2007年12月アーカイブ

「放送禁止歌」をオンエア なぜ今年「解禁」に?(asahi.com 2007年12月27日21時20分 ウェブ魚拓

 とりあえず、ニュースの紹介

| コメント(18) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

向精神薬を違法販売、容疑のエステ捜索 麻薬取締部(asahi.com 2007年12月27日16時53分 ウェブ魚拓

 食欲抑制効果がある向精神薬「マジンドール」を使ったダイエット法を提唱し、全国で診療所やエステ店を展開する「メディカルサロン」グループ(代表・風本真吾医師、東京都)が、薬を取り扱えない外部提携先のエステ店にマジンドールを販売した疑いがあるとして、麻薬及び向精神薬取締法違反(営利目的譲渡)容疑で近畿厚生局麻薬取締部の家宅捜索を受けていたことがわかった。麻薬取締部は、エステ店を通じた不正な販売が全国的に広がっていた恐れがあるとみて実態を調べている。

 不正な営利目的譲渡にあたるかどうかは一応横に置いておきまして(そのうちはっきりするでしょう)、

 「食欲抑制効果がある向精神薬「マジンドール」を使ったダイエット法」なるものを医師である風本真吾氏が提唱していることを他の医師の皆さんはどうお考えなのか、ということについて関心があります。
 私の常識的感覚は、「それはまずいんではないだろうか。」と言っていますが、専門的見地からのご意見をお聞かせいただければ幸いです。

続報
「メディカルサロン」代表の医師ら逮捕 無資格医業容疑(asahi.com 2008年01月08日16時54分)

 逮捕されてしまいました。

| コメント(9) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

取り調べ時の警官備忘録「裁判証拠」 最高裁も開示命令(asahi.com 2007年12月27日06時50分)

 検察側は、開示の対象になるのは検察官が実際に保管している「手持ち証拠」に限られ、メモや備忘録は対象にならないと主張してきた。地裁は検察側の主張に沿って請求を棄却。しかし、即時抗告審で東京高裁が開示命令を出したため、検察側が特別抗告していた。

 手近の模範六法を見ると、平成18年8月25日の広島高裁の決定では、「検察官の保管する証拠に限られる」と言ってます。
 捜査関係の書類のほとんどは、警察官が作成してそれを検察官に送致するという手続をとりますが、広島高裁みたいなことを言えば、警察・検察にとって不都合な書類は警察から検察への送致手続を取らなければいいのですから、ざる法みたいなもんだと思っていました。

 ところが最高裁は

 決定で第三小法廷は、05年11月に始まった公判前整理手続き(期日間整理手続きを含む)での証拠開示制度が、争点整理と証拠調べを有効で効率的に行うために導入されたことを重視。開示の対象となるのは検察官がいま保管している証拠だけでなく、「捜査の過程で作成・入手した書面で公務員が職務上保管し、検察官が容易に入手できるものを含む」とする初めての判断を示した。

と言ったわけで、ざる法的解釈は許さないという、妥当な解釈が示されたと思います。

 まあ、こんなメモ書きみたいなものを問題にするより、取調べの全面録画をしたらいいじゃないか、という意見が出てくるのは当然で、私もそのほうがいいと思いますが、仮に取り調べを全面的に録画したとしても、供述の任意性についても信用性についても、録画を見れば一目瞭然とはいかないだろうな、と思っています。

関連報道
共犯者自白のDVD、主犯公判で「有用」…東京地裁裁判長(2007年12月27日0時6分 読売新聞)

 これは部分録画ですが、どんな状況が録画されているのか見てみたいです。

 大阪地検ではどじなことやってますが(検察の取り調べ録画によって自白の任意性を否定)、東京地裁ではうまくいったようです。
 東京地裁のほうが大阪地裁より検察寄りだといううわさが無きにしも非ずですが、そういう一般的憶測より、録画されている供述状況が問題だと思いますので、検察上層部としても、両者のDVDを比較検討していることと思います。

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 いや、別に年末だからということはないのですが、それに読者の皆さんにとっては特に重大でもないのですが、
 禁煙を決意いたしました(^^;
 あれ、以前に禁煙してたんじゃないの、という声も聞こえてきますが(^^;;;
 たしかに、今年の夏ころに4ヶ月程度禁煙してましたが、あえなく挫折してしまいました。

 しかし、寄る年波を考えますと、少しでも長生きしたいものだと思うところがありまして、今一度禁煙に挑戦であります。

 そこで、禁煙の支えのためのブログを立ち上げました。
 名づけて「死ぬまで続ける禁煙日記」(^^)

 「死ぬまで続ける」が「禁煙」にかかるのか「日記」にかかるのかが問題ではありますが(^^;
 タバコを我慢してもつい吸ってしまったとしても、ともかく正直に書き続けたいと考えております。
 今後死ぬまでに吸うタバコが一本でも減れば・・・、一本ではあまり意味がなさそうですので100本でも経れば・・・、できれば千本でも経れば(^^)、意味があるだろうと思って、とりあえず、禁煙ブログスタートです。

| コメント(21) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

彦根市の「バカ市長」記事訴訟、新潮社が逆転敗訴(2007年12月26日22時45分 読売新聞)

 市職員の飲酒運転に関する発言を巡り、「週刊新潮」に「バカ市長」と題した記事を掲載され、名誉を傷つけられたとして、滋賀県彦根市の獅山向洋(ししやま・こうよう)市長が、発行元の新潮社(東京)を相手に約2200万円の損害賠償と謝罪広告を求めた訴訟の控訴審判決が26日、大阪高裁であった。

 横田勝年裁判長は「市長の全人格を否定し、バカ扱いした記事で、名誉棄損にあたる」と述べ、請求を棄却した1審・大津地裁判決を変更し、22万円の賠償を命じた。謝罪広告の請求は退けた。

 賠償額的にはほとんど意味のない判決ですが、週刊新潮編集部のコメントがふるってます。

 週刊新潮編集部の話「常識では考えられない判決なので、即刻上告する」

 なるほど、週刊新潮の常識では公の場で他人をバカ呼ばわりすることは常識の範囲内のようです。

 たしかに一部の部分社会においては、他人を「バカ」と呼んでも問題にされないと思いますが、週刊新潮としては自らが、週刊新潮はそういう世界にいるのだ、ということを宣言したものと考えられます。

 今までそういう目で見ていなかった人は、見方を変えるべきだと思います。

 つまり、週刊誌というのはそういうものであると。
 週刊新潮以外の週刊誌の編集長は異論があるかも知れませんが(^^;

追記
 アップしてから読み直してもみると、他人のことは言えんな、という感じがします(^^;
 このブログでもけっこう過激な表現をつかってますから。
 もし、私が訴えられた受けて立ってみようと思います。
 私のブログでの「バカ」(またはそれと同程度の侮辱的な)発言がどの程度の損害賠償に値するのかとても興味があります。
 一般的には、社会的影響力のより大きい媒体における名誉毀損行為の方がより多額の損害賠償に値すると思っております。

| コメント(11) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

難病長男の承諾殺人、母親に猶予判決…福岡地裁支部(2007年12月25日20時34分 読売新聞)

重富朗(あきら)裁判官は「結果は重大だが、『死にたい』と繰り返す息子を楽にさせてやりたいという動機は同情に値する」として、懲役2年6月、執行猶予3年(求刑・懲役4年)を言い渡した。

 温情判決だと思います。
 懲役4年の求刑ですが、執行猶予とつけるためであれば懲役3年まで下げれば足りたはずなのに、あえて懲役2年6月まで下げています。
 検察官としても執行猶予は織り込み済みだったと思いますので控訴はしないでしょう。

 若干余談ですが、最近学生と、自殺幇助、自殺教唆、承諾殺人について議論したことがあります。
 実益はほとんどないのですが、三者の区別がよくわからなくなりました。

知的障害の息子に万引きさせた父に懲役1年 大阪地裁(asahi.com 2007年12月25日19時36分)

 これは、懲役1年6カ月の求刑に対して懲役1年の実刑判決です。
 この父親の前科の内容がよくわからないのですが、仮に前科がなかったとしても実刑相当事案だと思います。

| コメント(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

下着投棄の容疑者、強殺容疑で再逮捕 梅田の殺害事件で(asahi.com 2007年12月25日20時23分)

 別件逮捕だったのかな、という気もしますが違法だとは思いません。
 いつの時点でDNAの照合結果が判明したのかわかりませんが、捜査員としては瓢箪から駒みたいな感じだったかも知れません。
 
 ところで、

調べに対し、押谷容疑者は「はっきり覚えていない」と容疑を否認しているという。

とのことですが、このとおりに「はっきり覚えていない」と言っているのであれば、半分認めているようなものですね。

 しかし、この男は「DNA鑑定」という言葉とその意味を知らなかったのでしょうか?

 ついでに指摘しますと

98年から01年までの4年間に、出向先の子会社で約2億円を着服したとして、02年1月に懲戒解雇された。押谷容疑者が百貨店側に弁済したため事件にはならなかったという。

というのもすごい話だと思います。
 事件にならなかったというのは少なくとも約2億円の被害のほとんどを弁償したものと思われますが、それだけの金を弁償できた又はできる人が身近にいたにもかかわらず約2億円を横領したということになります。

 いろんな面で不可解な男です。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画(2007年12月25日9時5分 読売新聞)

原作は英国人作家ウィーダが1870年代に書いたが、欧州では、物語は「負け犬の死」(ボルカールトさん)としか映らず、評価されることはなかった。

 えらい言われようですが、たしかにそうかなと

 米国では過去に5回映画化されているが、いずれもハッピーエンドに書き換えられた。悲しい結末の原作が、なぜ日本でのみ共感を集めたのかは、長く謎とされてきた。ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、世界6か国での計100人を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。

 プロデューサーのアン・バンディーンデレンさん(36)は「日本人は、信義や友情のために敗北や挫折を受け入れることに、ある種の崇高さを見いだす。ネロの死に方は、まさに日本人の価値観を体現するもの」と結論づけた。

 なるほど、と思うところもありますが、みなさんは納得されるでしょうか。

 アメリカでどのようにハッピーエンドに書き換えたのかは知りませんが、私としてもわざわざ金を払って映画を見て悲しい思いはしたくないと思ってますので(^^;

 基本的にハッピーエンドの映画しか見ません(^^)

| コメント(36) | トラックバック(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

自民党大阪府連が橋下徹氏を推薦(asahi.com 2007年12月23日21時37分)

「民主が独自候補を立てた以上、橋下氏で戦う以外選択肢はない」との主戦論が大勢を占めたという。

 ・・・・・

「今までメディアで言いたいことを言ってきたが、これからは発言したことは責任を持って実現していく」

 今まで言ってきたことを訂正しないならば、今まで言ってきたことをこれからも実現していくつもりだと考えます。

 選挙が近づいてきましたので、よっぽどのことがない限り、このエントリを一区切りとしてしばらく橋下問題から離れようと思います。

| コメント(10) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

解剖医、3年で15%減…育成・確保で政府が検討会議(2007年12月23日11時11分 読売新聞)

 この結果、3年間で9教室が11人の削減を行い、11教室が今後欠員が出ても補充しないなど11人の削減を予定している。4教室では医師が不在となっている。学会は「法医学教室は臨床部門とは違って利益を望めず、国公立大学の法人化などで大学も採算性を求められるようになり、リストラの対象とされている」とみる。

 愛媛県では06年秋から解剖医が不在となり、専門でない病理学者や開業医に司法解剖を頼っている。解剖医が1人という県も増え、今年から1人になった県の医師は「家族で遠出もできず、四六時中気の休まることがない」と話す。医学部には法医学を志す学生もいるが、教授らは「ポストが減っており、とても勧められない」と嘆く。

 一方、全国の警察が06年中に扱った死因不明遺体は約15万体で、10年で1・5倍に急増している。解剖率は、9%で先進国の中で最低だった。

 学会庶務委員長の久保真一徳島大教授は「現場の負担は限界に近い。人材の確保と育成は喫緊の課題であり、国が本気で取り組まなければ、解剖制度は立ち行かなくなる」と話す。

 これは刑事司法の危機です。
 
 取り調べの可視化が叫ばれ、自白に頼らない捜査や裁判が求められていますが、そのためには客観証拠がきちんと収集されることが不可欠です。
 客観証拠というのは、物言わない物に語らせるということです。

 よく「死人に口なし」と言われますが、殺人や傷害致死などの事件の多くの場合において、死体は相当雄弁に被害時の状況を語ります。
 しかも、正直に。
 但し、死体の声を的確に聞くことができる人、つまり経験豊富で優秀な法医学者がいてこその話です。

 政府が設置する検討会議は、警察、法務、厚生労働、文部科学の4省庁で構成。解剖医の育成や確保などについて話し合う。

 ごちゃごちゃ言ってないで、金を出せばいいんです。
 お宮入りに殺人事件がいくら増えてもかまわない、と思わないのであれば。

| コメント(5) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

復活ヤッターマン 声優会見「見ないとスカポンタンよ」(asahi.com 2007年12月23日)

 毎週見てたわけではありませんが
 というか、たまにしか見てなかったと思いますが
 また、やるんですね(^^;

 ドロンジョ役は小原さん、ボヤッキー役は八奈見乗児さん、トンズラー役はたてかべ和也さん。「ヤッターマン」を含む「タイムボカン」シリーズ過去8作でも悪玉トリオを演じ、主役を食う人気を誇ってきた。

 というか、この三人がメインキャストだったのは間違いない。
 しかし、皆さん、すでに70代だそうで、
 あのばかばかしいアニメをまたもよーやるというか(決して悪い意味ではなく^^)

 製作する読売テレビの永井幸治プロデューサーは「ゴールデンタイムのアニメ枠は最近、視聴率的には厳しい数字が続いているが、知名度の高いこの作品で親子で一緒に楽しめる時間にしたい」と意気込みを語った。

 まあ、ゴールデンタイムの楽しみ方もいろいろということで(^^)

 ヤッターマン(ウィキペディア)
 雰囲気を伝えているよい解説だと思います(^^)

 借りてみますか?

| コメント(9) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)
| コメント(16) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/tyoukai/2007/12/18-002220.php

 に移動しました。

| トラックバック(5) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

板橋の両親殺害少年、東京高裁が懲役12年に減刑(2007年12月17日23時16分 読売新聞)

 一方で、判決は、少年が口答えすると父親がゲーム機を壊したり、「おまえはバカだ」と罵倒(ばとう)したりしていたことなどを踏まえ、「父親の長年にわたる不適切な養育が、少年の誇りを傷つける虐待にあたるという見方もできる」と指摘。1審判決が「両親から虐待や不適切な養育を受けていたとは認められない」として、少年の犯行を「身勝手」と断じた点について、「適切な見方とはいえない」と否定した上で、「1審判決後、少年は反省の姿勢を強め、成長の兆しも見られる」として、刑を軽減した。

 刑期の観点だけから言えば、今18歳の少年にとって懲役14年が12年になったことにどれだけの意味があるのかよくわかりませんが、少年の生い立ちに理解を示した高裁の裁判長の言葉が、少年の今後の更生に大きな意味を持つことを祈ります。

| コメント(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

今年の漢字は「偽」、清水寺で森貫主が揮毫

 日本漢字能力検定協会(京都市)が公募した。9万816票のうち、「偽」が1万6550票でトップに。「食」「嘘」「疑」が続いた。

 「今年の漢字」というのは、日本漢字能力検定協会が決定している今年を象徴する漢字一文字のことですが、今年は「偽」でした。(ちなみに去年は「命」)

 「食」を含めて2〜4位も結局同じ意味みたいですから、実質的にダントツ一位ということでしょう。

 今日もこんなニュースがありました。

 玩具商社、安全マーク不正使用 ミニカーなど基準超の鉛(asahi.com 2007年12月17日22時05分)

 3年前からやっていたとのことです。

 つまり、他の話題もそうですが、今まで消費者などを騙していたのが今年になって発覚したのであり、その意味では膿を出す良い機会にすることができると思われます。
 まだまだ出し切れてはいないのでしょうが、来年はいろんな面で信頼回復の年であってほしいと思います。

| コメント(11) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

佐世保乱射事件、馬込容疑者の車から実弾2500発(2007年12月16日13時4分 読売新聞)

 佐世保乱射事件のニュースの一つです。
 この事件から、銃器所持の規制強化を思った人は多いと思います。
 私もその一人です。
 しかし、直ちに猟銃やクレー射撃用の銃の所持の全面禁止は難しいかも知れません。
 しかし、実弾の所持の規制は可能だと思われます。

 関係法規を精査したわけではありませんので的外れなことを書くかもしれませんが、現状では許可があれば銃とともに実弾を自宅で所持することは禁止されていません。
 しかし、銃の発砲が許容される場所と機会は極めて限られているはずです。
 銃刀法では、

(発射の禁止) 第三条の十三  何人も、道路、公園、駅、劇場、百貨店その他の不特定若しくは多数の者の用に供される場所若しくは電車、乗合自動車その他の不特定若しくは多数の者の用に供される乗物に向かつて、又はこれらの場所(銃砲で射撃を行う施設(以下「射撃場」という。)であつて内閣府令で定めるものを除く。)若しくはこれらの乗物においてけん銃等を発射してはならない。ただし、法令に基づき職務のためけん銃等を所持する者がその職務を遂行するに当たつて当該けん銃等を発射する場合は、この限りでない。

と規定されていますが、法律上の禁止場所以外でも、少なくとも一般人の発砲が許されるべき場所というのは、射撃場または射撃練習場か猟くらいしか思い浮かびません。猟ができる場所もかなり限定される(またはできる)はずです。

 そうであれば実弾は、射撃場、射撃練習場または猟場に管理事務所をおいて、そこで管理することにし、実弾を自宅で所持することを禁止することは十分可能であると思われます。
 技術的な問題として、銃に発射回数カウンタを付けて、管理事務所で渡す実弾数と発射回数を照合して実弾を持ち帰らさないようにすることも簡単ではないでしょうか。

 そうして、一定の厳しい例外以外は、銃の所持は許可しても、実弾の所持を罰則で禁止するというのは、十分合理性がありますし、必要なことではないかと思います。
 それによって、現在の銃所持者(許可された者)が不利益を被ることはほとんど考えられないと思います。


 以下は、余談的に実弾規制ではなくて銃規制の問題ですが

 20年くらい前に、日本の強姦事件のニュースを聞いたアメリカの女性が

 日本でも拳銃の所持を許可していれば、被害女性は拳銃で防衛することができて強姦被害に遭わなかったはずだ。

と言ったという話を聞いたことがあります。

 いかにもアメリカ人が言いそうな話だな、と思った記憶があります。
 
 しかし、若い女性が誰でも拳銃を持てる社会というのは、若い男性が誰でも拳銃を持てる社会でもあります。

 上記のアメリカ人女性は、今でも同じことを言うのでしょうか? 

| コメント(28) | トラックバック(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

職場のいじめ相談、8割が経験 産業カウンセラー調査(asahi.com 2007年12月16日15時21分)

 調査は11月、過去1年間に企業で相談・カウンセリング業務に従事した人を対象に、同協会のホームページを通じて実施。440人の回答を集計した。

 いじめと考えられる事例を見たり相談を受けたりした人は354人で、約8割。その内容(複数回答)は、パワハラが78%で圧倒的に多く、次いで「人間関係の対立・悪化に起因したいじめ」59%、「仕事のミスに対するいじめ」44%、「セクハラ」36%だった。

 いじめの形態(同)では「ののしる・怒鳴る・威嚇する」が68%、「無視・仲間はずれ」54%、「嫌がらせ」50%の順だった。(時事

 「企業で相談・カウンセリング業務に従事した人」とありますので、対象となったのはカウンセリング担当者を置いている企業だけなのでしょうね。
 その意味では企業としては意識が高い会社が対象になっての数字ですから、意識の低い企業ではもっとひどい状況だと想像されます。

 学校でのこども同士のいじめと企業でのおとなのいじめをどの程度同視していいかわかりませんが、いじめられていると感じている従業員は本来の能力を発揮しないでいる場合が多いのではないかと思われます。
 その意味では、いじめは企業にとっても損失を生じさせていることを自覚すべきではないでしょうか。

| コメント(12) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

国産ステルス実証機「心神」、2011年に初飛行(2007年12月9日9時31分 読売新聞)

 単に「心神」という名前に反応しただけなんですが、
 責任能力は大丈夫かいな? とか(^^;

 それはともかく
 世の中から軍備というものをなくしたら、地球の資源はかなり長持ちするのではないかと思うのですが、統計上の数字はどうなっているのでしょうか?

 ジェット戦闘機の訓練飛行だけ見ても、燃料と酸素のものすごい無駄使いのように思います。
 
 やめりゃいいのにと思うのは
 夢のまた夢、今のところ心神喪失か耗弱の世界の話ですが、、、

| コメント(4) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

死刑、初の氏名公表 法務省、3人執行と発表(asahi.com 2007年12月07日12時09分)
執行された死刑囚3人の確定判決の認定事実要旨(産経ニュース)

 死刑の是非を考える上で、このような情報がきちんと開示されることはよいことだと思っていますが、

「斎戒沐浴してサイン」 死刑執行で鳩山法相(asahi.com 2007年12月07日16時29分)

 鳩山法相は7日昼、衆院法務委員会で、委員からの質問に答える形で死刑を執行したことを明らかにした。そのうえで「国家権力によって人の命を絶つわけで、斎戒沐浴(さいかいもくよく)して(執行命令書に)サインをさせていただいた。大きな心の痛みを感じるが、法に基づいて粛々と実行しなければいけないということで、逃げることのできない責務と思って執行させていただいた」と話した。

 この法務大臣は余計なことを話しているように感じます。
 何が余計と感じるか自問自答してみたのですが、
 最も峻厳かつ冷徹であるべき場面において、無用の情緒を持ち込んでいるように思えるのです。
 要するに、言い訳がましい印象を受けます。

| コメント(16) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 こちらは、なんだかな〜、というニュースですが

 担任が茶パツ生徒を黒スプレーで染め直す!

 兵庫県川西市の市立中学校で、3年の男子生徒(15)が茶色に染めていた髪を、担任教諭らが髪染めスプレーで黒く染め直していたことが6日、分かった。

 生徒と保護者は「無理やりスプレーをかけられた」として、市の第三者機関「子どもの人権オンブズパーソン」に人権救済を申し立てた。

 2ちゃんねるでは、生徒と親に批判的な意見が多いようでうすが(痛いニュース(ノ∀`):

 川西市教育委員会によると生徒は中間テスト初日の10月中旬、茶色に染めて登校。校則違反に気付いた担任教諭らが当日、保健室で男子生徒の髪にスプレーをかけた。

 中間テスト初日というのはたしかに挑戦的ですね。
 試験勉強そっちのけで髪を染めに行っていたのでしょうか?

 市教委は「生徒の了解を得ており、体を押さえつけるなど強制的な行為はなかった。テストを受けさせるための措置だったが、学校内で染めたことは適当ではなかった」と説明している。

 法律家的には、髪染め禁止の校則の合理性とか、校則違反の効果なんかが問題かなと思ってしまいますが、そんな問題以前に学校と保護者との信頼関係が崩壊していることのほうが深刻な問題だと思われます。

| コメント(14) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

老犬が認知症女性救う、氷点下の公園で一夜寄り添い…茨城(2007年12月7日3時4分 読売新聞)

 犬は女性の飼い犬ではなく、体長約1メートルの老犬。署員が女性に事情を聞いている間も女性のひざに乗るなどよくなついていたという。ひたちなか市に隣接する水戸市は6日未明、最低気温マイナス2・2度と、この冬一番の冷え込みだった。水戸市消防本部は「(この服装で)じっとしていたら、2時間程度で凍死していた可能性がある」と指摘した。女性は「寒くなかった」と話しているという。

 きっと、この女性はもとから犬が好きだったんだと思います。
 だから老犬も女性にひかれたのではないかと。
 ネコも好きですが犬も好きなモトケンとしては
 そう思います。

 この老犬飼い主いないのでしょうか?
 後日談が少し気になりますが、
 ちょっと心が暖かくなるニュースでした。

後日談
 女性救った“湯たんぽ”老犬、無事飼い主の家に(2007年12月9日1時32分 読売新聞)

 長谷部さんらが、ひたちなか西署に届け出たところ、8日夜になって、飼い主の礒崎和子さん(44)(同市)が「新聞に出ていたのはうちの犬では」と、同署に名乗り出た。

 老犬は、礒崎さん宅で12年程前から飼っているオスの雑種「ウシ」で、5日からいなくなっていた。同署に引き取りに訪れた礒崎さんと3人の娘は「女性を助けるなんて、ウシは偉い」などと話していた。

 この老犬も放浪癖があるのかも(^^)

| コメント(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

橋下弁護士が光市母子殺害事件弁護士から提訴(最初のスレッド)
橋下弁護士が光市母子殺害事件弁護士から提訴 2(2番目のスレッド)
橋下弁護士が光市母子殺害事件弁護士から提訴 3(現在進行形)

 「最近の大会議室」で議論が続いていますが、油断していたらコメントが400を超えてしまいました。

 議論の続きはこちらでお願いします。

| コメント(189) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2007/12/06-201734.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)
| コメント(24) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/tyoukai/2007/12/05-084830.php

 に移動しました。

| トラックバック(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

元少年側、改めて殺意否定…光市母子殺害・最終弁論(2007年12月4日22時35分 読売新聞)
光市母子殺害:差し戻し審が結審 弁護側は死刑回避求める(毎日新聞 2007年12月4日 21時21分 (最終更新時間 12月4日 21時55分))
光市母子殺害事件差し戻し審結審 弁護団、死刑回避主張(asahi.com 2007年12月04日21時05分)

| コメント(30) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

<中越地震>入居資格ない長岡市幹部が仮設住宅に(ヤフーニュース 12月2日2時31分配信 毎日新聞)

 この毎日の記事は、この市幹部の実名を報道するなど、かなり強い批判を加えているようです。
 ちなみに読売の記事は実名報道はしていません。

 市幹部の弁明は綺麗事すぎるなという感じがしますが、特に市に損害を与えたわけではなく、公務員経験者の私としては、不適切であったとしても、仮設住宅に無賃入居していたことについて、それほど非難する気が起きません。

高橋譲・市総務部長は無資格入居について、「不適切かもしれないが、特別職には『通勤』『住宅』などの諸手当はなく、仕方のない面もある」とする。

 こういう事情に加え、

 中越沖地震:県職員給与、知事ら10%・管理職5%削減 削減分は復興に /新潟(これも毎日)

のようなニュースを読みますと、同情すらしたくなってしまいます。
 

仮設住民からは「別荘代わりにしている」などの批判が相次いでいた。

 ちょっと突っ込みを入れたくなる住民の声の紹介の仕方です。

 この市幹部を問題にするのであれば、これまでの仕事っぷりを問題にすべきではないでしょうか。

 彼が、その弁明どおりに被災者の生の声を聞いて復興に尽力していたのであれば、その点はきちんと評価すべきだと思います。
 しかし、仮説住民から批判が出ると言うことは、少なくとも住民からはそのように見えていなかったのかも知れません。

 資格がないのに無賃住居などといった形式的な問題にとどまらずに、もっと突っ込んだ取材をすれば真の問題点が明らかになるのではないのかな、と思います。

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

<コンビニ強盗>同じ店に3回、警戒中の捜査員が逮捕 東京(ヤフーニュース 12月1日12時37分配信 毎日新聞)

 警視庁捜査1課と築地署などによると、男は江東区富岡1、無職、難波則久容疑者(48)。今年10月6日と11月5日にもこの店に押し入り、それぞれ約32万7000円と約34万4000円を奪っていた。被害が続いたことを受け、同署などが重点的に警戒していた。

 同じ場所で同じ事件を繰り返せば、捕まる確率が飛躍的に高まることくらいわかりそうなものだと思うのですが、成功体験というのは忘れられないものなのでしょうね。

 同種の犯罪を何度も繰り返す「常習犯」というのは自然と同じ手口(手段・方法)を使うようになることが多いです。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「微弱電波の報道知り携帯捨てた」容疑者供述 坂出事件(asahi.com 2007年12月01日11時56分)

 香川県坂出市で祖母と孫の姉妹計3人が遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された川崎政則容疑者(61)が、現場から持ち去った携帯電話を坂出港に捨てた理由について、「報道で、電波から場所を特定されることを知り、怖くなって最後に捨てた」などと供述していることがわかった。県警の坂出署捜査本部は、3人が失跡したよう偽装するため、川崎容疑者は携帯電話を持ち出したものの、逆に捜査が身辺に及ぶ危険性を知り廃棄することにしたとみている。

 結果的に犯人が検挙されましたからいいようなものですが

 ニュースを読んだときに、こういうことがあるかも知れないな、と思ってました。

 犯人に知られたらまずいことになる可能性のある捜査情報を漏らす警察関係者は、私の検事当時にもいましたし(何度がはらわたが煮えくりかえるような思いをしました)、今後もいるだろうと思います。

 報道機関としても、知る権利を振りかざして、なんでもかんでも報道すればいいってもんじゃないことをもっと考えてほしいものです。
 少なくともタイミングというものを考えるべきでしょう。

| コメント(12) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

取り調べ適正化にマイクやのぞき窓、警察庁が設置検討(2007年12月1日1時5分 読売新聞)

 吉村長官は、裁判員制度の導入で供述や自白の任意性が焦点になることに触れ、今後は、既に一部の取り調べで録音・録画を試行している検察庁や、外部の有識者から意見を聞く方針という。ただ、「全過程で実施すると、取り調べ機能が阻害される」として、従来の考えと同様、完全導入には否定的な考えを示した。

 警察もだんだん抵抗しきれなくなっているようですが、格好をつけるだけの録画では逆効果になるというのはすでに検察庁の録画で証明済みです。
 
 検察の取り調べ録画によって自白の任意性を否定

| コメント(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

執行された死刑囚の氏名、法務省が公表を検討(2007年11月30日23時16分 読売新聞)

 同省は従来、死刑執行の事実と人数だけを公表している。法相はこれまでの同省の対応について、「遺族やほかの死刑確定者の心情から公表しなかった理由は分かるが、刑罰権の行使が適正に行われているかどうかは国民に理解してもらう必要がある」と説明した。
| コメント(9) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)