送検した。「生徒の態度が悪く、矯正しようと思ったが、指導のつもりだった」と容疑を否認しているという。生徒は後遺症として、記憶力などが低下する高次脳機能障害が残った。
 調べでは、教諭は04年12月24日、当時中学3年だった男子生徒(17)に何度も投げ技をかけたり、絞め技で一時的に意識を失わせたりして、急性硬膜下血腫と脳挫傷などのけがをさせた疑い。教諭は、生徒が意識を取り戻した後も、休みを与えず、さらに投げ技をかけ続けたという。

 同市教委が「教師の瑕疵(かし)は認められない」と責任を認めなかったことなどから、生徒と両親が今年2月、県警に教諭を刑事告訴していた。

 今朝のテレビのワイドショーでも取り上げていましたが、私が見たテレビ番組によると、学校側は目撃した生徒たちに口止め工作をしていたようです。
 それが事実なら、この事件は当然逮捕です。

 警察は、業務上過失致傷ではなく傷害罪で立件しており、相当悪質と認定しているようですが、結果の重大性から見ても逮捕すべきであったと思います。

 しかし、教育委員会というのは誰のための委員会なんでしょう。

 こんな教師もいます。
 女子更衣室侵入と誤認…男性教諭、小6男児に“レッテル”(2007年7月3日3時7分 読売新聞 ウェブ魚拓

市教委の調査に対し、教諭は「軽い気持ちでやってしまった」と釈明しているという。

 この教師、反省してるんでしょうか?
 こっちの教委は一応処分しているだけ、横浜市教委よりはましかも知れませんが、もっと毅然とした処分をしてこそ、理不尽な保護者に対する対応で苦労している多くのまじめな先生に対する理解が深まるのではないかと思えてしまいます。

| コメント(19) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2007/07/01-134136.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)