エントリ

脅迫事件:「被害者調書ずさん」地裁川崎支部が無罪判決(毎日新聞 2008年1月26日 2時30分 ウェブ魚拓
ヤフーニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080126-00000017-mai-soci)経由

 起訴状によると男性は06年11月3日未明、中原区の居酒屋で、入店を断られた腹いせに火のついた段ボールをシャッター前に置き、女性店主に危害を加えようとしたとされた。

 あんまり正確な要約じゃなさそうですが、要するに店のシャッターの前で段ボールに火をつけたか火をつけた段ボールをシャッターの前に置いたというのが起訴事実のようです。

 男性は通行人の通報で駆けつけた警察官に、現住建造物等放火未遂容疑で現行犯逮捕された。男性の弁護士によると、かなり酒に酔って常連の店に行っており、段ボールに火は付けたがすぐに消え、脅迫の意図はなかったと主張していた。公判での証言で、女性店主は脅迫されたと思わず「早く釈放してほしい」と話したという。

 なるほど、逮捕容疑事実は、現住建造物放火未遂罪だったんですね。
 で、被告人は店の常連さんと。
 で、判決は

 判決で加登屋裁判長は、脅迫罪を認定できる証拠はないと指摘。判決後の「苦言」として「検察官は明確な被害者調書を作成せず、公判で被害者を尋問することで立証できると考えたようだが、そんな証拠構造で男性を起訴し、公判維持をしたこと自体問題があったと言わざるを得ない」と指摘した。

 ということのようですが、私はここまで検察が批判されることはないと思うんですけどね。

 記者も誤解しているふしがありますので、前提問題を確認しておきますが、

脅迫罪においては被害者が現実に怖がる必要はありません。
人を怖がらせる可能性のある言動をすれば脅迫罪は成立します。(参考

 はっきり言って、脅迫罪の成否つまり有罪無罪には被害者の気持ちなど関係ありません。

 それに本件の脅迫の被害者である女性店主は起訴事実である被告人の行為を見ていないと思われます。
 そうであれば、犯罪事実(起訴事実)を認定するための証拠として女性店主の供述は不要ということになります。
 被告人の行為が女性店主の供述以外の証拠によって女性店主を怖がらせる可能性があるものであったと認定されれば被告人を脅迫罪で有罪とすることができるのです。

 女性店主の供述が意味を持つのは、犯行に至るまでの事情つまり被告人の動機に関連する部分と犯行後の事情特に処罰感情にかかる部分です。

 しかし、動機は本来被告人の内心の問題ですから女性店主の供述はさほど重要ではありません。

 被害感情については、脅迫罪は基本的には個人に対する犯罪ですから被害者の処罰感情は原則的には重要だと言えます。
 したがって、一般論的には被害者が犯人の処罰を求めなければ検察は起訴しないのが通例です。

 がしかし、本件は普通の脅迫行為ではありません。
 火付けです。
 本件ではいろんな事情(省略しますがほぼ想定できます)で放火罪の適用は困難な事案だったようですが、一般常識的に言えば放火行為に類する行為であり、行為当時の条件次第では放火罪になりうる行為です。
 となりますと、検察としても、女性店主が仮に起訴前に「脅迫されたと思ってません。早く釈放してほしい。」と言ったとしても(実際そう言ったから調書を作成しなかったのかも知れません)、「はいそうですか、では不起訴にしましょう。」というわけにはいかないのではないかと思います。
 そんなことをすれば、この店の近所の人たちから「こんな危ない男を野放しにするのか。」という非難を受ける恐れもあります。
 もし不起訴にすれば、マスコミはどう書いたでしょう?

 というようなことを考えますと、裁判所の苦言には首をかしげる思いです。
 結局、裁判所が本件を無罪にした理由がよくわからない記事です。

続報追記
 川崎無罪判決:地検が控訴断念 裁判長が捜査手法に苦言(毎日新聞 2008年2月8日 19時32分 ウェブ魚拓

 起訴段階で十分検討してなかったのでしょうか?
 検討していたのなら、当然控訴の事案だと思うのですが、高検が弱腰だったのかも。

| コメント(33) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(33)

火付の現行犯逮捕に無罪判決?
心神喪失以外には常識としてあり得ないですよね。
まあそれ以前に報道記者の質にもおおいに疑問がありますケド。報道面でいい評価をとんと聞かない新聞社のようですから。

放火罪が成立しないのは実行行為性が欠けるからでは?と思ったんですが、どうなんでしょう。。
モトケンさんの「(省略しますがほぼ想定できます)」というところがちょっと気になります。

もし不起訴にすれば、マスコミはどう書いたでしょう?

不起訴になっていたら、きっとマスコミは「何も書かなかった」と思います。
社会的注目が集まる一部の大事件以外では、「逮捕された時だけ書き、その後は知らんぷり」というのがマスコミのパターンですから。

ただ、もし仮に検察がこの被告人を不起訴にしていて、その後にこの被告人が死者が何人も出るような放火事件を起こすようなことがあれば、マスコミは凄まじい勢いで検察を批判するだろうとは思います。
そう考えると、検察も悩ましいですね。別にマスコミのことだけ気にして、起訴・不起訴を決めているわけではないでしょうが。

また、仮にこの被告人が今後、現実に死者が何人も出るような放火事件を起こすようなことがあれば、無罪判決を出した裁判官がマスコミに批判されることになるだろうと思います。
マスコミは誰か、人が失敗するたびに叩いていればいいのだから楽なものです。

悪ふざけの類だったとしても、仮にも火をつけたところを警察に現行犯逮捕された社会人が、無罪てことはないでしょう。大人が恣意行為で治安を守る警察の手を煩わせた一事をもってしてもなんらかの処罰があってしかるべきです。子供じゃあるまいし。
ただ脅迫罪での起訴という検察のセンスにはちょっと首をかしげますが。
いずれにしても記者が自分の聞きかじりを書いただけで記事に書かれていない事実があるのではないかという疑いを私は払拭できないので、苦言についてはなんともいえません。

え〜と、起訴したのは脅迫ですよね。
被害者の女性店主の尋問で立証できなかった。

ということは、他にロクロク立証できなかった(しなかった)ということになっちゃうと思うんですが。

放火を立証できなから脅迫にして、それも立証できなかったから、打つ手無し。というとじゃないのでしょうか?

であるとすると、これは検察は責任放棄と言われても当然かと思いますが。

>酔うぞさん

 被害者が放火行為を目撃していないということを前提にすればですが(その可能性が高いのですが)、そもそも本件は被害者の供述や尋問で脅迫行為を立証すべき事案ではないということです。

 言い換えれば、被害者が犯行を目撃していないのであれば、脅迫行為の立証のために被害者を証人尋問することは無意味であると言えます。
 当然、被害者の調書を作成しておくことの必要性もありません。
 繰り返しますが、被害者が目撃していないことを前提として、脅迫行為の存在の立証のためにはです。

 立証構造上はそうなります。

 そうであれば、被害者の供述調書を作成していなくても証人尋問で脅迫行為の存在を立証する証言をしなくても(見ていないのであれば当たり前)、検察官が批判されるいわれはありません。

 ただし、被害者の供述以外の証拠がないと話にならないわけですが、本件では被告人が段ボールに火をつけたことを認めており現行犯逮捕されているのですから、客観的行為自体の立証は十分と思われます。

現場の警察官が聞いたら激怒するんじゃないですかね。そっちのほうが気になります。

 放火罪は、抽象的危険犯という扱いであったと思います。具体的危険の発生は、必要ではない、ということでしょう。
 個人的法益というよりは、社会的法益を害する罪でもあったような。
 強姦罪のような極めてプライバシーの高い原則親告罪の犯罪であっても、集団で行った場合や、致傷を伴った場合、次に出るかもしれない被害者の法益や社会防衛の観点から検察官独自の判断で起訴できるぐらいですから。
 それに、傷害罪においても、自分自身に対する傷害罪(自傷行為)が成立するとした判例があったはずです。具体的にはやくざの指詰め。公序良俗に反するとかいう理由であったようですが、本人の自由意志ではないとう推定も働いていたような。
 常連さんの肩を持つのも理解できるところです。
 逆のケースになりそうですが、飲み屋でツケの清算を催促され、ちょこっと暴行まがいの行動をしただけで、事後強盗で懲役5年にされた人もいました。詳細は知りませんが、私には、社会的弱者で別の救済や保護の必要な人に感じましたが、自分自身理解に長く苦しむ処理をした検察官と同じ名前を本人から聞きました。 
 別に大手の自動車会社営業の人が、競馬の遊行がらみで、民家に押し入り強盗をやった事件で、懲役3年の判決の人もいて、同時期分からないものだと考えました。
 いずれにせよ、検察官の立証が不十分だったという感じです。落合弁護士は辛辣な評価をされていましたね。

 序でに、素人の数年前、不十分な理解なので不確かなことをお断りしておきますが、強盗や強姦における暴行、脅迫の程度は、抵抗を抑圧する程度であり、脅迫罪のそれは、人を畏怖する程度でたり、犯行における具体的個人(つまり被害者)ではなく、抽象的一般人が基準であったと思います。
 店先でダンボールに火をつけられれば、畏怖するのが一般的なように思えます。万一の場合、火災保険は降りるのかもしれませんが、取り返しのつかない被害のすべてが保証されるとは、到底考えられませんし、通常の社会人であれば、その程度の想像力も働きそうです。

素人の浅はかな推測ですが・・・
居酒屋の主人は「常連さん」を「訴える」のに「抵抗」を感じられたので、「早く釈放してほしい」と仰ったようにも思えます。(こういう話ってよくありますよね)
にしても、「居酒屋のシャッターの前に火をつけたダンボールを置く」というのは罪が重いように思います。まかり間違えば「居酒屋のお客さん(酔っていて逃げ遅れる)」や「周辺の住民(寝ていて逃げ遅れる)」に人的被害がでたかも知れないでしょう?
どうして、「放火(未遂?)」にならなかったのでしょうか?

>どうして、「放火(未遂?)」にならなかったのでしょうか?

 建物に燃え移るほどの危険性は認められなかったものと思われます。

>No.11 モトケンさま

ありがとうございます。

よくわかりました(^^)
「火のついたダンボール」を置いたとしても、周りに燃えやすいものを置いていない金属製のシャッターやコンクリートの壁の前なら、ガソリンを撒くなどの行為がないと「放火」にはならない、ということですね。
確かに、家の前で「線香花火」をしていて「放火未遂」で捕まったらイヤですものね。

飲酒運転を防ぐにはアメリカのどこかのように飲酒して運転席に座っただけでも逮捕のように(通行人1さんの書き込みだったかな)、行為軽罪部分を少し重罰化してきちんと取り締まる「割れ窓」理論の実践しか有効性が証明された方法は無いでしょう。

酔って段ボールに火をつけて住宅の前に置く行為は、正常の判断力があるなら危険の無い距離をとれるでしょうが、そもそも正常なら火をつけた段ボールを持ち出す行為は脅迫行為に他ならず、一方酔った勢いで火をつけたならそこまで常識を失うほど酔っているのなら当然火災になる危険を避ける判断が本人にできるとは思えず結果的に放火行為となった危険が高いので、本件のように警察官による逮捕で惨事を防ぐ必要が明らかにあったことでしょう。酔いが醒めるのを待って放火行為を処罰することが、法治主義社会の治安を守るためにはほぼ絶対的に必要だと思いますが。

ところで記事からは脅迫罪が無罪判決としかわからないのですが、他の罪名は起訴されなかったのでしょうか?

毎度すみません。No.13の本論の最後の一文を以下のように「」内の語句を加えて訂正したいです。

酔いが醒めるのを待って「類」放火行為を処罰することが、法治主義社会「に暮らす我々庶民」の治安を守るためにはほぼ絶対的に必要だと思いますが。

モトケンさん

    ただし、被害者の供述以外の証拠がないと話にならない
    わけですが、本件では被告人が段ボールに火をつけたこと
    を認めており現行犯逮捕されているのですから、客観的行
    為自体の立証は十分と思われます。

その「話にならない」をやってしまったのではないでしょうか?
また、放火の疑いで逮捕されてはいるけど、放火では起訴していないのでは?

エントリ本文での引用ニュースによると、検察の求刑は罰金20万円とのこと。弁護人によると、その程度の訴追でも拘置が10ヵ月に及んだとのこと。求刑と拘置期間のバランスがオカシイのではないか、なんで保釈されなかったのだろうか?

現行犯逮捕の放火未遂では起訴されずに、脅迫罪での起訴といい、拘置期間の長さといい、理解に苦しむ。検察は何を考えて起訴したのかよ〜判らん、というのが正直な感想です。

どなたかもう少し情報はお持ちじゃないですか?

>No.15 酔うぞさん

>その「話にならない」をやってしまったのではないでしょうか?

 現行犯逮捕の事案ですので、そんなはずはないはずなんですけどね。

>>No.16 法務業の末席さん
>エントリ本文での引用ニュースによると

さすがです。ノーチェックでした、お恥かしい限りで。
苦言もわかるような気が・・・
いやいやこれ以上粗雑な分析でのお粗末発言は自粛すべきですね。皆様申し訳ございませんでした。もう少し勉強して出直します。

No.16
情報は持っていませんが、一般論で説明を試みます。
初犯+大したことない犯罪+罰金求刑=公判請求となるのは、次の場合が考えられます。
1 住居不定or単身居住で無職で身寄りがないと、罰金支払能力がな場合。
 略式請求しても所在がつかめず事実上不問になる。
 公判請求すれば、勾留が続き(判決まで通常40〜60日かかる)、罰金判決をすると、未決勾留1日5000円と換算して罰金に満るまで算入します。
 すると、罰金判決だが、いわば体で払ったことになり、現金は支払わなくても、そこで釈放となります(罰金前科はつく=刑の実現ができた、となる)。
 求刑は最後に分かることで、被告人・弁護人には予想がつかず、罰金と聞いて拍子抜けすることもあります。

2 本件の場合、「○○区の無職男性」となっており、住居不定かどうかが分かりませんが、そうであれば勾留は続くでしょう(しかし、住居不定だと、通常新聞はその旨書く?)。
 無職とあるので、保釈金が払えなかったかもしれません。
 常連客でとあるから住居不定という可能性は低いが、単身居住は考えられる。

3 放火未遂で逮捕され、起訴が脅迫罪ですが、「入店を断られた腹いせに」とあるので、それなりの経緯があったのかもしれません。
 更に、当時、近隣で、不審火が続いていたりすると、脅迫罪に構成してでも起訴という判断に傾きやすくなるでしょう。

4 簡単に公判が終われば、1の手法で終わらせるつもりであったのが、逮捕時の状況、現場の実況見分、目撃者、被害者などの逐一証拠調べをすることになり、日にちが経過した。
 しかし勾留10か月とあるので、犯行日から判決まで14か月くらいになり、4か月前には釈放となっていることになる。
 すると、保釈(金はあった!)か、勾留取消になったかのどちらかになるので、これまた確実ではありません。

5 苦言を呈するのは良いにしても、ならばもっと審理を早くして釈放し無罪判決もできたのでは?
 年末起訴→年度またぎ(裁判官の異動)→逐一立証(被害者非協力?)→夏休みなどの事情により、長くなった可能性はありますが。

6 しかし、「明確な被害者調書」の「明確」ってどういう意味でしょうかね。
 警察調書、それとも検察官調書?(警察調書はあったのかもしれない)。
 「脅されたと感じた」という表現が入っていないといけないという意味でしょうかね?

>No.2 みーさん

 超亀レスで申し訳ありません。

>放火罪が成立しないのは実行行為性が欠けるからでは?と思ったんですが、どうなんでしょう。

 No.11で指摘しましたが、そういう理解でいいと思います。

調書裁判の弊害ここに極めり・・・・・・・
と言ったらステレオタイプの批判になっちゃいますね。

裁判所は事件に至る事情を被害者側から確認したかったのかと想像してみますが。

psq法曹さまの解説、いや推定シナリオで、大凡の流れは掴めた感じがします。

本事件のように軽微な犯罪での裁判などは、逮捕から3〜4ヵ月でケリがつくのが一般的なんですね。判決まで14ヵ月もかかったのは、裁判官の訴訟指揮にも幾ばくかの責任があるように感じ取れます。

検察だけに「苦言を呈する」のは、チョットねぇ裁判官、ムシが良すぎるような…。

 はじめまして。法律はほとんど知らない者です。

 ブログ記事に引用されているニュース記事を読む限り、裁判官は検察が立証義務を果たしていないことに苦言を呈しているということしか読み取れませんでした。推測で膨らませれば、「被害者がいいって言ってるのに起訴してはだめ」と裁判官が考えたともとれますが、「そんな不十分な証拠じゃ有罪にできない。もっとちゃんと立証して」と考えたともとれます。
 モトケンさんが前提にしている「女性店主は起訴事実である被告人の行為を見ていない」ということをはっきりさせるためにも検察は女性店主(被害者)から聞き取ったことを証拠化する必要があったのではないかと思います。
 脅迫罪は被害者がどう感じたかに関係なく成立するとのことですが、その存在なしには脅迫罪は成立せず、被害者が重要な当事者であることに変わりはないと思います。重要な当事者でもあり、事件現場にもいた女性店主の証言は裁判材料として提出するのが当然ではないのでしょうか。
 火をつけるという行為の重大性と検察の立証責任をごっちゃにしてしまっているのではないですか。

読売新聞神奈川版に記事が出ていました。

読売新聞神奈川版に記事が出ていました。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/news/20080129-OYT8T00043.htm

    地裁川崎支部判決「調書作らず問題」
    
    横浜地裁川崎支部が、脅迫罪に問われ罰金を求刑された
    川崎市中原区の男性(67)に無罪(求刑・罰金20万円
    )を言い渡していたことが28日、わかった。
    
    被害者とされた女性が公判で「脅迫を受けたとは思わない」
    と証言、加登屋健治裁判長は
    「脅迫罪を認定できる証拠はない。被害者調書を作らず
    に起訴したのは問題がある」
    として検察の姿勢を批判した。
    
    起訴状などによると、男性は2006年11月3日未明、
    同市中原区の居酒屋の店先で、
    段ボールにライターで火をつけたところを、
    現住建造物等放火未遂の現行犯として逮捕された。

    その数時間前、経営する女性から入店を断られたことに
    腹を立てていたという。

    その後、横浜地検川崎支部が脅迫罪で横浜地裁川崎支部に
    起訴した。
    
    ところが公判で、男性は「脅迫の意図はなかった」と主張。
    女性も「(男性は)常連客で酔っぱらっていただけ。
    脅迫とは思わない」と述べた。
    
    また事件当時、女性は店の営業を終え帰宅していて、
    脅迫を直接受ける状況にはなかった。
    
    このため地検川崎支部は起訴から
    約11か月後の昨年10月、起訴の訴因変更を請求。
    
    女性が警察官の説明で事件を知ったという内容が
    補足されていた。
    
    加登屋裁判長は判決の後、「公判だけで立証しようとした
    検察の姿勢はいささか問題がある」とも指摘した。

    (2008年1月29日 読売新聞)

どうも放火では全く起訴せず、脅迫では当時相手がいなかった上に、被害調書は取らず、被害者の証言は脅迫を受けていない、だったという起訴状の中に事件が無かったとしか思えないような記事になってます。

No.24 酔うぞさん

・・・・・・・・・・・・・・・・
構成要件的にアレとしても、普通は調書とるわなぁ。
手抜きと言われても仕方がないですよねぇ。

客観的事情だけで裁判を下せない裁判官にも問題はありそうですが。

脅迫罪の実行行為は,相手方またはその親族の生命・身体・自由・名誉または財産に対して害を加える旨を告知すること,ですよね。

害悪が相手方(店主)に知らされた時点で既遂に達するのだと思いますが,今回は火をつけた時点で現行犯逮捕されたため,燃え残ったダンボールが翌朝店主に発見される,ということにはならず,店主は後で警官から事情を聞くという形で知らされています。
このような経過でも「既遂」になるのでしょうか?それとも今回は「未遂(処罰規定なし)」だったので無罪になったのでしょうか?

あるいはそもそも実行行為性が認められなかったのか,故意がないとされたのか。分かる方ご教示くださいませ・・・。

>No.26 のらさん

>分かる方ご教示くださいませ・・・。

 判決を読んでみないとわからないです。

>このような経過でも「既遂」になるのでしょうか?

 被害者の認識を結果と考えれば、因果関係の問題になりますので、ご指摘の経過でも脅迫罪は成立すると思うのですが、いずれにしても判決がどういう理由で無罪にしたのかよくわかりません。

No.26
1 なるほどぉ・・・
 そこで唐突ですが、映画「ゴッドファーザー」で、馬の生首を送りつけたシーンを思い出しました。
生首は血を出した状態で玄関付近(広いor階段の下orベッドの上?)にあったと思いますが、その家の主は翌朝起きてから気付きます。

害悪の告知の到達は、相手が現に知らされた時点で既遂ではなく、相手が認識し得る状況に置かれれば足りたと思います(郵送など)。
本件では外だからきついかもしれません。

2 本件では、店舗のみなのか、住居と一体になった店舗か、シャッターや建物の構造はどうか、置いた場所はどれくらい密接していたかなど、客観状況によってその辺り(認識し得ると評価して良いかどうか)の認定をしなければなりません。
 まあ、本件はどちらにしても困難だったのかもしれません。

3 ところで、発展問題として、もし被害者が「おお怖い、今後何をされるか分からない」と供述したらどうか、もし被疑者が「脅すつもりでやった」という自白があったら、どうかと考えてしまいました。
 脅迫「行為」がない(未遂段階で不可罰)と考えるなら、脅すつもりでやったと自白しても、そして被害者が怖いと供述しても無罪になります。

 なかなか考えさせられます。

No.28 psq法曹さま

>映画「ゴッドファーザー」
あれはたしかベッドでしたね。血に染まったフトンをめくっていくと「ギャ〜」って感じで・・怖かったです。
話をそらして恐縮ですが、あれは器物損壊と動物愛護法違反になるのでしょうか?(もちろん脅迫も)

>No. 27 モトケン様
ありがとうございます。たしかに判決をみないことにはどうにも推測のしようがないですよね。

>No.28 psq法曹さま
なるほど・・・。ただ一般人を畏怖させる程度に足りないとしても,被害者が怖がっており,被疑者が脅すつもりでやっていたと供述したとすると,被疑者はその行為によって被害者が畏怖する危険をとくに認識していたとして実行行為性が認められることにもなりそうですね。


いろいろ考えてみると脅迫罪(だけではないのでしょうが)の成立にはなかなか微妙な判断が必要なのですね。とくに本件のように黙示的な脅迫らしき?行為の場合は・・・。

No.29
他人所有+生き馬+首切り→器物損壊、動物愛護法違反
自己所有+生き馬+首切り→動物愛護法違反
死亡直後の馬+首切り→いずれにも該当せず

送られた人物が「剥製にする馬の首をさがしてたんだ。ありがとう!」と喜んだら・・・脅迫行為があっても届出がないでしょうからそれも事実上不問(^^;

控訴は断念したようです。

脅迫事件で川崎市男性の無罪確定
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20080208-318493.html

それと、同じ横浜地裁でこんな事件も。
強力かつ迅速な暴行は承諾の想定外w

承諾あっても傷害罪/タクシー運転手に罰金25万円
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiifeb0802216/

控訴しなかったそうです。

脅迫事件で川崎市男性の無罪確定
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20080208-318493.html

それと、同じ横浜地裁でこんな事件も。
「殴れるものなら殴ってみろ」→「強力かつ迅速な暴行は承諾の想定外」w

承諾あっても傷害罪/タクシー運転手に罰金25万円
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiifeb0802216/

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント