エントリ

ホームページが失敗する理由。成功例に憧れず失敗から学ぶ(Web担当者Forum)

 こういう社長さん、多いんだろうな。

| コメント(9) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(9)

・・・示唆的な寓話ですね(笑)
リンクされた記事本文を読んで(特に末尾あたりで)ニヤリとしちゃいました。

寓話じゃなく実話で、そこがニヤリ(チェシャ猫は消えて、ニヤリだけが残りました)

リンク先の記事のように、ある程度コンテンツが完成してからしゃしゃり出てきてデザインの仔細について文句をつける自称最終責任者には本当にうんざりさせられます。
理由も理のかなったものではなく、大抵「気に入らない」からであり、そのために大幅な手戻りがあったりすると激しくモチベーションが下がります。

特にサイト作成に限らず、このような事態はどの業界でもありますね。
医療しかり、法務しかり…

今は淘汰されましたが、昔は、「あんた、本当にデザイナー?」なページを作ってくれる業者もいました。そういうのに対する正当な文句と、リンク先で例示されているいちゃもんを、切り分けるのは単純なことではありません。

ちなみに、私が過去に出会ったのは、緑の背景に赤い字で、色覚異常の方お断りなページを作ってくれた業者です。中等度第一異常の私にも全然見えなかった。そういうことしちゃあかんのは、デザイナーの常識だと思っていたのですが。

「すごい病院のホームページ」を思い出しました(笑)

guriさま、ここですね

ttp://www.aiseikai.or.jp/

# 病院名を忘れていたので、「病院 チカチカ ○玉(←県名)」で検索して見つけましたw

すごっ(^^)

いまどきパチンコ屋でもあんな(以下略)

 私も見せてもらいましたが、正気を疑うお医者さんですね。しかし、アクセス件数はずいぶん多いようで、宣伝効果はあがっているのかもしれません。あえて選ぶ、患者というかお客さんのおつむも疑いますが、それにしてもすごい。精神科医の方の、ご感想をお聞きしたいですね。
 僕も最近になって、デザインに少し凝るようになり、Gimpというフリーのソフトを使って、ロゴのようなものを作ったりしています。Gimpも数年前からちょこちょこ使っていたのですが、操作や概念がややこしく、最近になって理解が進み、そこそこ使いこなせるようになってきました。
 Windowsでもレジストリをいじらない、解凍したフォルダごとインストールや削除が出来るものも出ているようなので、簡単に試せると思います。機能が盛りだくさんで、自動的に作成してくれるツールも含まれています。ホームページのアイコンの素材も作れて便利です。ちょっと検索を掛ければ、すぐに見つかると思います。
 個人的に心象というかフィーリングで、適当に作っているのですが、これも精神状態を反映しているのかな、と考えることもあります。実際に、平成5年に金沢大学付属病院に一ヶ月間の鑑定留置を受けた精神鑑定の時にも、そんなデザインに関する検査がありました。
 こちらなので、ご紹介させていただきます。
http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20070910/1189352932

私も招き猫の目がチカチカのHPハマッて大好きですが、見るには心も時も場所もいろいろ準備が必要でつね(笑)

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント