エントリ

志布志事件「違法に接見交通権侵害」 国・県に賠償命令(asahi.com 2008年03月24日13時58分 ウェブ魚拓

 接見内容を調書化することが絶対許されないというわけではないと思いますが(例えば弁護人による罪証隠滅工作があった場合など)、本件では調書化の必要性があったのかどうか疑問です
 事件全体の空気も影響しているかも知れません。
 
 普通なら国・県側が控訴すべき事案だと思うのですが、志布志事件を早く忘れさせたいと思ったらしないかも知れませんね。
 事件を風化させないために、是非国・県側に控訴してもらいたいと思います。
 理論的な問題として最高裁の判断を聞きたいという気持ちもあります。

 しかし、それはそれとして、警察は何のために「否認をそそのかされた」などという調書を作ったのでしょう?
 弁護人への牽制か?被疑者への圧力ないし被疑者と弁護人との離反工作の一貫か?
 結局のところは、弁護人が邪魔で邪魔で仕方がなかったんだろうと想像します。
 なんとかして弁護人を解任させたかったんでしょうね(そういう報道もあった記憶があります)。

 そういうことであれば浅知恵と言うしかありませんね。
 弁護人の存在を当然の前提として捜査ができなくて、一人前の捜査官と言えません。
 浅知恵に基づく調書化や調書化のための接見状況の取調べは、違法とされても仕方がないと思います。

 ここまで違法・不当捜査のかたまりのような事件は珍しいと思います。

| コメント(6) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(6)

私も志布志事件のようなケースは、珍しいケースであって欲しいと願います。
容疑者と弁護士の会話の内容がそんなに気になるのなら、いっそのこと取調べも弁護士の方を同席させて御一緒すればよいのに。

真面目な話、捜査にあたる側が弁護人を邪魔に思うというのは、捜査段階において弁護人を除け者にできるという現実があるからではありませんか?そういう環境にあるからこそ「いつものように」弁護人を切り離そうとしたのではなかろうか。私はそう勘繰ってしまいます。
(「いつものように」と云うのは私の憶測です)

それにしても、
>接見内容の調書化は、志布志事件の公判で検察官が国選
>弁護人2人の解任を申し立て、「接見の際、親族からの手紙
>をガラス越しに被告に見せた。接見禁止の趣旨を逸脱する」
>と、元被告と弁護人しか知り得ない事実を証拠として示した
>ことで発覚した。

この検察官にも呆れてしまいます。容疑者と弁護人しか知らない事柄を訴追側が知り得てしまうという状況を至極当然のことと認識なさっていたのでしょうか?
発覚したきっかけがそれでは笑うに笑えない。

>ここまで違法・不当捜査のかたまりのような事件は珍しいと思います。

捜査側の思っているとおりのストーリーに合致する「言質」をとるためだけを目的に、ある人に長時間の拘束をかけて「言質を得る」まで取り調べつづける。捜査の世界以外でも普通に追い込みとか落としとかいいますよね、相手の疲労によるミスを誘い出すという意味で。

いやまったく私なんかの法律素人の目から見たら、ここと大野病院の取調べなどは検察と警察の違いを越えてよく似た感じに見えますから、はたしてそこまで珍しいのだろうかというのが私の感想です。

No.2 ぼつでおk(医)さん

おっしゃるとおり、全然珍しくありませんよ。

問題は、検察も裁判所も、違法捜査の存在を承知しながら、手をこまねいてというよりも黙認して、その「成果」を悪用していることです。

弁護人が立ち会っていない取調べによる調書はすべて証拠能力を否定するようにすれば、問題の多くは解決するのに、そのような動きが捜査当局や裁判所から出てこないのが、彼らの人権感覚を物語っている。

>No.3 倶利伽羅(弁護士)さん

>そのような動きが捜査当局や裁判所から出てこないのが、彼らの人権感覚を物語っている。

 国会議員の中からも出てきているようには思えないのですが、そうすると国会議員の人権感覚も同様ということでしょうか?
 検察官も裁判所も法律でそうなれば従いますよ。
 
 尤も、弁護士会に取調べ全てに立ち会うことができるだけの弁護士がいるとは思えませんが。

 ところで、倶利伽羅(弁護士)さん是非お答え願いたい質問が一つあります。

 日本で何らかの形の司法取引を導入することについてはどうお考えですか?

>No.3 倶利伽羅(弁護士)さん

>そのような動きが捜査当局や裁判所から出てこないのが、彼らの人権感覚を物語っている。

主権者国民からも(ごく一部を別にすれば)そのような動きは出てきませんね。
逆に、光市事件の被告人弁護団を糾弾しようとするなど刑事弁護の手足を縛ろうとする動きは、弁護士の間からも(ごく一部・・・と言うかほとんど一人ですが)出てますけどね。主権者国民にもこの動きは随分と受けが良かったようですけどね。

他のツリーにも書きましたけど、倶利伽羅さん、物事はもっと真摯かつ論理的に考えていく必要があるのですよ。

志布志無罪事件、
『「踏み字」捜査元警部補2審も控訴棄却で有罪』

YOMIURIONLINE

鹿児島県議選を巡る買収無罪事件(志布志事件)で、取り調べ中に親族の名前などを書いた紙を踏ませて自白を強要したとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われた元鹿児島県警警部補・浜田隆広被告(46)の控訴審判決が9日午後、福岡高裁であった。  陶山博生裁判長は、懲役10月、執行猶予3年とした1審・福岡地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。  判決によると、浜田被告は2003年4月、県議選旧曽於(そお)郡区で有権者に焼酎を配った疑いがあるとして同県志布志市のホテル経営川畑幸夫さん(62)を事情聴取。川畑さんから供述を拒否されたため、「こんな人間に育てた覚えはない(父親の名)」などと書いた紙を、川畑さんの両足首をつかんで1回踏ませ、精神的苦痛を与えた。  被告側は控訴趣意書で、「踏み字はわずか1回にすぎず、高い違法性の認められる行為とは言えない」として無罪を主張した。検察側は控訴棄却を求めていた。

 上告審の可能性もあるが、実質、最高裁は法律審であるため、より以上の上告理由。上告趣意書ができなれば、とても難しい。
 ただ、組織性があまり表面に出ていないか、一部の者の処分で幕引きかも(++
注)検索しましたが、適当なエントリーがなかったので…。 

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント