エントリ

 懲戒請求テンプレートサイトが目につきました。
 http://www.k3.dion.ne.jp/~sugiura/index5.html

 テンプレートの「請求の理由」は以下のとおりです。

被調査人は、1999年4月14日山口県光市における母子殺害事件の差し戻し審第1回公判において、
見ず知らずの女性を殺害後強姦したことを「死者を復活させる儀式」、
赤ん坊を床にたたきつけたのは「ままごと遊び」、赤ん坊の首をひもでしめあげたのは「謝罪のつもりのちょうちょ結び」等
科学的にも常識的にも到底理解できないし理解したくもない
主張を並べ立ててまで被害者を侮辱し死者の尊厳を傷つけています。
また、この差し戻し審において地裁高裁等では被告自身が認めていた殺意を上記のような非科学的、
非人道的な主張を行ってまで否定しようとしておりますが、これらの行為は、意図的に裁判の遅延を試みているとしか思えません。
これらの行動によって、被調査人は、日本における裁判制度と弁護人制度への信頼を傷つけ続けています。
あのように不誠実で醜悪な主張及び行動を繰り返す人間が弁護士としてふさわしいとは思えません。
以上の理由により私は、被調査人が上記控訴審においてとっている行動が弁護士法56条に定める所属弁護士会の秩序または信用を害し、その他職務の内外を問わずその品位を失うべき非行であると考えます。
よって弁護士法第57条、58条に基づき、請求の趣旨の通り求めます。

 このテンプレートによって懲戒請求した人がかなりいるのではないかと思われますが、
 さて、最高裁判例に照らしていかがなものでしょうか。

| コメント(19) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(19)

 こんなテンプレートもあります。


http://hikarimatome.my-php.net/index.php?%A5%C1%A5%E9%CE%A2

このサイト前々から気になっていました。

赤ん坊を床にたたきつけたのは「ままごと遊び」
これらの行為は、意図的に裁判の遅延を試みているとしか思えません。

 これらは客観的事実とも異なっていますし、異なることは容易にわかりそうなものですが・・・。また他の主張にしても懲戒事由になりそうもありません。最高裁判例に照らして調査・検討義務を尽くしているかと言われると到底その域に達していないと感じます。

 またテンプレ作成者はなぜか最高裁によって否定された原審の判断を根拠に業務妨害や名誉毀損の意図がない限り不法行為が成立しないとしています。この人のテンプレを使って懲戒請求した人は、この人の解説を読んで不法行為が成立しないと判断した人は・・・。大変お気の毒という他ありません。同情はしませんが。

 この方はテレビを見ていないとおっしゃってるので橋下弁護士に責任をおっ被せることもできそうにありません。このテンプレを使った懲戒請求の数にもよりますが、仮に弁護団側がこの人を相手に訴えを提起した場合責任を免れないのではないでしょうか。

ふ〜ん、テンプレは感情的。

>No.1 風の精霊 さん
そのテンプレの最後は、

尚、この請求は〜、「凶悪犯罪の被告人への弁護活動そのもの」や「被告人の裁判を受ける権利」を侵害する意図はない〜

と、それ迄の「思いっきり弁護活動の中身に口出ししている」懲戒理由を否定してるけど。
それってば ジョーク?ww

一般論として、法廷での主張内容によっては
「品位を失うべき非行」に該当する可能性は
あると思います。

今回の弁護団の主張がそれに該当するかどうかは
きちんと調べてないのでなんとも言えませんが、
そう考えて懲戒請求する人がいてもおかしくは
ないと思いますし、それが一律に不法行為になる
というのは納得いきません。

(ただ、弁護士がTVで煽動することについては
疑問を感じます。自分で懲戒請求すべきでしょう。)

「理解したくもない主張」と言う一節を見て、椅子からずり落ちかけました。
色んな意味で。

>No.4 ほし さん

>一般論として、法廷での主張内容によっては「品位を失うべき非行」に該当する可能性はあると思います。

 具体的にはどんな場合でしょう?

 被告人の意思に反する主張は該当すると思いますが、それ以外にどのような場合が考えられるでしょうか?

 とりあえず、刑事弁護のシステムをぶちこわす方向に世論が動いたら、私にとっても間接的に不利益ですので、個人blogにもエントリーを上げて、私にできる範囲での解説を書きました。
http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php?logid=6788
 法曹以外からも声を上げて注意を促した方がいいと思いましたので……。

 それにしてもひどい「請求の理由」です。イチャモンを法律文書とは普通呼ばないと思います。

素朴な疑問なのですが、

最高裁判決に照らして。。。とあるので、

今回、懲戒請求者が損害賠償で提訴された場合、懲戒請求者
側が、懲戒処分にしなかった弁護士会を不当な判断だとして
慰謝料を請求する訴訟を起こすことは、可能でしょうか?

私はテンプレ作成者ではありませんが。

 弁護士の懲戒制度は個人の利益を救済するためのものではありません。つまり、懲戒されなかったという不満を持っているとしても、それは法的保護の対象になりません。
 従って不当に懲戒をしなかったと仮定しても、個人の権利侵害はなく、それを盾に慰謝料を請求するといっても通りません。

 懲戒請求された弁護士の方が懲戒請求者に不当訴訟を起こしてくれば、それで慰謝料が取れるかもしれませんが。

 昼寝さん、こんばんは。

 弁護士会単位での懲戒請求が通らなかったことに不服がある場合、日弁連に異議申立をすることになります(弁護士法第61条)。
 そして、日弁連でも「懲戒処分を行わない」という結論が出された場合(異議申立が棄却された場合)、その取消を求めて提訴することが想起されますが、最高裁は、「そのような提訴は不適法である」と判断しています(昭和49年11月8日)。

 その理由は、風の精霊さんがご指摘されているように、「弁護士法58条の懲戒請求権及び61条の異議申立権は、懲戒制度の適正な達成という公益的見地から特に認められたものであり、懲戒請求者個人の利益保護のためのものではない」(先の最高裁判決)からです。

 「懲戒処分を行わない」という決定を取り消させるために行われた裁判でもそのように結論されているのですから、損害賠償請求が認められることはまずないと考えてよかろうと思います。

 なお、先の最高裁判決及び最高裁昭和38年10月18日判決の両方で、「懲戒請求者が、(懲戒請求の対象である)弁護士の行為等によって権利を侵害された場合、その救済を求める方法は別途に存在するから、異議申立棄却の取消を求める提訴を不適法として却下しても、懲戒請求者の保護に欠けるものではない」との見解が示されています。従いまして、日弁連というよりも寧ろ、懲戒請求の対象弁護士個人に対して訴訟を別途進めることになるのかなぁ、と推察致します。

>これらの行為は、意図的に裁判の遅延を試みているとしか思えません。

 これを「弁護団は意図的に裁判の遅延を試みている。」という事実の摘示と見ると、このテンプレートは虚偽を含んでいると見られる可能性があると思います。

懲戒請求騒動が発生してからずっと疑問に思っていたのですが、光市事件の弁護団に対する懲戒請求を行った人たちは、何のために請求を行ったのでしょうか?
万が一現弁護団が懲戒処分を受けた結果、被告人の弁護を降りる事になったとしても、裁判を継続させるためには必ず別の弁護士を弁護人として付ける必要が出てきます。
そして、一審二審のような恭順戦術による死刑回避が困難である事を被告人自身が認識している以上、被告人が現在の主張を大きく変えることは考えにくく、新たな弁護士が就いたとしてもまた同じ主張を繰り返す事は間違いないでしょう。
被告人の意に反して「世間受けの良い主張」を行った結果、死刑判決が出ようものなら、今度は被告人から懲戒請求が出される事になります。
新しい弁護人が現在と同様の主張を行ったら、彼らはまた懲戒請求を行うのでしょうか?
その結果弁護人が変わるたびに裁判が遅延する事は関係ないと考えているのでしょうか?
それとも懲戒請求の目的は「現弁護人の排除」ではなく、「多数の懲戒請求をちらつかせる事により、弁護人に圧力を掛けて
主張を変えさせる事」なんでしょうかね。
それって、世間一般では「強要」とか「脅迫」というのではないかと思うのですが・・・

>No.12 感熱紙(刑) さん

 感熱紙さんのこのコメントを大会議室に転載してみませんか。
 どんな反応が返ってくるか大変興味深いです。

>No.12 感熱紙(刑) さん

私も同じようなことをずっと考えていました。
新しい弁護人が就任する → 懲戒請求 → 新しい弁護人が就任する・・・・
を繰り返すことによって、裁判を停止させ死刑判決を出さないようにさせる新手の「死刑廃止論」かとも思いました。(笑)
今は、新しい弁護人が就任する → (法廷外では)黙して語らず → 懲戒請求は起こらない になるのではと考えています。
今回の懲戒請求は逆説的に「(法廷外で)不愉快なものは見せないでくれ」ということではないでしょうか?

>No.10 暗闇の虎 さん

>No.9 風の精霊 さん


 遅くなりましたが、明確な回答をありがとうございました。

 やはり、懲戒請求制度は懲戒請求者にとっては非常に
リスクの高い行為になりますね。
 安易に行うことはいけません。

>No.15 昼寝 さん

>やはり、懲戒請求制度は懲戒請求者にとっては非常にリスクの高い行為になりますね。

 まともな弁護士に相談してやれば、リスクは解消されると思います。

 今回は、ネットのテンプレートを軽々しく信じた請求があるようなのでリスクが議論されることになったと思います。

>安易に行うことはいけません。

 同意です。

>No.13 モトケン先生
確かに橋下弁護士擁護派や実際の請求者の方がどのような理由を述べられるのか興味があるところですので、早速ですが大会議室に書き込んできました。
斬新な反応を期待します。
>No.14 はいはいさん
>新しい弁護人が就任する → (法廷外では)黙して語らず → 懲戒請求は起こらない
それだと橋下基準に照らすと「説明責任を果たしていない」ということになるので、やっぱり懲戒請求の対象になるんですよね。
「自分が聞いて不愉快だから喋るな」は請求理由にはなりませんしね。

>感熱紙(刑) さま

大会議室に投稿がアップされましたね。私もどんな反論が登場するのか興味津々です。


>それって、世間一般では「強要」とか「脅迫」というのではないかと思うのですが・・・

私にはこうした懲戒請求での裁判の遅延は、司法(裁判)に対する不当な妨害干渉としか思えません。刑事裁判を不当に妨害する行為を取り締まる法令って、何か無かったでしょうか?

>No.17 感熱紙(刑) さん
>それだと橋下基準に照らすと「説明責任を果たしていない」ということになるので、やっぱり懲戒請求の対象になるんですよね。

橋下基準であれば懲戒請求の対象でしょうが、実際に懲戒請求をされた人の中で「説明責任」が理由である人は少ないと考えます。(←根拠はありません。橋下氏が説明責任云々を言い出したタイミングからの推測です)
黙して語らずであれば橋下氏以外からの懲戒請求はほとんどないのではないかと思います。また、橋下氏が懲戒請求するとも思えません。
今回の懲戒請求騒動とはマスコミ報道に接して被害者側に同調している感情を「被告人の弁護士」と言う筋違いの所へ向けさせたと言う意味で、『煽動』と言われても仕方ないと思います。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント