エントリ

板橋の両親殺害少年、東京高裁が懲役12年に減刑(2007年12月17日23時16分 読売新聞)

 一方で、判決は、少年が口答えすると父親がゲーム機を壊したり、「おまえはバカだ」と罵倒(ばとう)したりしていたことなどを踏まえ、「父親の長年にわたる不適切な養育が、少年の誇りを傷つける虐待にあたるという見方もできる」と指摘。1審判決が「両親から虐待や不適切な養育を受けていたとは認められない」として、少年の犯行を「身勝手」と断じた点について、「適切な見方とはいえない」と否定した上で、「1審判決後、少年は反省の姿勢を強め、成長の兆しも見られる」として、刑を軽減した。

 刑期の観点だけから言えば、今18歳の少年にとって懲役14年が12年になったことにどれだけの意味があるのかよくわかりませんが、少年の生い立ちに理解を示した高裁の裁判長の言葉が、少年の今後の更生に大きな意味を持つことを祈ります。

| コメント(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(3)

新聞記事を見てちょっと興味深いなと思ったのは、控訴審時点では原審判決は重すぎると言う判断が下されていることです。
被告人が反省を深めていけば、例えば極端な話、一審で死刑判決を受けたような場合でも上級審で無期懲役や有期刑に「減刑」される可能性があるってことでしょうか。

・・・と言うような疑問は疑問として、裁判においては最終の結論たる判決主文もさることながら、その結論に至る判決理由が大事なんだよなとの思いを再確認しました。

No.1 惰眠さん

判決後の反省も「判決後の情状」として控訴審の審理の対象になります。
どこまで有利に認められるかは別の話ですが。

なるほど。ご教授ありがとうございます。
本件は少年犯罪なので更正面をより大きく判断したのかも知れませんね。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント