エントリ

 言うまでもなく、ボクシングの内藤大助対亀田大毅の世界フライ級タイトルマッチ

 反則技連発!大毅が世界戦汚した
 WBC審判委員「わたしなら失格」
 「全然弱かった」内藤意地の圧勝
 切腹?ネチネチ言ったらかわいそう
 猪木、谷川氏は評価「頑張った」
 ファンも激怒「恥を知れ」「腹切れ」
 (以上、スポニチ)

 アントニオ猪木のコメント

「若いのによく頑張ったんじゃないか」

 プロレスと見ればそうかも知れない(^^)


 親父が一番問題じゃないのかな。

「この悔しさをバネに頑張るしかない。大毅は一からの出直しや」

 一から出直さないかんのはあんたとちゃうん。

追記
 http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1042162.html

追記の補足
 亀田側が反論「反則は故意でない」 長兄興毅も疑惑否定(asahi.com 2007年10月12日22時59分)

 ニュースの見出しはともかく

協会はすでにテレビ映像で、史郎氏が反則行為を促すような発言があったことを確認。

 確認されちゃってます。

 亀田大の処分、JBC検討「ライセンス停止・剥奪も」(asahi.com 2007年10月12日18時57分)

安河内事務局長は「セコンドが故意の反則を指示したとすれば、極めて悪質。事実なら、ライセンスの停止や剥奪(はく・だつ)もあり得る」と厳格な姿勢を見せている。
| コメント(43) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(43)

>プロレスと見ればそうかも知れない(^^)
なるほど^^笑わせていただきました。

いや、昔からボクシング大好きで、辰吉とか井岡をテレビにかじりついてよく見てたんですが、こんな世界戦みたのは初めてです。ま、いちいち私が書かなくてもいろんなところで書かれてるのでいまさらいいですが。

ただ、大阪の人間として、大阪の人たちがみんなあんなんだと思われたら嫌だなあ。あとあんな親父にだけはなりたくない・・・。

>ただ、大阪の人間として、大阪の人たちがみんなあんなんだと思われたら嫌だなあ。

 うちのローの大阪出身の学生も同じことを言っておりました。

きっと、亀田次男はもうボクシングをやりたくないんだろうなぁ。
そう思ってしまった試合でした。

一番の癌が父親であることは激しく同意です。

Wikipediaでは、威勢良く切腹していましたね。

http://wikipedia.client.jp/

No.4 禅(元・二代目一般人@ペンキ屋)様

ほう、おもしろいですねえ。

でも、あそこの家族愛というか、絆はある意味すごいですよね・・・

>No.4 禅さま

アッ、本当だ。

市役所に死亡届、
いや切腹は自殺だから警察に届けるのが先か?

(やっぱり社労士は代書屋だなぁ、すぐ届出を連想します)


追伸、素敵なお名前ですね。
    今後も私のお相手を宜しくお付き合い下さい。

>プロレスと見ればそうかも知れない

だからビジネスですよビジネス。
亀田一家は見事に悪役を演じ(?)きって、皆さん楽しんだでしょう。内藤選手も国民のためにがんばったのだそうです。何やら戦後間もない時の力道山のようですね。
でもこの次のショータイムをどんな演出にするのか難しそうですね。

噛みつきまでやれば「平成のブラッシー」の二つ名を与えられたのですが。

今回、腹が立ったのがTBSの解説者のコメント。完全に亀田側に回っている発言はどうなんでしょうか?試合後の内藤選手に渡されたゴールデングローブのトロフィー?完全に亀田側に仕組まれた演出。黒いグローブも作っておけよ、TBS!
正直、亀田によってボクシングを汚されました。
ギター侍に、残念、切腹されなさい。

試合は見なかったのですが、兄 興毅が11Rに「ヒジでもええから、目に入れろ」といったのが放送されたとか ̄□ ̄

TBSも朝ズバに内藤選手を呼んで、み●も●たが内藤選手と奥さんを持ち上げている節操のなさ・◇・

亀田一家がヒールを演じるのは構わないが、モトケンさんの削除ボタンを発射されるような挑発は如何か・・

いずれにせよ、切腹してよかった〜 って、これじゃ、私も同類になってしまうか(笑)

モトケン先生はじめまして

試合前は、自分を奮い立たせるためにある程度相手を挑発するのは仕方ないだろうし、そうでもしなければ怖くてリングになんかは上がれないだろうなとは思います。
ただ、試合が終わったあとは、お互い相手を讃えあうのがスポーツマンシップだと思うんですよね。

あの、ビッグマウスだった辰吉も試合前は相手をメチャクチャけなしてたけど、試合後は相手を讃えることを忘れなかった。
特に対薬師寺戦の後のコメント行動は今でも忘れられません。

しかし、亀田家は無言で逃げるようにリングを降り、王者を讃えるどころか今度は兄貴が「オレが敵を!」なんて言ってるとか言ってないとか・・・

TBSが用意したのかどうかは分かりませんが、黄金のグローブのトロフィー(?)、内藤選手は明らかに不快そうでしたね

No.9 惰眠 様
 >噛みつきまでやれば「平成のブラッシー」の二つ名を・・

私見ではございますが、それなら「平成日本のMタイソン」
の方がボクシングつながりで宜しいとも思われます。ぺこり

>No.1 Lega さん
>No.2 モトケン さん

大阪の人間といえば、橋下弁護士もそうですが、大阪の方々はあの人についてはどう思っておられるのでしょうか?

久しぶりに、軽い話題なので、私もコメントを…

亀田兄弟については、TBSが作った「芸能人」ですから、TBSの取り扱いは、彼らからしてみれば「当然」なのでしょう。

それにしても、内藤選手が、気の毒に思いました。

なにやら、セコンドの反則指示まであったとかうわさが流れてますが・・・

仮に、そのうわさが本当であった場合にその反則行為によって内藤選手が負傷した場合、刑法35条の適用はあるのでしょうか?
ふと疑問に思ってしまいました。

No.16 一スポーツファンの独り言 さま

仮に、そのうわさが本当であった場合にその反則行為によって内藤選手が負傷した場合、刑法35条の適用はあるのでしょうか?

故意に、あえて危険な反則行為を行い、それによって重大な (反則しなければ負わないような) ケガを負わせたのであれば、正当行為とは評価されず、傷害罪が成立する可能性がありますね。

で、その反則行為が、セコンドからの指示に基づいてなされた場合、つまり因果関係が認められる場合には、セコンドも傷害罪の共犯 (共謀共同正犯 or 教唆 or 幇助) になりうるでしょう。

本件を離れた一般論ですが。

No.14 けん様
私個人としての意見では、嫌いではないですよ。大阪の人はどうかなー。でも悪く言う人ってあまり聞いたことないですね。まあ、テレビ向けな性格だしおちゃらけてるところもありますがギャグとして受け取ってる部分は往々にありますし、極端な主張をすることもありますが、まあ良くも悪くも法律、弁護士を身近なものにしてくれたかなとは思います。少なくとも今回の騒動までは。

で、今回の騒動に関しては、私は反橋下派です。懲戒請求を扇動したととられるような言い方ではなく、あくまで懲戒請求という方法がある、ということだけを述べればいいのに、へたこいた〜!ってとこでしょうか。今はそんなの関係ねえって(内心ドキドキしながら)騒いでるように見えてちょっと痛々しい・・・。ブログの更新も以前のようにないしな。

No.7 法務業の末席 さま

市役所に死亡届、
いや切腹は自殺だから警察に届けるのが先か?

いやー何より介錯しちゃってますから。

少なくとも同意殺。
本人が不本意だったのにムリヤリだった場合には単なる殺人です。
ただちに司法解剖、立件は免れないでしょう( ̄∇ ̄)

わぁ。ちゃんと法律論になってる。さすがモトケン先生のブログ!

先日
>揚げ足取りって、ボクシングのクリンチみたいなもの
って、教えてもらったせいか、この試合と最近の当ブログでの議論がオーバーラップして、ちょっと笑ってしまいました。

内藤選手がインターバルのときに「やり返してもいいか」って聞いていたことを知って( ソース )、気持ちを抑えて闘ったのはすごいなぁ、と胸を打たれました。

> fuka_fuka さま
No.17 に続いて No.19 のコメント。
流石は法曹資格者だけあって、全ての事象を実体法でお考えになるクセが付いていらっしゃる。

それに引き換え社労士は手続法しか頭に浮かばない。我々も実体法でものを考えるクセを身に付けないと、司法代理権獲得は無理でしょうな。
ここのモトケンブログは非常に勉強になります。(半分マジレス)

 追記しました。
 笑い事ではすまないように思います。
 ボクシングがスポーツである限界を超えているように思われます。

>協会はすでにテレビ映像で、史郎氏が反則行為を促すような発言があったことを確認。

亀田兄の「肘でもええから目に入れろよ!」の方が、ハッキリ聞き取れます(YouTube・ニコ動で確認できました。今は削除されています。TBS必死!)。これについても兄自信が「亀田流」との反論してますが、反論になってません。ヤクザのケンカですね。

なんといっても 製作 TBS です。

オームに坂本弁護士の取材内容を放送前に見せた TBS です。
それを約5ヶ月 事実を葬っていた TBS です。

それでも潰れない TBS です。

亀田ごときでTBSが誤るとは思えません。

余談 大阪市長選 橋下さんはまだ表明していませんが TBS系列準キー局 MBS の 元アナ が立候補 するそうです。
(MBSはオームのとき最もTBSを批判していた局の一つだったと記憶しています。←大阪の良心?)

No.6 モトケン様>

御存じの上かもしれませんが、当該ページの履歴(2007年10月11日 12:08あたりから)を御確認下さい。

#1〜2分毎に変更されてて、その内9割方が愉快犯と言う
#凄まじい状況です。

ていうか、普通にボクシングが見たい。(投げ技なしの)

一大阪人の私的には、亀田Fネタで、辰ちゃんが引き合いに出されるのが、一番悔しい。

やんちゃキャラは同じでも、亀田兄弟と辰ちゃんでは、人柄も実力も比較にならないような気がする。

亀田家は亀田家でも、次男は特に弱い気がします。長男の方も世界チャンピョンとしては相当弱い方だと思いますが、次男はもはやそういう次元ではないような・・・

個人的にとても心配していた、内藤選手がお金で買収されなくて、本当に良かった。こんなことを心配するのは内藤選手に大して極めて失礼だとは思いますが、勝って1000万より負けて1億(仮定)を選ぶのではないかと、心配でした。

もしそうなっていたら、スポーツとしてのボクシングが完全に死んで、ボクシングがただの興行になってしまうところでした。

TBS が 良心的 としている番組 サンデーモーニング で
亀田問題を取り上げていました。

番組中‘浅井慎平氏は「ボクシングへの冒涜(ぼうとく)だ。ひどいなと思う。プロレスに行けといわれているが、プロレスに対しても失礼」と手厳しく批判。亀田戦のテレビ中継を独占的に行い、「亀田寄り」とも批判されてきたTBSの番組中にもかかわらず、「あれだけ持ち上げていた世間も、反省してほしい」と批判した。’

次の番組 サンデージャポンでも
テリー氏が’世界戦で反則を繰り返した亀田大毅のバッティングを「ああいうことをずっとやっているのが問題」と批判。返す刀で、バッティングで内藤選手が流血した場面で「このままだと亀田が(TKOで)勝ちますね」と実況したり、最終ラウンドの“投げ技”反則に「若さが出ました」とコメントしたと紹介し、「TBSは亀田を応援しているが、納得できない。TBSもぬるいよね。悪いことは悪いと言わないと」と、同局の姿勢を批判した。’

(’’内表記は MSN産経ニュースより)

何れもマスコミで実力のある御仁が当事者であるTBSで生で話されたこと。
一番反省すべきは TBS ではないだろうか。

>一番反省すべきは TBS ではないだろうか。

確かに地上波でボクシング中継に取り組んできたTBSの功績も一ファンとしては認めないではないが、正直、昨今のTBSの姿勢を見ているともうボクシングには関与して欲しくないと思う。鬼塚の反省を全く生かせず、同じ過ちを繰り返している。

ボクシングを芸能バラエティコンテンツの一つとしてしか捉えていないのであれば、今後も第2、第3の亀田家をつくるだけのことでしかない。確かに、一時的には人気が盛り上がるかもしれないが、ボクシング全体の健全な発展からは大きく後退すると思う。

やはり、リアルに強い王者が出て、世界の猛者相手にすばらしい戦いを繰りひろげる方がボクシングとしても盛り上がるし、発展につながっていくと思う。子どもが素直に憧れる強い王者に登場して欲しいというのが、私の切なる願いでもあります。

どうも、処分が決まったようですが、手ぬるい感じです。

彼らに、罰則を加えて、更生を期待するなら、「亀田大毅=選手ライセンス1年停止」、「亀田興毅=厳重戒告」とかではなく、それに加えて罰金、一定のボクシング講習義務を付け加えて欲しかったなあ。ただ、選手ライセンス停止だけでは、更生するかなあ?

例えば、一日4時間のボクシング講習を合計300時間履修し、その後、実技・筆記試験を行い、試験にパスしたら、ライセンスが有効になるとか。

ぼくが、スピード違反で捕まって免停になったら、(ああ、俺は何という事をしたんだろう。何かあってからでは遅いのに…)とは思わず、(次は、見つからないように、ねずみ取りの場所を調べておこう)などと思うかも知れません。不遜ですみません

まあ、JBCが決めた事ではありますが、一応、脊髄反射的な自分の感想を書いてみました。

ところで、この処分が不服ならどうするんでしょう?JBCに申し立てをするとか、JBCを相手に提訴するんでしょうか?ちょっと気になったもので。

>No.30 禅 どの

ボクシングって相手があって成立するスポーツです。
1年間の停止明け後、マッチメークできるか自体が既に怪しい。

つまり、

1)誰が相手として受けてくれるか?
(受けてもらうためにはどの程度のカネを用意する必要がある)
2)そのカネを出す人間が存在するか?
(出したカネは回収できるアテはある?)

これらを全部クリアしないと彼らはリングに立てない。

現実に、兄の試合も開催できなくなりましたが、これも足元を見られたため、とてもペイできる状態ではないからと聞きます。
ファイトマネー1億という話ですが、これも結局手元にはあまり残らないらしい(それも本人たちのせいらしいけど)。
すでにスポンサーもほとんど離れてしまった現状では、条件をクリアできるアテもなさそう。

というわけで、正直なところ、3ヶ月程度の停止であっても十分効力はあるなというのが私の見解です。

上の条件ですが、仮にクリアできるとしても強烈な条件を呑まないといけないようなところからの話でしょうから、どっちにしても地獄でしょうね。自業自得ですけど。
まぁ、彼らもそれまで散々楽しんだんだし、いいんじゃない?

fuka_fuka さま
ありがとうございます、お返事遅れました。
すみません。

そうですよね。
やはり正当行為にはならないですよね。
ただ、例えば網膜はく離→失明という流れをたどったとしても、実際は試合中のものか故意に反則行為によるものなのかは判断は難しいんでしょうね。
そういった意味では教室事例的な問題なのでしょうね。


■bplusさん

> 1年間の停止明け後、マッチメークできるか自体が既に怪しい。

 (\(^_^ )サクサクサクサクッ!( ^_^)/)

> まぁ、彼らもそれまで散々楽しんだんだし、いいんじゃない?

初めまして、bplusさん。
なるほど。そういう事なんですねえ。スポンサーなんかはどうするのかなあ、と思っていたんですが、離れちゃってるんですねえ。

ま、調印式だの、記者会見だの見ていますと、相当な快感に酔いしれていましたから、その分の不快感は、今後引き受けないといけないかも知れませんねえ。

ありがとうございました。


■Legaさん

> でも、あそこの家族愛というか、絆はある意味すごいですよね・・・

正の方向にエネルギーを放射すれば、良かったんですけどねえ。

■法務業の末席さん

> 今後も私のお相手を宜しくお付き合い下さい。

いえいえ、こちらこそよろしくお願い致します。
ご挨拶が遅れて、失礼を致しました。


No.32 一スポーツファンの独り言 さま

そういった意味では教室事例的な問題なのでしょうね。

えーと、補足ございません。
レスを待ってから言おうと思って止めておいたところを余すところなくドラマ化されてしまいました。

『はじめの一歩』で似たような話やるのかな?(ゲドー戦とは別に)

僕はこの話もそうなんですが、流行として「自浄能力を問う」ってのが今の流行なんではないのかな?と思います。政治も相撲も食品も放送も弁護士会も...。

ボクシングに限らず、格闘技系スポーツではなくともスポーツで怪我をしたり悲しいですが死亡に繋がったりということはあるのでここは少し気にしすぎだと思います。怖ければやらないことです。ルールが曖昧であり危険と考えるならばやらないことです。もっとも反則はこれとは違います。反則行為はやるのであればギリギリの線でバレないようにするものです。勿論精神は問われる部分ですがそれに対するルール・教育も十分でないのであればいたしかたない。反則は審判が確認した時点でそれ相応の減点・処分があるのでそれで十分だと思います。セコンドからの反則指示は通常隠語なりサインなり工夫するものです。ここの工夫がなかったことで問題になってますが、1団体の独自の方法でつくり出す王者戦に幻想や過度な期待を乗せすぎではないかと思います。また、ボクシングはスポーツであり興行です。武道とは全く違う種のもので目的を精神と肉体の鍛錬においているとは言えません。収益まであります。喧嘩とは違うとも言いますが喧嘩を元にしたものです。この部分を格闘技をするものは意識しているものです。これと差別させるために大義名分のために参加する者は行動規範が自ずから伴われます。行動規範が伴っていない参加者がいる競技はただの喧嘩になりその競技自体がなし崩しでしょう。しかし、その大義名分も興行を正当化させるためのものであることも注視しておくべきです。剣道・少林寺拳法のように断固スポーツ・興行化を否定する格闘技もあります。ちなみに剣道は応援も禁止です。観客であろうとも退場を言い渡されます。ガッツポーズなんて考えられません...。茶番劇も甚だしい。挑戦者として亀田を興行的に指名した王者もあまり多くを言わずに精進するべきだと思います。TBSが悪いとしても精神の薄さを露呈するのはボクシングそのものだけです。

17日の亀田父子の記者会見についてチャンピオンがTVでコメントしているのを聞いて、なんかほのぼのとしました。
 亀田父子が謝罪に来たら何と言いますかと問われ、
 「こないだ、お疲れ」みたいにしゃべりかけようかな、・・
とにこやかに答えていましたが、正に愛すべきボクシング馬鹿ぶりに単純に感動した次第です。

17日の亀田父子の記者会見についてチャンピオンがTVでコメントしているのを聞いて、なんかほのぼのとしました。

内藤チャンプは「もう終り」って言ってたけど、マスコミがそれを許してはくれないのでしょうね。

亀田父子の記者会見や一連の報道記事を読むと、「親心」というものを強調したいみたいだけど、チャンプだってご両親がいてまたご自身も父親であるわけで、挑発の域を超えて「ゴキブリ」なんて言えば、チャンプのご両親やお子さんがどんな思いをするか・・
それを考えれば、すぐにでも謝罪するでしょうに。

ただ、記者会見で大毅選手は何か言いたそうだったけど、何を言いたかったのかそれは気になりますね。

自分のHNコピペしたら「さま」までコピーしてしまいました。
いやはやお恥ずかしい・・・

世の中というのは、善玉、悪玉という風に分類しがちですし、また人間の感情というのも色分けする傾向にありますねえ。

それがはっきりしている程、簡単に図式化出来る程、食いつきやすいというのは、TVを見ていても、至る所で展開されていますね。

「一スポーツファンの独り言 さま」のミスコピペ。このブログを読み始めて、初めて爆笑した部分でした。唯一の潤いでしょうか。

こんな記事を見つけました(ニコ動の映像)。何でも負けた途端にいろんなツッコミを受けますね。

No.41 通りすがり@茶番劇様

勝てば官軍、負ければ賊軍ってとこですかね。亀田家の場合ちょっと違うかなあ・・・。たたけばまだまだほこりは出そう・・・。今回の件がいい薬になればいいけどな・・・。

昨日の記者会見での大毅選手の顔を見て、朝青龍と同じだと思いました。
おそらく治療のためにどこかに渡るものと思われます。(笑)

だけど、あの親父はもう少し反省している演技をすれば良かったのに。あれじゃ、反省していないと取られ、またバッシングを受けてしまうのでは・・。あれだけ、悪役を演じれるのだから、演技は巧いはずなのですが・・・。

まあ、内藤チャンピョンが救いです。チャンプ 頑張れ!

法律相談へ

ブログタイムズ