エントリ

 前回のエントリ「刑事弁護について」で私は、「どんな被告人であってもその利益を守らなければいけない」と書きました。
 「被告人の利益を守る」ということは、基本的には「被告人により有利な裁判を目指す」ということになります。
 有罪よりは無罪を、有罪だとしても重い刑よりは軽い刑を目指すということです。
 但し、「被告人に有利な裁判」と「被告人のためになる裁判」というのは常に一致するとは限らないと思っていますが、本エントリではこの問題には触れずに基本的な考え方を前提にして書いていきます。」

 ともかく弁護人は被告人に有利な裁判を目指すわけですが、弁護人は被告人の意思や意向を無視して完全に被告人から独立して自分で弁護方針を決定するわけにはいきません。
 なぜなら、裁判という手続で多大な時間を奪われ、実刑となれば判決の効力を受けて服役するのは被告人本人であって弁護人ではないからです。

 従って、ある被告人の裁判において、裁判に臨む方針(=弁護方針)を最終的に決定するのは被告人であって弁護人ではありません。
 弁護人は、いくつかある弁護方針について、その一つを選択した場合の利害得失を予測して説明しまたは助言はしますが、最終決定は被告人が行うべきことです。
 弁護人は被告人が決定した弁護方針に基づいて、その実現を目指して弁護技術を駆使することになります。

 ところで、弁護方針(裁判方針)というのは、有罪なら認める、無実なら争う、というような二者択一の単純なものではありません。

 1.検察官の主張を全面的に認めて、ひたすら反省謝罪し、軽い量刑を求める。
 2.犯罪の成立は認めるが、情状関係の事実については争って軽い量刑を求める。
 3.犯罪事実の一部を争って一部無罪を目指し、軽い量刑を求める。
 4.ほんとは無罪や一部無罪を主張したいんだけど、争うと保釈が認められないので、保釈を最優先して争わない。
 5.言いたいことはたくさんあるけど、弁解しないほうが裁判は早く終わるし、執行猶予が期待できるので、なにも弁解しない。
 6.全面的に争って完全無罪を目指す。

 今思いつく範囲で列挙してみましたが、大雑把に数えても以上のような方針が考えられます。
 そして、その中のどれを選ぶかを決めるのは、しつこいですが被告人です。
 例外として、弁護人の判断が重要になる場合として、本当に責任能力に問題がある被告人についての心神喪失または心神耗弱の主張をする場合が考えられますが、ここでは原則論について話をすすめます。

 上記の弁護方針は、いくつかを複合して選択する場合もあります。
 そして、必ずしも裁判の全過程において一貫しているとは限りません。
 被告人の思いや考えが変われば、弁護人の弁護方針もそれに応じて変わらざるを得ません。
 それに伴い、弁護人が交代することも当然考えられます。

 争わなければ軽い量刑が期待できると考えて(そのような弁護人の助言を受けて)、何も反論しなかった被告人が、控訴審までは予想通りであったが最高裁で極刑の可能性が出てきた場合において、それまでの方針を変更してそれまでは言わなかった主張(真実であれ思いつきであれ)を言い出すことは全く不思議でも不合理でもないことです。
 そして方針変更に伴って弁護人が変わるということも、自然な成り行きです。

 新たに選任された弁護人としては、その時点における被告人の方針に従わざるを得ません。
 弁護人としては、仮に被告人の選択が誤っていると考えたとしても、助言をする必要はあると思いますが、助言にかかわらず被告人が方針を変えない場合には被告人の方針に従って弁護するということがその場合における「被告人を守る」ということになります。

 そして、被告人が弁護人の助言に従わずに不適切な方針を選択し、その結果として不利な判決を受けたとしても、それは被告人の自己責任であって、弁護人が批判されるいわれはありません。

 なお、以上は一般論です。
 光市母子殺害事件の被告人と新旧弁護人がどのように考えているかは、推測の域を出ません。

| コメント(13) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(13)

初めまして。

本件では妙なきっかけで少年に面会をしたこともあり、複雑な心境で眺めている者です。弁護人は被告を守るのが責務ですからね。その責務そのものを「世間の声」に耳を傾けていない等の理由で非難するのは可笑しいなと思ってます。

「世間の声」ってなーに?とも思いますし。

ただし光市事件は死刑反対の三里塚闘争みたいな感じになってきて、無茶苦茶をしても死刑撤回のような雰囲気も出てきて、なおかつ、この状態で少年を置いておくのが適切なのかも疑問を感じてます。

橋本弁護士の主張はマスコミにおもねった感じはしますが、一石を投じてるとも思えます。「被告人の利益を守るなら、何をしてもよい」というのも変は変ですし。。。

記事を拝見しますと、弁護団の主張も少年の意志を反映しているもので、少年の責任に置いての主張と言うことなんですよね?

自分勝手なモンスター状態になってる感がある少年の意向だけで、弁護して、その結果減刑されてたら・・・

その後はどうなるんでしょう?

被告のモラルや知性に関してまで、弁護人は責任とれませんしね。

でも、一応弁護士業務の基本は「基本的人権を擁護し、社会正義を実現すること」かと。被害者家族の人権を無視し、明らかに社会正義にも反してるような弁護は問題にならないのでしょうか?

社会正義ってなーに?って議論もあるかと思いますが、、、

橋本弁護士が社会正義を体現してるとか思ってたら、それはそれで誇大妄想とは思います。

でも、弁護業務の実際と、刑事事件の裁かれ方に関して、世間が少しでも認識を高め、必要ならば是正しようという声に至れば、それはそれで意味はあるかと思います。

ただまぁ、たぶん騒ぐだけで、そこまでのレベルで争うようなことは橋本弁護士はしないだろうなとは、なーんとなく思ってはおりますが・・・

>「被告人の利益を守るなら、何をしてもよい」

誰がこんなこと言ったの?
訴えられている経緯からすると、橋下弁護士?TVの誰か?

MultiSyncさん、

>「被告人の利益を守るなら、何をしてもよい」

すいません、上記は私個人のコメントです。

モトケンさん

上記のおおよそ6つに分けられる選択肢の選択に関して、もし途中でその選択を変えるとしたら、それまでを無かったことにしたり、新たに時間を要求することは出来るのでしょうか?

モトケン先生はじめまして。
この度橋下弁護士に民事訴訟を提起しました原告の今枝仁です。
私のコメントが「弁護士のため息」上で公表されておりまして、考え方には賛否両論ですが弁護団所属の弁護人の素顔が伝わるとの点では評価されています。
リンク、ないし転載をお願いできないでしょうか。
よろしくお願いします。

 上記は今枝弁護士ご本人です。

 私のブログの今枝弁護士の話について、転載の了解を得ました。

>No.4 ファブヨン さん

>新たに時間を要求することは出来るのでしょうか?

 裁判所の期日指定または期日の変更の問題になりますが、弁護人が交代した場合は、ある程度の準備期間が認められる場合が多いと思います。

 但し、光市事件の上告審における安田弁護士らの欠席の際の状況は少し特別の事情がありそうです。
 最高裁としては、安田弁護人らには十分な時間がなかったかも知れないが、被告人には弁護人の交代を含めて十分な時間があったはずだという認識に基づいて弁論期日の変更を認めなかったのではないかと推測しています。
 つまり、これも被告人の自己責任の表れと考えることができます。

最高裁としては、安田弁護人らには十分な時間がなかったかも知れないが、被告人には弁護人の交代を含めて十分な時間があったはずだという認識に基づいて弁論期日の変更を認めなかったのではないかと推測しています。

なるほど、ありうべき考え方ですね。
ただ、被告人が防御権を一部奪われた形で進行する裁判と言うのも、個別の「自己責任」云々は兎も角として裁判制度それ自体にとっていいことなのかどうか私には疑問がありますけど。

>ただ、被告人が防御権を一部奪われた形で進行する裁判

 最高裁の論理では、被告人が十分与えられた防御権を適切に行使しなかった、ということになるのではないかと思います。

 ただし、最高裁も弁護人の意見書(タイトルは正確でないかも)の追加提出を認めましたので、実質的には弁護人の防御の機会を確保したものと理解できます。

>最高裁の論理では(以下略)
はい、それは理解しているつもりです。
与えられた権利を行使しないのも一つの選択肢ですし。
ただそうなると(話はやや横道にそれますが)、そんな状況で被告人の弁護を引き受けることにした安田弁護士は気の毒だな、と(笑)。
本気で防御権を行使するつもりがあるのかさえ疑わしい被告人を、職責に則って全力で弁護せにゃならんとは。まあ、推測ですが。

納得いたしました。
助言はできるが、あくまで弁護方針を決定するのは被告人だという事ですね。

http://www.yabelab.net/blog/2007/09/30-095901.php

上記エントリの「たとえ話」上で表現すれば、料理人(弁護人)は食材屋(被告人)に対して「こんな食材(被告人の供述)やあんな食材も出せると思いますよ」と助言することは出来る訳ですね。

※もちろん、最終的にどんな食材を出すか決定するのは、食材屋ですが。
上掲のエントリにて上記の件を質問すると、弁護人に対する誤解を助長しかねなかったかもしれません。(そう思ってはいたのですが、どうしても確認したい件でした。)申し訳ございませんでした。

>No.11 mash さん

>「こんな食材(被告人の供述)やあんな食材も出せると思いますよ」と助言することは出来る訳ですね。

 というか、「君の食材はかなり不味いよ。でもそれしかないなら(真実ならば)仕方がない。不味すぎる部分はお客さんには出さないでおこうか。」みたいな感じです。

 もちろん、「この部分は不味すぎるように見えるけど一番おいしく調理できそうだ。全部出してくれ。」という場合もあるわけです。

>No.12 モトケン様

なるほどです。
助言といっても、No.11で私が想像していた以上に制限されたものだと理解致しました。
有り難うございます。

---
(光市事件の件に限らず)被告人が供述において故意を認めたり否認したり変更する際、その心境の変化について興味がございました。

というのも、私自身の経験でスピード違反でオービスに撮られてしまったことがあったのですが、自分自身の行動なのに、「故意か過失か」自分でも良く分からなかったことがあったからです…。自分自身の気持ちの『真実』も分からない事があるのに、裁判員に等なってしまったら、他人の故意と過失を見分けて裁けるのだろうかと不安になります。
(正直、裁判員制度など無ければ良かったのにと思っています。)

故意と過失の境界の件など、過去のエントリを拝見する等して、少し勉強してみようと思います。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント