エントリ

祖母の義理の弟を逮捕 香川・坂出3人不明事件(asahi.com 2007年11月27日21時39分)

 これまで事件捜査については静観していましたが
 祖母の義弟が逮捕されました。

 まだ、全容が解明されたとは言えませんが
 予想されたとはいえ

 最悪のそして痛ましい結果になったようです。

 なんで幼い姉妹まで、、、

 祖母宅によく泊まりに来ていたことは知っていたはずではないのか。

 姉妹に対して、簡単に偶発的な犯行とは考えたくないです。

 ともかく、早く見つけてあげてほしいです。

別報追記
親族の「殺害」供述に衝撃、急展開の末の最悪の結末(2007年11月28日0時12分 読売新聞)

続報(合掌)
香川の3人不明、坂出港付近で遺体発見(2007年11月28日17時44分 読売新聞)

| コメント(15) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(15)

逮捕≠有罪
ということは存じてますが、被疑者がジャンパーを頭からかぶっている映像から受ける心証は良くないですね。

動機や手段など全容解明には程遠い段階ですが、死体が出るまでは遺棄容疑にしているところなど、慎重に捜査は進められているように思えます。

「殺して捨てた」様態の事件の場合、捜査当局はまず最初に死体遺棄罪について固めるのが常道です。
殺人容疑についてはその次で、おそらく勾留延長も考慮して、いわゆる「再逮捕」後の調べになるでしょう。

それにしても被疑者は、小さい子供がいたのに気づいたところで何故犯行を思い留まれなかったのか。
それほど犯行の決意が強かったのか、共犯者がいたので一人犯行を取りやめることができなかったのか・・・

最悪の結果ですね。
「致死量に相当する血痕」の報道があった時点で予想はできましたが・・・
巷では「犯人は父親に間違いない」と実しやかに囁かれ、その旨ブログに書き込んだアイドルが事務所をクビになるという騒ぎまでありました。

父親は本当に気の毒でしたね。

それにしても単独犯なんでしょうか。
「はよせんか」は誰に向かって発した言葉なんでしょう。

>巷では「犯人は父親に間違いない」と実しやかに囁かれ

そうだったんですか、何となくアイドルなんかの騒がれ方が、おかしいなとは思っていましたが。
私なんかは深夜のTVニュースで見る限りでは、父親はマスコミさんにも犯人探しを手伝って貰いたくて、始めは積極的に頭を下げ頼んでいたように見えたので、その後はマスコミを避けるような姿勢だったので、どうしたんだろうとは思っていました。

まだ色んな憶測を思う段階ではないでしょうが、このように小学生以下の幼子を死に至らしめる犯罪は本当に憤ってしまいます。殺人というのは総てが許されない事ですが、特に抵抗力の低い人(弱い立場の)に対する行為に対しては通常の刑罰よりも重くしていただきたいと常々思っています。
(犯行の動機や内容は大きく異なると思いますが、光市事件・青森の事件・滋賀での事件・以前広島での連れ子虐待死事件・・・・・悲しいかな挙げれば切がないですが)

「子供は国の宝」と以前の首相(誰だったか忘れました)も仰っていたと思います。同感です。

 殺人事件は大半が顔見知りの犯行だと言う話がありますけど、その通りになりましたね。
 被害者との間で金銭トラブルがあったと言う報道がありますが、それが事実だとすると、やはり大金は人に貸すもんじゃないなと。
 容疑者にも若干同情すべき要素がありますが、到底許されるもんじゃないですね。
 それはそうと、視聴者がマスコミ報道から受ける影響は多大です。
 テレビを観ていた多くの人が父親が怪しいと思っていたんじゃないでしょうか。
 裁判員制度には改めて改良の余地があるなあと感じました。

このブログの議論をロムっているので、「これから」送検起訴公判が始まり全ての手続きが行われるのですが、それを重々承知の上で、瞬間的に、姉妹に手をかけなければ最高刑にまではいかなかっだろうにと思ってしまいました。

本件素直に被疑者が犯人とは思えないのは職業病かなぁ。

いくらなんでも死体遺棄現場を間違えるなんてそうそうないでしょ。

秘密の暴露と供述の変遷が公判で争点になりそうな気がします。

>No.7 ぷり(駆け出し弁護士) さん

>いくらなんでも死体遺棄現場を間違えるなんてそうそうないでしょ。

 間違えたわけではないでしょう。

 真犯人が、捜査段階で供述を二転三転させるというのは珍しくありませんから。

 最終的に被疑者の供述に基づいて死体が発見された以上、秘密の暴露であることには間違いないと思います。
 厳密に言うと、死体遺棄の限度で、と見るべきかも知れませんが、殺人の観点でも無関係とは言えませんね。


 本件では、やはり本当のことは言いたくなかったと見るのが自然だと思います。

モトケン様

なるほど。

いくらなんでも死体遺棄現場を間違えるなんてそうそうないでしょ。

あれは「間違えた」んでしょうか。
私は、被疑者は何らかの理由から、敢えて事実と異なることを供述したのだと思っています。
ゆえに何の為にそのような虚偽を述べ立てたのか?ということに興味があります。

単純な質問なのですが、すでにこの被疑者には弁護士さんが
ついているのでしょうか?
それとも、起訴されてからになるのでしょうか?

取調べ段階での「自白」などが問題になる今日この頃である
ゆえに教えていただけませんか?

>昼寝さん
弁護人に関して。
現段階でどうなっているか知りませんが,遅かれ早かれ就任するのではなかろうかと思います。
極刑の予想されるこの種の大事件だと,一般には弁護士会(特に刑事弁護委員会)が動くはずです。

なお,法定刑の重い殺人で逮捕された場合には,被疑者国選弁護人制度もあります(最近できた制度です)。

>単独犯説について
報道されているような怨恨の事案であれば,複数犯というのはなかなか考えにくいんですけどねえ。「はよせんか」についても,共犯者ではなく被害者に言った可能性も否定できないですし。
被疑者に,自由に使える人物がいるというのであれば別ですけど。

>昼寝さん
弁護人に関して。
現段階でどうなっているか知りませんが,遅かれ早かれ就任するのではなかろうかと思います。
極刑の予想されるこの種の大事件だと,一般には弁護士会(特に刑事弁護委員会)が動くはずです。

なお,法定刑の重い殺人で逮捕された場合には,被疑者国選弁護人制度もあります(最近できた制度です)。

>単独犯説について
報道されているような怨恨の事案であれば,複数犯というのはなかなか考えにくいんですけどねえ。「はよせんか」についても,共犯者ではなく被害者に言った可能性も否定できないですし。
被疑者に,自由に使える人物がいるというのであれば別ですけど。

ジャームッシュ様

でも,被害者は即死なんですよねぇ。
まぁ,「はよせんか」の言葉自体に信憑性があるか問題ですが。

私は「はよせんか」は、あまり重要視しないほうがいいと思ってます。なんぼ近所だといっても、それがハッキリ聞こえたとしたら余程の大声だったと考えるべきであり、犯行を隠蔽しようとしている犯罪者が、そんな行動をとるとは考えづらいですし、証言者が夢うつつだった可能性も排除できませんので。

しかし「はよせんか」は脇においておくとしても、3人の遺体を短時間で手際よく搬出し、車への積み降ろしを行い、地面に穴を掘って埋めるには、他にも人手があったと考えたほうがスムーズだったろうとは思います。

かと言って単独で一連の犯行を完遂することは「不可能」または「困難」ではないでしょうから、複数犯説に固執するものではありません。

いずれにせよ、捜査当局が解明するでしょう。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント