2007年11月アーカイブ

仮釈放中に交際女性絞殺、死刑確定へ 最高裁が上告棄却(asahi.com 2007年11月30日20時12分)

 一、二審判決によると、宇井被告は岡山市内の自宅で女性を殺害し、遺体を市内の竹やぶに捨てた。第二小法廷は「女性2人の殺人などで無期懲役刑となり、20年近く服役したのに仮釈放されて約1年9カ月で類似の犯行に及んだ。犯罪性は根強く、死刑はやむを得ない」と述べた。

 前刑の事件の内容がくわしくわからないのですが、なぜ前刑で死刑にならなかったのか、と考える人は多いと思います。

 こういう事件というか、こういう人間が現実に存在するということを考えますと、死刑廃止論に賛成することができません。

 責任を取れとは言いませんが、前回の裁判で死刑を回避した裁判官(たぶん求刑は死刑だったと思いますので)は、今回の被害者のことを考えて欲しいと思います。
 結果論と言えば結果論かも知れませんが、それだけ裁判官の職責は重いと言うべきです。

 それにつけても、裁判員裁判で死刑求刑事件を担当することになった裁判員の皆さんの苦悩が思いやられます。

| コメント(21) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2007/11/28-173727.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

祖母の義理の弟を逮捕 香川・坂出3人不明事件(asahi.com 2007年11月27日21時39分)

 これまで事件捜査については静観していましたが
 祖母の義弟が逮捕されました。

 まだ、全容が解明されたとは言えませんが
 予想されたとはいえ

 最悪のそして痛ましい結果になったようです。

 なんで幼い姉妹まで、、、

 祖母宅によく泊まりに来ていたことは知っていたはずではないのか。

 姉妹に対して、簡単に偶発的な犯行とは考えたくないです。

 ともかく、早く見つけてあげてほしいです。

別報追記
親族の「殺害」供述に衝撃、急展開の末の最悪の結末(2007年11月28日0時12分 読売新聞)

続報(合掌)
香川の3人不明、坂出港付近で遺体発見(2007年11月28日17時44分 読売新聞)

| コメント(15) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

光母子殺害:弁護士は懲戒せず 東京弁護士会が議決(毎日新聞 2007年11月27日 12時16分 (最終更新時間 11月27日 14時40分) ウェブ魚拓

| コメント(51) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

深刻化する薬物問題 「通報しないから相談を」 厚労省が手引 全国に配布へ(ヤフーニュース 11月26日16時48分配信 産経新聞)

 厚生労働省は保健師ら自治体担当者による薬物依存症の相談について「電話があれば、本人や家族が相談に来ても警察に通報することはないと伝える」などの要点をまとめた手引を作ることを明らかにした。安心して相談窓口に来てもらい、依存症脱却のきっかけにする狙い。ただ覚醒(かくせい)剤など違法薬物の使用が明らかで、受診もせずに他人に被害を与える場合などは、家族らに警察などへの通報を促した方がよいケースもあるとしている。
 警察庁は手引について「厚労省から協議を受けていないので、詳細は承知していない。(相談員が警察に通報しないとしていることについては)相談手法が記載されているものであり、警察との間で、実際に都道府県などとどのようなやりとりがなされるかは別問題であると考える」としている。

 覚せい剤などの自己使用事犯の使用者(つまり犯人)は、見方を変えれば薬物依存症の患者です。
 刑事司法の世界だけでは更生に限界のある犯罪の典型です。
 覚せい剤などは、使用が犯罪とされているから犯罪になっている、という面がありますので、自己使用に限定すれば犯罪化しないほうがいいのではないかという気がしないでもないのですが、供給者側(つまり密売組織など)を摘発する必要性や常習者による凶悪犯罪の抑止の観点で見れば、使用者に対する強制捜査権の発動や強力な抑止のために犯罪化もやむを得ないという気もします。

 しかし、現在は覚せい剤自己使用被疑者は原則として逮捕・勾留されるという取扱になっている点が問題なのではないかと考えています。
 逮捕・勾留によって仕事を失ったりして生活基盤が破壊されることにより、再犯の可能性を高めているという感じがするからです。
 厚労省の相談窓口経由で警察に自首した使用者については、原則在宅で捜査・裁判をするということが考えられるべきではないかと思われます。

| コメント(10) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

少年審判の傍聴に賛否 被害者団体、都内で会合(asahi.com 2007年11月25日22時49分)

 「全国犯罪被害者の会(あすの会)」の大会では、97年の神戸連続児童殺傷事件で次男を亡くした土師守さんが、少年審判では「蚊帳の外」に置かれたと主張した。

 「被害者として事件の背景を知りたいと思うのは至極当然のこと」。加害少年の更生のためにも、傍聴だけではなく、被害者が質問する権利も認めてほしいと訴えた。

 気持ちは分かるのですが、被害者遺族としても、より多く知ることによってより深く傷つくことがあることを考えて制度を検討すべきだと思います。
 つまり、被害者遺族にもそれなりの覚悟が求められます。
 被害者遺族の傍聴がどういう意味で加害少年の更生のためになるのかも問題です。

 制度設計を考えるにあたっては、制度に関与する人間がどのように考えてどのように行動するのかを的確に予測することが重要だと考えていますが、裁判手続に関する被害者側関与の問題については、

 事件の多様性に伴い、被害者遺族の感じ方や対応が極めて多様であること

から、その中の一定の対応を想定して制度設計を行うと、当然想定されうる想定外の被害者にとっては好ましくない制度になるおそれがあります。

 被害者遺族は法廷の中ではこのように考え、行動すべきである

という基準でもあれば、その基準に基づいて制度設計をすることが可能であるかも知れませんが、「法廷内におけるあるべき被害者遺族像」というものが議論されたということを知りません。
 もちろん、ことは法廷内の問題にとどまりません。
 
 単に、一部の大きな声に応えるような形での拙速な制度変更は将来に禍根を残すことを危惧します。

 一方、「被害者と司法を考える会」の集会では制度への懸念を論じた。交通犯罪で息子を亡くした片山徒有さんは、傍聴の実現を「ある種の制裁を裁判所に期待する流れの中にある」と指摘。家裁調査官を務めてきた伊藤由紀夫さん(全司法労組)は「狭い審判廷で被害者と加害者が相対すれば互いに興奮してしまう。傍聴するよりも裁判官が裁量で遺族に丁寧に説明する方が真実もわかる」と話した。

 こういう指摘にも耳を傾けるべきでしょう。

 現実社会に理想的な制度というものはあり得ません。
 何かを改善しようとすると、別の何かが悪化するのが当たり前です。

 目的は正当でも具体的な制度改変に伴う弊害というものが常に想定されるのですから、それをしっかりと検討したうえで、トータルとしてより良い制度になるように制度設計をしていただきたいと切に願います。

| コメント(21) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

道を走っていたら、突然「名曲」が聞こえてきた… (産経ニュース)

 運転の集中力が削がれるという意見もあるかも知れませんが、スピード抑制のアイデアの一つではあると思います。

 ロードノイズをメロディーロードにするという発想力はすばらしいし面白いと感じます。

 ゆったりした気分で走りたいですね。

| コメント(8) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

船場吉兆の偽装に生産者怒り心頭 「ばかにしている」(asahi.com 2007年11月25日12時12分 ウェブ魚拓)

 ブランドの確立に心血を注いできた人間とブランドに乗っかって商売してきた人間の違いですかね。

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

比内地鶏、2割はかごで飼育 「放し飼い」の基準無視(asahi.com 2007年11月25日08時03分 ウェブ魚拓)

 ブランドってなんだろな、と思うことしきりの今日この頃ですが、

 虻川会長は「かごの方が均質に育つ。運動不足だから筋肉が発達せず肉が軟らかくて評判も良かった」とした上で、「いつかはちゃんとやろうと思っていたが、常連客もいて、やめられなかった」と釈明している。

 さて、肉が軟らかくておいしいと思っていた常連さんは、今後「放し飼い」と「かご飼い」のどちらを選ぶ
のでしょうか?

 こういうニュースを読んでからミシュランを読むのも一興かとw

| コメント(8) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

携帯有害サイト、接続制限義務付けを…教育再生会議が素案(2007年11月24日14時32分 読売新聞)

素案は、保護者に対し、「小中学生が使用する携帯電話を購入する場合は、フィルタリングを義務づけること」と明記した。

 強制はできなさそうですが、どの程度徹底できるのでしょうか?

さらに、素案は小中学生の携帯電話の機能を、通話とメール送受信、全地球測位システム(GPS)を利用した居場所確認の三つに限定するよう保護者に働き掛けることを盛り込んだ。

 有害情報から遠ざけようという考え方が基本にあるようですが、もっと根本的なところから考えるべきだと思います。
 小中学生もいずれは社会に出て行くということが前提にされなければいけないと思うのですが、当面問題が生じなければいい、という考えが前提になっていると感じるのは気のせいでしょうか?

学校に対しても、携帯電話の使用制限にさらに取り組むことを求めた。  例えば、〈1〉授業中の使用禁止など、校則に携帯電話に関する規定を盛り込むことを徹底させる

 授業中の携帯電話使用禁止を校則に盛り込むべきであるという発想がそもそも間違っているように思うのですが。
 校則に規定しなければ守らせられないというのであれば、校則に規定しても無意味だと思います。
 んなもん常識でしょうが!

 生徒を馬鹿にしているのか教師が馬鹿なのか無能なのか?
 それとも保護者が非常識なのか?

| コメント(12) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

星野奈津子、ブログに不適切発言で芸能活動停止

 問題の記事(ブログのエントリ)は見てないのですが、大体想像できます。
 家族の間の話をそのまま書いちゃったのでしょう。
 家の中で話しているぶんにはよかったのでしょうが
 (一応)有名人が「オフィシャルブログ」で書いてしまいました。
 (「オフィシャルブログ」と「非オフィシャルブログ」の違いはよくわかりませんが)

 その意味では影響があるのかも知れませんが、
 謝罪と削除は適切な対応であったと思いますが、

 1年間の芸能活動停止というのは処分として重すぎるというのが率直な感想です。
 実際に読んだ方の感想はいかがなものでしょうか?

 私が、このブログで何らかの決めつけ(あえて具体的に書きませんが)的なことを書いたらかなり問題だと思いますが。

 別の記事による、処分を聞いた彼女は放心状態だそうです。

| コメント(48) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「飛び込み出産」に病院が悲鳴、搬送拒否は2年で4倍(2007年11月19日15時14分 読売新聞)

 妊婦健診を受診せず、陣痛が始まって初めて病院に駆けつける「飛び込み出産」の増加に対し、「健診を受けていないため、母体と胎児の状態が分からず、責任が持てない」と病院側に困惑が広がっている。

 総務省が先月まとめた救急搬送の実態調査では、飛び込み出産を理由に医療機関に搬送を拒否された回数が、2006年は延べ148件と、04年の4倍になった。経済的な理由で健診を受けていないケースも多いため、自治体が健診費用の助成に乗り出しているが、まだ自治体間で格差があるのが実情だ。

 「お金がかかるし、糖尿病で中絶を勧められるかもしれないから、妊婦健診は受けなかった」

 10月中旬の深夜。夫に連れられ、埼玉県の川口市立医療センターに突然やってきた20歳代の女性は、健診を受けてこなかった理由をそう説明した。母子手帳もなく、最初は母体や胎児の状態が全く分からない。当直の医師が診察した結果、妊娠38週と判明。胎児の心音に乱れがあったため、翌朝、帝王切開手術で出産した。

 女性は初産で、市に妊娠の届けを出していなかったため、川口市の場合だと2回まで無料で健診を受けられることも知らなかった。

 別の病院関係者が打ち明ける。「飛び込み出産した後、出産費用を払わない人は病院によって3〜5割にも上る。病院にとっては、経済的なリスクも大きい」

 今月8日、横浜市内で医療者と救急関係者を集めて開かれたシンポジウムでは、昨年8月に妊娠30週で切迫早産になった30歳代の妊婦が、健診を受けていないことを理由に11病院から搬送を断られたケースが紹介された。最終的に12病院目での受け入れが決まるまで、1時間15分を要したという。

 救急救命士は「何とか受け入れてもらいたいと、病院に電話しても、『そんな無責任な妊婦を連れて来るな』と怒られることもある」。医師側からは「妊娠何週目かや合併症の有無などを基に(自分の病院で)受け入れ可能かどうかを判断しており、母体と胎児の状態が全く分からない妊婦を安易に引き受けることは出来ない」との意見が出された。

 病院側の負担は深刻だ。神奈川県内の大学病院など8基幹病院で扱った飛び込み出産は、03年の20件から年々増え、06年は44件。今年は4月までに既に35件で、100件を超える勢いだ。横浜市大の平原史樹教授(産婦人科)は「飛び込み出産の急増で救急病院の負担が大きくなり、本来の業務に支障をきたしている」と困惑を隠さない。

 出産を取り扱う医療機関の減少で、出産出来る病院を見つけられずに飛び込み出産になるケースもあるという。だが、同大付属市民総合医療センターの小川幸医師は、多くは〈1〉妊娠への対応が分からなかった若い未婚女性〈2〉低所得の(すでにお産を経験した)経産婦〈3〉不法滞在の外国人――の3パターンだと分析する。合併症やアレルギーを持つ妊婦も多い上、早産や未熟児の生まれる割合が高いなどリスクは高く、生まれた三つ子が全員死亡したケースもあるという。

 平原教授は「健診は母体と胎児の状態を把握する大切なもので、受診しなければ出産のリスクは一気に高まる。受診を促す体制整備も必要だ」と話した。

 妊娠は病気ではないため、1回あたり数千円から1万円程度かかる妊婦健診は、自己負担が原則だ。健診の回数は、13〜14回程度が望ましいとされているが、このうち市町村の負担で一部または全額無料で受けられる回数は、全国平均2・8回。最も多い秋田県は平均10・0回、最も少ない大阪府は同1・3回と、自治体間の格差が大きい。

 厚生労働省は今年1月、健診を受けない妊婦が増えている実態を踏まえ、最低でも5回程度は公費負担するよう各都道府県などに通知した。同省によると、全国1827市区町村のうち、今年度から公費負担の回数を増やしたか、増やす予定なのは約23%。59%が来年度以降に増やすことを検討しているという。


| コメント(34) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「吉兆の歴史に汚点」船場吉兆会見で陳謝(産経ニュース 2007.11.9 22:24)

 見出しには「陳謝」と書いてますが、陳謝してるようには思えないんですよね。

 また、地鶏と表示しながらブロイラーを使っていたことについては「地鶏の品不足から業者が無断でブロイラーに切り替えていた。信頼しきっていたのに裏切られた気分だ」と話した。

と言ってますが

「船場吉兆に一度も『地鶏』と言っていない」 鶏肉店主証言(産経ニュース 2007.11.10 23:58)

 半年後、発送先となっていた店に電話したことがきっかけで、この男性が船場吉兆の湯木正徳社長で、鶏肉をほめてくれたのが国内の料理界で初めて文化功労者に選ばれた料理人、湯木貞一さん(故人)だと知った。

 「腰を抜かした。父親といったら、先代の社長さんでしょう。料理の神様みたいな人ですから」

 それ以来、店主は同社に卸す肉は家族のだれにも触らせず、1人でさばき続けた。ただ、取引の際に渡す請求書や領収書に『地鶏』と記したことは一度もなかったという。

 しかし、同社が商品の「地鶏こがねみそ漬け」「地鶏すき焼き」にブロイラーを使用していた偽装が発覚した9日、同社側から「だましたのか」「地鶏と思っていたのに」などと責められた。湯木社長らが会見で「業者には地鶏と注文し、1キロ5500円の高値で購入していた。裏切られた」などと話したことに衝撃を受けた。

 「うちは一言も地鶏と言っていないし、店にも若鶏専門店と書いている。若鶏といえばブロイラーだし、15年にわたって誠心誠意、最高級のブロイラーを卸してきたのに…。一体これまでの信頼関係は何だったのか」

 店主は今、怒りよりもむなしさの方が強いという。

 この店主の声をどう聞くのでしょう。

 現時点でどちらを信用すべきかと言われますと、その他の関連報道を含めて考えれば、答は明らかだろうと思います。
 吉兆の他の取引先がこの鶏肉店主の話を信用するとなりますと、吉兆が失う信用と信頼は計り知れないと思うのですが、吉兆側はどう考えているのでしょうか?

追記
 吉兆もいろいろのようです。
 土台揺らぐ高級料亭 船場吉兆偽装表示問題
 というわけで、タイトルを「吉兆はどこへ行く」から「船場吉兆はどこへ行く」に変更しました。

| コメント(30) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

量刑に差、重い課題 京都地裁で模擬裁判終了(ヤフーニュース 11月15日7時51分配信 産経新聞)

 裁判員の選任からスタートした京都地裁での模擬裁判は14日、すべての日程を終えた。架空の殺人事件を審理した裁判員6人と裁判官3人は「心神喪失で無罪」と主張する被告に、心神耗弱としたうえで求刑を上回る懲役14年(求刑・懲役10年)を言い渡した。法曹3者による模擬裁判は全国で235回あり、検察側の求刑を上回る判決は「今回が初めて」(最高裁)という。
 同じ殺人事件を題材にした模擬裁判は5地裁でも行われたが、無罪から今回の懲役14年まで量刑は大きくばらついた。「市民感覚の反映」を掲げる裁判員制度の課題が改めて示された形だ。
 増田耕児裁判長は「評議では積極的に意見が出て踏み込んだ議論ができた。量刑に差が出ることに関しては、同じ事件であっても立証の仕方などが異なっており、当然のこと」と話した。

 増田裁判官は「同じ事件であっても立証の仕方などが異なっており、当然のこと」と言ってますが、たしかにある意味では当然です。

 分かりやすく極端の例をあげれば、検察官の立証が思いっきり下手くそで、凄腕の弁護人が最高の弁護を行い、裁判員が超慎重であれば無罪になるでしょうし、弁護人の弁護活動が最低で裁判員が厳罰主義者ばかりだと求刑を上回る量刑もありうるわけです。
 また、模擬裁判の題材となる事件は、判断が悩ましくなるように作ってありますから、結論が分かれる場合が多くなると思います。
 司法研修所でやる模擬裁判でも、修習生のグループによって無罪と有罪が分かれるのはよくあることです。
 その意味で、法律家から見れば模擬裁判で結論がばらつくのは当然と言えば当然なのですが

 光市事件についての一般市民の意見の中には、弁護人によって刑が軽くなるのはおかしい、という意見がけっこうあります。
 そのような市民の感覚からすれば、同じ事件で裁判員によって結論が大きく異なるというのは納得できることなのでしょうか?

 裁判員制度の実施に伴って

 裁判員の市民感覚によって司法判断のあり方を変えることの当否と

 市民に対して司法側から司法の理解を求めることの必要性及びその当否が

 いずれも問題になっているように思われます。

| コメント(65) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

アレルギー児に牛乳 園児が入院(産経ニュース)

急性のアレルギー症状「アナフィラキシーショック」と診断された。

 関係者の皆さんには、アレルギーの危険性についての認識を新たにしてほしいという事故でありますが

 秋葉園長は「お子さんに大変つらい思いをさせてしまった。再発を防止し、安心して預けられる保育園にしたい」と話している。

 どこかの有名料亭の対応に比べてこのような真摯な反省の言葉を聞くと、保育園側の安全に対する姿勢についての信頼の低下は最小限度に押さえられたように思われます。

| コメント(15) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

録画から「任意性に疑い」と調書却下、大阪の殺人未遂公判(2007年11月15日3時8分 読売新聞)
取り調べDVDで検察調書を却下 「自白の任意性に疑い」と大阪地裁(産経ニュース ウェブ魚拓

 裁判所の判断理由にはやや揚げ足取り的なところも見られますが、大阪地検はいったい何を考えていたのかな、と感じられる報道です。

 録画された取り調べ状況や自白調書の具体的内容がわかりませんので感想にとどまりますが、

 検事の取り調べ技術が下手くそだったのではないか。
 何のために録画するのか、という問題意識のピントがずれていたのではないか。
 検察官は本件の立証の柱をどう考えていたのか。

 などの疑問が頭に浮かびます。

 本件は計画的犯行ではなく、激情的な偶発的な事件であるように思われますが、仮にそうだとしますと、殺意の有無の認定においては、被告人が「『殺すつもりがあった。』と供述したかどうか。」は決定的ではないと思います。

 凶器の形状(果物ナイフの刃渡り等)、傷害の部位(胸や首などか手足などか)、傷の深さ(どの程度の力を込めたのかが推定できる)などの客観状況が重要です。

 逆に言えば、被告人の自白調書の証拠請求が却下されたからといって、直ちに殺意が認められなくなるというわけではありません。
 客観状況の立証がしっかりしていれば、殺意を認定することは可能です。

 しかし、客観状況(刺したときの状況)の認定のかなりの部分は被告人の供述に依存するはずですから、殺意に関する供述の任意性に疑問が生じると、その他の部分の供述の任意性にも影響を及ぼします。

 検察の立証方針の当否が問われる事件だと思われます。

| コメント(21) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 管理人が特にテーマを決めない会議室です。

 ご自由にお使いください。

| コメント(305) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

都築学園総長、強制わいせつ容疑で逮捕・複数の被害相談(NIKKEI NET)

 福岡県警は14日、運営する大学内で女性にセクハラ行為をしたとして、学校法人都築学園(福岡市南区)の総長、都築泰寿容疑者(71)=南区玉川町=を強制わいせつの疑いで逮捕した。容疑を否認しているという。複数の女性職員からセクハラ行為の被害相談を受けているという。


 学園側は、都築容疑者からセクハラ行為を受けたとする訴えが相次いだため、今年から女性職員の制服をスカートからズボンに変更したり、施設内の照明を明るくしたりしたほか、女性職員らが学内で単独行動しないよう申し合わせをしている。(13:50)

 なんかずれている気がするのですが。
 学園側の対応についてです。
 「総長」というとたぶん一番偉い人だと思いますが、「殿様、ご乱心」という感覚だったんでしょうか?
 いずれ警察沙汰になるという認識はなかったのでしょうか?
 やっぱりあったんでしょうね。
 だから、被害者側に自己防衛を求めたということでしょう。
 (一人ボケツッコミやってますが)

 しかし、臭い匂いは元からたたなきゃだめでしょ。
 時すでに遅しですが。

続報追記
前総長を強制わいせつ罪で起訴 都築学園事件(asahi.com 2007年12月05日18時43分)

 大学などを全国展開する都築学園グループ(本部・福岡市)前総長による職員への強制わいせつ事件で、福岡地検は5日、前総長の都築泰寿容疑者(71)を強制わいせつ罪で起訴した。都築容疑者は容疑を否認している。

 否認事件は無罪になりにくいです。

別の職員にもわいせつ行為の疑い 都築学園前総長再逮捕(asahi.com 2007年12月06日12時59分)

 女性職員に対する強制わいせつ容疑で逮捕、起訴された都築学園グループ(本部・福岡市)の前総長都築泰寿容疑者(71)について、福岡県警は6日、別の女性職員にもわいせつな行為をしていたとして同容疑で再逮捕した。「でっちあげだ」などと容疑を否認しているという。県警は、グループ傘下の複数の大学で同様の被害があったことを把握しており、さらに余罪があるとみている。
| コメント(16) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

【OL生活】自分の部屋 4分の3「見せられない」(産経ニュース)

 「泥棒が入っても分からないほど散らかっている」というのはよくありますが、なかには本当に空き巣に入られ、「調べにきた警察官が座る場所がなかった…」というトホホな人もいます。

 これを読んで思い出した話ですが

 泥棒に入られたという通報を受けて警察官が被害者宅に駆けつけたところ、きれいさっぱり片付いていて、泥棒に入られたという痕跡も手がかりもほとんどなし。
 聞くと、その家の奥さん曰く、「刑事さんが来られると聞いて、失礼のないように掃除をしておきました。」

 たしか、これは実話だったと思うのですが、定かではありません。

| コメント(18) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2007/11/14-135230.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 デザイナーが嫌がる痛い客のありがちな行動・クレームの対処法

 いろいろと示唆に富むお話です。

 弁護人の仕事のあり方を考えたりして。。。

| コメント(8) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/tyoukai/2007/11/12-194452.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

船場吉兆の改ざん「会社も知っていた」 パートが証言(asahi.com 2007年11月12日11時15分 ウェブ魚拓

 いくつかの点で船場吉兆側とその他の関係者との間で話が食い違っているようです。
 今のところ、どちらが正しいと断定すべきではないのかも知れませんが、どれか一つでも船場吉兆側の虚偽説明が確認されたとしますと、その他の点についても船場吉兆側の説明が虚偽であると判断される、少なくとも多くの消費者・顧客はそう判断する可能性が高くなると考えられます。

 船場吉兆さらには、吉兆グループの中枢としては、そのあたりのリスク判断についてどう考えているのでしょう。
 根拠と自信をもって疑惑を否定しているのであればいいのですが。

 今朝のワイドショーで報じられた鶏肉納入業者の話を聞きますと、吉兆側の対応は下の下の対応になる可能性が高いのではないかと思われます。

 消費者の判断は裁判のように証拠に基づく厳密なものではないですから、もう判決を下している人も少なくないかも知れません。

 ワイドショー(番組名失念)でも指摘されてましたが、少なくともブランドイメージの維持・向上という観点では、すでに最低の会社と言っていいと思います。
 もはや吉兆ブランドは地に落ちたも同然です。

| コメント(35) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/tyoukai/2007/11/11-002449.php

 に移動しました。

| トラックバック(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

宝くじ1千万円、持ち主現れる 茨城 30代男性会社員(asahi.com 2007年11月10日20時31分)

男性は4日に210枚の宝くじを持参し、まず6万5000円分の当たりくじを換金。その後、1000万円の当選が分かる前に「当たりはこれだけだと思い、うれしくなって帰ってしまった」と話しているという。

 偽者では考えつきそうもない理由です(^^)

男性は10日に「私ではないか」と署を訪れ、当日の換金の状況など当事者しか知り得ない非公表の事実を語った。

 なんでもかんでも洗いざらい報道すればいいというものではないということが分かります。

同署が宝くじの「落とし物」を発表してから、持ち主を名乗る問い合わせの電話は計19件あった。

 「ひょっとしたら」という電話もあったと思いますが、「あわよくば」という電話もけっこうあったと思います。
 後者なら詐欺未遂ですね。

| コメント(17) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 以前にも紹介した記憶のある 「a Black Leaf」です。

 管理人(?)のJ君の突っ込みが絶妙です。
 アジアの超ウルトラスーパーB級映画の紹介なんかが個人的に好きですが、

 BLACK徒然草テキスト人気投票2006 あたりから入るのもよいかと、、、

 そのページの4位に

 実写版ガンダム

 というのがありますが、くれぐれも口にものを含んだままクリックしないでください。
 キーボードまたはディスプレイその他のいかなる損傷についても責任を負いません。

| コメント(9) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

関東学院大、対外試合の出場辞退せず 大麻事件で会見(asahi.com 2007年11月09日12時41分 ウェブ魚拓

 関東学院大のラグビー部員2人が大麻取締法違反(栽培)の疑いで神奈川県警に逮捕されたことを受けて、同大は9日午前、横浜市金沢区の金沢八景キャンパスで記者会見を開き、内藤幸穂理事長らが謝罪した。春口広監督については当面指揮から外れ、関東ラグビー協会の処分を待って進退の結論を出す方針だ。一方、今月下旬に予定されている関東大学リーグ戦の1試合や12月に始まる全国大学選手権など対外試合については辞退しない考えを示した。

 辞退しないんですね。
 大人としての個人責任の問題と考えるわけですね。
 私は賛成です。
 高校野球でも似たようなことがよく問題になりますが、事件に全く関係のない他の部員の練習や努力が報われる機会を連帯責任の名の下に奪うのは、理不尽と言うべきです。

 ニュースなどで関東学院大側が対外試合を辞退しないことなどを伝え聞いた同理事長は「(処分が)甘いのではないか。罪の意識が薄い」として処分の再検討を求める方針を示した。

 誰の、どのような罪を問題にしているのでしょう?

追記
関東学院大ラグビー部、一転して試合辞退へ 大麻事件で(asahi.com 2007年11月09日22時30分)

| コメント(22) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

奈良の巡査、ミクシィ書き込み「明日は暴走族一斉検挙」(2007年11月8日14時32分 読売新聞)

 はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ(ため息)

 巡査の書き込みは「全体に公開」に設定されていたため、閲覧した人からの情報で書き込みが発覚した。県警の調査に対し、巡査は「友だちにしか見られないと思っていた」と話しているという。

 到底信用できない言い訳ですが、仮に信用したとしても

 友だちなら見せてもいいと思ってたのか!

 とどやされて終わり。

 県警は「不適切な行動」として巡査を口頭で注意した。

 この程度で済ましちゃったのかな。

 警察学校で、「ミクシィに捜査情報を書き込まないように。」なんていう教育をしなきゃいかんのでしょうか。

 はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ(誰かのため息)が聞こえてきそう。

| コメント(17) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2007/11/08-092507.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 某掲示板などでは、軽視しているとか無視しているという意見があります。

 と問題提起していきなり話を変えますが、別エントリで企業の目的とコンプライアンス(法令遵守)についての議論がありました。
 現在、コンプライアンスの重要性が強く強調されています。
 企業の目的はといえば、やはり収益を上げること、つまり儲けることだと思います。
 しかし、現在では、コンプライアンスを軽視または無視する企業は顧客の支持を得られない、その結果企業として成り立たなくなっているのでしょう。
 要するに、企業が収益を上げるためにはコンプライアンスを徹底しなければならなくなっているということだと思います。
 つまり、企業が存続し、収益を上げるための手段としてコンプライアンスが重要になるのであり、コンプライアンス自体が目的になっているのではないと考えられます。
 専門外ですので言葉の使い方に自信がありませんが。

 刑事弁護と被害者・遺族への配慮というのも同じ関係にあります。
 ただし、企業のコンプライアンスのように不即不離な関係ではありません。

 犯人性を否認する事件では、被告人はそもそも加害者ではないと主張しているのですから、そのような被告人やその代弁者たる弁護人に被害者や遺族に対する慰謝の措置を求めること自体筋違いということになります。

 強姦事件で和姦を主張するような場合は、被告人と被害者の利害は決定的に対立します。
 被害者の供述を弾劾しなければ弁護として成り立たなくなってしまいます。
 そのような事件では、慰謝の措置はもちろん被害者の気持ちに配慮することすらできなくなります。

 しかし、特に被害者との示談の成立が実刑と執行猶予を分けるような事案では、被害者に対して最大限の慰謝の措置を講じて示談の成立を追求することが、弁護活動の全てといってよいものです。
 とにもかくにも被告人の行為によって被害が生じたという事実を争わない事案においては、被害者・遺族への慰謝の措置や被害感情に対する配慮は、最も重要な弁護活動のひとつです。
 その意味で、加害の事実を認める事件において被害者や遺族のことを考えない弁護人というのは弁護士失格と言っても過言ではありません。 

 その観点で光市事件は殺意は否認するとしても傷害致死は認めているのですから、被害者・遺族への配慮が必要な事案といえるのですが、弁護団の遺族対応を見てみますと、配慮に欠けるところが散見される点が否定できないと思えます。
 弁護団としては、死刑回避を至上命題とし、殺意の否認さえ成功すれば目的は達せられると考えていたのではないかと思えてしまうのです。
 主にマスコミ対応(記者会見)についてそういう印象があります。

 この問題は、今後、裁判員制度の実施を踏まえて弁護人としてもマスコミ対応の必要があると考えた場合は、全ての刑事弁護人にとって他人事ではありません。

 しばらく前に「光市弁護団のどこが気にいらないか。」というアンケート調査のようなエントリを立てたところ、多くの率直な意見が寄せられました。
 弁護士としては、もう一度、同エントリのコメント欄を読み返すことは無駄ではないと思います。

 同エントリのコメント欄におきましては、私の趣旨を的確に汲んでいただき、議論に流れることなく忌憚のない意見を寄せていただいた皆様に感謝申し上げます。

| コメント(66) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

裁判員制度 弁護士、異例の反対集会 仙台で30日(ヤフーニュース 11月7日6時12分配信 河北新報)

関連ブログエントリとして
裁判員制度2題(弁護士 Barl-KarthによるAll Saints’ Day 日記)

| コメント(78) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 新幹線車中で生徒にスクワット300回 入院も(ヤフーニュース 11月7日14時4分配信 産経新聞)

 このニュースの関連記事を追いかけてみましたら、ちょっと旧聞ですけど、こんなトンデモ教師がいました。

 テスト問題に「私を女王様とお呼び」 トンデモ教諭処分

 ほかにも似たような失格教師のニュースがぞろぞろと出てきます。

 タイトルの教師は減給処分にとどまっているようですが、かなり危ない感じがします。

 今、教師のなり手は少ないのでしょうか?
 そうでもないのであれば(そうであってもだと思いますが)、転職をお願いしたほうがいいセンセーはどんどん転職していただく必要があるのではないかと思われます。

 

| コメント(14) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/tyoukai/2007/11/07-181242.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/97964

 いつのまにかえらく盛り上がってます。

 悪乗りしすぎではという意見もあるかも知れませんが

 かわいいから全て許す(^^)

 ねこ鍋(YouTube)

| コメント(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

防衛省開発中

 やっぱり本物の本物は格好よくない(^^)

| コメント(119) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「正解はCMのあと」は逆効果 視聴者86%「不愉快」(asahi.com 2007年11月06日13時48分 ウェブ魚拓

 私自身も常々思っていたことですが

日本アドバタイザーズ協会(旧・日本広告主協会)の小林昭(ひかる)専務理事は「初耳の研究結果だ。テレビ局が決めているCMを入れるタイミングについて議論したことはなかったが、今後の対応を検討していきたい」という。

 この人たちは視聴者の目線でテレビを見ることはないのでしょうか?

「視聴者の受け止め方に関心を払わなければいけないが、CMのあとも見ていただく努力については度を超さない限りは許していただきたい」(テレビ東京)

 許すとか許さないという問題じゃないと思うんですが、、、
 このテレビ東京の担当者は問題の本質がわかってないのかな?

「CM明けについての説明は親切に告知する意味合いもあると思うが、視聴者の声に対しては謙虚に耳を傾け、その感性に敏感でなければならないと考えている」(テレビ朝日)

 言い訳がましいところがありますが、まだまっとうな感覚ですね。
 どう対応するのかは知りませんが。

| コメント(25) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

おごり? 未熟さ? 小沢氏辞意表明 識者はこう思う(asahi.com 2007年11月05日07時41分)

〈政治評論家の森田実氏〉 参院選の成功がおごりに転じた。

 大政治評論家の森田実氏に私ごときが反論しても仕方がありませんが(^^;
 私の見方は全く逆。

 小沢氏としては

 参院選の勝利は敵のタイムリーエラー連発に乗じた僥倖的勝利。
 また、民主党の政権担当能力についても冷静かつシビアに見ればはなはだ不安。
 参院で自民党に反対しているだけではそのうち無責任ないじめっ子に見られる可能性もある。
 そのような頃合を見計らって自民党が衆院を解散すれば大敗の可能性が高い。

 という認識なのではないかと想像しております。
 「おごり」というのは当たらないのではないかと思います。

 小沢氏から見れば、大連立に反対した党幹部およびほとんどの議員らについては

   このわからずやどもめ。

 または

  坊やたちの面倒はもう見きれん。

 というところではないかと。。。

| コメント(32) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 政治ネタはきな臭くなりますのであまり触れないのですが、今回はちょっと大きいニュースなので取り上げます。

 小沢氏の連立構想、狙いは政策実現と衆院選戦略

 このニュースあたりがポイントをついているのではないかと思っています。

 小沢氏と他の民主党幹部の間では、次の衆院選についての見通しが決定的に違っていたのではないでしょうか。
 言うまでもなく、小沢氏は相当危機感を持っていたと想像していますが、他の幹部は参院選の勢いで勝てると思ってるのではないかな〜、という感じです。

 衆院選について楽観論に立たなければ、小沢氏の判断は、ひとつの現実的選択肢であったように思います。

追記
 小沢氏「混乱にけじめ」 「報道に憤り」とも 会見全文(asahi.com 2007年11月04日18時48分)

| コメント(11) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

2日前に押し入ったコンビニで買い物し逮捕 北九州市(asahi.com 2007年11月04日00時56分)

店員は「なんでまた来たんやろ」と首をかしげているという。

 犯罪者は必ずしも合理的な行動をしない、ということを確認できる事件はそれほど珍しくありません。

 が、この犯人はかなり変わっていますね。

| コメント(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

調書流出、鑑定医を起訴 著者は不起訴 奈良地検(asahi.com 2007年11月02日22時56分)

 調書を見せるように働きかけたことが教唆犯にあたるかも検討したが、多額の金銭の授受や脅迫など、社会通念を逸脱した行為はなく、過去の最高裁の判例を踏まえ、違法性は問えないと結論づけた。「コピーは取らない」と持ちかけながら調書をデジタルカメラで撮影した行為などは「取材の駆け引きを超える範囲ではない」とした。

 共謀や教唆とは言いにくい状況ではありますが、「コピーは取らない」と持ちかけながら調書をデジタルカメラで撮影した行為は情報の詐取と言ってもいいのではないでしょうか。
 取材対象が秘密漏示罪に問われる可能性がある状況(現に問われた)に照らして、少なくとも取材のモラルは厳しく問われなければならないように思われます。(こんな意見も

「違法では」講談社内にも不安の声 調書流出問題(asahi.com 2007年11月03日14時03分)

 講談社内でも、出版への不安はあった。発売間近の5月、関係者が顧問弁護士に見解を聞くと、刑法の秘密漏示罪に触れる可能性があると指摘された。しかし、刷り上がった初版本は書店への出荷を待っており、ブレーキはかけられなかった。関係者の一人は、名誉棄損などの民事訴訟を起こされることは考えていたが、「まさか刑事事件に発展するとは予想もしていなかった」。

 自分でブレーキを踏まなかったから、他人(検察)にブレーキを踏まれることになったのではないのか。

〈草薙厚子氏のコメント〉 鑑定医の方はもとより、ご迷惑をおかけした方々には申し訳ない気持ちでいっぱいですが、公権力の介入は許せません。

 ジャーナリストを名乗り、出版の形をとれば何しても許されると思っているのか、と言いたい。
 講談社ともども責任転嫁をしている限り、自分で自分の首を絞めることになる。

調書漏えい 言論界へ「見せしめ」的効果危惧する声も(ヤフーニュース 11月3日9時46分配信 毎日新聞)

一方、長男の祖父(66)は「崎浜被告は当然処罰されるべきだが、草薙さんの不起訴は納得いかない。孫の更生を妨げて、どう責任を取ってくれるのか。親子関係を修復することで更生できるのに、父と子の信頼を傷つけるようなことをした」と憤りを隠せない様子だった。

 草薙氏らは、この祖父の言葉をどう聞くのだろうか。

| コメント(28) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2007/11/02-182552.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

奈良少年調書の流出事件、鑑定医を起訴…著者は不起訴(2007年11月2日17時28分 読売新聞)

 地検は草薙さんについても「身分なき共犯」などにあたる疑いがあるとして捜査を進めたが、崎浜容疑者が本の内容を事前に知らされていないなど、出版に主体的に関与したことが認められず、共犯関係の立証は困難と判断したとみられる。

 要するに、著者は秘密を漏らされた側にとどまり、一緒になってさらに漏らした、とは認められないということのようです。

| コメント(42) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 いくつかのエントリで人質司法に関連する議論が行われているようですが、このエントリに集約したほうがわかりやすいと思います。

 まず弁護士の皆さんからの問題提起をいただいたほうがいいと思いますので、他のエントリのコメント欄からの再掲でもいいですから、ここで議論しましょう。

| コメント(46) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

刑事被告無罪なら国選弁護人の報酬2倍に(2007年11月1日19時49分 読売新聞)

 報酬引き上げは、「国選弁護人の事務に関する契約約款」の変更によるもので、無罪の場合は通常報酬の2倍(上限50万円)、一部無罪の場合は1・5倍(同30万円)、殺人罪で起訴された事件を判決で傷害致死罪と認定させるなど、罪を軽減させた場合は1・3倍(同20万円)が支払われる。

 改善されたことは歓迎すべきなんでしょうが、全部無罪はもちろん一部無罪事件を含めてもその割合はとても低いのですから、基本報酬をもっともっと改善しなければ、意味のある改善とは言えないと思います。

 しかも上記は「上限」ですからね。

| コメント(13) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「GPS嫌なら防衛省去れ」 石破防衛相怒る(産経ニュース)

 石破茂防衛相の強い意向を受けて防衛省が幹部の夜間、休日の行動を把握に、衛星利用測位システム(GPS)対応の携帯電話の導入を検討し、省内から反発が出ていることについて、石破防衛相は1日、「行動を把握されるのが嫌なら防衛省にいなくていい」と厳しい姿勢を示した。
 石破防衛相は「(反発する人の)気持ちがわからない。(反発は)陰でこそこそいわず、私に直接言えばいい。居場所を明らかにするのは当たり前。危機管理官庁であるとの自覚が足りない」と、休日の行動を把握されることに反発する省内の声に怒りを示した。

 危機管理庁といえば、たしか警察官も勤務先の警察署に一定時間内の範囲の場所に住むことが義務づけられていたと記憶しています。
 詳細は、感熱紙さん、フォローをお願いします。

 防衛省内では、同日の国会で石破防衛相が厳しい姿勢を見せたことで、「大臣の意向には逆らえない」とGPS携帯電話導入への反発は急速にしぼみつつある。

 やっぱり大臣っていうのはえらいんだ。

| コメント(20) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

警察庁、「取り調べ適正化」部門新設へ…相次ぐ無罪受け(2007年11月1日13時26分 読売新聞)

今回、同委員会が求めた内容は、<1>取り調べに対する監督の強化<2>取り調べ時間の管理の厳格化<3>適正な取り調べを担保するための措置<4>捜査に携わる者の意識向上――の4項目。

 具体的な中身が気になるところですが

同庁では今後、捜査外の立場から取り調べ状況を監視・監督する部門を新設し、必要に応じて容疑者から取り調べ状況を聞き取ることなども検討する。

 ちょっと面白いアイデアですけど、「必要に応じ」というのはどんな場合を想定しているのでしょう。
 「聞き取り」に弁護士を立ち会わせるということであれば少しは評価してもいいかなと思っているのですが。

同庁は「決定を重く受けとめているが、可視化をしなくても適正な取り調べが行われることを指針で示したい」としている。

 指針で示すだけではダメだと思いますよ。 >警察庁さん

| コメント(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)