エントリ

 言うまでもなく、橋下答弁書の問題です。
 こんなことは原告弁護団に任せておけばいいのですが、乗りかかった船ですので主として懲戒理由の観点からコメントしておきます。

 最初に確認すべきは、「懲戒理由があるかないか」という問題と「懲戒請求者の請求行為に違法性があるかないか」という問題は、関連はしますが完全に別問題であるということです。
 懲戒請求書に書いた懲戒理由が明らかに懲戒理由にならないものであるとしても、法律の素人である一般市民がそれなりの理由で懲戒理由があると思ったのであれば、懲戒請求には違法性がない、つまり懲戒請求者に対する損害賠償請求は認められないということです。答弁書はこの論理を使っていると思われます。
 ここで問題にするのは、「それなりの理由」のほうではなく、橋下答弁書の指摘する事情が懲戒理由になるかどうかです。

 私は、原告団全員の名前や光市弁護団へ参加した経緯を知りませんので、ある程度の情報がある今枝弁護士を念頭において考えます。

 答弁書から今枝弁護士について問題になる点を答弁書の8ページ〜9ページから要約してピックアップしますと

  1 差戻審では、殺意の否認などの主張は許されない。
  2 被告人の主張の変更は許されない。
  3 世間に対する説明責任を果たしていない。 

ということになります。(他にもありそうですが、論外なので割愛)
 上記の1は、法廷における弁護活動についてのものですが、ここで主張と立証は分けて考える必要があります。
 弁護人が事実認定上の主張をすることは、判決確定後においても再審請求手続ですることが可能ですから、訴訟の何時の時点においても主張すること自体を制限される理由がなく、刑事弁護制度としては主張すること自体は保障されなければいけません。
 主張自体を制限することは刑事弁護制度の否定につながります。
 そして、いかなる事実を主張するかは、最も詳細に証拠の全体を把握している弁護人の判断が最優先されるべきであり、また弁護人の主張は被告人の主張に拘束されますから(これも刑事弁護の大原則)、弁護人が被告人の供述や主張に沿った内容の主張をすることは、その内容如何にかかわらず何の問題もなく、被告人の供述に沿う主張をしなければそのことこそが問題にされるべきものです。
 したがって、弁護人の主張が被告人の供述に沿うものである限り、主張したこと自体を理由にしたり主張の内容を根拠として懲戒理由ありとすることは、その主張の内容がいかに荒唐無稽であったとしても、できないことになります。
 本件の弁護団の主張とその内容を問題にして弁護士会が弁護人に懲戒処分を下せば、刑事弁護全体に対する強力な萎縮効果をもたらし、刑事弁護制度そのものが崩壊します。
 
 次に立証、つまり鑑定人の尋問をしたり被告人質問をしたことの問題ですが、これは簡単です。
 裁判所が許可したのだから何の問題もありません。
 裁判所が許可した訴訟行為を行ったことを理由として懲戒処分されたのではたまりません。
 弁護団が裁判所が許可した範囲で立証活動をしている限り、懲戒理由にはなり得ません。

 2の「被告人の主張の変更は許されない。」に至っては「はぁ????????????(以下、いくつでも?がつけられる)」な主張(?)です。
 あまりにばかばかしくて反論する理由すら思い浮かばない主張です。
 被告人が供述を変遷させた場合に、被告人の供述の信用性に問題が生じますが、弁護人としては、被告人が供述を変遷させた以上、現時点における供述に基づいて弁護をするのは当たり前です。
 そして、被告人はいったん認めた以上、後で否認することは許さない、というのであれば、あなたほんとに司法研修所を卒業したのですか、ほんとに弁護士ですか、と言われても仕方がないほどの刑事事件に対する無知・無理解を示す主張です。
 なお、橋下答弁書は、供述変更の可否の問題と変更した供述に基づく証拠調べの許否の問題を完全に混同しているように思われます。
 主張変更を前提とする証拠調べが認められないことがあるという判例によって、主張の変更自体が許されない、と主張しているようです。
 平ったくいいますと、裁判所としては、主張を変更するのは被告人の勝手ですが、証拠調べの必要性は裁判所で判断します、ということです。主張の変更を許さないと言っているわけではありません。

 3の世間に対する説明責任の問題ですが、これも話になりません。
 弁護人は、被告人の利益を最優先して行動しなければなりません。
 橋下弁護士は主として供述変遷の理由についての説明を求めているようですが、差戻審の途中であり、供述の変遷を大きな争点として強力な対立当事者である検察官を相手にして戦っている弁護人に対して、立証が終了してもいないのにマスコミに対して変遷の理由を説明しろということがいかに無茶な注文であるかは、供述の変遷が争点になった刑事事件を一件でもやったことのある弁護士にとってはあまりにも明らかなことです。

 要するに、懲戒理由の存否という問題に関する限り、ないことは明らかです。
 もちろん、私の見解は、弁護人というものは被告人の利益を最優先して考えるべきであるという伝統的な刑事弁護制度の理解を前提にしています。
 被告人の利益を損なう可能性があるとしても世間の理解を優先すべきである、という考えに立てば別の結論になります。
 しかし、日弁連は絶対にそのような考え方を採用しません。
 最高裁の考え方も同様だと思います。
 私が、断言する根拠はこの確信に基づきます。
 なぜ確信できるかというと、何度も言っているように、被告人の利益を最優先して考えるというのが、現憲法下における司法制度において弁護人に期待されそして負わされている最も基本的かつ動かしがたい大原則だからです。
 この大原則から、上記にピックアップした事情は懲戒理由にならないことが論理的に誘導されます。

 そして、橋下弁護士の答弁書には、この大原則を揺るがすに足る説得力がありません。
 この大原則は、法律で変更でもしない限り、たとえ100万通の懲戒請求書が提出されても揺るがすべきではないと思いますし、揺るがないと思います。

 実は、橋下弁護士は、答弁書において自分が指摘した弁護団の弁護活動や説明義務不履行が懲戒理由にあたると明言していません。
 懲戒請求者が懲戒請求があると考えたことには相当の理由があると力説しているだけです。
 懲戒理由があるのであれば、懲戒請求は原則として違法になりませんから、請求者に「弁護士の品位を失うべき行為と判断したことには事実上及び法律上の相当な根拠」があることについてそんなに力説する必要はないはずなんですけどね。

 最後にひとこと言っておきますけど、私はこのエントリで刑事弁護制度の維持の重要性を指摘しているのですが、上告審や差戻審になってころっと供述を変えたり、ドラえもんや魔界転生の話を持ち出しても、裁判所がそれをやすやすと信用することはないということも指摘しておきます。
 弁護団の中にも、被告人がそう言うんだから仕方がないな、と思っている人もいるかも知れません。
 このあたりの問題については、
「被告人を守るということ」と「被告人の自己責任」
刑事裁判と被告人の納得(光市母子殺害事件から)
なども参考にしてください。

| コメント(154) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(154)

> モトケン どの

なんか同じ文章が3回ほどループしていますですよ??

>モトケンさん

コピペミスだと思うのですが

>私は、原告団全員の名前や光市弁護団へ参加した経緯を……

から

>……相当の理由があると力説しているだけです。

がループしてるみたいで3回出てきます。

 長文カキコをしてしまったので、追記欄にコピペするときにミスりました。
 なおしたつもりですが、どうでしょ。

もう懲戒の件はどうなろうとも弁護士への信頼は失墜したままでしょうし、ほったらかしでリハ行った方の懲戒請求も通らないところなんだから通る分けないでしょうし。

でも、ありえない主張をそのまま垂れ流す事が弁護人の仕事なんでしょうか?
精神鑑定ねらいなのでしょうが、安田弁護士の仲間の死刑反対論者の精神医がまた出てくるんでしょうね。
合宿所系事例(意味がわからなかったらGLMSでぐぐってください)でも精神鑑定で医者をだまくらかす奴もいますし、精神鑑定で罪状が上下するのって何とかならないんですかね。

>モトケンさん

お手数かけます。直ってるようです。

>らぃさん

合宿所とはこれまた(笑)獣山菜とかでググってみるのもいいかもしれませんね。

さて、裁判と精神鑑定というお題だとかなり風呂敷が広くなってしまうのでしょうが、僕もやはり疑問な点があります。

精神疾患があるということと、責任能力が否定されることは同義ではないにも関わらず、精神疾患があるので責任能力がないという主張をよく見受ける様な気がします。

この辺は協力医もしくは鑑定医の問題なんでしょうが、精神科医が責任能力にまで言及できるのか?という点も疑問です。

ちなみに弁護士側が責任能力(心神喪失・心神耗弱)を主張しても、裁判所が認めるのは年間一桁ないし二桁ぐらいなのであまり目くじら立てることもないと思います。むしろ本当に病気の方でも認められにくいぐらいですし

責任能力を争っていないし、もう証拠調べは終わって次回検察官の弁論だから、今から精神鑑定しようにもできないし裁判所は採用しない、そのくらい分かってますよ。

「精神鑑定狙いなのでしょうが」それがマスコミの情報操作の結果です。

 回答を期待しない単なる疑問
 
 ドラえもんや魔界転生を持ち出すなら、責任能力を争う選択肢もあったような。。。
 もちろん、それも別のギャンブルでしょうけど。

>No.7 今枝仁 様
「情報操作の結果」は言い過ぎというか、ぶっちゃけ被害妄想かと。
私も裁判の実態に関してはド素人ですが、あの電波たっぷりのストーリーを聞かされれば「責任能力無しで無罪狙ってるんじゃないの?」くらいは想像できます。
その電波ストーリー自体が嘘というのであれば、自分のメディアリテラシーの足りなさを反省は致しますが。

>No.8 モトケン 様
あの流出した「手紙」があり、弁護団も手紙の存在そのものは事実として認めている以上、「責任能力」で争うのはギャンブルどころか外れるとわかってる目に全財産突っ込むような物でしょう。自分も弁護団がそこまで間抜けだとは思っていません。流石にね。
正直、怪しまれないような格好に変装してレイプ実行するだけの「判断力」があった以上は、その点は焦点にはならないでしょうね。これも素人判断ですが。

 「僕は死刑になって、来世で弥生さんの夫となる可能性がある」って言ってたとかで、6月の公判の時に話が挙がりましたよねえ。
 これって報道に依れば「弁護団の依頼により被告の元少年を独自に精神鑑定した大学教授が証言」だそうなのですが、辯護団は今でも被告がそんなファンタジーを信じてる幼稚な性格って言いたかったんですか?
 犯行当時の幼稚さを語るならドラえもんだの魔界転生だので充分だし、不謹慎な手紙を間に挟んでいる以上、「今でもこんなに幼いんですよ」って言うのは、些か無理があるんじゃないかと思うんですが……。

 裁判官がどう考えるかはともかく、普通に考えれば、こんなの聞いたら遺族じゃなくても怒るんじゃないかと思うんですけど、こんな感じ悪いことを「責任能力を争っていない」なら何で持ち出したんでしょう?

 あるいは誤報だったのならすみません。このあたりの経緯はマスコミ経由でしか聞いていないもので。

>No7 今枝 様
責任能力を争ってないのですか。
じゃあ、なんであんな「被疑者が不利になる」ことを「弁護側」が再度言い出したのですか?
#確か検察が先に言い出したって言ってましたよね?

この主張したことにより「世間様」を敵に回した訳ですし、責任能力を争ってないというのならまた話は違ってきますね。
懲戒請求した人も精神鑑定に持ち込んで逃げるのがみえみえ、とか思ってた人も居るでしょうし。

もし、これが止めになって被疑者の罪が重くなった場合、弁護サイドが弁護をしなかったと懲戒請求理由になるんじゃないですかね?

まあ、とりあえず、本人から「責任能力を争ってない」という言質を得たので他のブログなどで責任能力を争ってるとか言ってる人が居たら教えてあげますね。

突然、横入りすみません。
弁護人の更新意見書をボクが読んだかぎりでは、母体回帰もしくは母子一体のストーリーの証拠としての精神鑑定と読めたんですが。心神喪失や責任能力が無いなどの主張はされてなかったと思ったのですが・・・。

「ドラえもん」発言や、「死者を甦らせる儀式」など、ストーリーの一部だけが取り上げられる場合が多いですよね。

個人的には、検察側の「両手で強く絞めた」ことの被告の証言以外の証拠が何なのか・・・知りたいのですが・・・やっぱりネットだけではわからないことが多いなぁというのが、今の感想です。

>>らぃさん
被告人の言ったことは全て判決という形で被告人に返ってきます。
本人がそう言っている限り弁護過誤にはなりません。

#弁護側が責任能力を争っていないことはだいぶ前から明らかだったと思うんですが。

流れが、このエントリからトピずれしているように
思いますが。。。

橋下氏の答弁書に対して感想を述べれば、
品位等の基準が分からない、懲戒請求の数も判断基準
と言いますが、数にしても
何件までならOKで何件超えたら駄目とか
分からないでしょう。

今回の請求件数はトータルで3900件(3900人ではなく)で、
被害弁護団の各原告1人につき300件程度、3〜400人程度の
人間が出した懲戒請求をもってして世間の声とみなしてよいか
甚だ疑問です。(テンプレを使った手抜き請求書ではないかと
推察しますしね)

読み方が浅いと文句が出るかも知れませんが、質問です。

冒頭の 第三パラグラフ

懲戒請求書に書いた懲戒理由が明らかに懲戒理由にならないものであるとしても、法律の素人である一般市民がそれなりの理由で懲戒理由があると思ったのであれば、懲戒請求には違法性がない、つまり懲戒請求者に対する損害賠償請求は認められないということです。

に関して、本年 4月24日にあった最高裁の判決(平成17(受)2126 に対する判決:弁護士への不当な懲戒請求に対し、懲戒請求された弁護士への損害賠償を命じた)の判決文の中で、

そして,同項(たこやき注 弁護士法 58条1項)が,請求者に対し恣意的な請求を許容したり,広く免責を与えたりする趣旨の規定でないことは明らかであるから,同項に基づく請求をする者は,懲戒請求を受ける対象者の利益が不当に侵害されることがないように,対象者に懲戒事由があることを事実上及び法律上裏付ける相当な根拠について調査,検討をすべき義務を負うものというべきである。そうすると,同項に基づく懲戒請求が事実上又は法律上の根拠を欠く場合において,請求者が,そのことを知りながら又は通常人であれば普通の注意を払うことによりそのことを知り得たのに,あえて懲戒を請求するなど,懲戒請求が弁護士懲戒制度の趣旨目的に照らし相当性を欠くと認められるときには,違法な懲戒請求として不法行為を構成すると解するのが相当である。

とあります。私から見れば、懲戒請求をした一般の人も少し調べれば、「そのことを知り得た」と思え、違法性があるようにも思えるのですが、如何なものでしょうか。

私の解釈不足なら、ご指摘いただけると幸いです。

No.15 たこやき さま

私から見れば、懲戒請求をした一般の人も少し調べれば、「そのことを知り得た」と思え、違法性があるようにも思えるのですが、如何なものでしょうか。

自分も素人ですから素人鳴りの判断ですが、たぶん、今回の事例は橋下弁護士が、このことは懲戒理由になりうると、TV番組の中で言ってるからではないでしょうか?
一般の人の視点では弁護士(=法律の専門家)がそういっているんだから法的な問題はないだろうと考えてしまうことは想像できます。

また、そうでない人がいたとしても今回の場合原告側からはすぐには判別できないでしょうからまずは、懲戒請求の制度を理解している橋下弁護士を訴えたのだと思います。

おかてん様

>たぶん、今回の事例は橋下弁護士が、このことは懲戒理由になりうると、TV番組の中で言ってるからではないでしょうか?

そして橋下弁護士が懲戒自由があると主張する根拠は
「一般人が懲戒請求を出したから」

懲戒事由の立証責任を一般人と橋下氏で押し付けあってる構図、でしょうか。

>No.15 たこやき さん

 懲戒請求者の違法性の問題については原告団にお任せして触れるのを控えさせていただきます。
 下手すると利敵行為になりかねませんので(^^)

 印象だけ申し上げれば
 更新意見書に勝るとも劣らない我田引水、牽強付会かと。

 我田引水は廣島弁護団も橋下弁護士もお互い様だと思いますが?

つーかそもそも勝てる見込みがあって訴えてるんだから
橋下さんはもともと不利なんだよ。
そう考えると健闘してるよ。
たぶんモトケンさんレベルじゃ
まともに張り合うまでも無く叩き潰されてたろうね。

>今枝弁護士さん
マスコミの報道で沢山の人が懲戒請求をしましたね。

どうして橋下弁護士・・一人を相手に提訴してマスコミに対して提訴しないんですか?懲戒請求を流したのも、光市母子殺人事件を報道したのもマスコミです。
マスコミあいては分が悪い。橋下一人だけはつぶそうか!ですか?卑怯にみ見えますが。

>No16 おかてん様 No17 Pon様、N0.18 モトケン様

有難う御座いました。大変参考になりました。
件の判例を根拠に、「違法行為になりかねないから懲戒請求を控えるように」というブログを見たので、え! 違法でないの? と気になりました。

> ここで問題にするのは、「それなりの理由」のほうではなく、橋下答弁書の指摘する事情が懲戒理由になるかどうかです。


なると一般市民が思うかどうかでしょw

No.24 いのげ さん

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

>No.26 けんさま

 むちゃくちゃ受けました
 真剣に買おうかと検討中(笑)

素人さん

テレビ局は、「法律家である橋下弁護士が言うのだから適法と思った。」という言い訳をする可能性があります。

また、橋下氏が、「テレビ番組が編集でカットするかと思った。」などの弁解をした場合には、テレビ局に提訴を追加する余地もあります。

編集の経緯がよく分からない状況で、テレビ局を被告にすることを留保したからといって、すぐに卑怯というのは早計ではないですか。
まだ、テレビ局に提訴しない、とは言っていないし。

素人さん

テレビ局は、「法律家である橋下弁護士が言うのだから適法と思った。」という言い訳をする可能性があります。

また、橋下氏が、「テレビ番組が編集でカットするかと思った。」などの弁解をした場合には、テレビ局に提訴を追加する余地もあります。

編集の経緯がよく分からない状況で、テレビ局を被告にすることを留保したからといって、すぐに卑怯というのは早計ではないですか。
まだ、テレビ局に提訴しない、とは言っていないし。

テレビ視聴者の「怒り」を察するに、差戻審で殺意を否認する方向で争う選択肢もある、ということを被告人が知ったのは、現在の弁護団になったからこそだということで、弁護団に矛先が向いているのだと思います。
被告人が主張の内容を最終的に決定し弁護団の主張を拘束するのはごもっともとしても、弁護団が反省路線以外の選択肢を提示したのがいかん、と。
要するに、刑事裁判にお白洲を期待しているんでしょうね。

私は、そのことは心情的には理解できなくもありませんし、弁護団が匿名で批判的なコメントを浴びるという不利益を蒙ることも、犯罪や不法行為に至らない範囲であれば、現在の・・・まだ日本国憲法制定から60年程度の・・・日本社会においてはやむを得ないことかもしれません。しかし、当の弁護士がそれを煽ったりすることは、弁護士として万死に値することだと感じます。憲法忠誠義務違反といってもよさそうです。

>>necoさんへ
要するに橋下弁護士は同じ弁護士だからこそ、弁護団も腹が立った。テレビ局には大して腹も立っていないし怖くもある(元々期待もしていないのか?)ということですか?

そうだとしたらえらく人間的な反応といえますが、覚悟が足らないともいえますね。微妙ですね。別に覚悟が足らないから悪いとはいいませんが。私も匿名だからこそ好きなことかいてますし。
刑事弁護擁護の理念をぶち上げるのなら今更ながらTV局も提訴すべきかもしれませんね。

 横からスイマセン。

 問題の番組を見ましたが、基本的に世間の様々な事象を面白おかしく欠席裁判を行うことをウリにしたコンプライアンスすれすれの確信犯的番組ですが、今回の訴訟により一線を越えてしまいました。

> 「法律家である橋下弁護士が言うのだから適法と思った。」

この言い訳は「あるある大事典」の捏造問題以来、放送の専門家であるプロデューサーやディレクターの言い訳としてはかなり苦しいと思います。

 本来なら、NHKと民放で組織しているBPO(放送倫理・番組向上機構)の「放送と人権等権利に関する委員会」、「放送倫理検証委員会」などで、検証がなされるべきだと思います。

>>ようかん夫人さん

>同じ弁護士だから・・・

弁護団は、同じ弁護士だから腹が立つ、とか、メディアが怖い、とか、そういう考えで裁判を起こしているわけではないと思います。それこそ感情的、あるいは、政治的な反応でしょう?

簡単にいえば、すべきことをする人がそれをしないどころか、まったく逆の事をしたから訴えられた、ということではないでしょうか。
つまり、テレビ視聴者の心情と、刑事裁判制度の両方に通じていたハズの橋下さんこそ、両者を結びつける言葉をメディアで発することができたはずなのに、彼は全く逆のことをしてしまったということです。

建前だけ(○○法にはこうやって書いてあるんだから)でも本音だけ(悪い奴は許せない!)でも世の中回らないわけで、もちろん殆どの法律は建前と本音が合致するように作ってあるはずですが、そうでなかった場合に、両者に通じた人間が橋渡しするのに最も適任だったはずなのに、彼はそうしなかった。それどころか、自ら新しい刑事裁判制度の理想を打ち立てるべく行動するわけでもなく、周囲を懲戒請求へとそそのかしただけで、自分が問い詰められると詭弁を弄するばかり。

橋下さんは何か大上段な事を準備書面で述べておられ、そして法律家として誠実な今枝先生は「この裁判は、刑事弁護の真髄とはなにか、を問う」ものであると応じておられますが、橋下さんの言動をみるにつけ、眉唾ものです。彼の理念(あったとして)が、メディアに煽られた「世間の風」こそが刑事裁判制度で最も重要なことだというのなら、それはご自分の商売のためにやってるんじゃないのかと思われるわけで、刑事裁判制度を自分の利益のために利用しているのはどっちなのかと言いたくなります。

>No.32 たまたま読んじゃいました さん

>問題の番組を見ましたが、基本的に世間の様々な事象を面白おかしく欠席裁判を行うことをウリにしたコンプライアンスすれすれの確信犯的番組ですが、今回の訴訟により一線を越えてしまいました。

いろいろ知った上でYouTubeであらためて見てみると、
ほんとにひどいですね・・・
出演者(特にたかじん)ともども橋下先生、
この映像を世の中から消したいだろうなと思いました。

>弁護人は、被告人の利益を最優先して行動しなければなりません。

横からすいません。
モトケンさんの言う通りだと思います。ただ、私は「被告人の利益のためならば何でもアリ」とは思っていません。
正当な弁護活動ではないと個々が判断したのであれば、懲戒請求は正当と言えると考えます。私が考えている弁護とは「被告人の立場での様々な可能性の立証」です。

>主張自体を制限することは刑事弁護制度の否定につながります。
弁護人として、主張の根拠は必要ではないか。と考えています。それが「制限」ということであれば、「制限」は必要と思いますが、刑事弁護制度の否定にはなるとは思いません。
もし、弁護活動とは「被告人の利益のためには何でもアリ」。ということでしたら、考え方を改める必要がありますのでご教授ください。

>>No.33 neco さんへ
感情的な反応、あるいは政治的な反応でもよろしいのではないでしょうか。弁護士も人間ですから、根源的なモーティヴとしての感情的な部分に根差した上で、理性的な検証を経て、社会的な行動となって表白することに変わりないと思います。特に本件では慰謝料を請求されていますから、むしろ感情的な反応が第一にあってこそ建前と行動が合致するとも思えます。
弁護士だから感情的、政治的・利己的な行動を採らないとの過剰な倫理的期待(これは一般人にも弁護士の方にも等しく感じます。職業倫理とは別に一般道徳の分野まで弁護士が優れているとする理由はない筈です。)も、現在の不条理な弁護士批判の一因となっているのではないでしょうか。

>>ようかん夫人さん

慰謝料請求は、乱発した懲戒請求に対応するために失われた機会の費用(経済的損害)を回復するものですから、「特に〜」とはいえないのではないかと思います。また、日本の法律では、懲罰的賠償は認められていません。

ちょっと挑発的な書き方で申し訳ありませんでしたが、別に感情的・政治的な理由で裁判を起こす事をおかしいとも思っておりませんが、今回の一件についてはそう(弁護団の感情的な対応)ではないと思っております。

それとも、橋下さんのブログを真似て、「弁護士として橋下ムカつく!」とテレビでキレてみせたほうが、「人間的」だからという理由で世間の理解を得ることへ繋がるのでしょうか。視聴率は稼げそうですが、でも、今枝先生は橋下さんや亀田一家のように視聴率でご飯を食べているわけではないわけです。

仰るとおり、人は理屈だけで動くものではありませんし、法の世界でも情と理は完全に二律背反するものではありません。しかし、これは私の心象風景になってしまいますが、ワイドショーやバラエティ番組に見られるような、「本音で語りゃいいじゃん!気持ちが大事!」という空気には、違和感を覚えてしまいます。

後段の部分は・・・モトケンさんも今枝先生もわたしも、別に道徳的に優れているとも思っていないし、道徳を説いているわけではないと思うのですが・・・

何かうまく話をかみ合わせることができず、すいません。

▼本村さんが名指しする「弁護団22人の非道法廷」 ジャーナリスト 青沼陽一郎

「弁護人が代わった途端に、君の主張が大きく変わったことが、私をいま最も苦しめています。
最近では、被告人の主張が一変したことについて、弁護団の方々がインターネット上で裁判に関する
資料を公開し、弁護団と黄身の新たな主張として社会へ向けて発信しています。妻の殺されたときの
状況を図解した画像などが無作為に流布され、私の家族の殺され方などが議論されている状況を
決して快く思っていません。殺されている状況が図解されている妻の悔しさを思うと涙が溢れてきます。
怒りなのか、虚しさなのか、この感情をどのような言葉で表現すればいいのかわかりません。
ただ、家族の命を弄ばれているような気持ちになるのは確かだと思います。」

九月二十日、広島高裁で開かれた光市母子殺害事件の差し戻し審。
遺族の本村洋氏(31)は意見陳述の中でこう述べ、今枝仁弁護士(36)を名指しし、そのブログの内容を批判した。

ネット上の資料公開の他に、今枝弁護士はブログで、
<(前の)弁護人に「事実と違う」と言ったが、「もう調書ができているから遅い。少年でこの事案だと
無期が相場。争ってリスクを高めるのは不利」とアドバイスされた>などと書いていた。

これを受けて本村氏は、
「一、二審の弁護人は明らかに刑事訴訟法にある真実の追究に反する。
私たち遺族は、いったい何を信じたらいいのでしょうか」と憤る。

因みにこれからはじまる裁判員制度では、裁判で知り得た情報は、例え夫婦の間でも漏らしたら罰則が科せられ、
裁判所の呼び出しを無視しようものなら、これまた罰則が科せられる。

本村氏の弁護団への怒りは、彼らが最高裁の弁論期日(06年3月14日)をすっぽかしたことにはじまる。
こうした裁判の本道を外れた独善的な行動が、この裁判を歪めている。


▼「謝罪しろ」の大合唱

弁護側が「真実の究明」を掲げて臨んだ差し戻し審。

今回の集中審理で、元少年は最初の取調べの段階から「レイプとは言っていない」「亡くなった奥さんとエッチをしたと言った」
として強姦目的を否定。調書も検察官の作文によるもので、これまでの弁護人も自分の主張を聞き入れてくれなかったという。

その一方で、裁判官から一審での最終意見陳述において、強姦目的、殺意があったことを認めて、
反省、謝罪していることを問われると、被告人は「覚えていない」と答えている。
自分が述べたことを覚えていないのではなく、そうした場面があったことすら「覚えていない」というのだ。

また、検察側の被告人質問で、こんな場面があった。

遺族の意見陳述中に被告人がメモをとっていた紙面に、記述を否定するように線を引いたことを指摘されると、
これを否定。「だが、私は見たんだ!」という検察官に「では証明いたします!」と、メモを持って検察官の前に
立ちはだかると、睨み付けて紙を差し出す。それから、裁判慣れしたものと見えて、裁判長のもとにもこれを
提示してみせた。どうやら検察官が指摘した筆跡はなかったらしい。すると、弁護人たちは「事実と違う事を言ったんだから
謝れ」「謝罪しろ」の大合唱。そこで審理は紛糾する。

その後のことだった。今枝弁護士が立ち上がって、これから死刑を回避して生きていこうとしても、周囲からは
さっきの検察官のように、必要以上に懐疑の目を差し向けられる、それでもくじけずに生きていけるのかと、
問い質したのに対して元少年。「ぼくから検察官に言わしてもらえば、ナメないでいただきたい!」

抗うことに積極的な弁護団の姿勢が乗り移ったかのような攻撃的な姿勢だった。
このような弁護団の導きが、果たして元少年に有益となるのか──。

本村氏は法廷で、次のように被告人に語りかけた。

「私はどうしても納得できない。君が心のそこから真実を語っているとは思えない。もし個々での発言が
真実だとすれば、私は君に絶望する」

殺害供述も「気づいたら死んでいた」ですませ、そのうえ遺族感情を逆なでする弁護人の“法廷外活動”。

しかして本村氏は「正義の実現の為、司法には死刑を科していただきたい」と陳述を結んだのである。

終わり
ソース:週刊文春 10月4日号 165ページ


今枝さんの非常識さが際立ってますね。
空気を読めない人は本当に困る。

橋下氏は弁論期日を欠席したそうですが、あの答弁書一本で勝負する気なんでしょうね・・・。

>No.35 弁護の疑問 さん
>弁護人として、主張の根拠は必要ではないか。と考えています。それが「制限」ということであれば、「制限」は必要と思いますが、刑事弁護制度の否定にはなるとは思いません。

意地が悪い質問かもしれませんが、例えば、近時の富山のえん罪事件の場合、勾留期間中及び、裁判期間中、被告の無罪を支える根拠は被告の言うことだけでした(ほとんどのえん罪事件をそういう場合が多いでしょう)。

 その場合は、無罪の主張はしないということでしょうか。

>No.35 弁護の疑問 さん

>弁護人として、主張の根拠は必要ではないか。と考えています。

 私もそう思います。
 というか、およそ根拠のない主張は、主張とは言えないと考えます。
 問題はその根拠ですが、「被告人はこう言っている。」というのはそれだけで弁護人として十分な主張の根拠です。

こんにちは、
>一般人さん

>殺害供述も「気づいたら死んでいた」ですませ、
>そのうえ遺族感情を逆なでする弁護人の“法廷外活動”。
遺族の方がマスコミに公開する道を選んだのですから
相手方がやったからと言って悪いはずはないと思います。
それとも遺族だからといって法廷外で言いたいこと言って
相手は黙って打たれてろと言うのでしょうか?

黙ってたら文句を言われ、話したらはなしたで遺族感情
を考えてないと言われ(こんなもん話したら遺族感情に
反することも話すこともあるのは当然だと思いますが)
ちょっと・・・と思ってしまう。

検察(被害者側)・弁護士(被疑者側)・裁判官(両者の査定)で論争を聞いて裁判官が査定するという風に考えてます
(周回遅れですが今頃何を・・とは言わないで(^_^;)

>> No.39 じじい さん
民事訴訟の第1回期日は、答弁書さえ事前に出せば被告は欠席できます。
第1回期日は、被告の都合を聞かず一方的に指定された日だからです。
被告として争う意思があっても、当日の都合が付かなければ欠席するのは普通のことです。

ちょっと思ったんですが、今回の懲戒理由が正当であるならば、北九州監禁殺人事件の弁護士(緒方被告の方)も懲戒請求に値しないでしょうか?

・一審では罪を認めていたにも関わらず、二審ではあろうことか無罪主張に転じていて、その変遷ぶりは光市事件の比ではない。しかも弁護士は同じ(だったかな?)。
・逃げようと思えば逃げられたはずなのに「松永被告に強制された」などと荒唐無稽な主張をしている。
・にもかかわらず、弁護士は記者会見も開かず、ブログも開設せず、社会に対する説明責任の「せ」の字も果たしていない。

これだけ条件が揃っていて、しかも光市事件をはるかに上回る凶悪事件(老人も幼児も少女も殺された)なのですから、こっちにも懲戒請求を出さなければダブルスタンダードになるのではないでしょうか。
出さない理由があるとすれば、下記のような点が考えられます。

1.光市事件にくらべてマスコミの扱いが小さいから。
2.「凶悪犯をかばい立てする外道弁護士」としてのキャラが立っていないから。
3.露出が多くて弁も立つ本村氏に比べて、口数の少ない地味な老婦人では同情心をそそらないから。
4.単に興味がないから。

ああ、一つ忘れていました。

5.橋下弁護士がテレビで請求を呼びかけていないから。

懲戒請求を出した人、あるいは請求を支持している人の意見を聞いてみたいものです。

>今枝仁さん&モトケンさん
あなたがた刑事弁護人は警察の調書は信用できないとおっしゃいますが、普通の人はあなたがたが被告が言っているとされる主張のほうこそ信用できないと思ってますよ。
あなた方は組織やマスコミを動かして警察の調書の可視化を目論んでいるようですが、それを主張するなら少なくとも刑事裁判の場合は弁護士の接見の可視化も認めなければ到底納得できませんよ。
どうせあなたがたは難解な法律用語を駆使して一般人をケムに巻くのでしょうが、そういう卑怯なやりかたにこそ一般の方々は怒っていると言う自覚はありませんか?

No.45 タケ坊 さん

このエントリーの一体どこを読んでそういう書き込みをされているのでしょうか。エントリーとの関連性が見えません。

>No.45 タケ坊さん
>あなた方は組織やマスコミを動かして警察の調書の可視化を目論んでいるようですが
弁護士会等が求めているのは、調書ではなく「取調べの可視化」です。
今枝先生については存じませんが、モトケン先生は元検事という御立場から、我々の現在の取調べ方法について一定のご理解を頂いています。
それと言っておきますが、取調べの可視化は弁護士や一部有識者の要求程度で進められているものではありません。
「自分たちが警察に不当な取り調べを受ける事の無いようにしたい」という「一般の方々」の求めに応じて進められているのですよ?
自己の不見識を恥じる必要はありませんが、勘違いの非難を浴びせた事については謝罪をされてはいかがでしょうか?

>タケ坊 さん

 私は司法制度の一環としての刑事弁護のあり方とその重要性を説明し、それを前提にして橋下弁護士懲戒扇動を強く批判していますが、弁護団の主張の説得力を認めているわけではありませんよ。
 この問題の区別がわかりますか。

せめてこれくらい
http://www.yabelab.net/blog/2007/09/10-200257.php
興味と時間があれば
http://www.yabelab.net/blog/040ue/041oeieoei/046oeiooeie/
を読んでもらえるとうれしいですけどね。

 私と今枝弁護士を並べて考えるのは事実誤認です。

  >今枝先生
      NO7で「精勤鑑定・・」はマスコミの情報操作
と書かれていますので当然、マスコミが弁護団に不利な情報を流していて提訴に値する。と考えていました。
さらに、
安田弁護士は非常に最高裁の浜田判事を適視しておられある、対談では「浜田が辞める1ヶ月前だから差し戻しをした」であるからやるか。。。と対談者さんと発言されています。それから安田氏、足立氏が弁護人になりました。

今枝先生は足立先生との友情で22人の弁護団に参加したと言われています。そして死刑論者ではない。と言われていますけど死刑反対論者が主任弁護団では素人から見て余りに不可解な弁護団の結成。浮かれた橋下氏の言から懲戒請求が廣島弁護団に来ると、3か月も立ってから橋下氏を提訴された。

この間に廣島弁護団の間でどの様な打ち合わせがありましたか?
今枝弁護士がプログを開き世の非難を一身に受けて格闘しておられますが、この騒ぎの後ろで誰かが笑っているのではないですか?
勿論、私は憲法9条を守りたいです。「核を持てばいい」などという橋下氏が好きな訳ではありません。
稚拙な文章ですいません。
正直いいまして私は今枝弁護士が利用された(失礼をお詫びします)気がしてなりません。
教えてください。橋下氏、提訴を言い出した人は足立弁護士ではありませんか?
全国2万2千人の弁護士さんたちの内、懲戒請求停止を呼びかけられたのは508人ですよね。残りの大方の弁護士さんたちは、この光事件裁判の裏に(改憲派VS護憲派)のきなくささを嗅ぎ取っておられるのではないでしょうか?

>この光事件裁判の裏に(改憲派VS護憲派)のきなくささを嗅ぎ取っておられるのではないでしょうか?

 全然嗅ぎ取ってない、と思う。
 そんな高尚な話とは全く思ってない。

 

懲戒理由はなしと・・・

懲戒請求の違法性もなしと・・・

すると、

橋下発言の違法性もなくなって、

賠償請求は却下と。

No.49 素人 さん

今枝氏について同意です。まあ利用されたというより、進んで協力してるようですが、今枝氏はそもそも表に出るべきじゃなかったんですよね。何も義憤で参加したわけじゃなく、更新意見も書いてないし、自分で弁護方針を決めているわけでもない。弁護団の中心から離れすぎてます。

モトケンさん、山本周五郎の短編小説「土佐の国柱」をご存知でしょうか。NHK大河ドラマでもやった「功名が辻」の山内一豊歿後の騒動を描いた滅私奉公ものです。

私、橋下答弁書の、おおよそ法律家と言うよりは、そこいらの視聴者の皆さんの「一般社会の感覚」に基づいたと言うべき内容に、上記小説をふと連想してしまいました。
もし橋下氏の目論見が「一般社会の感覚」を道連れに・・・と言うものであったとしたら、常人ではなし得ぬ偉業ではなかろうかと思ったりする次第です。

今枝弁護士のプログに投稿できないので
こちらをお借りして今枝さんに申し上げたい。

本日のプログに
週刊文春の記事の偏向の指摘 2
『「家族のイラストなどが流れ殺害態様が議論されている様子に不快感を覚える」とされたのであり、私のブログにそのようなイラストが掲載されたことはありません』
本村さんが批判しているこのイラストは被害者が刃物を持って被告に遅いかかってるように見えるものです。
何の証拠も無いイラストです。

これを批判するためにネットででてます。
これ安田弁護士が記者会見で出してきたものです。
批判されるのは弁護団ですよ。

もう一度質問します。
『あのイラストを見て被害者が刃物で襲いかかったと思った人もいるんですよ。裁判の中では貴方の論法は通るかも知れませんが、マスコミに公表したんですよ。根拠を示すべきでしょう。』

橋下氏への提訴を積極的に提唱したのは、代理人の中の児玉弁護士ほか数名です。

7月ころに、マスコミからのバッシングや、脅迫行為を受けている様子を見かねたのか、自然発生的に「今枝先生を護る会」という懇親団体ができ、そのML上で議論をなし、「フライデーに提訴するか」「橋下弁護士に懲戒請求をかけるか」」「テレビ局を被告にするか」「光市弁護団の足を引っ張ってしまわないか」という議論がなされ、8月上旬ころには、「8月下旬頃、提訴しよう」という気運になり、結果として9月3日になったのです。
代理人の先生方は、「お前のためにやるんじゃない。刑事弁護の再生のため、自分たちの弁護活動のためにやるんだ。お前は原告本人として最低限のことをやればいい。後は俺たちがやる。」と言われました。

なお、東京ほか数カ所で、後を追って提訴の動きがありそうです。

>感熱紙(刑)&モトケン さん
モトケンさんは今枝氏とは少々スタンスは違うようですね。
その点に関してはお詫びいたします。
調書と取調べを誤記したのは素人ゆえの事とご容赦いただければありがたいです。
しかしながら「一般の方々の」と言った下りは容認できません。
事実として一部の警察の取調べが行きすぎて自白の強要が過去にあり、それを是正するために何をすればよいのかとの議論は傾聴に値するとは思いますが、報道が煽っているから一般の方もそれに同調しやすい傾向にあるとは言えないですか?
モトケンさんは橋下弁護士を(メディアを利用した)扇動とまで言って非難しているのですからメディアのこういった扇動も非難しないとおかしいのではないですか?

エントリー違いなのかもしれませんが、(日弁連は)警察の取調べの可視化を訴えるのならなぜ刑事弁護の接見の可視化について触れないのかという問いにはどうお答えになられますか?
橋下弁護士の訴えをきっかけに弁護司法第58条の「何人も、弁護士又は弁護士法人について懲戒の事由があると思料するときは、その事由の説明を添えて、その弁護士又は弁護士法人の所属弁護士会にこれを懲戒することを求めることができる」に基づいて懲戒請求を出された一般の方々はそういう弁護士と弁護士側の物言いしかしないメディアの姿勢についても不信感を抱いておられるのではないでしょうか。

又、メディアや日弁連は最高裁の判事の罷免の方法については折々に触れて伝えてきましたが、弁護士の懲戒請求については橋下弁護士が訴える以前はまったく触れてこなかったように私は思いますが、その事についてはどうお考えでしょうか。

一般人さん

文春記事への反論をブログに書いたので、読んでみてください。

また、そのイラストが、裁判所へ提出した弁論にきちんと添付されていた(外していない)ことを確認しました。

ことの当否は別です。

私は、ああいう包丁のようなものを書いたイラストを不用意に公表したのはあまりにも軽率であるし、あなたたちがなしてきたマスコミ戦略は未熟であり失敗である、今だに弁護活動を理解されないほどの失態である、と安田先生を批判し、怒鳴りあいの喧嘩をしたことがあります。
こういう弁護団内部の事情を書くのは本来やるべきでないのでしょうが、弁護団の中できちんと過去の情報提供の方法について検討・反省する議論もなされていることをお知り頂きたいと思い、報告します。

今枝さん

コメントフォームのURL欄にご自身のブログのURLを記入してください。
ご自身のブログを読んで欲しいのなら、そのほうが親切です。


>今枝先生
      NO55の丁寧なお答え了解しました。
      ご自信の信じる道をお進みください。
      今枝先生は信頼しています。

>全国2万2千人の弁護士さんたちの内、懲戒請求停止を呼びかけられたのは508人

>自然発生的に「今枝先生を護る会」という懇親団体ができ、そのML上で議論をなし、「フライデーに提訴するか」「橋下弁護士に懲戒請求をかけるか」」「テレビ局を被告にするか」「光市弁護団の足を引っ張ってしまわないか」という議論がなされ、8月上旬ころには、「8月下旬頃、提訴しよう」という気運になり、結果として9月3日になったのです。
代理人の先生方は、「お前のためにやるんじゃない。刑事弁護の再生のため、自分たちの弁護活動のためにやるんだ。お前は原告本人として最低限のことをやればいい。後は俺たちがやる。」と言われました。

>なお、東京ほか数カ所で、後を追って提訴の動きがありそうです。

本当に弁護士って糞の集まりだな。
やる事が陰気臭くて仕方ない。
今まで懲戒請求という国民の権利さえ広く知らせてこなかったくせに、ちょっとバレたからといって弁護士同士のかばい合い体質、自分たちの権益だけはことさら強調するが、
自浄能力は一切無し。
まさに無能、勘違い、自省の念無しの職業集団。
今度は法の暴力で市民に牙を向ける気か?
どこまで暴走するのか?
空気は読めるのか?
本当に憎たらしい集団だよ。


今枝先生
一般人さんに回答されてるのが、私に対する回答と
理解して反論します。
裁判の中でのこのイラストは一定の理解はします。
しかし貴方の言われるように対マスコミとなると違います。
安田弁護士は証拠も検証も出来ないものを、
対マスコミに公表したと理解していいですか?

マスコミ戦略?
これマスコミを使った情報操作ですよ。
安田氏は身内の死刑廃止の雑誌には刃物に見える部分は
カットしながら最高裁に提出したものと書いている。
これでマスコミ批判は説得力ありませんよ。
私は橋下弁護士の懲戒請求呼びかけは賛同しませんが
これは懲戒請求理由になるのではと考えてます。

貴方はプログにこの件は弁護団に入るまえの
事で判らないとも書いてましたが
今貴方のなすべき事は、
マスコミの前で安田弁護士に説明させるか
撤回させることです。


>No.61 たけし さん

 辯護人をしている以上、被告を囲む状況が良くなるなら、法律に違反でもしない限り、何やってもいいんじゃないですかねえ。建前上は報道だも「世論」だのは裁判に影響を与えないんですから、それこそ印象操作で世間を騙そうとしようが、その口でマスコミを批判しようが。
 現に今枝blogでも、コメント欄の質問に対してはぐらかしや論点ずらしを駆使してまで、世間に対して被告の主張が説得力を増すよう活動しているわけで。

 刑事辯護制度への理解浸透と、被告の主張を広報あるいはそれに基づく印象操作することは別の問題のはずですが、それを両立させねばならない今枝さんの苦悩はお察しします。

 ただ、チラシの裏に書いているわけじゃあるまいし、社会に向けて提示された主張であるからには、それは検証あるいは批判されねばならない。
 その課程の末に、「やっぱり嘘くせー」という結論に辿り着いたとすれば、それは当事者が関与しているだけに「マスコミの偏向が……」とは言えなくなりますし、「被告を囲む状況」もヨリ悪くなるというか。しかも「あんなこと言って、結局三百代言じゃねえか」となれば「刑事辯護制度への理解浸透」すら怪しくなってしまうわけで。

 まあ、「辯護団の主張を懐疑しつつ制度への理解浸透を説く」スタンスのこのblogに於いてすら、今枝擁護に対して「法曹はこれだから」的な事を言う人が後を断たない時点で、事態は相当深刻なのかもしれません。

> ミ ´Å`彡さん

>現に今枝blogでも、コメント欄の質問に対してはぐらかしや論点ずらしを駆使してまで、世間に対して被告の主張が説得力を増すよう活動しているわけで

 エントリーの話題から外れて恐縮ですが、具体的事実を特定して書いて頂けますか?これが事実かどうか検証できませんので。

>今枝氏
>脅迫行為を受けている様子
この事件警察に届けていると色々な報道で存じておりますが、解決、つまり犯人が誰かわかりましたか?
まぁ、こういう卑怯な手段を使う輩は証拠を隠そうとするのでしょうからどこの誰が出したのか究明するのは困難を極めるのでしょう。
まぁ、色々な事件を知り尽くしておられる例えば法曹関係の方とかならともかく、我々一般人ではどんな証拠が残るか見当もつかないので思いついたとしても、なかなか脅迫などやれるものではありませんが。
それに、脅迫の最終目的は圧力をかけて脅迫をした人物の思い通りにさせることなんでしょうが、対象が例えば弁護士先生のようにメディアがこぞって取り上げていただけるような場合には、かえって同情を集める手段に逆利用される恐れも容易に想像できることからもあまり賢いやりかたとは思えませんけどね。
しかしながらいくつかの報道での弁護士先生の言説を拝見させていただくとまるで懲戒請求を出された方が脅迫したと言いたげで不快感を感じておりました。
今枝氏もそのような誤解を受けるのは不本意でございましょうからメディアで発言される場合には言葉をお選びになさったらいかがでございましょうか。

 空気読まずに本論からずれる旨、ご容赦ください。

 被告は罪状認否の意味や控訴の意味について、一審での辯護人士からその意味を説明されなかった旨証言しています。その他、証言に際して打ち合わせもなかったなど。

 それについて「そのような職責抛棄的辯護が本当にあったとしたら、人権上の大問題では?」という問をしました。
 それに対する今枝さんの回答


被告人の述べたとおりであるとすると、1審の弁護人の責任は、非常に重大なものがあります。

なお、同人から、「被告人の父親からの私選であり、父親が遺族からの損害賠償請求を避けることを要望しており、致し方なかった。」旨、足立弁護士により聴き取りがなされているようです。

 上記のように、職責抛棄的な辯護を一審辯護人氏が認めたように思わせる書き方をしている。

 ところが追及してみると、一審辯護人氏が語ったのは、「恭順路線を選択したこと」であって、「被告の意図を無視したり、制度の説明をしないこと」ではないそうなんですね。

 ならばこの回答は「はぐらかし・論点ずらし」以外の何物でもないでしょう。少なくともその批判は免れないと思いますよ。私はその時点で、単に恭順路線を選んだことを問題にはしていないので。

(同様に、モトケン氏の問にも論点をずらして回答した箇所がありました。長くなるので割愛。よく見ると「回答になってない」問の例はまだあります)

>No.47 感熱紙(刑) さん
取調べの可視化と刑事弁護士の接見の可視化は両立しない問題ではないと思いますが。
むしろ一部の不適切な取調べの事実をもって取り調べの可視化だけを要求する日弁連やメディア、そして感熱紙氏がおっしゃる所の一般人なる人々の意見だけ公に論ぜられていることにものすごく違和感を感じざるをえません。
公平の観点から考えれば当然湧いてくるであろうこの問題にメディアも弁護士先生も気づいていなかったとは言わせません。

なんでもかんでも心神喪失の弁護士の方針に苦りきっていたところに、今回の事件の最高裁での一審・二審の事実を認定した判決が出たにもかかわらず今更取り調べが適切だったかどうかを持ち出す今回の今枝仁弁護士をはじめとする弁護団の方針を見て接見の可視化を求める人間が出てきてもむしろ当たり前の事なのではないでしょうか。

今枝仁氏、いや全国2万2千名の弁護士様も法曹の危機や信頼回復を訴えるのであれば自ら襟を正す姿勢を見せられたらいかがでしょうか。

たけしさん
弁護団の中でも、私の意見はきちんと主張しています。
そして最終的に方針は、弁護団の合意で決まるものなのです。
たけしさんが指摘されているような問題も、すでに議論がなされ、かなり白熱したこともありました。

懲戒請求について
私は、懲戒請求をなした各人の行為が違法とまでは思っていないし、言ってもいません。
弁護士である人が「簡単です。」「やってもらいたい。」とテレビで言ったのですから、気軽に署名運動の感覚でやってもいいものと思ったのでしょう。
仮に極めて悪質な人がいたら、それは違法の可能性がありますから、各人にどれだけの根拠、調査、検討により懲戒請求をなしたか、釈明を求める書面を弁護士会に提出しています。
私は、医者が、看護師に「この薬を注射すると、患者がよくなるよ。」と嘘をつき、毒薬の入った注射器を渡し、看護師が「なんか変な薬だけど、ドクターがやれって言うんだから間違いない。」と患者に注射し死なせたような事案と似た解釈をしています。
看護師が違法でなくても医師は違法になり得ます。

タケ坊さん

確立した最高裁判例によれば、憲法34条、憲法37条の趣旨に由来し、被疑者・被告人と弁護人(になろうとする者を含む)との接見の秘密性が保障されている、ということですから、接見を可視化することは憲法違反・判例違反という法律問題があります。
つまり立法で解決できず、憲法改正まで必要となります。

私は接見の秘密性侵害を理由に国に国賠も起こしていますので、理論的に間違いはないと思います。

>No.67 今枝仁 さん
たけしさんには申し訳ありませんが何故か今枝氏からスルーされている私から反論させていただきます。

>気軽に署名運動の感覚でやってもいいものと思ったのでしょう。
これは懲戒請求制度も当然ご存知でおられる今枝弁護士の言説とは思えないお言葉ですね。
懲戒請求は各弁護士会の規定する書式に基づいて書かれ、尚且つ住所氏名の署名と捺印がなければ受理されません。
懲戒請求者は権利の行使にあたっては当然責任も生ずることを自覚して署名捺印されたのだと思います。
普通一般の方々が感ずる署名捺印の重みを少しでも想像されたことがおありですか?
それほど署名捺印が軽いものだと主張されるのであれば今枝氏がかかわっているかどうかは存じ上げませんが、一部の弁護士先生が主導されておられる百万人署名なるものはすべからくまったく価値のないものと法曹の一員である今枝氏自らお認めになられたのと同意ではないでしょうか。

何度も申し上げますが弁護士であるという自覚をお持ちならもう少しお言葉をお選びになられたらいかがでしょうか。

それと、せっかくブログのリンクを貼られておられるなら私のほうと致しましてもよそ様のコメント欄をこれ以上汚すのは憚られますので今枝氏のブログのコメント欄の開放をするのが社会人のマナーだと思います。
ぜひご検討下さいませ。

>タケ坊さん

検察側と被告人・弁護側の「公平の観点」ということでしょうか?もしそうなら前提があります。それは両サイドが「対等な力ならば」ということです。

いうまでもなく検察は国家権力であり、逮捕・強制捜査を令状さえ取ればいつでも行えますし、被告人を拘束し続けているわけです。証人だってすぐに連れてこれます。
これに対して被告人・弁護側は単なる私人です。強制権限などありませんし、証拠・証人を集めるのにも相当な労力が必要にないます。
このことからも「疑わしきは被告人の利益に」という原則が妥当するのです。

よって、「両サイドの力が対等」という前提は成り立ちえませんので取り調べと接見の「公平の観点」は出てこないと考えます。

タケ坊様

>懲戒請求者は権利の行使にあたっては当然責任も生ずることを自覚して署名捺印されたのだと思います。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3110259.html
http://www.ytv.co.jp/takajin/bbs/bbs_res.php?bbs=BBS3&thread=1934
の2007/09/21 (Fri) 22:48のコメント

こういった反応はいかが思われますか?
これが責任ある態度だと思いますか?

今枝氏によれば懲戒請求の大半がテンプレートを使用したもののようですが、そのような人々は上の事例のように補充説明を求められた場合、どのような対応をするつもりでしょうか。

この件について責任をとるということは、上のように弁護士会の
あらゆる求めに応じ、提訴された場合は毅然と応訴し、最後の最後まで自分の申し立ての正当性を立証することを指しますが、
懲戒請求を出した数百人農地どれだけの人にその覚悟があるでしょうか。

>よそ様のコメント欄をこれ以上汚すのは憚られますので今枝氏のブログのコメント欄の開放をするのが社会人のマナーだと思います。

ここの管理人が了承している以上、第三者のあなたの口をはさむ筋合いではないと思います。
あなたのコメントは単なるのいちゃもんであって、そもそも人様にマナーを述べるどころではないと思われます。

>No.69 タケ坊 どの
タケ坊氏が、署名捺印にはすごく重みがあると考え、
注意事項はちゃんとチェックする人らしい、というのは
わかったけれど、他の人がみんなそうか、というと
それはかなり疑問。

基本的には、重みを感じ、注意事項をきっちり読む人が
多数なのかもしれません。
それでも、いままで懲戒請求の存在を知らなかった人が、
懲戒請求を出すことにより、その結果、どのような効果が
発生し、どのようなコストが自分にかかってくる可能性が
あるのか、をしっかり検証した上でやった人ばかりであろう、
というのは、タケ坊氏の単なる期待であって、それが
現実かどうかはわかんない。
(もちろん、私にもわかんない。判るためには、請求者
全員に確認する以外にない)

「全員がその責任を自覚して請求した」と考えるよりは、
むしろ「多数の請求が出れば動かざるを得なくなるから」と
TVで言われて、「じゃー私も出さなくっちゃ!」と軽く
反応した人が(その数はともかく)確実に"いる"と考えるほうが
自然じゃないの?と思うけれど。

推測というか希望的憶測で語られても、と思います。

>ミ ´Å`彡 さん

 ありがとうございます。

 しかし、

>ところが追及してみると、一審辯護人氏が語ったのは、「恭順路線を選択したこと」であって、「被告の意図を無視したり、制度の説明をしないこと」ではないそうなんですね。

 No.65の問と回答をみたら、一審辯護人氏が語ったのは、「恭順路線を選択したこと」であることは明らかに読み取れる(読み取るという努力も必要なく)のでは?
 とすると、

>ならばこの回答は「はぐらかし・論点ずらし」以外の何物でもないでしょう。

 は、ミ ´Å`彡 さんの思い込みでは?

>現に今枝blogでも、コメント欄の質問に対してはぐらかしや論点ずらしを駆使してまで、世間に対して被告の主張が説得力を増すよう活動している

 とすると、これも?

>(同様に、モトケン氏の問にも論点をずらして回答した箇所がありました。長くなるので割愛。よく見ると「回答になってない」問の例はまだあります)

 も、本当かなあ?と思ってしまいます。

 エントリー違い、失礼しました。


 

>No.70 学生その1 さん
なるほど、だから非力な弁護士はなんとか第四権力マスコミを手懐けててお涙ちょうだいをやってみたり、常識人なら主張するのも憚れるような理由にもならない屁理屈で最高裁の裁判を欠席してみたり、差し戻し審になって初めて出てきた常人には理解不能の主張をし、返す刀で公平を求める声を自ら踏みにじった最高裁の判例という権威を持ち出すという二重基準をやっても許されると。

いやはや、弁護士様って本当に非力ですね。

>No.71 pon さん
ふーん、そういう人もいたんですね。まぁ書かれておられる方が本当に懲戒請求を出されたのかは今のところわからないわけですが。
でも、二つ目のリンク先には様々なご意見の方もいらっしゃるようで。
ま、それほどまでponさんが主張されるのであればここに来てる今枝仁氏に懲戒請求出された一人一人に対して裁判起こすべきではないですかと意見なされたらいかがですか?
二つ目のリンク先には橋下弁護士の言葉はきっかけにしかすぎないとの意見も多く見受けられたようですが?
それならば今枝氏らのやり方は的外れじゃないですかね?何故懲戒請求を出してもいないきっかけ作りをしたにすぎない橋下弁護士が訴訟を起こされなければいけないのかまったく理解不能なんですが?
年々陰湿になっていく若年層のイジメと何が違うんですかね?

自分の意見にとって都合のいい部分だけ抜き出して演説してもしょうがないってば (^o^)

PONは雑魚だからぶっちゃけ相手にしないほうがイイ。
今枝さんあたりに向かったほうが有益。
しかし今枝さん私の質問を避け
他人の煽りに乗って逃げちゃったからなー
ブログにアップされる情報もほとんど
私の質問に対する回答ばっかだし
今さら相手にしないなんて言い訳は見苦しい。

>No.74タケ坊さん

いつもマスコミを利用(リーク)しているのは検察側でしょう。
欠席については同意します。
最高裁判例の権威については、弁護士だろうと検察官だろうと裁判官だろうと一緒です。「法的安定性(他の事例との平等)」の観点から法律の条文に近い扱いをされています。
理解不能なのは「弁護団」ではなく「被告人」本人でしょう。弁護団は代理人なのですから

そろそろかなぁ…。

>各位
 たびたび本旨と異なる内容で投稿しすみません( ´-ω-`)

>No.73
 「恭順辯護はいいとしても、被告の言ってることが本当なら辯護士の資質を疑われる大問題だよね」という問の回答に、なぜ「一審辯護人は恭順辯護を認めました」と書く必要があるんでしょうね。不思議には思いませんか? 

 第一文で被告の言う懲戒モノの辯護について語り、「なお」という添加接続詞をつかって、第二文で必要とも思えない恭順辯護を認めた記述をする。私にはこれに議論上の必然性を見いだせません。


「公訴事実が事実なら、被告は死刑が妥当です。
 なお、被告は両被害者を死なせ、屍體を辱めたことをあらゆる場面で認めています」

 例えばこう書いたら、今枝さんは「印象操作だ」とは言わないんでしょうか。

橋下氏のブログも読みましたが、どちらもさすが弁護氏様というだけあって説得力がありますね〜。で、質問ですが、今回の場合に「懲戒請求の理由として不適切」、「テレビでの橋下氏の発言は不適切」ということと、それが「違法である」あるいは「損害賠償責任がある」ということはイクオールなのでしょうか?たとえ原告の主張が認められても、橋下氏の責任を認めるところまではだいぶ遠いように感じるのですが・・・

宇田川四季様、ありがとうございます。
仕事の都合で亀レス申し訳ありません。

私の39の趣旨は、

答弁書提出→初回期日欠席(擬制陳述)→次回期日が決められる→また出られない(又は出ない)→擬制なし(多分、結審)のコースかと考えましたので、答弁書一本で勝負するのかと。

ひょっとしたら欠席する際に裁判所側に次回以降の設定についてスケジュールを伝えているのかもしれませんが、通常でしたら出てきている人(原告&裁判官)の都合で初回弁論時に次回期日(もしくは結審)が決められたように記憶しておりましたので、ご多忙の橋下氏がまた出られないのでないかと考えた次第です。

最近裁判に縁遠くなりまして、多分私が間違っているのだと思います。お手数をおかけしすみませんでしたm(_ _)m

橋下氏のブログも読みましたが、どちらもさすが弁護氏様というだけあって説得力がありますね〜。で、質問ですが、今回の場合に「懲戒請求の理由として不適切」、「テレビでの橋下氏の発言は不適切」ということと、それが「違法である」あるいは「損害賠償責任がある」ということはイクオールなのでしょうか?たとえ原告の主張が認められても、橋下氏の責任を認めるところまではだいぶ遠いように感じるのですが・・・

>No.82 通りすがり さん

>たとえ原告の主張が認められても、橋下氏の責任を認めるところまではだいぶ遠いように感じるのですが・・・

 原告の主張が認められるということは、その限度で橋下弁護士の責任が認められるということです。

私は橋下弁護士は何も責任はないと思いますがね。
むしろ日弁連も弁護士会も弁護士を断ずる法律があるにもかかわらず周知してこなかったことにも懲戒請求を出された方々の怒りが込められているという現実と全国22,000名の弁護士様は向き合っていただきたいと切に願います。
むろん今回の懲戒請求と弁護士に処分があるかどうかは無関係ではあろうとは思いますが、そこをあいまいに済ませ、あまつさえ訴訟起こしますよと脅しを仕掛けるようでは一般人から見れば弁護士は汚いと言われても仕方がないと思います。

まぁ、周知しただけの橋下弁護士を提訴した時点でもう腐ってるのかもしれませんが。
弁護士原理主義が始まっていく只中に私たちは生きているのかもしれませんね。

No.84 タケ坊さん

全く逆でしょう。
今は世論原理主義が台頭しつつあるんですよ。
世論の意向が法やルールに優先するというのが懲戒請求運動の主旨なんだから。

>No.85 せっせ さん
そもそも法律の成り立ちって何なんでしょう?
人間社会で日々起こる諸問題を解決する為にルールが生まれ、それが昇華して法律になってるわけでしょ。
まず法律ありきじゃないわけで、だから時代によって法律も変わっていくわけでしょう。

それに懲戒請求は弁護司法第五十八条という法律に則って出されているわけで、それが世論原理主義などとはまったく見当違いもいいところではないですか?

少しお聞きしたいのですが、削除や修正の権限は内々でやり取りできるのですか?もし俺がこの内容を削除又はハンドル変更する場合はどのような方法があるのでしょうか?

せっせさん
>今は世論原理主義が台頭しつつあるんですよ。
世論の意向が法やルールに優先するというのが懲戒請求運動の主旨なんだから。

相手の主張を単純化して論破した気になってるのが
笑えますね。
知恵の足りない人がよくやる手段です。

一審二審と全く別の主張が出てくれば
様々な疑惑が浮上するのは当然であって
それに対する弁護士の空気の読めなさが
懲戒請求の原因なんですよ。

世論を受けて法律が変わるのは事実です。ただし、そのためには立法府たる国会で改正法案が通過しなければなりません。改正法案が成立するまでは、現行法に則って弁護活動をしている弁護士は何ら不法行為を犯していません。
「世論が現行法は間違いだと言っている。だから、たとえ弁護団が現行法に従っていても世論に基づいて罰せられなければならない」これが世論原理主義だと申し上げているのです。

懲戒請求を出す行為そのものは法律に則っていても、その請求内容に法的根拠がなければ懲戒処分にはならない、ということですよ。そして、弁護団はその請求内容には法的根拠がないと主張しているわけです。だから、懲戒請求を出した一般人を提訴せず、法的根拠がない請求内容で煽った橋下弁護士を提訴したのです。

法律と世論にギャップがあるというなら、そのギャップを埋める運動は立法府に対して行うべきです。個々の弁護士を叩くことには何の正当性もありません。今枝弁護士をあなたの前で土下座させれば法律が変わるのですか?
危険運転致死傷罪導入を実現させた遺族は、相手運転手の弁護士を懲戒請求しましたか? していません。彼らは集めた署名をどこに提出したかご存知ですか? 法務省です。
当事者である彼らでさえそうなのです。はっきり言って外野の野次馬である私たちがこういう形で個別の事件に首を突っ込むことが正当化されるとは思えません。

>No.85 せっせさん
同意です。
そもそも橋下弁護士が喋る以前に本村氏が最高裁弁論欠席を理由として安田弁護士らの懲戒処分を請求しています。
しかし、この時弁護士の懲戒請求について興味を持たれた人はどれくらいいるのでしょうか?
本当に世間一般の人が本件弁護士が懲戒処分相当であると考えているならば、橋下弁護士が煽る以前から懲戒請求が殺到しても不思議ではないと思いますが。

>No.89 せっせ さん

>今枝弁護士をあなたの前で土下座させれば法律が変わるのですか?

そんなこと誰が言いましたか?
個人的には私は弁護司法第57条第一項にある除名を各弁護士会に求めるという立場なだけですが?
本当は二度と法曹界に出ていただきたくはないのですが、現行法を読めば三年後には再度資格試験を受ければ復帰可能と解釈できるので、遡及法が憲法上認められていない現状ではいたしかたないですね。

よって私がもし法務省に署名を提出するならより厳しい処分を求める意味で弁護司法の改正を求めたいですね。
今枝氏にしても別に弁護士稼業をやらなければ生活できないわけではないでしょうから特に厳しいとは言えないとは思いますけどね。

>はっきり言って外野の野次馬である私たち

その点は本村氏には申し訳ないという思いは懲戒請求出された方の多くは思っていないわけはないでしょう。
しかしながらこの腐った法曹界を正すには法に基づいて行動を起こすしかないと考えた上でのことでしょう。
外野の野次馬とおっしゃいますが、それならその外野の野次馬の署名活動など何の意味もないわけですか?

>No.90 感熱紙(刑) さん
>本当に世間一般の人が本件弁護士が懲戒処分相当であると考えているならば、橋下弁護士が煽る以前から懲戒請求が殺到しても不思議ではないと思いますが。

少し上に私のNo.84のレスがあるのですからそれくらい読んでいただけませんか?

>No.87 ゲンさん
投稿ミスやHN間違いは、自分で申告すれば訂正してもらえます。
重複投稿は、明らかにそれと分かる場合は何も言わなくてもモトケン先生に削除して頂いています。
コメントの削除基準は…先生に伺わないと分かりませんね。
先生に対する反対意見は別に問題ないようですが、議論を妨害するような暴言や品位を欠くコメント、荒らしは削除されていますね。
まあ一般人さんは面白いから特例なんでしょう。

今枝さんも、釣りはスルーすること、それに「逃げている」とか揶揄されても引っかからないこと、そういう忍耐力と平常心を取り戻されてきたようで、安心です。

せっせ さん

当事者である彼らが集めた「署名」。それが外野の野次馬と呼ばれる人達なんでしょう?個別の事件に首を突っ込む事がいけないならばこの国は終わりだし、国民である意味もないと思うけどね。


タケ坊さん

では言い換えましょう。
今枝弁護士を始めとする弁護団を社会的に抹殺すれば、弁護士法が世論の望むように変わるのですか?

>外野の野次馬とおっしゃいますが、それならその外野の野次馬の署名活動など何の意味もないわけですか?

懲戒請求運動が署名活動と同義だと考えておられるのですか? だとすれば、それこそ大変な思い違いですよ。

>No.95 せっせ さん
>今枝弁護士を始めとする弁護団を社会的に抹殺すれば
おやおや、ずいぶん物騒なことをおっしゃる。
今枝氏が弁護士稼業を続けられないかもしれない事と社会的に抹殺するなどとは全然次元の違う話でしょう。

>懲戒請求運動が署名活動と同義だと考えておられるのですか?
誰かそんなこと言いました?法的に言うなら署名活動のほうが何の法的根拠もないですよね?

>No.91 タケ坊さん
>少し上に私のNo.84のレスがあるのですからそれくらい読んでいただけませんか?
読んだ上でコメントしています。
これまで懲戒請求の件数が少なかったのは、制度について日弁連が周知してこなかったことだけが原因ではなく、ただ単に社会がそれまで興味がなく知ろうという気も無かったことが大きな理由でしょう。
事実これまでにも、橋下弁護士に対して何件もの懲戒請求が出されていますし、本村氏も今回の騒動の以前に安田弁護士らの懲戒請求をされています。
自身の無関心を他人のせいにするのが社会正義ですか?

感熱紙(刑) さんへ

レスありがとうございます。申告はメールか何かでするのでしょうか?というのも、あまりに短時間に、せっせさん間違い投稿→一般人さんコメ削除→せっせさん間違い投稿削除→せっせさん訂正投稿という流れがあったので不思議に思った次第です。

ぶっちゃけ、せっせさんも此処を運営してる一人かと疑ってしまいました。違ってたらごめんなさい。

一般人さん、ハンドル出してすみませんでした。

抜けてしまいました。

せっせさん、ハンドル出してすみませんでした。

>No.97 感熱紙(刑) さん
>制度について日弁連が周知してこなかったことだけが原因ではなく
おやおや、今度は日弁連の責任の矮小化工作ですか。
日弁連はこれまで最高裁判事の罷免についての×印つけよう運動やより罷免しやすい法改正について積極的にかかわっていた癖に
自身の身内の懲戒制度について周知してこなかったことを「だけ」なんて軽い言葉で表現できるなんて厚顔無恥も甚だしいですね。

No.96 タケ坊さん

では、もう一回言い換えましょう。
今枝弁護士を始めとする弁護団が弁護士稼業を続けられないようにすれば、弁護士法があなたの望むように変わるのですか?

>No.100 タケ坊さん
何で私が商売敵の日弁連のために工作をせにゃならんのですか。

>No.101 せっせ さん
そんなことはは思ってませんけど?
ただ、法律バカの弁護士が少しは減るんじゃないかなとは期待しておりますが。
>No.102 感熱紙(刑)さん
あ、そうなんですか、こりゃ失礼しましたね。

これ以上お話しても何も得るものはなさそうなのでこれにて失礼致します。

No.103 タケ坊さん

釣りなら釣りと最初に明記してくだされば、お互い時間を無駄にせずに済んだのに・・・。
またのお越しをお待ちしております。

No.97 感熱紙(刑)さん

今の社会では、マスコミが取り上げない事柄は存在しないのと同じですからね。
阪神大震災を経験した身としては、地下鉄サリン事件以降のマスコミの手のひら返しは強烈でした。それに連動して、被災地外からの注目度も激減しました。
事件にせよ事故にせよ、当事者にとっては一貫して状況は継続しているのに、移り気な世間の興味に翻弄されるのは辛いことです。
来年の今頃、この件はどうなっているのでしょうか?

 ところで、懲戒事由の定義にある「品位」とか「秩序又は信用」とかって、どういった価値観に根拠されたものを想定しているのでしょう。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO205.html

弁護士法を法律の素人目に見ると、「品位」とは「弁護士及び弁護士法人の使命及び職務にかんがみた上での品位」の事、「秩序又は信用」とは「所属弁護士会の秩序又は信用」の事ではないでしょうか?
そして、現在の弁護士法は国会に承認されて成立しています。

話題になっているからここを見た程度の一般人の意見です。
もちろん、法律には詳しくないし、事件を詳細に調べていません。
 そういう視点での意見だととらえてください。

 モトケンさんが提示され、否定された、橋下弁護士の主張ですが、私からは正当な意見に見えます。その理由を述べますので、よければそれを参考に今度の件をとらえ直してもらえないでしょうか。

> 1 差戻審では、殺意の否認などの主張は許されない。
 これは、1審2審担当の弁護士の活動をまるで無視した行為だというのが橋下弁護士の主張だと思います。
 つまり、1,2審担当者が無能で仕事をしていないと言い切っていることが、そういう弁護士が居ることを示していることが、弁護士全体への信用失墜につながるのではないでしょうか?

> 2 被告人の主張の変更は許されない。
 これは、突然被告人の主張の変化した理由が、世間から見て弁護団による誘導の結果ととれる状態を指しているのではないでしょうか。
 弁護士によって、主張が変更されるようなことがあってはおかしいと世間に見られることは、弁護士の品位をおとしめることではないでしょうか?

> 3 世間に対する説明責任を果たしていない。 
 コレは言わずもがなでしょう。マスコミのせいもありますが、現在の弁護士団の主張や説明(とそれに基づくマスコミのコメント)は明らかに異常に見えます。
 説明責任の義務は確かにありませんが、説明しなかったら世間の誰も理解も信用もしません。ましてや、あんなおかしなことを言い出す弁護士を誰が信頼するでしょうか。
 つまり、コレこそが弁護士会の名誉を穢し、弁護士の品位をおとしめている最大の要因ととらえられている事に気づいてください。

 ○法律で許される行為≠やっていい行為
 ○法律で義務づけられてない行為≠やらなくていい行為

 この点まで考慮しているかどうかが、弁護士団の方達と橋下弁護士の違いだと私は感じています。

弁護司法に定められた懲戒事由の4類型の内「品位を失う非行」とは、少なくとも運用上は明確な違法行為を犯した場合にしか適用されないとどこかで聞いて理解してるのですが、いかがなもんでしょうか?
過去の事例ではどんな行為に対して適用されたんでしょうか?
御暇でしたらお答え頂きたいです>法曹の方々

さて、遅レスになりますが
No.74タケ坊様

>ふーん、そういう人もいたんですね。まぁ書かれておられる方が本当に懲戒請求を出されたのかは今のところわからないわけですが。
というのならば、あなたのそもそもの主張
「懲戒請求を出した人は責任感を持って出した」というのもあなたのただの想像です。
それも全く根拠のないあなたの希望的観測に過ぎません。


>二つ目のリンク先には橋下弁護士の言葉はきっかけにしかすぎないとの意見も多く見受けられたようですが?

そうですか。
因果関係を肯定しているわけですね。
大変結構です。

>それならば今枝氏らのやり方は的外れじゃないですかね?何故懲戒請求を出してもいないきっかけ作りをしたにすぎない橋下弁護士が訴訟を起こされなければいけないのかまったく理解不能なんですが?

橋下弁護士が提訴されるとあなたにとって何か困ることがあるのでしょうか?
橋下氏が仮に敗訴されてもあなたには全く関係ない話じゃないですか。
そもそもは死した氏が何ら不当な行為を行ってないというのならば粛々と対応すればいい話ではないですか。
別に何千件も濫訴されて業務に支障が出ているという話でもあるまいに。
提訴の権利も懲戒請求と同様国民に等しく認められた権利であり、
これを正当な理由をもって行使することになぜ文句をつけるのか、
それも第三者のあなたが。
私にとってはそっちのほうが理解不能です。
よろしければご説明ください。

>素人意見 さん

 反論すべき点はいくつもありますが

 批判を受ける行為 ≠ 懲戒理由

 です。

 橋下弁護士は懲戒請求をするらしいですが、現時点で橋下弁護士が弁護団の弁護活動のどこにどのような懲戒理由があると考えているかは、必ずしも明瞭ではありません。
 そのうち懲戒請求書がアップされるでしょうから、それを見てから意見を述べます。

 1、橋下氏は、それならどうして「あの弁護団に対して」懲戒請求をかけろと言い放ったのでしょうか。

 2、主張が変更されるのはいけないことでしょうか。誘導の結果と言うのは完全な外野の憶測であり、そこまで面倒見られる人がどこにいるのでしょうか。
 富山の強姦冤罪事件で、被告人が気を取り直して控訴し、私は無実だと言い出したとき、弁護人が「お前認めてたじゃないか、変更するんじゃない」などと言い出したらどういうことになるでしょうか。 
 しかも、今回被告人質問でその変更については一応説明されていたはずです。

 3、世間の理解云々を言いますが、世間の理解を求めて、守秘義務という制約がかかっているのに、しかもこれと言って法的義務もないのに記者会見などを行ったら、かえって変な部分だけをつまみ出して取り上げられました。しかも、その尻馬に乗って懲戒請求だと言い放ったのが誰あろう橋下氏です。
 第三者の捻じ曲げ行為により起こった事態について、弁護団の責任で懲戒されなければならないほどだと扱うのは、弁護人に過大な要求をすることになるでしょう。

 そもそも、判決文も、弁護団の主張も十分に見つめないで、野次馬的に裁判を見ている人たちに、「説明責任」など求める資格はありませんし、そんな人たちに説明した所で結果は同じであると思われます。

No.108 素人意見さん

>>つまり、1,2審担当者が無能で仕事をしていないと言い切っていることが、そういう弁護士が居ることを示していることが、弁護士全体への信用失墜につながるのではないでしょうか?

素人意見さんこんにちは。一般論として「身内の不祥事を隠すことより公開するほうが好ましい」と考えます。私は1,2審の弁護人が仕事をしていないとは思いませんが、仮にそうであったのなら、それを隠して信用を守ろうとするほうが好ましくないと思います。
素人意見さんは、無能で仕事をしていない弁護士がいた場合、他の弁護士はそれを隠蔽するべきだとお考えでしょうか?

素人意見様
> 1 差戻審では、殺意の否認などの主張は許されない。
 これは、1審2審担当の弁護士の活動をまるで無視した行為だというのが橋下弁護士の主張だと思います。

文面どおりに読めば、おそらく最高裁の拘束力のことをいっているかと存じます。
「差し戻し審の拘束力は異なる証拠態様の元では効果しない」
という法理に従えば、彼の主張は失当であることがわかります。
(非法曹の聞きかじりなので、突っ込み、補足などあったらどうぞご遠慮なく)

> 2 被告人の主張の変更は許されない。

裁判記録を精査すればわかりますが、
弁護方針全体としてはともかく、被告人の供述レベルで変化した部分はありません。
マスコミが差し戻し審ではじめて出てきたかのように報道している
供述群は全て前審、あるいは捜査時点で出てきていた供述です。
彼が事実関係を把握してないことの証であり、やはりこの主張も当たりません。

>説明責任の義務は確かにありませんが、説明しなかったら世間の誰も理解も信用もしません。

説明なくても理解する人は居ます。
一方でどれだけ懇切丁寧に説明しても理解しない人も居ます。
具体的に言えば、今現在説明を求めている人は全て
「説明しても理解しない、そもそも理解するつもりがない人」です。
この方々は今枝氏ブログがコメント濫開放していた時期に、
何一つ今枝氏の言い分を理解することなく一方的に自分の主張を書
きまくることそれ自体を目的にする人々です。

本件において「説明責任を果たせ」という要求は、それ自体がひとつの攻撃方法であり、実際に説明してほしいという意味ではないのです。

なんとすれば、本当に彼らが説明を要求するのならば
今枝氏ブログなり弁護団Wikiなり本人の直接の説明がなくとも情報を得る方法はいくらでもありますからね。

ところで素人意見様は
なぜ懲戒請求を出さないのでしょうか?
彼のサイドに立つのならば「懲戒請求を出さない理由」はないはずですが。

モトケンさんへ
> 批判を受ける行為 ≠ 懲戒理由
とのお考えだそうですが、私の意見(たぶん世間の見方)では

批判を受ける行為
= 弁護士会の名誉を毀損する行為or弁護士の品位をおとしめる行為
= 懲戒に値する事由

と見られていると思います。

 で、ここでいう「品位」というのが弁護士にとっては「弁護士会が決める品位」でしょうが、橋下弁護士は「世間が決める品位」であり、その具体化が「懲戒請求の数」と言っているのですよね。

 私は、橋下弁護士の意見がそういう視点を持って受け止められているという事を言いたいだけです。
 というか、「素人が調べもせずに勝手なことするな」的な弁護士が上から見た意見で、現在のムーブメントを無視されるのがイヤなんです。
 「あいつのやることは合法じゃないから」で切って捨てるのではなく、「あの人はなぜ違法性のある行為に及んだのか」を考慮するのが弁護士のあり方ではないのですか?

風の精霊 さん、sci98 さんへ
1の意見についてです。
橋下弁護士の話によると「1,2審の弁護士」は懲戒されてないですよね。
 「無能で仕事しない人」は何らかのペナルティを追うべきですが、それが行われていないなら、その組織は信用できません。
 逆に、ペナルティを負う必要のない仕事をしたのなら、現在の弁護団の行為がおかしいです。
 つまり、この矛盾点を解消してもらわないと弁護士会に不信を感じますよ。という意味です。

pon さんへ
最初に「詳しく調べてない」と断ったので「調べて出直せ」と言われても困ります。私は、そういう印象を受けていると語っただけですから。

> なぜ懲戒請求を出さないのでしょうか?
そんな義務はありませんから。
それに、調べずに懲戒請求したら告訴されるんでしょ? だったら、やるわけ無いじゃないですか。

何度も説明していますが、この事件の最高裁判決で基準が変わる前の基準でいえば、「恭順路線」を貫くことにより死刑を回避できる蓋然性が高く(実際、第一審、第二審とも無期懲役)、他方、殺意を否認した場合には、被告人に反省の色が見られないとして、より重い刑が科せられる危険があったわけですから、第一審、第二審の弁護人が、「殺意の否認」というギャンブルに打って出なかったとしても、それは「無能で仕事をしなかった」と評価すべきものではありません。

弁護活動において、「正解は一つとは限らない」のです。

 調べてもいないのに「あんなおかしなことを言い出す弁護団」とけなすというのは、私の感覚からは信じられないことです。

 確かに前の弁護団が懲戒事由を備えている可能性はあるでしょう。
 しかし、一審・二審の裁判官を現実に説得できていたこと、事実認定が通るかどうかはかなり厳しい目線をもたれていること、被告人自身も特に異議を出していなかったことを考えると、それが「懲戒に値する」と言うのは相当な難儀ですよ。
 最善策と懲戒されても文句が言えない策の間に、最善ではなかったかもしれないが懲戒されるほどではない策というのがあるでしょう。
 法と許される行為の関係を理解しているつもりなのかもしれませんが、実際にはこっちにひきつけると途端に理解なさっていないように思えます。

No.116 素人意見さん
>橋下弁護士の話によると「1,2審の弁護士」は懲戒されて>ないですよね。
「1,2審の弁護士」が懲戒されていないのは、彼らが「無能で仕事しない人」ではないからです。

> 「無能で仕事しない人」は何らかのペナルティを追うべきですが、それが行われていないなら、その組織は信用できません。
仮に(あくまでも仮に)「1,2審の弁護士」が「無能で仕事しない人」で、彼らがペナルティを受けていないことが問題だとしても、それは現弁護団の責任ではありません。

>No.87 ゲン さん

 回答が遅れましたが、削除や修正の権限は管理人のみが有しています。
 投稿者から依頼があれば削除や修正に応じますが、すでにレスがついているコメントについては状況に応じて判断させていただきます。
 ハンドル変更につきましては、過去に遡って変更すると議論の流れを壊してしまうおそれがありますので認めがたいところです。

ではこの損害賠償訴訟の行方はどうなるんでしょうか。

争点はまず、原告による橋下発言と懲戒請求の因果関係の証明からです。これが立証できないと何も始まりません。

問題は、今枝弁護士の説明によれば、ほとんどの懲戒請求書の中身が「テンプレ」と同じだということでしょう、実はこのテンプレの内容は、橋下氏がテレビ番組で説明した懲戒理由とは異なっています。なので橋下発言と懲戒請求の因果関係を証明できません。また、ほとんどの懲戒請求は、橋下氏が答弁書を発表する前に提出されていますから、橋下答弁書の内容で懲戒請求した人はほぼゼロでしょう。さらに、原告は、番組の放送エリアと懲戒請求者の住所とを比べて、橋下発言との因果関係の証明に使うと言っていますが、仮に、橋下発言に触発された視聴者が懲戒請求をしていたとしても、この番組は非常に人気のある番組で、放送と同時にネット上にアップロードされ、放送エリア外の人(特に関東エリア)もネットを通じて視聴していますから放送エリア外からの請求もかなりの数あるはずで、こちらも立証は困難です。あとは時期ですが、更新意見の公開と放送日が近いので、これも認められないでしょう。最後の手段として、懲戒請求者に「橋下氏に触発された」と言わせる手がありますが、現実的には難しいでしょう。そんなわけで、橋下発言と懲戒請求の因果関係の立証はムリですね。因果関係の立証ができない以上、橋下氏に損害賠償請求はできなくなり、裁判は、始まる前に原告敗訴で終わります。

負けっぱなしでは悔しいので、橋下氏のデタラメな法知識を暴露して懲らしめてやりましょう。でも、訴訟を起こして敗訴した原告が言っても説得力が無いので、人に頼んでやりましょう。

こんなのは嫌だと言う方。最後の手段です。
懲戒請求者を訴えましょう。テンプレの内容は事実と異なり、調査不足で簡単に勝てるでしょう。しかし本村氏が「感謝しています」とした懲戒請求者が相手ですから、地獄の窯の蓋を開けることになるかも知れませんが。

No121(管理人により削除済み。現在のNo.121 aho さんのコメントに非ず)

ところで擁護されておられる方々や弁護団は意図的に拘置所から出された被告の友人への手紙について触れようとしなかったり、なんでもなかった事のようにしたいようですが、

そんなことはそこかしこに出ていますよ。
例えば、ここ→http://www.yabelab.net/blog/2007/06/28-171449.php
その他かこのコメント欄多数(検索でもかけてください)。
なお、例えばここ→http://www.yabelab.net/blog/2007/06/27-183400.php#c64119

>No.121 aho さん

あなたの考える「因果関係」ならそうかもしれませんが、裁判で出てくる「因果関係」は相当や疫学的など、法律用語の「因果関係」らしいので、認められないと断言はできないです。

↑No.122
あれ?
スレッド違い? ahoさんのではなく、確か別の人(タケ坊さん)に当てたものだったと記憶していますが、これから探します。
大変失礼しました。伏してお詫びします。

橋下ブログによると、自身が今枝弁護士ら4名に懲戒請求をかける、ということ。
しかも理由は「根性を見せるため」。

これに今枝弁護士らが怒り、損害賠償請求の理由に付け加えたら・・・

因果関係は否定されないでしょうね。

No.124 psq法曹 さんへ
 いえ、スレッド違いではないと思います。私もあなたと同じコメントを見ました。
 そのコメントにはモトケンさんの返答もついていた上に、その返答への返答のコメントまであったのですが、その3件のコメントがなくなっています。
 モトケンさんのコメントまで消えたのですから、モトケンさんが消したのでしょうね。

>No.126 そもそも論 さん

「根性を見せるため」を理由としたら自分から正当な理由がないのに懲戒請求したってことですよね。
虚偽告訴罪なんかになっちゃったりして

 旧No.121は、虚偽の記載の疑いについての指摘に対する極めて不誠実な対応でしたので削除しました。

 ナンバーのずれについては申し訳ありません。

No.123 学生その1 さん

えー?そうなんですか?できたら教えて欲しいです。

No.124 psq法曹 さん

気にせず・・・

>No.129 aho さん

私の知っている範囲では、「一般人が疑いを挟まない程度の確信」が原則で、個別の事件に応じて「広げたり狭めたり」するらしいです。(←間違っていたら弁護士の方々指摘してください)

ですので、認められるか認められないかを現時点で断定はできないのでは、と思ったのです。

No.124 psq法曹さん
No.127 素人意見さん

私もモトケンさんの返答までは見たのですが、返答の返答がよっぽどすごかったのでしょうね。私もpsq法曹さんと同様のツッコミを考えていたのですが手間がはぶけました。
件の人物とは今朝上の方でお話しましたが、なかなか良い暇つぶしでした。

No.126 そもそも論さん
あの人の言葉はどうしてこうも軽いんでしょうね。この問題に興味を持った妻に、「そこまで〜」の発端発言とワイドショーで突っ込まれる場面の映像を見せてやったら、「なんか言ってることがペラペラ」との感想でした。
最初は「世論目線」だった妻でしたが、ここでの議論をかいつまんで説明してあげると、冷静に考えるようになってくれました。

 橋下先生自身が懲戒請求すると最高裁判例の田原補足意見にまともにひっかかってしまいますよねえ。そういえば答弁書では補足意見にも思いっきり噛みついていましたね。
 橋下先生が懲戒請求したら原告側は請求原因と訴額を追加するんでしょうかね?

No.130 学生その1 さん

そうですねえ・・・。学生その1 さんはテンプレは読まれましたでしょうか。テンプレによると、「弁護団は裁判の意図的な遅延を試みている」を懲戒事由としています。番組で橋下氏によって安田弁護士の最高裁弁論すっぽかしが紹介されましたが、現在の弁護団が「意図的な遅延を試みている」という主張は橋下氏をはじめ、他の出演者にもありませんし、番組としてもしていません。橋下発言によって視聴者が懲戒請求をすべしと「一般人が疑いを挟まない程度の確信」を持ったとしても、それなら橋下氏の主張に沿った懲戒事由で請求するはずで、橋下氏が言ってもいないことを理由に懲戒請求をかけるのは、常識的におかしいと思うのですが。なおテンプレがほとんどと言うのは、今枝ブログでの今枝氏の発言です。

まあ原告を後押しするのもいくつかありますが、どちらにしても私のは素人の戯言ですから、断定はできないですね。

>No.133ahoさん

すいません。「断定はできない」てのは予防線です。
ahoさんのおっしゃるとおり、懲戒請求の理由が一致していないので法的な「因果関係」が認められるかどうか、は私に判断能力がないので「断定できない」と書きました。

モトケンさん若しくは弁護士の方々、よろしければ教えていただけないでしょうか?

故意又は過失行為と権利侵害との間にあることが不法行為に基づく損害賠償請求の要件となっている「因果関係」というのは、相当因果関係をいうというのが通説であり、「直近の原因行為」ないし「もっとも原因力の強い行為」に限定されるわけではありません。

 従って、

  橋下発言→テンプレサイト→懲戒請求

という因果の流れがあったとしても、橋下発言と懲戒請求による業務妨害等との間に因果関係が認められる可能性があります。

>No.135 小倉秀夫 さん

ありがとうございます。
つまり、第三者の行為が介在(テンプレサイト)しても法的な因果関係は途切れない、てことですね。
あとは裁判官の事実認定しだいと。

認められるとお考えでしょうか?

>No.40 L.A.LAW さん
>No.41 モトケンさん

コメントありがとうございます。あのあと100件近いレスがあったのですね。だいぶ遅いレスになり、ズレた発言になってしまいますがご容赦ください。

さて、いただいたコメントについてですが、
>被告の無罪を支える根拠は被告の言うことだけでした(ほとんどのえん罪事件をそういう場合が多いでしょう)。
その場合は、無罪の主張はしないということでしょうか。

「無罪の主張はしない」ということではなくて、被告人が無罪を主張している根拠(例えば、捜査の違法性,自白の強要)を立証していくのが弁護活動と考えている。ということです。

>およそ根拠のない主張は、主張とは言えないと考えます。
問題はその根拠ですが、「被告人はこう言っている。」というのはそれだけで弁護人として十分な主張の根拠です。

上記と一部かぶりますが、弁護人の主張のはじまりは「被告人の主張」であることは私も異議なしです。
その被告人の主張を信じて、立証していくならともかく、それを鵜呑みにして、それをそのまま弁護人の主張とするのは、弁護活動としてはいかがなものなのか。
私はこのような行動は弁護活動と思っていないだけに、今回の弁護について疑問があるのです。

橋下ブログ更新してたけど
やっぱ今枝さんと橋下さんじゃ格が違いますね。
弁護士としても人間としても格が違う。
今枝さんのブログは暴走気味の情報発信だったから
何度も忠告あったのに、本人が気付かない
から諦めかけてたけど、
今枝さんもっとよく考えなさい。
それと被告の反省を本村さんに
伝えたい言っているが、
フザけるのも限度があるから
それは覚えておくように

いよいよ橋下ブログの記事も救いがない感じです。

 例え本音や実際がそうであれ、被告人を「無視して」「刑事弁護制度の維持のために弁護する」なんて口が裂けても言うべきではないし、言ったらそれだけで弁護士失格であろうと思います。
 

No.137 弁護の疑問 さん

 こんにちは。これまでのやり取りを把握していませんが、
No.137.のコメントについて。

 1.現弁護団は、まさに「被告人の主張を信じて立証しよう」としているのではありませんか?

 2.僕が上記投稿を正確に理解していないかもしれませんが、
N0.137のご意見は、「弁護人が、被告人の主張の当否を、裁判の審理以前に判断する」ことを求めていると思われます。
 一般的に、あらゆる刑事裁判において、
被告人の主張の当否は、前もって、誰にも正確に判断できないのではないでしょうか(世間の人々はもとより、裁判官も検察官も弁護人も)?
まだ検証していないのに、被告人の主張の当否を、判断できるでしょうか?弁護人が、裁判以前に、被告人の主張の当否を決めることは不可能と思われます。
 従って、「今回の弁護について疑問がある」というのは、当たっていないと僕は考えています。
 いかがでしょう?

>No.139 風の精霊 さん

 ああいうほとんど一方的な攻撃の文脈で佐藤彰一先生の意見を引用していいんですかね。
 引用の基本も守られていない感じだし。

橋下Blogは印象的な言葉を繰り返しているけれど、「世間」を基礎に動いていることは解りましたが、それ以外は・・・

被害者遺族がそして世間が何を求めているのかを〜 1審、2審は何をやっていたのか?

印象操作、すり替えといった、狡賢さも窺えますが。
ここなんかは大事故を起こした企業の責任者と間違えて居ないか?

被害者遺族や世間に対してどのような配慮をしなければならないかを徹底的に討議・検討すべきだったのです。 おそらく、そういうことは何もやっていないでしょ?

一般人さんの言う「格」てのは「世渡り上手」のこと?
タレントには重要な要素であって、他の弁護士もそれを見習えとの主張は、懲戒請求の煽りに繋がっている。

法律家の看板でやるべきことかな?

>MultiSync さん

 あのエントリが懲戒請求の理由なのかな、と思っていますが
 
 自分で埋めた地雷を自分で踏みつけているような感なきにしもあらず。

橋下ブログ9月30日記事は,かなり“誤導尋問”がみられますね。
メッセージやクエスチョンでない箇所に,読む人に誤解をさせるための表現がたくさん。

刑事裁判制度を維持するために、主張の変更をさせてもらいますと、一番迷惑をかけることになる被害者遺族に対して頭を下げて、謙虚に世間に訴えればよかったのだ
原告らを含む弁護団は、自分たちは正義を追求しているんだという一点張りで、被害者遺族にも世間にも配慮を全くしませんでした。 世間からの批判を受け、強烈にバッシングされることで、どのような配慮をしなければならなかったのかが見えてきたかと思います。
しかし、なぜそのような荒唐無稽な主張が今になって出てきたのかをきちんと説明し、1審、2審の弁護士も含め、弁護士全体の責任問題だという認識で、被害者にご迷惑をおかけすることをお詫びし、しかし、被告人の供述が法廷に出ていない以上、刑事裁判制度を維持するために主張の変更をさせて頂くと世間に頭を下げれば(自分たちの責任ではないにせよ、弁護士全体の職務懈怠だし、刑事裁判制度を維持するのもそれが正義だ、俺様は偉いんだの姿勢ではなく、刑事裁判制度を維持することが弁護士の職責であることを謙虚に思えば、頭を下げることなどどうってことないはず)すれば、ここまでのバッシングにはならなかったでしょう。
など。弁護団に対する悪印象を与えるために巧妙な記載がされています。

橋下ブログの書き方なのですが、
どこが自分の説でどれが佐藤教授のブログでの記事なのか
が分かりづらい書き方をしていますね。
佐藤教授のブログを読んで、やっとおおよその引用部分が
分かるようになっています。

せめて、佐藤教授のブログのリンクを張るくらいするべきだと
思います。

ひょっとすると、アウトルック云々の言からして、
方法が分からなかったのかもしれませんね。

あんなに長く、長文を読みやすくする配慮もまったくされていない橋下ブログの記事を、みなさん細かいところまでよく読んでらっしゃいますね。感心します。

No.140 a.x. さん

>弁護人が、裁判以前に、被告人の主張の当否を決めることは不可能と思われます。

その通りです!だからこそ、弁護側の主張として検証前に公表するのは、「弁護人としてはいかがなものか」と疑問があるのです。
私が伺いたいのは、被告人の主張さえあれば、検証もせずに「弁護側の主張=被告人の主張」とする弁護活動の是非です。
これには私は否定的です。
a.x.さんが、先に申し上げました「被告人の主張さえあれば、弁護とは何でもアリ」とお考えでしたら、私の考えとは食い違って当然です。

No.147 弁護の疑問 さん

こんばんは。コメント有難うございます。

 1.「弁護側の主張として検証前に公表するのは…疑問がある。」

これはマスコミ対応の問題のことでしょうか?マスコミに対しては細心の注意を払う必要があるでしょう。ちなみに僕は、弁護人は原則としてマスコミを相手にせず、「本業」に集中すべきが当然、と思います。その意味で、例えば「世間に対する説明責任」といったものは原則として存在しないと僕は考えます。

 2.「…被告人の主張さえあれば、検証もせずに「弁護側の主張=被告人の主張」とする弁護活動の是非…これには私は否定的…。」

僕が「検証」という言葉で言い表したのは、「裁判の審理」のことです。具体的な審理を経ていないからこそ、弁護人が、被告人の主張の当否を判断したらいけないのではないでしょうか(そもそも判断は可能でしょうか)?被告人の話があなたにはウソに見えても、実は本当かもしれません。
 また、個別具体的な事実関係については、被告人の話だけではなく、様々な客観的要素の方がむしろ重視されるでしょう(その意味では何でもアリとはいえないと思います)。その結果として、最終的に被告弁護側の主張が組み立てられるといえましょう。
 僕はシロートなので、実務経験豊富な方々の解説があれば、正確な理解が得られると思います。

>No.147 弁護の疑問 さん
>弁護側の主張として検証前に公表するのは、「弁護人としてはいかがなものか」と疑問があるのです。

ここで、「検証」とは具体的な行為としては、どのようなことを考えられているのでしょうか。そのイメージがよくわからないので、話がかみ合わないと思います。

>No.143 モトケンさんのコメント
>自分で埋めた地雷を自分で踏みつけているような感なきにしもあらず。

弁護士として、やってはいけない事を要求してますね。
(それを上でも下でも横でもなく、斜め上から)
でもって、弁護士の橋下氏は、それに引っかかっている。

疑問ですが?
「アピール出来れば問題ない」というのは、支那の様に端から思考・立場が相容れない相手と「闘論」する場合の習慣で。

日本国内の司法では、相互に立場を弁えて合理的思考に基き、論理的に議論が進む傾向が強いと思いますが。

それらが不十分でも司法試験に受かるの・・・(嫌、受かった実例か)
どうやって受かったのでしょう?

No.149 L.A.LAW さん
アドバイスありがとうございます。
私は「検証」とは裏付けという意味で使っています。主には科学的,医学的なものをイメージしています。

No.148a.x. さん
お互い法律的にはシロートなのですから、自由に意見交換しませんか。意見は十人十色ではないでしょうか。

>弁護人は原則としてマスコミを相手にせず、「本業」に集中すべきが当然、と思います。その意味で、例えば「世間に対する説明責任」といったものは原則として存在しないと僕は考えます。

賛成です!あのとき公表していなければ、私にこう判断する術はないと思います。そして公表するのなら発言の責任は少なからず発生すると私は思います。


>「検証」という言葉で言い表したのは、「裁判の審理」のことです・・・

この部分のイメージが異なっていたのですね。私の言い表した「検証」については上述のとおりです。


>具体的・・・弁護人が、被告人の主張の当否を判断したらいけないのではないでしょうか

これも賛成です。でも、彼らは検証もせずにこれを真としました。検証してないなら判断すべきではないと思っています。それも公表しました。


で、弁護活動に疑問があると申し上げたのです。
私はあの弁護団が、あの発言を立証していくとは思っていません。でも、現段階ではまだわかりませんので、とりあえずあの弁護団の「見」が正解と思っています。

>答弁書から今枝弁護士について問題になる点を答弁書の8ページ〜9ページから要約してピックアップしますと

  1 差戻審では、殺意の否認などの主張は許されない。
  2 被告人の主張の変更は許されない。
  3 世間に対する説明責任を果たしていない。 

ということになります。(他にもありそうですが、論外なので割愛)

>実は、橋下弁護士は、答弁書において自分が指摘した弁護団の弁護活動や説明義務不履行が懲戒理由にあたると明言していません。

矛盾してますね。
橋下が明言していないものを根拠に橋下批判とはスゴイですね。
弁護団が主張することは権利として自由だが、その主張に根拠が乏しいと指摘されても、被告の権利のために立証責任を放棄できるとは、法廷が心理主義で動く、非科学的な場所であると公言する以外の何モノでもありません。
法廷とは非科学的だから良いのだ。→弁護団が非科学的主張をしても→法廷とは非科学的だから良いのだ。
これを循環論法といいます
一切、根拠を示していません。

じゅんかん‐ろんぽう〔ジユンクワンロンパフ〕【循環論法】
「じゅんかんろんぽう」を大辞林でも検索する
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%BE%AA%E7%92%B0%E8%AB%96%E6%B3%95&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=09228408874800

論理学で、論点先取の虚偽の一。証明すべき結論を前提に用いる論法。循環論証。

>No.152 トンでもとんちゃんさん

 あなたは、私が橋下弁護士の発言のどういうところを批判しているのかわかってますか?

 論理学の講釈を垂れる前に、日本語の読解力を磨くことをお勧めします。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント