2008年3月アーカイブ

日中合作の「靖国」、映画館が相次ぎ上映中止に(2008年3月31日21時28分 読売新聞)

今月12日から公開を予定していた日中合作のドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」が、東京と大阪の映画館5館すべてで上映中止となった。
最初に助成を問題視し、試写会に参加した自民党の稲田朋美・衆議院議員は「我々が問題にしたのは助成の妥当性であり、映画の上映の是非を問題にしたことは一度もない。いかなる内容の映画であれ、それを政治家が批判し、上映をやめさせるようなことが許されてはならない。私たちの行動が表現の自由に対する制限でないことを明らかにするためにも、上映を中止していただきたくない」との談話を出した。

 詭弁でしょうね。
 助成の妥当性を問題にするのであれば、事前に試写を求める必要もない。
 助成の妥当性を問題にする前提として映画の内容を問題にしているのは明らか。
 弁護士のくせに、つまり憲法を学んでいるはずなのに、表現の自由のデリケートさに対する配慮が全くない。

東京での「靖国」上映中止に 「近隣に迷惑の恐れ」(産経ニュース)

 上映を中止した銀座シネパトス(東京都中央区)を運営するヒューマックスシネマは「近隣の商業施設に迷惑を掛ける恐れがあるため」と説明している。

 ここにもプリンスホテルの論理の援用が見て取れます。

 無神経の極みの国会議員と公の意識皆無の経営者(いずれも極めて控えめな表現)にはとても腹立たしい思いをしております。

| コメント(123) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「取り組み不十分」29カ所=裁判員制度、弁護士会次期会長アンケート(ヤフーニュース 3月30日15時1分配信 時事通信)

 2009年5月までに始まる裁判員制度について、全国の52弁護士会の次期会長のうち、29人が所属弁護士会の体制構築を不十分と考えていることが30日、時事通信のアンケート調査で分かった。

 半数以上ですね。

 容疑者段階の国選弁護も始まるため、「弁護士数が絶対的に不足」(青森・小田切達氏)と人数の問題を挙げる回答が多数を占めた。

 当然のこととして予測というか予定されていた状況です。
 こういうことになることは分かりきっていた、という意味です。

| コメント(12) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

検察側も控訴 秋田県藤里町の連続児童殺害事件(asahi.com 2008年03月31日11時21分)
東京地検が控訴 耐震偽装事件・小嶋被告の判決不服(asahi.com 2008年03月31日12時50分)

 秋田の事件は死刑求刑事案であり、死刑求刑というのは検察としても死刑求刑以外はありえない、判決も死刑以外は承服できないとして腹をくくって求刑してますから、無期判決に対しては控訴しなければ筋が通らないとも言えます。

 しかし、小嶋被告人については求刑が懲役5年であったことを考えると、控訴しなければ筋が通らないとまでは言えないと思います。
 ひょっとしたら被告人側が控訴しなければ検察もしなかったかもという思いもちらと浮かびますが、被害金額から見るとやっぱり控訴ですかね。

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

http://mainichi.jp/select/today/news/20080331k0000m040063000c.html(毎日新聞 ウェブ魚拓

 このニュースページの「関連記事」のところなんですが、すごいです。
 重複記事もありますが、3月21日から30日にかけて、8件の殺人未遂事件が発生しています。

 上記とは別に
 19日に殺人を犯した犯人がと23日に土浦で8人殺傷事件
 25日に岡山駅の突き落とし殺人事件
 
 さらにググッて見ると
 27日に茨城県鹿島で強姦。殺人未遂(毎日新聞
 29日に神奈川県相模原市で妻の夫に対する殺人未遂(産経ニュース
 30日には大阪市住吉区で殺人未遂(朝日
 同日、兵庫県尼崎市で殺人事件発覚(毎日新聞

 いったいどうなってるんでしょう。
 
 

| コメント(10) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

長野の高校生がワシントンでジャズ共演(産経ニュース)

 こういうニュースは好きですね(^^)

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

170法廷にカメラ設置・裁判員制度、証言など録画(NIKKEI NET blog of Dr. Makoto Ibusuki経由)

 裁判員と裁判官で有罪無罪や刑の重さを決める評議の際、ポイントになる供述や証言をDVDで再生し確認できるようにする。裁判員がメモを取る負担を軽くし、被告や証人の表情から「心証」を取ることに集中してもらう狙いだ。

 評議室で、「あそこで目を伏せたところが怪しい。」なんて議論をするんでしょうか。
 私も(たぶん多くの法曹も)、相手の表情を信用性判断の参考にしますが、表情を決め手にするとなるとかなり危なっかしいところがあります。
 そのあたりを踏まえつつ、「メモを取る負担を軽く」するというのは大事だと思います。
 私は、証人尋問のときに、ここが大事なポイントだと思うところしかメモしませんでした。
 どういうところが大事なポイントかというと、ほかの証拠と矛盾したり整合しない証言です。
 つまり大事なのは証言の内容でして、表情ばかり見ているのもまずいと思います。
 ましてネクタイの柄などは気にしないでもらいたいです。

証拠法上、評議室での再生をどう位置づけるのかとか、訴訟法的に興味のあるところだが、(blog of Dr. Makoto Ibusuki)

 たしかに気になりますが、ま、ここは堅いことを言わずに、というところでしょうか。


| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

プリンスホテル「真摯に受け止める」 港区が事情聴取(asahi.com 2008年03月28日13時04分)

 これまでプリンス側は「旅館業法違反にはあたらない」と主張していたが、区が宿泊予約の解約は同法に違反するとの判断を伝えると、渡辺社長が「真摯(しんし)に受け止める。旅館業法に違反するということはしっかり反省すべき点と考えている。今後は関係者の信頼を得るために努力する」などと述べた。

 何が「真摯に受け止める」ですか、っていう感じなんですけどね。

| コメント(41) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 ボツネタ経由
 毎日新聞で「正義のかたち:裁判官の告白」という連載記事が掲載されています(リンク先は6番目の記事)。

 裁判員制度に向けて、多くの人に読んでもらいたい記事です。

| コメント(129) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

取り調べ規則、来春施行 警察内に監視担当者(asahi.com 2008年03月27日17時45分)

 警察本部や署の総務部門に設ける監視・監督部署の担当官(取り調べ監督官)は透視鏡で外から取調室内を見たり、報告書を読んだりして点検。本部の担当(巡察官)も定期や抜き打ちで署を回る。違反があれば、事件捜査を指揮する幹部に取り調べ中止や是正措置を求めることができる。

 必死の抵抗という感じがしますが
 これだけやってなお冤罪が出たらそれこそ全部録画に抵抗できなくなるでしょうね。
 きっと出ると思います。

 犠牲者が何人か出なければ変わらないと思います、この国は。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

自白調書も厳選、提出しない選択も 最高検が方針転換(asahi.com 2008年03月26日15時00分 ウェブ魚拓

 最高検の方針転換は、まったく不十分と見るべきか、方向性を誤っているのいずれかだと思います。

 自白に依存しないというならば、立証のあり方全体の再検討が必要であり、検察庁だけの問題ではありません。
 というよりも裁判所や裁判員の事実認定のあり方の問題です。
 さらには刑法の根本的な大改正も必要になります。

 自白は重要だという考えを維持するならば、取調べの適正化、具体的には可視化等によって任意性と信用性を確保する方向を目指すべきものと思います。


関連ブログ
 http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20080327#1206574566(落合ブログ)

 最高検はともかく、高検は、役に立たない、どこにも持って行き場のない検事が集まった廃棄物中間処理場のようなところで、

 全ての高検検事がそうではありませんが、同様の印象を抱いたことはあります。

| コメント(40) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

落合ブログから
http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20080327#1206549485

 法科大学院制度は旧司法試験における司法試験予備校の弊害が原因の一つとなって作られたと理解しています。
 つまり、司法試験に合格しても「使えない」人間がたくさん合格するようになってしまったことが原因と思っています。
 となると、問題は、法科大学院を卒業し司法試験に合格した者が「使える」か「使えないか」こそが問題であると思います。
 落合弁護士が指摘しているように、答案作成能力は実務文書作成能力と重なるところがあります。
 新司法試験的観点において優秀な答案は実務文書としても優秀でなければなりません。
 新司法試験の問題とその採点基準はそういうものでなければならないと考えます。

 その意味でも、評価する側が評価されていると言えます。

 かなり以前にこんな文章を書いています。
 「司法試験予備校考
 指摘を受けた法科大学院が予備校化しているかどうかは、指導の中身を見てみないとなんとも言えません。

| コメント(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

ヒューザー社長が有罪 耐震偽装知り販売 東京地裁判決(asahi.com 2008年03月25日15時07分 ウェブ魚拓

 毛利晴光裁判長は、住民11人から代金約4億1千万円をだまし取ったと認定。「エンドユーザー軽視の悪質な犯行で、被害者の人生設計を大きく狂わせた結果は重大だ」と述べた。

 ここだけ読むと、十分な被害弁償がなければ当然実刑だと思える事案です。
 なお、記事中に被害弁償についての言及はありません。

 この日の判決は「建築確認の検査済み証が出ていた事情があり、ヒューザーは耐震偽装の被害者ともいえる立場だったことは否定できない」とも述べた。

 どうもこの部分が執行猶予をつけた理由かな、と思うのですが、被害者だと見たとしてもその被害を結局エンドユーザーに転嫁しているのですから、エンドユーザーの被害の大きさに照らして執行猶予の理由になるのかどうか疑問です。

 しかし、詐欺の故意については「ごく軽い安易な気持ちでだまし取ることを認めた」とし、「強い意図があった」とする検察側の主張は退けた。

 なんですか、この判示は?という感じなんですけど
 「ごく軽い安易な気持ちでだまし取ることを認めた」という認定は被告人に有利な情状として見ているのでしょうか?
 もしそうだとしたら、違うんじゃないのかな、と思うのですが、、、

 最近、ピンとこない判決が多いです。
 私の実務感覚にずれがしょうじているのかと不安になります。

| コメント(15) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

風俗店女性殺害男に懲役6年 「取り調べで暴行」認定(産経ニュース 2008.3.24 19:59 ウェブ魚拓

 情報は必ずしも十分ではありませんが、報道に基づく限り納得できない判決です。

 並木裁判長は「被告は犯行時に過度の飲酒による心神耗弱状態にあった」とした

 「覚せい剤で心神喪失無罪判決」でも述べましたが、自らの意思で飲んだ酒を原因とする無罪や減刑は認めるべきではないと思います。
 この判決(少なくともこの判決報道)は、酔っ払った上での犯行は大目に見てもらえるという強いメッセージを与えることになります。
 特に飲酒は、覚せい剤と違って合法であり、その意味で抑制力が効いていませんので悪影響は覚せい剤無罪判決より深刻だと言えます。
 最近、裁判所の心神喪失や心神耗弱の認定が甘くなりすぎてはいないでしょうか。


 納得できない点がもう一点あります。

 公判では、府警の取調官に暴行を受けたとする黒木被告自筆の「被疑者ノート」が証拠採用され、供述調書の一部の採用が却下された。判決理由で並木裁判長は、取調官の暴行を認定し、「精神的、肉体的に苦痛を被ったことは量刑上考慮すべきだ」と指摘した。

 取調べにおける暴行は絶対許されるべきではありませんが、それは刑事訴訟上は供述証拠の証拠能力として問題にすべきであり、被告人が受けた「精神的、肉体的苦痛」は損害賠償(国賠)の問題として解決すべきであって、量刑に反映されるべきではないと思います。

 取調べ時の暴行を量刑に反映させた場合、それによって「精神的、肉体的苦痛」が慰謝されたと見るのでしょうか?
 慰謝されたと見るならば、別途国家賠償請求が起こされた場合、量刑に影響した範囲で損害賠償額を減じる認定が可能なのでしょうか?
 被害感情、遺族感情に対する考慮はどうなっているのだろうか?
 刑罰による法回復機能との整合性はどうなるのだろう?
 などなどと疑問がいくらでも出てきます。

 私としても、考えがまとまっているわけではありませんが、直感的におかしい判決と感じます。

 検察は控訴すると思いますので、上級審の判断が待たれます。

| コメント(26) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 単なるつぶやき程度のエントリですが

 産経新聞などで報道されている精神鑑定をした何人かの鑑定人の証言を読んでみますと

 刑法39条というのは、所詮刑法理念の産物であって現実対応力のない規定のように思えます。

 犯罪の成否を左右する基準としては、いい加減過ぎます。

 いわゆる夫バラバラ殺人事件の被告人について、鑑定前に責任能力に問題があると考えていた法律家はたぶん一人もいないと思います。
 検察官は当然として、裁判官にとってもそして弁護人にとっても二人の鑑定人の鑑定結果は青天の霹靂だったと思います。
 検察官の再鑑定請求を裁判所が直ちに却下しなかったことにはっきり表れてます。
 裁判所の最終判断が注目されます。
 こうなるとどっちに転んでも控訴必至ですが。


 ついでに余談ですが、あの事件の被告人を「セレブ妻」と呼ぶのはまっとうな新聞社としての見識を疑います。
 まっとうじゃないのかな。

| コメント(6) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

志布志事件「違法に接見交通権侵害」 国・県に賠償命令(asahi.com 2008年03月24日13時58分 ウェブ魚拓

 接見内容を調書化することが絶対許されないというわけではないと思いますが(例えば弁護人による罪証隠滅工作があった場合など)、本件では調書化の必要性があったのかどうか疑問です
 事件全体の空気も影響しているかも知れません。
 
 普通なら国・県側が控訴すべき事案だと思うのですが、志布志事件を早く忘れさせたいと思ったらしないかも知れませんね。
 事件を風化させないために、是非国・県側に控訴してもらいたいと思います。
 理論的な問題として最高裁の判断を聞きたいという気持ちもあります。

 しかし、それはそれとして、警察は何のために「否認をそそのかされた」などという調書を作ったのでしょう?
 弁護人への牽制か?被疑者への圧力ないし被疑者と弁護人との離反工作の一貫か?
 結局のところは、弁護人が邪魔で邪魔で仕方がなかったんだろうと想像します。
 なんとかして弁護人を解任させたかったんでしょうね(そういう報道もあった記憶があります)。

 そういうことであれば浅知恵と言うしかありませんね。
 弁護人の存在を当然の前提として捜査ができなくて、一人前の捜査官と言えません。
 浅知恵に基づく調書化や調書化のための接見状況の取調べは、違法とされても仕方がないと思います。

 ここまで違法・不当捜査のかたまりのような事件は珍しいと思います。

| コメント(6) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)
| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

警戒中の凶行、県警捜査に不備? 変装・金川容疑者に気づかず(産経ニュース)

 結果論で批判してはいけないのですが

 金川容疑者は男子生徒(18)を襲った後、警戒中の男性巡査(29)の頭を切りつけた。巡査は同僚に取り押さえるよう叫んだが、付近にいた捜査員は金川容疑者の逃走を許した。

 ここのところは残念だったというほかありません。
 ほかの言い方もありえますが、現時点の情報に基づくモトケンの気持ちです。

 緊張感に欠けるところはなかったか、という点は問題になると思います。
 お前ならどうなんだ、という問いかけはあると思いますが、それなりの訓練を受けた警察官が市民の安全を自らの命を張って守るという状況なのですから、なんとかならなかったのかな、という思いがどうしてもでてきます。
 拳銃使用も当然想定内のことだったと思うのですが。

| コメント(16) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

最高検、取調べ全過程の録音・録画は拒否 日弁連反発(asahi.com 2008年03月22日03時14分 ウェブ魚拓

 検証によると170件の録画で撮影を担当した検事のアンケートで、全過程を撮影すべきだという意見はゼロ。「容疑者の供述の矛盾を厳しく問えず、十分な追及ができなくなる」「雑談や笑いもある取り調べを公開し、被害者や遺族が目の当たりにしたら、捜査機関に極度の不信感、嫌悪感を抱くかもしれない」などの意見が多かった。

 元検としましては、こういう意見が出るだろうなと理解できる意見ですが、

 「容疑者の供述の矛盾を厳しく問えず、十分な追及ができなくなる」というのはあまり説得力がないと思います。
 このような意見を述べた検事が何を考えているのか明確ではありませんが、厳しく問うシーンが裁判員から見ると任意性を疑われる恐れを心配したのでしょうか?
 しかし、供述の矛盾は誰が見ても矛盾なのですから、そこを厳しく問うのは当然でしょう。
 本音は別のところにありそうです。
 取調べ技術の未熟さが露呈するのを恐れているように思われます。
 
 「雑談や笑いもある取り調べを公開し、被害者や遺族が目の当たりにしたら、捜査機関に極度の不信感、嫌悪感を抱くかもしれない」のほうははるかに本音に近いですね。
 「雑談や笑いもある取り調べ」というのは日常的にあります。
 調書にならない本音もポロポロでます。
 紹介された意見では、捜査機関に対する不信感などが生じることを恐れていますが、場合によっては被疑者がポロリと漏らした本音が思いっきり被疑者に不利に働く場合もあります。

 可視化に関する議論は、録画されたもの全てが少なくとも裁判関係者(被告人、弁護人、裁判官、裁判員)に公開されることが前提になっており、場合によっては傍聴人にも公開されることが想定されているようです。
 しかし、以前も述べましたが、全面録画をするのであれば、公開対象場面と公開対象関係者を限定することが検討されるべきではないかと思います。

 録画は、被告人にとっても有利なことばかりではないのですから。
 場合によっては、被告人以外の関係者に重大な不利益を及ぼす場合も考えられます。

| コメント(33) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このエントリは「無罪推定の原則とネクタイ」の続編です。

 ネクタイをきちんと締めている人は「真面目な勤め人に見える。」という日弁連の感覚はごく普通の犯罪などとは縁のない一般市民の日常的な感覚だろうと思います。

 しかし、裁判員の前で展開される刑事法廷というのは日常世界ではありません。

 身柄拘束中の被告人は、手錠をされて腰縄を結ばれて法廷に入ってきます。
 たしかに初めてそのような姿を見る人(裁判員)にとっては衝撃的な光景だと思います。
 昔、検察庁に出入りしていた保険外交員の人に、「初めて見たときはショックだった。」という話を聞いたことがあります。

 そして、その被告人は検察官から犯罪者だと指弾されているのです。
 それも万引きや喧嘩の類ではありません。人を殺した者と言われているのです。
 そして、通常、すでに1か月以上、場合によって数か月以上自分の意思に反して身柄を拘束されているのです。
 被告人にとっても非日常的なそのような状況は、被告人の心身に目に見える影響を及ぼす場合があります。

 もし、その被告人が無実の冤罪被害者であったなら、その被告人が置かれている状況というのは不条理の極みというべき非日常世界です。

 その被告人が真犯人であったとしても、正直に反省している被告人であるとは限りません。
 あらゆる手段、つまり嘘八百や可能な限りの罪証隠滅工作を行って自己の罪を免れようとしているかも知れません。
 
 被告人が、「私は無実だ!」と叫ぶとき、その被告人が冤罪被害者であるのか罪を免れようとしている狡猾な真犯人であるのかは、ネクタイをしているかどうかによって区別できるようなものではありません。

 何が言いたいかといいますと、

 日弁連は、本来的に非日常的な状況に、日常感覚を持ち込もうとしている誤りを犯しているのではなかろうかという危惧です。
 非日常の世界を日常の基準に従って見てしまった場合、真相に迫ることは極めて困難になるだろうと思われます。

 すでに、前エントリのコメント欄で指摘されているところですが、日常感覚の見た目を問題にするよりは、裁判員に対して裁判および被告人の置かれている状況というものは非日常の世界なのであるということを理解させることこそが重要なのではなかろうかということです。
 
 そして日弁連の主張は、単に優先順位を誤っているだけでなく、裁判が非日常であるという最も重要な理解から裁判員を遠ざけてしまう危険があるように思われます。

 私は全エントリの最後で

 木を見て森を見ないような対策や、木ばっかり見ることによって森が見えなくなるような対策、または森を見えなくするための対策だったりすれば、そんな対策をとらなければならないということは裁判員制度などできる状況でないということです。

 と書きましたが、それは何が木で何が森かを見定めないと、結果的に「森を見えなくするための対策」になってしまわないかということを恐れたからです。

| コメント(23) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

裁判員裁判、予断排除のため被告のネクタイを容認(2008年3月20日03時05分 読売新聞)

 例によって揚げ足取りかもしれませんが

 拘置中の被告が出廷する場合、服装は原則自由だが、ネクタイは「自殺に使われる恐れがある」、靴は「逃走が容易になる」との理由で拘置所が認めていない。しかし、日本弁護士連合会は、拘置所を所管する法務省に対し、「裁判員が『やはり犯罪者なのか』という予断を抱けば、無罪推定の原則が揺らぐ」として、ネクタイ着用などを認めるよう要求していた。

 裁判員制度というのは、被告人がネクタイをしているとかしていないというくらいのことで判断の公正さが問題になるようないい加減なものだったんですね。

 見た目で犯人ぽいとかぱりっとしたスーツを着ているから無罪だろうというような気分で裁判されたらたまらんですな。

 たしかに、刑事事件の依頼者から、裁判所にはどんな服を着ていったらいいですか、という質問を受けたときには「スーツのほうがいいですよ」と言うときがありますし、いかにもスーツが板につかないなと思うときは「きちんとした服装できてください」と助言します。
 しかしそれは主として情状面で被告人の裁判を受けるに当たっての真剣さを疑われないようにというためであり、無罪推定の原則、言い換えれば証拠に基づく裁判における有罪無罪に影響するという意識はありませんでした。
 検事時代の感覚では、少なくともネクタイの有無によって心証を左右されたことはありません。
 
 ネクタイの有無程度が問題になるのであれば、マスコミの事件報道のほうがはるかに深刻な問題です。
 できる範囲のことはたとえ小さなことでもやろう、ということであれば目くじらを立てるほどのことはないのかも知れませんが、
 木を見て森を見ないような対策や、木ばっかり見ることによって森が見えなくなるような対策、または森を見えなくするための対策だったりすれば、そんな対策をとらなければならないということは裁判員制度などできる状況でないということです。

続編あり
 裁判員の日常と裁判の非日常

| コメント(56) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

橋下・大阪府知事「府庁内は全面禁煙、朝礼は始業前」(asahi.com 2008年03月19日23時58分)

 禁煙は時代の趨勢だと思いますが

 また、橋下知事は今後の朝礼について、始業前の午前8時45分から行うことも明らかにした。記者から「始業前の朝礼はサービス残業の容認ととらえられる」と質問されると、「民間の皆さんに判断をお任せします。労働基準法ではサービス残業は認められないが、(朝礼は)任意で自由参加でやる」と語った。

 知事が府庁の職員に対して言う言葉として、この「任意」という言葉は無神経過ぎはしませんかね。
 例の女性職員に対するバッシングがあった直後ですから二重の意味での無神経になりかねません。

 本気で下からの意見が欲しいなら、意見が言いやすい空気を知事自らが作らなければいけないのに、逆方向へ走ってませんかね。

| コメント(97) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「靖国」上映を中止 東京の映画館(asahi.com 2008年03月18日09時03分 ウェブ魚拓

 来月公開予定のドキュメンタリー映画「靖国」をめぐり、都内の映画館1館が、予定していた上映を取りやめることを決めた。「問題が起こる可能性もあり、総合的に判断した」としている。

 危惧していた状況が現実化しました。
 プリンスホテルの事件(「二流ホテルの証明」)のときに生じた危惧です。
 はたして、プリンスホテルが日教組の会場使用を拒否するという事件が起きなかったら、この映画館は上映を中止したでしょうか?
 たらればの話ですから推測の域を出ませんが、嫌な空気が感じられます。

 一見すると小さな出来事の積み重ねが世の中を大きく変えることがあります。よい方向へも悪い方向へも。

 

| コメント(26) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

【鈴香被告】死刑回避の理由は(産経ニュース ウェブ魚拓

 一読の価値あり

 関連記事
 秋田連続児童殺害事件地裁判決

| コメント(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「選挙テロだ」―長崎市長銃撃、検察は死刑求刑(asahi.com 2008年03月19日22時44分)

 被害者は1人でも、選挙期間中の候補者を狙った「選挙テロ」の重大さを考えれば死刑を選択すべきだ――。19日、長崎市長銃撃殺害事件の論告求刑公判で、長崎地検は元暴力団幹部、城尾哲弥被告(60)への死刑求刑に踏み切った。

 たしかに「踏み切った。」という感じの求刑だと思います。

 日本弁護士連合会のまとめによると、永山事件判決後、確定した死刑判決は163件。このうち死亡被害者が1人の殺人事件は25件で、多くは金銭や性犯罪目的の事件か、被告に殺人の前科があるケースとされる。

 たしかに「今回の事件はいずれにも該当しない。」という感じです。

 九州大の内田博文教授(刑事法学)は「最近は下級審で死刑求刑が退けられても、控訴、上告して死刑を求め続ける検察の強い意思がある。今回の論告も、その流れが特徴的に出ている」と指摘し、こう話した。

 「暴力団の銃使用犯罪ということで、世論の支持も得やすいと判断したのではないか。永山事件判決とは異なる基準での求刑のように感じる」

 永山判決も、つきつめれば死刑に値する犯罪には死刑が許容されると言っているわけで、「永山事件判決とは異なる基準での求刑」かどうかはよく分かりませんが、永山判決に反しているとは言えないように思います。

 地裁が求刑ついてくるかどうかについては5割以下かなという気がしますが、検察としては他の死刑求刑事件以上に強い意思を示してくると思いますので、上告までいく事件だろうと思われます。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「選挙テロだ」―長崎市長銃撃、検察は死刑求刑(asahi.com 2008年03月19日22時44分)

 被害者は1人でも、選挙期間中の候補者を狙った「選挙テロ」の重大さを考えれば死刑を選択すべきだ――。19日、長崎市長銃撃殺害事件の論告求刑公判で、長崎地検は元暴力団幹部、城尾哲弥被告(60)への死刑求刑に踏み切った。

 たしかに「踏み切った。」という感じの求刑だと思います。

 日本弁護士連合会のまとめによると、永山事件判決後、確定した死刑判決は163件。このうち死亡被害者が1人の殺人事件は25件で、多くは金銭や性犯罪目的の事件か、被告に殺人の前科があるケースとされる。

 たしかに「今回の事件はいずれにも該当しない。」という感じです。

 九州大の内田博文教授(刑事法学)は「最近は下級審で死刑求刑が退けられても、控訴、上告して死刑を求め続ける検察の強い意思がある。今回の論告も、その流れが特徴的に出ている」と指摘し、こう話した。

 「暴力団の銃使用犯罪ということで、世論の支持も得やすいと判断したのではないか。永山事件判決とは異なる基準での求刑のように感じる」

 永山判決も、つきつめれば死刑に値する犯罪には死刑が許容されると言っているわけで、「永山事件判決とは異なる基準での求刑」かどうかはよく分かりませんが、永山判決に反しているとは言えないように思います。

 地裁が求刑ついてくるかどうかについては5割以下かなという気がしますが、検察としては他の死刑求刑事件以上に強い意思を示してくると思いますので、上告までいく事件だろうと思われます。

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

食の安全に警鐘 田中社長に懲役4年 ミートホープ判決(asahi.com 2008年03月19日14時27分)

 田中社長に対し、札幌地検が求めた刑は「懲役6年」。「実刑で罪を償うしかない」というメッセージを込め、裁判所に執行猶予付きの判決を出させないように思案した末のことだった。

 検察官に「裁判所に執行猶予付きの判決を出させないように」する権限はありませんが、懲役6年の求刑は実刑判決を求める明確な意思表示であったことは間違いないでしょう。

 「司直の判断は時代に応じて変化する。今の社会では、絶対に許されない犯罪だった」。検察幹部の一人は、こう話した。

 たしかに10年前だったら実刑になったかどうか分かりません。

 一連の偽装を内部告発した元常務の赤羽喜六さん(72)は、この日の判決を傍聴した。「程度の差こそあれ、私も不正に加担したと言える。消費者に大きな迷惑をかけてしまった。今日、自分も同様に罰せられたのだと思っています」。そして、こう語った。「正しいことをしたという思いが半分、そして後悔が半分。同僚を路頭に迷わせてしまった……。告発が必要のない社会になってほしい」

 元常務さんの告発がなければ、ミートホープ社はさらに長期間偽装肉の販売を続けていたわけで、元常務さんの行動はまったく正しかったのですが、「そして後悔が半分。」という正直な言葉に元常務さんの人柄が表れているようでお気の毒なところがあります。
 しかし、偽装を続けていれば重大な健康被害が生じた可能性もあり、そうなった場合に社長一人の責任で済む保証はありません。
 元常務さんとしては、同僚のためにも正しいことをしたと考えて欲しいと思います。
 それにつけても社長の責任は重いです。
 実刑は当然と考えます。

| コメント(11) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 死刑求刑に対して無期懲役の判決ですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

強盗傷害ロシア人に無罪「脅迫的取り調べの疑い」…富山地裁(2008年3月18日22時25分 読売新聞)

 手崎政人裁判長は、「取り調べの際に脅迫的な言動がなされた疑いは払しょくできず、共犯者とされる男との共謀の成立は認められない」として無罪(求刑・懲役5年)を言い渡した。

 ここまでは、ああそうなのか、という感じで読めるのですが

 検察側は、被告は見張り役だったとし、「分け前として約70万円を受け取った」と主張したが、手崎裁判長は判決で、「受け取った70万円は口止め料の可能性がある」などと指摘した。

 この記事だけを読むと、「はぁ?」という感じがします。
 「口止め料」ということはこの被告人は共犯者が強盗をしたということを知っていたということですね。
 いつ知ったのでしょう?
 共犯者の犯行時点において、見張り役かどうかはともかく、知っていたというのであれば、共犯性を認定する根拠の一つにはなるだろうと思われます。
 判決全文を読んでみたい事件です。

 「意外な判決に驚いている。」という次席検事の言葉はそうだろうなと思います、今のところは。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

強制わいせつ罪の男性に無罪判決 横浜地裁横須賀支部(asahi.com 2008年03月18日21時03分)

 検察は控訴するかも知れませんので、訴訟上の事実としてもまだ確定はしていませんが、それにしても

 男性は05年5月に逮捕され、06年11月に保釈が認められるまで約1年半の間、勾留(こうりゅう)されていた。

 裁判官は(本件の裁判官に限らずすべての裁判官への問いかけです)、この事実をどう考えるんでしょう。

 60歳の古書店主にいったいどの程度の罪証隠滅の恐れがあったというのでしょう。
 もしこのまま被告人の無罪が確定したら、この勾留期間はどれだけ不条理なものになるのか。
 
 人質司法は無罪推定の原則を蹂躙するものであるという感を深くします。

 結果論で言っているのではありません。
 被疑者・被告人を勾留するということは、すでに文字通りの意味における「無罪の推定」を超える「犯罪の嫌疑」の存在を前提にしていますが(その意味で無罪推定の原則は被告人を無罪として扱うべしというわけではありませんが)、それでも被告人は無罪になり得るということは当然織り込んで制度を運用すべきだということです。

 この被告人の背後に暴力団組織があって、保釈すると暴力団組員が被害者に対して威圧的な働きかけをする恐れがあったというのであれば、正当化の余地が少しはあるかも知れませんが。

 ここまで書いて公判の推移を確認しますと、06年11月に保釈が認められてますね。
 おそらくこの時点で何らかの状況の変化があったと思われますが、その後1年以上審理が続いていたということからすると、その時点で証拠調べが終わったというわけでもなさそうです。

 いろいろな可能性が推測可能ですが、あまりに情報不足なのでやめておきます。

 最近、被害者の証言の信用性に疑問を投げかける判決が目に付きますが、その大元には、検察官が被害者の供述を十分な検討もしないで鵜呑みにして信じる傾向があるのではないかと危惧しています。
 被疑者と被害者の話が食い違ったら、被害者の話を信用すると公言する検事を知っています。
 判決が指摘しているように、信用性の低い被害者供述もあれば、被害者も被疑者もどっちも信用できない場合もあります。
 じっくり聞けばどっちも正直者だったということもあります。
 はなから被疑者・被告人を疑って被害者の供述にそう自白を求めるという考え方の危険性と弊害を考えていない警察官や法曹が増えていないでしょうか。


 いずれにしても、この被告人が経営していた古書店はどうなったのでしょう?

| コメント(8) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)
| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)
このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

校長が教え子を脅迫した事件の報道・・・ひとりの人間を葬った報道に予断はなかったか

 珍しくまともなPJ、というと多くのPJさんに失礼ですが、かなり偏った意見の多い中で冷静かつ有益な指摘が述べられています。

 記事中および参照されているブログで「新聞記者 疋田桂一郎とその仕事」という本が紹介されていますが、疋田氏のような自覚を持っているマスコミ関係者はどの程度いるのだろうか。

| コメント(5) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「人殺しは当然」 身勝手な主張重ねた松村被告(産経ニュース)

 弁護人は、強盗目的を争っていたようですが、強盗殺人か単なる殺人かは、この被告人に関する限り、あんまり関係ないみたいです。

 京都地裁の3人の裁判官も、慎重に審理したとは思いますが、それほど悩まなかったかも知れません。

 さて、この被告人は控訴するのでしょうか。

| コメント(14) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

覚せい剤使用で心神喪失、強盗など無罪に 岐阜地裁(asahi.com 2008年03月17日18時55分 ウェブ魚拓

 まだ人が死んでないからいいですけど

 覚せい剤所持・使用や不法残留、強盗致傷など10罪に問われたイラン国籍、名古屋市千種区上野、塗装工ジャムシッド・モハマディ被告(34)の判決公判が17日、岐阜地裁であり、田辺三保子裁判長は覚せい剤使用・所持と不法残留のみ有罪とし、懲役2年執行猶予4年(求刑懲役10年)を言い渡した。覚せい剤使用後に及んだ強盗などは「覚せい剤の影響で心神喪失の状態にあった」と無罪を言い渡した。

 理論的には、心神喪失の原因が精神疾患であろうと薬物中毒であろうと心神喪失状態での犯行は無罪なんですけど、薬物中毒による心神喪失無罪というのは昔からまったく釈然としないんですよね。

 病気などは自分の意思でどうにもならないところがあると思いますが、薬物は悪いと知りながらそして多くの場合は精神に異常をきたす可能性を認識しながら、自らの意思で使用を継続した挙句に心神喪失になるというものです。
 どうしてそんな人間に免責の恩恵を与えなければいけないのか、と常々思うわけです。

 抜本的には、薬物を原因とする心神喪失無罪を認めないという立法措置をとるべきだと思っていますが、今のところ見通しが立たないので、せめて事実認定の問題として、薬物による心神喪失認定のハードルを高くするべきではないかと考えます。
 新聞報道ですから断片的な判決内容しか分かりませんが、「何も覚えていない」と供述したら心神喪失が認められる、という噂が広まったらたまったものではありません。

 その意味で、検察は控訴して控訴審でひっくり返してもらいたいものだと思うのですが、それにつけても執行猶予ですか。
 不法残留と覚せい剤の使用・所持の初犯ならそういう結論も理解できないわけではないですが、心神喪失状態になって強盗まで行うというのは、覚せい剤使用事犯としては最も重い量刑に値する最悪の情状と考えられますから、実刑は当然視野に入ったと思われます。

 外国人だからとっとと追っ払ってしまえばいい、と裁判官が考えたわけではないと思いたいですけど。
 
 しかし、そういうつもりで国外退去にしても、すぐ戻ってくる場合が少なくないはずなんですよ。
 裁判官はどういう認識だったのかわかりませんが。

| コメント(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

イージス艦「あたご」安全航行装置 機能せぬまま1年(asahi.com 2008年03月17日17時47分 ウェブ魚拓

 変なニュースです。
 というか、報道どおりだとすると総務省の対応がとても変です。
 今回の事故との因果関係はなさそうですが

 ところが、通常の船舶なら1カ月程度で承認が済むのに総務省が事前審査に手間取り、15隻ともAISが使えない状態が続いていた。防衛省は新年度、さらに45隻に搭載を予定し、総務省から事前審査の連絡を待つ状態だった。これに対し、総務省は朝日新聞の取材を受けた翌日の13日、防衛省に本申請するよう要請、申請書を受けると、即日、許可した。

 なんですかこれは。
 完全にさぼってたんじゃないですか。

 これに対し、総務省の名執潔・衛星移動通信課長は「防衛省の陸、海、空から無線の許認可に関する多数の申請が来ているが、自衛艦のAISを優先するようにとの要請はなかった。(今回の事故もあり)早急に許可を出すことにした」と話している。

 優先しなくったって、「通常の船舶なら1カ月程度で承認が済む」というのであれば、自衛艦だって「1カ月程度で承認が済む」と思うんですけどね。
 自衛艦に搭載される装置だけ特別に承認が難しいってもんじゃないでしょ。
 全然説明にも言い訳にもなってないと思うのですが、何か特別の事情でもあるんでしょうか?

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「らき☆すた」売れまくったのは 違法投稿が「宣伝」してくれたから(J-CASTニュース)

 さほど目新しい意見ではないが、日本ではいまだ少数派かも知れない。

 形式的には違法でも、権利者に利益になる場合はたしかにあるんでしょう。

 しかし、権利者に損害を与える場合もあるわけで、形式的違法を容認または放置した場合の影響を考えないわけにはいかない。

 まあ、権利を行使しなければならない義務というのは原則的にはないのであるから、権利者の意向次第ともいえるが、同じフィールドに考え方の違う権利者が存在するとそのフィールドが混乱することは間違いない。

 ローカルルールの策定とその周知が重要になってきそうだが、権利者がローカルルールに拘束される理由もない。

 とりあえず、現実を直視して、権利者側の意識変革が必要なんだろうな、ということにしておきます。

| コメント(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

掲示はがし退学処分 学長批判記事の反論 ノースアジア大(asahi.com 2008年03月16日03時00分)

 秋田市のノースアジア大学(旧・秋田経済法科大学、小泉健学長)が昨年12月、構内の掲示物を取り去ったとして法学部2年生の3人を退学や無期停学にしていたことがわかった。防犯用ビデオから学生を割り出したという。「掲示されていた内容が重大だった」ことが大きな理由の一つだが、学校関係者からは「社会の常識に照らし、あまりに重い処分」と疑問視する声も出ている。

 どの程度重大な内容だったかというと

 はがされた文書は『週刊新潮』の記事を受けて作られた学生向けの「告知文」。同誌は「(小泉学長の)気分次第で人事が決まり、教職員が降格されたり退職を迫られたりしている」と職員が話していると紹介し、小泉学長が「恐怖政治で支配し、今や誰一人逆らう者がいない独裁体制を築いてしまった」と書いた。

 大学は「事実無根」と反論。新潮社に記事の撤回を求めた経緯や損害賠償を求め提訴したことなどを「告知文」に記載し、構内数カ所に張り出した。

 なるほど、

 週刊誌の記事の信憑性が裏付けられるような事件です。

| コメント(11) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

裁判員制度にらみ方針転換 警察庁(産経ニュース)

 ついに警察も抵抗できなくなったようです。
 今後も紆余曲折はあると思いますが、可視化の流れは始まりましたので、録画の範囲や録画データの取り扱いなどの実務的な側面を詰めていくことになるだろうと思います。

 取調べの録画にはマイナス面もありますので、弊害を抑制しつつ最大限の可視化を追及していく必要があると思っています。
 
 関連エントリ 「取調べの可視化の問題点

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

日教組、プリンスHに3億円賠償訴え 教研集会拒否で(asahi.com 2008年03月14日21時34分 ウェブ魚拓

 金額的に満額が認容されるかどうかは別にして、日教組が完全敗訴する可能性は少ないと思います。
 金銭賠償につきましては、プリンスホテル側が裁判所の判断に従わないということはできません。

 日教組は「争点は既に明確だ」として早期の判決を求める方針。

 そうですね、早く判決を出してほしいものです。
 どうせ、最高裁まで行くんでしょうけど。

〈プリンスホテルの話〉 契約を解除したのは当日近隣で行われた入試に臨む受験生に対する多大な迷惑を第一に考えた結果。教職員の皆様だからこそ、この点をご理解いただきたい。

 理解を求める相手を間違えているように思います。

| コメント(22) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 最近、発言内容がすこ〜し過激になってるんじゃないかなと面白くなっている「Matimulog」ですが(^^;

 新銀行東京、追加出資されたら貸し剥がしにかかる予定経由の記事です。

 新銀行東京:光明見えぬ、夜中過ぎ特別委延々(毎日新聞 2008年3月14日 東京朝刊)

 一応、東京都民の一人として、都の責任、すなわち都知事の責任はないのかな、と思っております。

続報追記
 新銀行東京、損失の4割が営業経費(2008年3月16日03時09分 読売新聞)
 

| コメント(19) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

被害者は「甲・乙・丙」 最高裁、匿名で初の刑事裁判(asahi.com 2008年03月14日08時21分)

 「甲(こう)が丙(へい)を介して手渡し」「丁(てい)と戊(ぼ)に2発を発射」……。犯罪被害者を守るため、刑事訴訟法の改正で昨年暮れから被害者の名前を法廷で伏せることができるようになり、最高裁で初めてこの制度を適用した刑事裁判が13日あった。裁判所の裁量で性犯罪の被害者などを匿名にしたケースはこれまでもあったが、今後はこうしたケースが増えそうだ。

 強姦事件の被害者の利益保護などが典型的な適用場面だろうと思います。
 過去に書いた記憶がありますが、このような法律ができるはるか昔から、起訴状に書かれている被害者の固有名詞を読まずに「被害者」と言って起訴状を朗読する検事がいました。
 ある地方都市での強姦事件の法廷でのことで、傍聴席を見ると地元の婦人会か何かの団体さんの傍聴人がいたことから咄嗟に検事が判断したとのことです。
 これは厳密には法律違反だったのですが、弁護人も裁判官も何も言わずにスルーしたということでした。
 先輩検事から聞いた話です。

 本件の弁護人は

 弁護側は「被害者の氏名は犯行の基本中の基本。憲法が保障する裁判の公開の原則に反する」と疑問を投げかけた

 ようですが、被告人の防御には特に問題はないと思います。

 被告人の防御という意味では、私はビデオリンク方式の証人尋問のほうがはるかに問題があると思っています。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「バンジー」と称し、乳児を床に落とす 奈良の虐待事件(asahi.com 2008年03月14日17時06分)

 あんまりひどい事件なんで、書こうかどうか迷ったんですけど、、、
 人の親になってはいけない人間がいると感じさせられる事件です。

 父親が無職ですので、経済的な問題が背景にある可能性がありますが、仮にそうであったとしてもこの両親は非人間的です。非動物的と言ってもいいです。

 どういう育ち方、または育てられ方をしたのか、そしてどういう価値観を持っているのか?

 ひどい事件ですが、特別な例外的事件ではないと思われますので、犯行の要因をできるだけ解明して貰いたいですが、問題は、それを解明しても今後の同種事件の発生を抑止するためにその情報が役に立つシステムが確立しているようには思えないところです。
 私が知らないだけかも知れませんが、、、

| コメント(8) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

裁判員制度:重大事件は取り調べを録音、録画 対象拡大へ(毎日新聞 2008年3月14日 15時00分)

 来春始まる裁判員制度に向け、法務・検察当局は、一部の事件で限定的に試行してきた取り調べの録音・録画の対象となる事件を大幅に拡大する方針を固めた。殺人など裁判員制度の対象となる重大事件について、原則的に行う方向で検討する。

 対象事件の範囲の拡大であって、全過程の録画には直結しないようですが、少しずつでも拡大していくのはよいことだと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

映画「靖国」の助成、文化庁「取り消しは難しい」(asahi.com 2008年03月13日20時25分 ウェブ魚拓

 会合は、同党議員でつくる「伝統と創造の会」(会長・稲田朋美衆院議員)と「平和靖国議連」(会長・今津寛衆院議員)が開き、議員10人ほどが参加した。

 議員側は「真偽が定かでない南京事件の写真を使っている」などと指摘。助成対象となる「政治的な宣伝意図を有しない日本映画」に当たらないのではと疑問を呈した。

 どうも、自分たちの考え方と相容れない(と自分たちが考える)映画に税金が使われることは認められない、と考える議員がいるようです。

 卑近な言葉で言えば、○○の小さい議員どもだ、という感じですが、冗談ではすまないきな臭い雰囲気も感じられます。
 既に文化庁側に対して十分な事前抑止効果を及ぼしていると思われます。

 こういう動きが他のテーマや場面にも及べば、かなり深刻な事態になります。

 会合後、今津議員は「選考過程なども含めますます疑義が深まった。今後は党として(この問題を)取り上げたい」と話した。

 露骨ですね。
 さて、自民党として何かするのか、しばらく注目したいところです。
 自民党の大勢はそこまでバカじゃないと思いますが。

| コメント(73) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

授業妨害:生徒8人が続け 心労で校長は休職、教頭は休養−−福岡の町立中学校(毎日新聞 2008年3月13日 東京朝刊)

 最近、この手のニュースをあまり見ないなという思いで読みましたが、実情はどうなんでしょう?
 荒れる学校は減っているんでしょうか?

 校長や教頭は、体調を崩したくらいですからそれなりに真剣に取り組んだのかも知れませんが、対応できなかったみたいですね。
 こういう生徒に対する対応については、全国規模でかなり実例の蓄積があるはずなんですが、そのようなデータが活用できる体制になっているのでしょうか?

 学校側は生徒たちを美術準備室に個別断続的に“隔離”したが、生徒はテレビゲームや電熱器、ラジカセなどを自宅から持ち込み、喫煙や飲食するなど事実上のたまり場となったため、2月末に準備室は閉鎖された。

 こういうのは対応としては、あまりよくない(たぶん最低?)ような気がします。
 正攻法でぶつかって、それでもだめなら警察力を導入することも考えていいと思いますが、教育現場の苦労を知らない私としては、どういう対応が正攻法なのかよくわかりませんし、警察力は伝家の宝刀、つまり最後の手段、できれば抜きたくない、と考えるべきとは思います。

 教育現場の実情についてご存じの方の忌憚のないご意見をお待ちします。

追記
 [校内暴力]中3と中2の2人を逮捕へ 福岡・田川郡

 福岡県田川郡内の公立中学校で、一部生徒が授業を妨害し、校長ら学校幹部が休職や自宅休養などに追い込まれた問題で、県警は14日、妨害にかかわったとされる同校3年生と2年生の生徒2人について、暴力行為処罰法違反容疑で逮捕状を請求した。同日の卒業式の後にも逮捕する方針。

 すでに被害届が出ていたみたいですね。
 こんな生徒でも卒業式には出させてやろうという温情のようですが、その温情が通じるといいんですけどね。
 何年か先の話でもいいんですが。

| コメント(48) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

国会議員横ヤリの「靖国」試写会に80人 偏向指摘も(asahi.com 2008年03月12日23時16分 ウェブ魚拓

 2時間の試写終了後、報道陣に囲まれた稲田議員は「助成金にふさわしい政治的に中立な作品かどうかという一点で見た」としたうえで、「靖国神社が、侵略戦争に国民を駆り立てる装置だったというイデオロギー的メッセージを感じた」と語った。

 予想通りでしたね。

 これに対して

 ただ、試写を見た自民党の島村宜伸衆院議員は「一貫したストーリーを見せるというよりは、様々な場面をつなげた映画。自虐的な歴史観に観客を無理やり引っ張り込むものではなかった」とした。また、民主党の横光克彦衆院議員は「戦争の悲惨さを考えさせる映画だが、むしろ靖国賛美6割、批判4割という印象を受けた」と話した。

 こういう意見もあるのでありまして、

 色眼鏡をかけた稲田議員が、この映画に色ガラスを被せようとしてるんじゃないかな、と危惧します。

>「政治的に中立な作品かどうかという一点で見た」

 政治的中立性というのはどういう意味なんでしょうね。
 「反対しないということは賛成だ。」という解釈が常にありえますからね。
 政治的色彩が皆無の映画なんていうのは、あり得ないんじゃないですか。
 どんな映画だって政治的解釈が可能です。
 そしてそれを色眼鏡で見れば、どんな恣意的解釈も可能です。
 稲田議員は健忘症ですか。

 このエントリは「文化庁を通じて試写を要求」の続報です。

| コメント(21) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)
| コメント(52) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「反射的想像力」というのは、即座に反応する想像力という意味で使いましたが、

倖田來未「羊水発言」でニッポン放送社長が陳謝(2008年3月12日(水)17時48分配信 J-CASTニュース)

 なんで社長が謝らないかんのかな、と思って読んだところ

 事前録音だったにもかかわらず問題発言が放送されたことを重視し、

 あ、なるほど、そうだったのか、と思いました。
 てっきり、生放送だと思ってました。

 で

 「スタッフの教育を徹底したい」と説明。番組のスタッフのほぼ半数を異動させたことも明らかにした。

 ということです。

 誰も客観的に評価できるスタッフがいなかったんですかね。
 冷静にかつ視聴者の立場に立って聞いてれば、頭の中に黄色信号くらいは点滅したはずだと思うんですけどね。
 要するに、想像力と思いやりの欠如なんじゃないですか。
 どんな人が聞いている可能性があるのか、いろんな人を想定してどのように聞こえるのか、ということが瞬時にイメージできないと駄目なんでしょうね。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

夜桜法廷:司法制度への理解深めて 徳島地裁、28日に /徳島

 日中は仕事などで裁判の傍聴ができない人たちに、司法制度への理解を深めてもらおうと、徳島地裁は28日午後6時半から、「夜桜法廷2008」を開催する。

 これはなかなかいいですね。
 裁判所というところは5時以降は仕事をしたがらないという印象を持っていたのですが、偏見かも知れませんね(^^;

 ほかの県でも似たようなことをやってましたでしょうか?

 裁判員制度を意識した取り組みであることは明らかですが、裁判員制度を度外視しても法曹と一般市民が直に意見交換できる機会は貴重だと思います。

希望者は、はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記して、〒770―8528 徳島市徳島町1の5、徳島地裁総務課「夜桜法廷2008」係まで申し込む。14日必着で、応募者多数の場合は抽選。問い合わせは、同課(088・652・3141)まで。
| コメント(5) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

認知症の妻を殺した夫に猶予判決 神戸地裁尼崎支部(asahi.com 2008年03月12日11時41分)

 殺人罪で執行猶予がつくことは少ないのですが、レアケースというほどではないように思います。

 本件では検察も控訴しないでしょう。

 服役はしないとはいえ、被告人の慙愧の念は深いものがあるでしょう。
 今後、このような事件が増えそうなのが気がかりです。

| コメント(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

民主府議に「卑怯な大人」 橋下知事答弁の議事録削除、3度目の異常事態(産経ニュース)

 この日、民主の中野隆司府議が非行少年の自立支援施設について質問した際、橋下知事の著書を掲げ、「『罪を犯した少年のために税金をつぎ込む必要があるのか』とあるが、私人時代のコメントとはいえ府民に混乱を招く。出版物を回収すべきだ」と批判した。

 ふ〜ん、こんなこと書いてたんですね。
 橋下知事の刑事事件に対するスタンスが現れているんでしょうね。
 犯罪というものに対する基本的無理解が感じられますが、それはそれとして

 これに対して橋下知事が別の発言機会に

 「子供たちには、著書の一節を用いて発言しながら、答弁の機会を与えないような卑怯な大人になってほしくない」などと反論の答弁をした。

 ところ(^^;

 民主側は「答弁を求めていないのに、別の質問で反論するのはルール違反。内容も言い過ぎ」と抗議。

 ということになったらしい。

 しかし、批判しておいて反論の機会を与えないっていうのは根本的なルール違反ではなかろうか。
 本の回収云々より、今現在橋下知事がどのように考えているのかを質すべきではないだろうか。

 橋下知事の「卑怯」呼ばわりは確かに言い過ぎかも知れませんが(たしかに卑怯な気もしますが^^)

 府議会事務局の担当者は「知事や議員が1回の議会で何度も発言を削除される例は聞いたことがない」と話している。

 ということらしいですが、これが橋下知事のキャラということでいいんでないでしょうか。
 大人気ないというより、子供っぽいという気もしますが、府議会に活気が出そうですし、府民の注目度も上がるということで、少なくとも面白いです。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

小桜セレナ:“疑惑の目”アッコを批判(スポーツニッポン 2008年3月11日)
小桜セレナさんのブログ

 問題の番組を見ていないので、どういう流れ、どういう空気の中での和田アキ子さんの発言なのかよくわかりませんが、ご本人とそのご家族が傷つき悲しんだことは事実のようです。

今までアッコさんのファンだった母親が

鼻を赤くして下を向いて震えていた。

悲しかったのだろう。


それを見て。

もっと悲しくなった。

 一言あってもいいんじゃないかな。

| コメント(6) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

佐賀県警伊万里署長がセクハラ 披露宴でスカートさわる(asahi.com 2008年03月10日20時52分)

 佐賀県警伊万里署の圓城寺(えんじょうじ)重憲署長(58)が1月、同県唐津市内であった結婚披露宴で、女性のスカートをさわるセクハラ行為をしていたことが分かった。
 県警は、署長に代わって女性に謝罪。県警監察課は「女性に被害感情がないため、わいせつやセクハラに当たらない」としている。

 結局、なんだったんだろう???

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

靖国映画「事前試写を」 自民議員が要求、全議員対象に(asahi.com 2008年03月09日03時24分 ウェブ魚拓

 公開前ですし、私は国会議員でもなく試写を要求してもいませんので内容面に関するコメントはできませんが

 稲田議員は「表現の自由や上映を制限する意図はまったくない。でも、助成金の支払われ方がおかしいと取り上げられている問題を議員として検証することはできる」。

 検証した結果、稲田議員がおかしいと感じたらどうするつもりだったんでしょう。

  どう思っていたにせよ、何にも考えていなかったにせよ、どうにも表現の自由に対するデリカシーを欠く行動としか思えません。

それならば封切り前に自分たちのために試写会を開けと要求するのではなく,封切り後に映画館で見れば済んだ話ではないかという気がします。(la_causette

 私もそう思います。

 まあ、製作者側としてはいい宣伝になったのかも知れませんが、

 李監督は「『反日』と決めつけるのは狭い反応。賛否を超えた表現をしたつもりで、作品をもとに議論すべきだ」と話す。

 ここは大事だと思います。
 「作品をもとに」つまり映画は見てから自分の頭で評価すべきでしょう。
 それができる人ばかりなら、国会議員が事前に試写会を要求しようが、それに基づいてどんな発言をしようが関係ないと思いますが、その点についてはあまり楽観的ではありません。

 稲田議員としても、「見てから判断しようと考えていた」とおっしゃるかもしれませんが、ご自身が権力の行使者であるということを忘れちゃいませんかね。

続報エントリ
稲田先生の試写会

| コメント(56) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

毒物専門家の訪中要請へ(共同)

 中国外務省の秦剛副報道局長は8日までに、公安省が日本の警察当局に有毒化学物質専門家の訪中を要請し、中国製ギョーザ中毒事件の原因となった有機リン系殺虫剤メタミドホスの浸透性実験などについて情報交換することを検討していると発表した。

 じゃあ

「中国内で混入ない」河北省幹部が断言 ギョーザ事件(asahi.com 2008年03月07日08時06分)

 中国製の冷凍ギョーザ中毒事件を調査している中国河北省の付志方副省長は6日、「中国側で農薬成分のメタミドホスが混入された可能性はすでに排除された」と述べた。

 これはなんだったんだよ、と言いたいところですが

 結局、中国政府としても、「中国は安全ですよ宣言」をしたくらいで日本の消費者の不信感を払拭できないことくらいはわかってるのかな、という感じですが、地方の副省長クラスではその程度のこともわからないということなんでしょうか。

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

目玉の外国人調理師に残業代未払い 名古屋港イタリア村(asahi.com 2008年03月08日06時06分)

 イタリア村レストラン事業部の担当者は、朝日新聞の取材に対し、労組と団体交渉の席を持ち、残業代の支払いを求められていることを認めたうえで、「コンピューターの処理ミスで未払いが発生してしまった。

と言いつつ、

 また、同社は「日本人従業員については、未払いはない」という。

とも答えてます。

 この記者さん、いいとこ突いてますね。
 まさか日本人従業員は残業していなかったわけではないですよね。

 要するに、イタリア村は、日本人従業員と外国人従業員を別扱いしていたことは間違いないようです。
 恥ずかしい話です。

| コメント(22) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

愛子3連勝!年間V前進

 2連勝したときもすごいな、と思いましたが3連勝です(^^)
 ひざの故障に悩んでいたようですが、今シーズンは本物ですね。
 モーグルというのは見るからにひざと腰に負担がかかりそうな競技で、モトケンなんかは一発で再起不能になりそうです(^^;
 あと2戦とのことですので、怪我をしないで年間種目別優勝を勝ち取ってほしいです。

 ところで、「デュアルモーグル」って何?と思って調べたら、トーナメント方式の競技なんですね。
 これも厳しいですね。強い精神力が求められそうですが、怪我から復活した彼女なら大丈夫じゃないでしょうか。

 モーグル競技について

| コメント(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

(以下は、3月2日に書いていたものです。)

<平城遷都1300年祭>マスコットキャラに市民から批判

 奈良県で2010年に開かれる平城遷都1300年祭のマスコットキャラクターに対し、「かわいくない」など批判的な声が相次ぎ、1日には市民が白紙撤回を求める活動を始めた。

 どんなキャラクターかは元ニュースを見ていただくことにしまして

 正直、かわいくないです(^^;

 シカの角を生やした童子のイメージ

 なんで童子にシカの角を生やさないかんねん!?

 「仏に角を生やすなんて侮辱だ」

 第一印象としてそう感じます(^^)

 まあ、好みは人それぞれですから、このニュースだけで奈良県民全体の意見を推し量ることはできません。
 奈良は好きな場所のひとつですので、今後のお祭りの盛り上がりは願っています。

(ここまで書いて手直ししようかと思って公開していなかったのですが、続報が飛び込んできました。)

「奈良遷都祭」キャラ作者 批判メール対応に「感動した」 (J-CAST)

 依然としてキャラクター自体は好きになれませんが、真摯に対応した作者とそれを評価する人たちの存在は、「なかなかいいじゃん」と思わせられます(^^)

| コメント(21) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 新潟県弁護士会が裁判員制度の抜本的改正を求めて実施の延期と抜本改正が困難ならば廃止を決議しています。 
 二つに分かれていますのでそれぞれを紹介します。

 裁判員裁判実施の延期に関する決議
 決議理由 - 裁判員裁判実施の延期に関する決議

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 別エントリで、倶利伽羅(弁護士)さんから以下のコメントがありました。

もしこれを無批判に許せば、「法律上は執行猶予も一応可能だけれども、常識的に見てありえない。」などと不当な説明がされたり、または、責任能力が争われる事案で、医療観察法(これ自体悪法ですが)による処理をあえて秘匿して、「心神喪失にしたら無罪です。この人がすぐ社会に出るけどいいのですか。」という不当な誘導がなされることはすぐに予見できます。

 この意見は、裁判員に対する裁判官による不当な誘導の危険性を指摘されているわけですが、もちろん最高裁としてはそのような評議のあり方を不適切であると考えているはずです。

 しかし、意図的であるか否かにかかわらず、裁判官から裁判員に対して不適切な誘導がなされる可能性はかなりの蓋然性をもって存在すると思われます。
 たぶん、裁判官が意図的に、つまり強度な自制をもって誘導を回避しようとしても誘導を文字通りの意味で完全に排除することは困難だろうと思います。

 そのような現実を直視すれば、不適切な誘導という弊害を減らしていくための方策が必要になるはずですが、そのためには、実際の評議を事後的に第三者が検証する仕組みが不可欠と思われます。

 しかし、現在、そのような仕組みがあるのでしょうか?
 評議の秘密を前提にして、そのような検証が可能かどうかも疑問があります。

 悲観材料がまた一つ明確になったように思います。

| コメント(21) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

予後・合併症…患者に通じない736語、国語研が言い換え例(2008年3月6日14時32分 読売新聞)

 こういう点でも医療と司法は似ているところがあります。

 裁判員裁判が始まると、法律家はみんな苦労しそうです。
 特に裁判官には裁判員に対する十分な説明能力が求められると思いますが、微妙な事件ですと単なる言いかえでは意思疎通以前に概念を理解してもらうことが困難になると思います。

| コメント(9) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

警察長官表彰を一転返納、志布志事件の鹿児島県警(2008年3月4日23時04分 読売新聞)

 県警は昨年3月に元被告12人全員の無罪が確定した後も表彰を返納していなかった。これまで「功労がなかったわけではない」として、返納には難色を示していたが、県議会などからの批判を受け一転、返納を決めた。

 最初は理由にもならない屁理屈をこねて返納しないと言ってたんですよね。
 落合弁護士のブログの関連エントリ

 県警は本部長賞誉など内部表彰についても、受賞した志布志署と捜査員4人から返納の申し出があったことを明らかにした。県警監察課は「県民の理解を得るため、返納した方がいいと判断した」と話している。

 何をいまさら「県民の理解を得るため、返納した方がいいと判断した」ですか!
 バカじゃないかと思いますね。

| コメント(17) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2008/03/04-181313.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

3人乗り自転車検討 警察庁、子育て母の声を受け(asahi.com 2008年03月04日15時09分)

 警察庁としては柔軟な対応だな、と思いますが、

 日本交通管理技術協会が06年に実施した全国アンケートでは、幼稚園や保育所に通う子を持つ保護者約6500人の約4割が「3人乗りを認めるべきだ」と回答。一方、1歳児と3歳児の2人の同乗を想定した実験では、坂を上ったり、走り始めや停車したりする際にハンドルが大きくぶれ、運転に支障が出ることが分かった。

 という実験結果を待つまでもなく、二輪車というのはこけるものである、という認識を持つことが大事だと思います。

 というわけで、タイトルに書きましたように、やむを得ず子どもさんと一緒に二人乗り、三人乗りをしているお母さん(場合によってはお父さん)、せめて子どもさんだけでもヘルメットを着けてあげてくださいね。

 幼児用ヘルメット

 1個2〜3000円くらいのようです。
 「後悔先に立たず」です。

| コメント(31) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

裁判員制度の延期を決議 新潟県弁護士会(asahi.com 2008年03月03日23時53分)

 裁判員制度の導入については私も批判的なのですが、この新潟弁護士会の決議の根拠・理由については少々突っ込みたいところがあります。

 裁判員法が成立した経緯について「国民一般の声を十分にくみ取っていない」

 これはそのとおりでしょうね。
 しかし

 民主的な討議を経た上で国民の納得を得るべきだ」と主張している。

 この点については、いったいどういう方法で討議をし、国民の納得の有無をどのようにして確認するのでしょう。
 裁判員制度は国会の定めた法律に基づいて導入されているのですが、それ以上に民主的な方法というと国民投票でもするのでしょうか?

 提案者代表の高島章弁護士は「民主的でない方法で裁判員制度を導入しても、『司法の民主化』は図れない」と話している。

 法律による導入を「民主的でない」とまで言い切っちゃってます。

 もっと端的に反対したほうが説得力があるような気がするのですが・・・

 ところで、私の認識では弁護士会(の少なくとも一部)は、ずっと以前から陪審制の導入を主張してきたはずなんですが、それと

また、裁判員裁判の審理期間が3日程度とされていることについて「いたずらに迅速性を求めるのは『粗雑司法』というほかなく、適正手続きに反している」と指摘。

 していることと、現実的整合性があるのか疑問です。


追記
 高島先生は、今の裁判員制度を手直しすれば実用に耐えると思っているのか、それとも一旦白紙に戻したほうがいいと思っているのかどっちなんでしょう。

 直感的には後者かなと思うのですが、それなら延期と言わずに廃止と言った方が論理的ではあります。
 しかし、そう言っちゃうと一部の極論として無視される可能性がある(高速度で走っている車で急ハンドルを切っても曲がらない)ので、まずはブレーキということなんでしょうか。

| コメント(58) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「胸が大きくてくぐれない」 タレントに逆転無罪判決(asahi.com 2008年03月03日18時36分)

 知人宅マンション入り口付近でもみあいとなり、木製ドアを壊したなどとして06年11月に逮捕、起訴された。弁護人によるとドア中央の穴は横24.4センチ、縦72センチ。一審は「激情している精神状況を考えればくぐり抜けることは可能」とし、懲役1年2カ月執行猶予3年を言い渡した。

 人の体というのはかなり柔軟性がありますし、特に本件で問題になっているのは女性の胸ですから穴の形状によっては絶対的に不可能かどうかは断言できませんが、それにしても

女性タレントに逆転無罪=器物損壊、再現実験決め手−東京高裁(時事ドットコム)

 判決によると、穴の横幅は24センチだったが、小桜さんは胸の厚さ29センチ、胸囲101センチだった。小桜さんが当時着ていたダウンジャケットやシャツに傷は付いていなかった。

 ここはどうにも説明がつかないのではないでしょうか。

 おまけに

 控訴審では、一審で却下された模型を使った再現実験を実施。検察側も「くぐり抜けは可能」とした実験結果を証拠提出していたが、担当したのは胸板約21センチの男性警察官だった。

 誰ですか、こんな間抜けな再現実験をして、さらにそれを法廷に出すようなバカなまねをしたのは。

 捜査段階でご本人による再現実験をするという発想はなかったんですかね。

| コメント(50) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

禁止令破り外出、ビル侵入容疑で嘉手納の米兵逮捕(2008年3月2日21時45分 読売新聞)

 調べによると、タフト容疑者は2日午前6時40分ごろ、沖縄市知花の鉄筋コンクリート2階建てビルの1階出入り口のガラスドアを鉄製の棒(長さ1・8メートル、直径1・5センチ)で割り、鍵を開けて侵入した疑い。

 派手なことをやってくれてます。

 在沖縄米海兵隊員が女子中学生に暴行したとされる事件後、在日米軍が綱紀粛正を図る中で、同県内の米兵が逮捕または書類送検されたのは5件目。

 これはいったいどういうことなのでしょう?
 注目が集まると普段は報道されない事件も報道される傾向が生じることがありますが、

 普段はもっと頻発しているが、綱紀粛正が図られた結果、5件程度におさまっているのか?
 それとも、米兵は上層部の綱紀粛正を全く無視しているのか?

 あまりにもたがが緩みすぎていないだろうか。
 中国も心配だけどこっちも心配。

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 日本で普通にみかんと呼ばれているみかんのことですね(ウィキペディア

 崇城大、温州ミカンの制がん効果を細胞レベルで確認

 へ〜、そうだったの、と思ってググッてみましたらかなり以前から言われてるんですね(^^;

 温州ミカンにがん予防の効果!

 もともとみかんは好きですので、これからも食べるようにしましょう。

 でも、こんなニュースを見ると、みかんばっかり大量に食べる人が出てくるんですよね、たぶん(^^;

| コメント(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

暴力団に上納金、組長と養子縁組も 介護タクシー詐欺(asahi.com 2008年03月01日15時03分)

 厚生労働省はこうした不正受給を許した滝川市の責任を重くみて、4分の3を占める国庫負担分の返還を市に請求することを検討している。滝川市幹部からは、仮に請求があった場合、市幹部や職員の給与から拠出する形で金を工面せざるを得ないという意見が出ている。

 本件はひどすぎて、同情する気にならないが、当然上の者ほどたくさん出すべきでしょう。
 市長や部長クラスは退職金相当額を全額拠出でもいいのではないでしょうか。
 首にならないだけましと思わなければ。
 
 甘いですか?
  市長は辞職して私財をすべて拠出
  担当幹部は懲戒免職
 でもいいかも。

| コメント(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

州刑法改正、三浦元社長訴追に道開く 適用の是非焦点(asahi.com 2008年03月01日15時04分)

 81年に起きたいわゆる「ロス疑惑」銃撃事件の舞台になった米カリフォルニア州では、同じ犯罪行為の刑事責任を何度も追及することを禁じる「一事不再理」の原則を定めた州刑法が04年に改正されていた。この改正は、米国外での裁判に対して同原則を適用しないとするもので、ロス市警など捜査当局は、日本で無罪判決が確定した元社長を同州で訴追できると判断したという。

 ただ、元社長の日本での無罪確定は03年で同州法改正前。さかのぼって同法が適用されるか、議論が分かれる可能性がある。

 議論は分かれるでしょうね。
 郡検事局は積極意見のようですが、裁判官はどう考えるでしょうか。
 日本の刑事法の理論的感覚では、被疑者・被告人に不利益な法改正は遡及しない、つまり本件では消極(起訴できない)という考えが大勢であると思いますが。

| コメント(14) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)