2008年6月アーカイブ

 「信州おそばくん」と「信州りんごちゃん」

 「おそばくん」は、頭にのったソバを自ら食べる奇抜なデザインで、「あなたのそばにも裁判員」がキャッチフレーズ。

 なるほど、「あなたも裁判員」じゃなくて、「あなたのそばのあなた以外の誰かが裁判員」というわけですね。
 なんか、他人事っぽい感じもしますが。。。

 口を開けたままの「りんごちゃん」の表情には、肩に力を入れずに参加してほしいとの思いを込めたという。

 う〜〜〜ん
 そんな思いを込めていいんだろうか???

 ボツネタでは「裁判員向け ゆるキャラ 」と紹介されています。

| コメント(11) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 先ほどアップしたエントリに引用した日本裁判官ネットワークオピニオンのページの伊東武是神戸家庭裁判所判事の意見の中に

死刑求刑事件  死刑求刑の事件にあたっても(めったにあるものではないが),どうしても,死刑という刑に反対ならば,あるいは,死刑まではどうしても踏み切れなければ,当然のことながら,それを主張すればよい。他の人に遠慮することはない。迷えば,ここでも被告人に利益に判断して,死刑ではなく,無期懲役などを主張すればよい。

というものがありますが、伊東判事は、裁判員にはいわゆる裁判官の良心と同様の判断基準を求めていないのかな、と感じました。

 裁判官には、憲法上「裁判官の独立」というものが認められており、

 憲法76条3項
 すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。

と規定されています。

 そして、「すべて裁判官は、その良心に従ひ」の「良心」というのは

 裁判官個人の主観的な良心ではなく、客観的良心、すなわち、裁判官としての良心であると解されている。
 (芦部信喜憲法第3版P327)

とされています。

 私が受験時代に読んだ別の憲法学者の本には、「客観的良心」の例として死刑判決をあげ、裁判官の個人的見解としては死刑廃止論者であったとしても、現行法が死刑を定めている以上は、死刑に相当する罪には死刑を科すというのが裁判官の客観的良心に従うということである、というような説明があったと記憶しています。少なくとも私はそのように理解しています。

 しかし伊東判事は、裁判員に対しては死刑存廃の議論に関する裁判員個人の見解または信念に従って量刑意見を決めていいと考えているようです。
 憲法76条は裁判に関する規定ですから、裁判について別異の考え方をとったからといって直ちに憲法違反になるかどうかはわかりませんが、少なくとも2点の疑問があります。

 1点目は、一つの裁判体の中に、裁判に対する基本的なスタンスについて異なる者が混在していてもいいのだろうかという疑問です。
 裁判員制度とはそういうものだ、と言われればそれまでですが。

 2点目は、裁判員が自己の信念によって死刑を回避するというのであればそれは一つの見識ですし、制度設計上もそのような信念を組み込むことは不適切とは限らないと思いますが、単に、自分は人殺しになりたくないというような感情的な死刑忌避反応を助長することになるとしたら問題が生じるのではなかろうかという疑問というか危惧です。

 なお、引用の見解は、伊東判事の署名投稿ですので個人的な見解として読むべきものと思いますが、日本裁判官ネットワーク内では多数意見なのでしょうか?
 最高裁はどう考えているのでしょう?

| コメント(61) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 裁判員制度の導入が現実化した当時から思っていたことなのですが、

 裁判員制度を導入しようとしている諸先生方は地方の実情というものを考慮に入れているのだろうか?

 という疑問を感じていました。

 地方にはいまだに、ドンみたいな人がいます。
 地元の主要企業の経営者だったり、やくざの親分だったりしますが、表だけでなく裏にも隠然たる力を持っている(少なくともそう思われている)人がいます。
 大都市でもいると思いますが、地方では住民がかなり身近な存在として意識しています。
 そういう人またはその関係者が被告人になったり被害者になったりした事件を地元の住民で構成される裁判員で裁判したらどうなるのだろうか、というかなり強い危惧感を覚えていました。

 そのような懸念を抱くのは私だけではないわけでして、Barl-Karth先生も以下のようなエントリを書いておられます。

 裁判員に対する報復の懸念
 
 私が、某地方都市で検事として赴任し2年くらいたったある日、道で若い男性に突然挨拶されて「その説はお世話になりました。」と頭を下げられました。
 そのときは誰だっけと思いましたが、しばらくして思い出しました。
 1年ほど前に何かの罪で私が取り調べて起訴した暴力団員の若い衆でした。
 何が言いたいかといいますと、地方都市では裁判関係者が事件関係者と町中で遭遇する機会が決してまれではないということです。

 私の場合は、言葉通りに「お世話になりました。」という感じでしたが、「あのときは世話になったな。月夜の夜道ばかりでないぞ。」とすごまれることも考えられるわけです。
 
 Barl-Karth先生のブログで引用されている日本裁判官ネットワークオピニオンのページの伊東武是神戸家庭裁判所判事の

 ということで,心配を解消していただければと思う。

 というご意見は、能天気にすぎないかな、という感を禁じ得ないわけです。
 もちろん、お立場からのご意見であろうと思いますが。

 (報復声明などで,裁判員に対する報復が現実に心配される事件は,裁判員裁判をしないで,職業裁判官だけですることになっている。裁判員法3条)

 という対策が取られるとしても、地元の空気というものには、官舎暮らしの裁判官より地元住民の裁判員のほうがはるかに敏感であることは否定できないだろうと思います。

| コメント(9) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2008/06/27-101701.php

 に移動しました。

| コメント(43) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

朝日「死に神」報道、あすの会が抗議(産経ニュース)

 「全国犯罪被害者の会」(あすの会)は25日、「犯罪被害者や遺族をも侮辱する内容」だとして、朝日新聞社に「抗議および質問」と題する文書を送付した。

 文書は「確定死刑囚の1日も早い死刑執行を待ち望んできた犯罪被害者遺族は、法相と同様に死に神ということになり、死刑を望むことすら悪いことだというメッセージを国民に与えかねない」などとしている。また、死刑執行の数がどうして問題になるのか−など4項目の質問に、1週間以内に回答するよう求めた。

 私の感覚によれば、こういう反応がでてきて当然だと思います。
 素粒子の筆者(及び編集者)に想像力が欠落しているのだと思います。政治家としての鳩山法相しか見えていなかったのでしょう。
 制度論については一通りの知識があるのかも知れませんが、1件の死刑の執行をめぐる多くの関係者の思いとその思いの重さ、深刻さというものを全く考えてなかったのでしょうか。

 要するに、命の重さを考えていなかったと言わざるを得ません。
 殺人事件や死刑の執行をニュースのネタ程度にしか考えていなかったのではないかとさえ思えます。

 朝日新聞社広報部は「いただいた『抗議および質問』を真摯(しんし)に受け止め、速やかにお答えする」とコメントを出した。

 コメントを待つことにします。

| コメント(357) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「競馬で7割的中」と70億円集める…東山倶楽部の3人逮捕(2008年6月25日11時03分 読売新聞)

 捜査本部は、同社が全国の会員約4000人から約60億〜70億円を集めていたとみている。

 私は、修習生のときに京都の淀競馬場で合計2000円くらいの馬券を買ったことがあるくらいで、競馬は(ほかの公営ギャンブルも)全然しないと言っていいので、7割という的中率がどの程度荒唐無稽な数字なのかよくわかりませんが、あんまり被害者に同情する気にならないニュースです。

 捜査本部は、馬券を的中させる手法自体が、架空だった可能性が高いとみて、詐欺容疑での立件も検討する。

 なかなか慎重な書きっぷりですね(^^)

| コメント(9) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

岐阜市立女子短大生6人、フィレンツェの大聖堂壁に落書き(2008年6月24日21時05分 読売新聞)

 上記の読売の記事では、短大生は

 「気分が高揚して書いてしまった」などと話しているという。

 とのことですが、多くの新聞社の記事では(例えば産経

 学校の調査に、学生は「初めての海外だったので記念に書いた」などと釈明。

 となっています。

 この○○短大生(○○は適宜補充されたし)と思うと同時に、記事の「釈明」に違和感を感じました。

 ヤフー辞書によりますと

 釈明
 自分の立場や考えを説明して、誤解や非難を解き、理解を求めること。

 「初めての海外だったので記念に書いた」を釈明と言うべきではないでしょう。

追記
 だいぶお灸をすえられたようですので、タイトルをトーンダウンしました。

続報追記
 「落書き跡に銘板で校名残したい」伊の大聖堂が申し出(asahi.com 2008年7月10日20時5分 ウェブ魚拓

 災い転じて○○という状況になってきたと思います。
 特に、落書きをした短大生らにとって。

| コメント(178) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 元エントリの「死刑に対する朝日の見識」でcuriousjudgeさんが紹介したブログエントリですが

 −法相を「死に神」と言ってなぜ悪い−橋本勝の政治漫画再生計画第127回
 (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊))

 というのがあります。

 橋本勝氏というのは風刺漫画家とのことです(橋本勝の「20世紀の366日」

 橋本氏のコメントとして紹介されている

 凶悪な犯罪のもつ「毒」、そして国家が殺人をするという「毒」、この相反しぶつかりあう二つの「毒」が投げかける重くて深い問いに対しては、風刺のもつ「毒」こそが必要とされる、と切に思うのである。

というのが死刑存廃論に妥当するのかどうかはよくわかりませんが、少なくとも朝日の例の素粒子は、そのようなものではなかったと思います。

 死刑問題を、単に鳩山法相の資質の問題に矮小化し、死刑とその執行を揶揄しただけ、もっとはっきり言えば、ネタにしただけ、という感じです。

 橋本氏の言う

「死刑執行の多さをチクリと刺した」という次元

ですらないよう思います。

 ヤメ蚊先生は

 執行しないという判断も法務大臣としての職務だともいえる。

と言っていますが、元エントリでハスカップさんが紹介してくださった

刑事訴訟法第四百七十五条  死刑の執行は、法務大臣の命令による。  前項の命令は、判決確定の日から六箇月以内にこれをしなければならない。但し、上訴権回復若しくは再審の請求、非常上告又は恩赦の出願若しくは申出がされその手続が終了するまでの期間及び共同被告人であつた者に対する判決が確定するまでの期間は、これをその期間に算入しない。

からすると、ともいえるとは言えないでしょう。
 
 死刑執行命令を嫌がっていた法相がいるから、そのしわ寄せが鳩山法相に来ているという面はあると思います。
 鳩山法相のベルトコンベヤー発言も見識の低さでは劣るとも勝らないと思いますが(参考ブログ

| コメント(117) | トラックバック(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

がけっぷち猫、助かったけど…母さんにしかられた(asahi.com 2008年6月23日7時38分)

 写真には、いかにもそんな雰囲気がただよってます(^^)

 このニュースについては、擬人化をしすぎといった突っ込みは野暮ということで(^^)

| コメント(5) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2008/06/23-092637.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「危険度高いドメイン名は香港・中国」米ソフト会社調査(asahi.com 2008年6月22日8時4分)

 詳細は「McAfeeのセキュリティ研究レポート」の中の「悪質なウェブサイトの世界地図:再考」を参照してください(pdfファイルにたどりつくまでにアンケート調査があります)

 

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

 6月28日午前 1:20〜 4:20 放送予定

| コメント(18) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)
このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2008/06/21-183519.php

 に移動しました。

| トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

裁判員の記者会見、実施是非を議論ボツネタ経由 ヤフーニュース6月19日22時8分配信 毎日新聞)

 ものすごい議論だな〜、という感じなんですが

 最高裁によると、裁判員が感想を述べることは制度の周知につながるとの考え方に異論は出なかった。

 それはそうかなと思いますが、

 一方で、「守秘義務が課されている評議の秘密について、裁判員が話してしまう可能性がある」との声もあったという。

 問題はここでしょうね。

 素人の裁判員の皆さんは、聞かれたら答えちゃいますよ、たぶん。
 なんでもかんでも。

| コメント(24) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 産経新聞の正論から
 精神科医・国際医療福祉大学教授 和田秀樹氏の論考

 東京・渋谷のセレブ妻による夫のバラバラ殺人事件は、弁護側だけでなく、検察側の精神鑑定医までが、「(被告に)責任能力なし」の鑑定を下す異例のケースだった。東京地裁の判決は、被告に完全な責任能力を認め、懲役15年の判決を言い渡した。この判決について、司法と医学が異なる判断をしたと論じた新聞もあったが、私は医学の側にきちんとしたスタンダードやコンセンサスがないために、司法が、その判断を採用しなかったと考える。
| コメント(27) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 と言ったかどうか知りませんが(^^)

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080620-00000943-san-pol落合ブログ経由)

 このポスターを正式採用した空自に対し、陸上自衛隊などからは「われわれの組織では考えられない」との声も。

 大抵の組織では考えられないと思います。

 ポスターを企画した航空幕僚監部調査課によると、昨年9月に空自全部隊に応募を呼びかけたところ、約500作品が集まった。その中から厳正な審査で5点が採用となったが、「週刊秘密保全」は最高の評価だったという。5点のポスターは6月から全国の部隊で掲示されている。

 で、どんなポスターかと言いますと

 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/154748/slideshow/89856/

 たしかに、かなり本気のポスターだと思います。

| コメント(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

朝日新聞夕刊素粒子欄「死に神」の表現、鳩山法相が抗議(ヤフーニュース6月20日11時43分配信 読売新聞 落合ブログ経由)

 朝日新聞は「永世死刑執行人 鳩山法相」「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」などと報じた。

 鳩山法相はなにかとアレな発言が目に付きますので、個人的にはそれほど高く評価しているわけではありませんが、この朝日の文章は、鳩山法相を侮辱するものであることは間違いないと思います。
 
 そして、鳩山法相を侮辱するだけでなく、死刑とその執行を揶揄するものになっています。

 その意味では、執行された死刑囚に対する冒涜というのも、全くの的外れではないかも知れません。

 死刑の執行は、法相の一存で決まるものではありません。
 法相に執行指揮の決裁を仰ぐ前に、法務省の局付検事による徹底的な確認調査があると聞いています。
 執行の際には、関与するすべての人が命をすり減らす思いで執行しているのではないかと想像します。
 朝日の素粒子の筆者はそれらのことをどう考えていたのでしょう。

 いずれにしても、天下の朝日は最低の見識を示してくれました。

関連報道
 以下のニュースは、ヤフーニュースのエンターテインメントカテゴリの日刊ゲンダイ配信のニュースですので、取り上げるのを躊躇しましたが、死刑の執行が慎重になされていないのではないかと指摘したり、心理学の専門家らしき人がコメントしてますので一言コメントしておきます。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080621-00000009-gen-ent

  鳩山は法相就任時に、「法相が署名しなくても自動的に死刑が執行できる方法はないか」と言い放ち、“ベルトコンベヤー発言”と批判された。が、そんな外野の声は一切、意に介さない。実際、ほぼ2カ月に1回のスピード執行が続いている。本人は「慎重にも慎重な検討をした結果」と言っていたが、どう考えたって「慎重」には見えない。
 明大講師の関修氏(心理学)はこう分析する。 「チョウのコレクションが趣味の鳩山法相は、生命を尊重するという意識がやや希薄なのだと思います。整然と並んだチョウの標本を見てウットリする。整然としたものが好きなのです。そんな法相にとって、確定した死刑を執行しないのは“ルール違反”。死刑執行で職務を全うし、ルールを守った自分を美しいと思っているのではないか」

 この記事は、鳩山法相が自分の判断で片っ端から死刑の執行を指揮しているという認識が前提になっているような内容ですが、私に認識では(執行実務に携わってないので伝聞ですが)、上に述べたように、死刑の執行については、局付検事らがすべての裁判記録を細心の注意をはらって一言一句まで読み込んで、慎重の上にも慎重な調査を行った上で法務大臣に執行指揮の決裁を受けているのであり、法務大臣には事実上の拒否権(判子を押さないという意味)があるだけです。

 そして、歴代の法相の中には死刑の執行指揮書に判子を押すのを拒否した人が何人かいますし、いやいやしぶしぶ最低限の判子だけ押した法相もいるはずです。
 その結果として、調査済みの事件がかなりあることが想像されます。
 鳩山法相はそれらの事件について死刑を執行していると思われ、鳩山法相は死刑の執行について抵抗感がない人なんだろうとは思いますが、死刑の執行が慎重になされていないのではないかという指摘は失当だと思います。

| コメント(197) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2008/06/19-231112.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

催涙スプレー:男、万引き見つかり 7人搬送 東京・池袋(毎日新聞 2008年6月19日 13時25分(最終更新 6月19日 15時48分))

 警視庁池袋署は強盗傷害事件として調べている。

 万引どまりなら窃盗罪ですから、法定刑は10年以下の懲役または50万円以下の罰金。
 最悪でも(前科があっても)1年前後の懲役じゃないでしょうか。

 しかし、強盗致傷になると、無期または6年以上の懲役ですよ。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

授業で何度も屋上使用、危険な天窓気づかず…小6転落死(2008年6月19日03時07分 読売新聞)

 学校施設に必要な設計上の基準などは、文科省の施設整備指針で、「細部に至るまで子供の多様な行動に対し、十分な安全性を確保するべき」と定められている。しかし、今回、事故のあった天窓については「夏の温度上昇、地震時での破損、落下などについて、留意して計画することが重要」としているが、上に乗るなどの行為の危険性については言及していなかった。

 東京都内の大手プラスチック素材メーカーによると、ドーム型天窓は、人が上に乗ることは想定されておらず、「子どもの体重でも支えられない。学校ならば屋上を立ち入り禁止にしたうえ、柵を設置すべき」と指摘する。メーカーによると、ドーム型天窓は、電気代の節約になるうえ、柔らかい光が室内の雰囲気づくりにも役立つことから、1980年代から校舎や体育館用として用いられるようになったという。それに伴って児童・生徒の転落事故も起き始め、直近の10年間で少なくとも6件にのぼっている。

 ところが、公立の小中学校の場合、施設で事故が発生しても学校の管理責任は市区町村教委にあるため、国に報告する義務はなく、文科省もこれらの情報を把握していなかった。都教委でも「事故が多発しているとの認識はなかった」(指導部)という。同省施設企画課は「天窓は子供が上にのることを想定していないが、子供が利用する場所にある場合は周りに柵を設けるべきだった」としている。

続報
 天窓転落死事故の再発防止…文科省、施設整備指針見直しへ(2008年6月20日11時25分 読売新聞)

 渡海文科相は「子供の行動は予測できず、現実に事故が起こった。より具体的にわかりやすく記述するよう早急に検討したい」と述べた。

 今までの無為無策の責任を回避しようとすればこう言うしかないのでしょうが、子供の行動は予測できたしすべきだったと思います。
 危険に対して鈍感すぎるように思われます。

| コメント(58) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 医師養成数、増加へ転換 医療危機受け厚労省方針(asahi.com 2008年6月18日22時16分)

| コメント(16) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

加藤容疑者、犯行前に試走20分…突入時機を見定めか(2008年6月18日14時33分 読売新聞)

 この記事に限らず、これまでリークされている加藤容疑者の供述を見ていますと、捜査官側の、公判において心神喪失や心神耗弱の主張を絶対認めさせない、という強い姿勢を感じます。

 絶対死刑にするという強い意思を感じるともいえます。

| コメント(59) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 医療崩壊関係エントリの過去ログをまとめてみました。

  地方の医師不足(最新追記8/8)
  医療崩壊に対する制度論的対策について(その1、2)
  医療崩壊について考え、語るエントリ(その1〜12)

 のエントリ及びコメントをまとめてあります。
 ゴミがまざってるかも知れませんが、その点はご容赦を。

  医療崩壊エントリの過去ログ1

 読みにくいと思いますので、エディタにでもコピペして読んでください。

 上記ページではリンクが機能しませんので、リンクをたどりたい方は以下のページへどうぞ。
 
  医療崩壊関係エントリ1
    地方の医師不足(最新追記8/8)
    医療崩壊に対する制度論的対策について(その1、2)
    医療崩壊について考え、語るエントリ(その1〜3)
  医療崩壊関係エントリ2
    医療崩壊について考え、語るエントリ(その3〜9)
  医療崩壊関係エントリ3
    医療崩壊について考え、語るエントリ(その10〜12)

    

| コメント(4) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

対談 医療崩壊を防ぐためにボツネタ経由 医学書院 ウェブ魚拓

 昭和大産婦人科学教室主任教授岡井崇氏と舛添厚生労働大臣の対談です。

| コメント(10) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2008/06/15-165020.php

 に移動しました。

 

| トラックバック(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

京都市、コンビニ深夜営業の自粛要請へ 温暖化対策で(asahi.com 2008年6月15日2時51分)

 私のライフスタイルにも影響しそうなので紹介しました。

| コメント(10) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2008/06/15-002206.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

【秋葉原通り魔事件】バージニア工科大銃乱射事件と類似(iza)

 似ていると言われれば似ているのかも知れないが、なんか類似性を無理矢理こじつけているような感じがします。
 この記事にいったいどういう意味ないし意図があるんだろうと思ってしまいました。
 このエントリにどういう意味があるんだろうという気もしますが。。。

| コメント(3) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

大幅値上げの治療用粉ミルク、家族猛反発で大幅値下げ(asahi.com 2008年6月14日6時9分)

 生まれつき特定のアミノ酸を分解できない代謝異常「メープルシロップ尿症」の患者に欠かせない治療用粉ミルクが、4月の薬価改定で、1缶9600円(1200グラム)から、一気に6万2160円へ値上がりした。

 薬価について疎い素人としてはべらぼうな値上げに見えます。
 素人の患者さん側にとっても同様だったと思います。
 ところが

 値上がりを主治医らから知らされていなかった患者側は、ミルクを病院に受け取りに行った際、初めて気づいた。

 患者側の実質的負担増は、「年間約20万円から50万円近くに増える」とのことですが、それでも一般家庭にとって深刻な影響が生じうる値上げだと思います。
 それを事前に知らさなかったというのはどういう神経なんでしょう。
 神経というより悪意に近い思惑を感じます。

 このため、患者家族が先月、厚労省に抗議した。

 当然でしょう。文字通りの死活問題。

 抗議を受け、厚労省も見直しを検討。雪印乳業も「値上げ幅を抑えたい」と申し出たため、6月2日付の事務連絡で、4月にさかのぼって薬価を訂正した。

 結局、

 見直しの結果、粉ミルクは、1缶3720円の値上げにとどめられた。

 とのことです。
 当初は5万円以上値上げしようとしていたのが、4000円弱の値上げで済んだということですが、はっきり言って「なんですか、これは。」という感じです。
 3720円の値上げで製造元の雪印乳業が依然として赤字なのか、どの程度の赤字なのかはわかりませんが、ともかく結論としては、3720円の値上げで対応できる、少なくとも供給を継続できるわけです。

 事前に製造元と厚労省が患者の負担増を最小限度に抑える協議や努力をしていたならば、こんな事態は生じなかったはずです。

 厚労省の担当者は「患者の負担増に配慮することができなかったことは申し訳ない」と話した。

 言葉の使い方を間違えてます。正直にかつ正確に言いましょう。
 「配慮することができなかった」ではなくて「配慮することができたがしなかった」です。
 厚労省の役人どもが、患者のことを何も考えていなかったことが明白です。

 ところで、大臣はどの程度認識していたんですかね?

| コメント(52) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このページは

 http://www.yabelab.net/blog/medical/2008/06/14-084756.php

 に移動しました。

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「mixi」自己紹介欄で「シャブ売ります」 買った女子高生、売った会社員を逮捕(産経ニュース)

 「うちの子に限って」とは思わないほうがいいかも知れませんね。

 山際容疑者は、インターネットのサイト「mixi」の自己紹介欄に「つめたいシャブシャブをSP…」などと書き込み、覚醒剤や注射器の販売を宣伝。3月下旬に女子生徒がサイトを見て、連絡を取り、4月に会ったという。

 「mixi」の管理が甘いんじゃないでしょうか?
 ある程度の人件費をかければ怪しいカキコを相当程度捕捉できると思うんですが。

| コメント(28) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)
| コメント(12) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

東京地裁で模擬裁判 同一事件で判断分かれる(ヤフーニュース 6月11日21時2分配信 毎日新聞)

 法科大学院や司法研修所でも模擬裁判をやりますが、模擬裁判の証拠資料(シナリオ)は、実際の事件より被告人に有利にできていますから(そうしないと弁護側でできることが少なくなってしまって面白くありません)、判決が軽い罪名になったり無罪になることが普通に生じます。

 裁判員制度の模擬裁判でも同様に被告人に有利な事件を題材にしているのかも知れませんが(そうでないと裁判員役の皆さんが悩む部分が少なくなるのでシミュレーションにならないと考えられているかも)、このように同じ事件のはずなのに結論が異なる模擬裁判が報道されると(似たような報道が以前にもあった記憶あり)、国民全体の模擬裁判裁判員制度(誤記訂正)に対する信頼感が低下する心配はないのでしょうか。

 もともとないと言われれば反論しませんが。

| コメント(17) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

陪審員が法廷で数字パズル=裁判やり直しに−豪(ボツネタ経由 時事ドットコム)

 陪審制を採用しているオーストラリアで、陪審員の半数近くが法廷で数字パズル「数独」に興じていたとして、裁判長が審理の取りやめを命じる事態が起きた。

 あっても不思議はないな〜という事態ですが

 既に約100人が証言し、人件費など100万豪ドル(約1億円)以上がかかっていたが、近く陪審員を総入れ替えして最初からやり直される。

 すごい裁判だな〜、これじゃたしかに集中力が切れそうだな〜とか思いますが、一番気になるのは、この約1億円について、パズルをしていた陪審員に賠償請求するんだろうか?と言う点です。

 さて、裁判員が同じようなことをしたらどうなるでしょうか?

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

モンスター親は日英米共通? タイムズ記事に共感コメント

 ちなみにトピずれだが、私はアメリカ人のダニーさんやニュージーランドのグレッグさんにことの真偽を確かめる術を持たない。

| コメント(8) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

秋葉原殺傷:加藤容疑者の両親が謝罪 母は泣き崩れ(毎日新聞 2008年6月10日 21時36分(最終更新 6月10日 22時16分))

 午後7時20分、住民や報道陣ら約100人が囲むなか、両親はタクシーで帰宅。玄関前で会見に臨んだ。

 両親が自ら会見したかのような書きっぷりだが、どうなんだろう?

 記者団から「事件を防げなかったのか」などの質問が出たが、

 この質問をした記者は、いったいどのような答えを期待していたのだろうか?

 社会的責任を問われると

 この記者は、誰のどのような社会的責任を問うたのか?

 犯人に対する憎悪の念は抑えがたいものがあるが、この記事には腹立たしいものを感じる。

追記
 朝日の記事
 読売の記事
 産経の記事

 毎日の傲岸不遜さが明瞭だが、産経も写真を掲載する必要があったのか。

| コメント(185) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

硫化水素自殺の男を重過失傷害容疑で書類送検 全国初

 県警は「安全安心な地域社会を守る観点から、硫化水素を使用した自殺で第三者を巻き込んだ場合は、本人が死亡しても事件化していく」としている。

 私自身、「硫化水素自殺関連」で硫化水素自殺者を非難してますから違和感がないといえばないのですが、書類送検が自殺に対する抑止力になるのかならないのか、よくわかりません。

| コメント(49) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「死因調査事務所」を国に設置、日本法医学会が提言へ(2008年6月8日12時00分 読売新聞)

 同学会の中園一郎理事長(長崎大教授)によると、死因調査事務所は、遺体の検案段階から法医学者など専門医がかかわり、解剖や薬物検査などを行う拠点施設で、各都道府県に最低1か所は必要だとしている。

 検事当時から、殺人事件の暗数つまり警察に認知されていない殺人事件の数はかなり多いのではないかと思っていたのですが、これが実現すれば少しは暗数が減るかも知れません

 ネーミングについては再考の余地があると思いますが。

| コメント(12) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 小倉秀夫弁護士が私を批判しています。

 出所のわからない一次情報を収集し公表することの意味

 この意見に対して、このブログの読者は、つまり「la_causette」の読者ではなく「元検弁護士のつぶやき」の読者の皆さんはどう思うか興味がありますので、アンケート調査的エントリを立ててみました。

 忌憚のないご意見をお待ちしています。

追記
 別にこのブログの常連さん限定というつもりはありませんので、「la_causette」経由の方もこのブログを読んだ以上はこのブログの読者ですので、遠慮なくどうぞ(^^;

| コメント(213) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 今日のニュースを見て、池田小事件からもう7年たったのか、と思っていたところに飛び込んできたのが秋葉原の通り魔連続殺傷事件のニュース。
 
 白昼に25歳男が凶行、秋葉原で18人に切りつけ6人死亡(ヤフーニュース 6月8日16時45分配信 読売新聞)

 現時点で6人の死亡が確認されているが、もう一人重体の被害者がいるという報道もある。

 犯行の事実関係は明白なので、あとは例によって責任能力だけが問題になると思われますが、理屈抜きでこの犯人に社会の中に居場所はないと思います。

追記
 死者が7人になったようです。
 やりきれません。

| コメント(147) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

患者の暴力・暴言で退職した医療関係者、東京では273人(2008年6月7日14時37分 読売新聞)

 調査を担当した同協会委員の西塚至・渋谷区恵比寿保健相談所所長は、「患者の暴力や暴言について、病院側が組織的な対応を取らないことを理由に、複数の職員が相次いで辞めたケースもある」と指摘。「各病院がきちんと実態を把握し、安全な職場環境が築けるよう対策に取り組んでもらいたい」と話している。

 場外乱闘で紹介されたニュースです。
 別エントリでも問題になったテーマですが、ここで正面から取り上げました。

 医師または病院関係者からの実情報告等をいただければ、多くの人に問題の所在を認識してもらうのに有益だと思います。

追記
 「la_causette(出所のわからない一次情報を収集し公表することの意味)」経由で来られた方でお暇があって何か一言いいたいという方は、
 「アンケート調査(敢えて無味乾燥なタイトル)
 のほうにお願いします。

| コメント(68) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

目見えず、耳も聞こえず 東大・福島さんに博士号(asahi.com 2008年06月07日15時22分 ウェブ魚拓

 「生後19カ月で盲ろうになったヘレン・ケラーは言葉をえて『人間』に成長する『誕生物語』。だが盲ろう者の多くは、人生の途上でコミュニケーションを奪われる『喪失』の過程をたどる。自分自身を切り刻んでありのままを分析し、障害やコミュニケーションの意味を考えたかった」
 福島さんは「盲ろうは確かにしんどいけれど、自分に言い聞かせてきた『苦悩には意味がある』ということ、それは間違っていなかったと確信しています」と話している。
| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

テレ朝の撮影、自民が禁止 古舘キャスターのコメントで(asahi.com 2008年06月07日12時52分)

 古舘のコメントごときに大人気ない。


参考追記
「アダルトチルドレン」発言で、古舘氏が謝罪(産経ニュース)

 「ごとき」の根拠の一例

| コメント(6) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 文芸春秋に40万円賠償命令 「被告を犯人視、名誉棄損」(asahi.com 2008年06月07日12時55分)

 判決によると、

同誌は04年1月号に「東大中退『射殺魔』」との見出しの記事を中村被告の顔写真を添えて掲載。95年に東京・八王子のスーパーで起きた女性店員3人射殺事件への関与を示す証拠が見つかったと報じた。判決は「記事は見出しの印象も含め、中村被告を犯人視する内容だ」と指摘した。

 これに対して、文芸春秋社長室は

記事は中村被告が犯人とは摘示していない。判決は承服できない

 とコメントしたようです。

 つまり、

 判決は、「被告人の女性店員3人射殺事件への関与を示す証拠が見つかった」 ≒ 「被告人は犯人だ」
 文春は、「被告人の女性店員3人射殺事件への関与を示す証拠が見つかった」 ≠ 「被告人は犯人だ」

 と主張しているわけですね。

 法律家は、普通、ある人物がある犯罪に関与しているかどうかは、関与を示す証拠の有無によって判断します。
 多分、一般市民の方も同じだと思います。
 文章のプロである文春は違うようですが。
 もっとも、「犯人」という言葉の意味は「事件に関与した人物」とは全く違う意味である、というのなら文春の主張は理由があると思います。


 似たような話のニュースがありました。

 夫婦げんか制止の警官、もみ合い中に銃握られる…夫を逮捕(2008年6月7日11時51分 読売新聞)

 同署の発表では、警部補は右腕に軽い擦り傷を負い、拳銃を入れる右腰のホルスターも破損した。高橋容疑者は「偶然、拳銃を握ってしまったが、奪うつもりはなかった」と供述している。

 発表が事実とすれば、この偶然は普通は偶然とはみなされないのではないでしょうか?

| コメント(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

毎日新聞の投稿川柳の紹介です。
http://mainichi.jp/enta/art/news/20080607k0000m070174000c.html

 かなり危なそうなのもありますね(^^;

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

三輪そうめん、返品の賞味期限書き換え再出荷(asahi.com 2008年06月06日22時59分)

 同社の野崎良雄生産本部長は「実際の賞味期限は3年半だが、薬品を使っていないため、1、2年で虫が付きやすくなり、期限を短く設定していた。違法との認識がなく、申し訳ない」としている。

 言い訳らしきことを言っているようですが、結局何が言いたいのかさっぱりわかりません。

 モトケンはついに日本語がわからなくなってきたようです。

| コメント(10) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

成田空港闘争:保釈中逃亡の被告、29年ぶりに出頭し収監(毎日新聞 2008年6月5日 23時36分(最終更新 6月6日 10時40分))
成田闘争、保釈中逃亡の男出頭=約29年ぶり判決へ−千葉(時事ドットコム)

 求刑懲役1年6月で逃亡生活29年ですか(ため息)

 なぜ逃げたんでしょう?
 なぜもっと早く出頭しなかったんでしょう?
 彼は今自分の人生をどう思っているのでしょう?

| コメント(5) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

「9・11テロは米の自作自演」 中学教諭、発言(毎日新聞 2008年6月5日 東京朝刊)

 市教委の桑山光生学校教育課長は「教諭本人は、物事の見方は一つじゃない、と説明する例として『自作自演との説もある』と言いたかったようだ」と話している。

 なるほど。
 「自作自演との説もある」と言いたかったが、「自作自演だ。」と言ってしまったということでしょうか?
 そうであるならば、この教諭は教育技術者として最低限必要な論理的日本語能力を持っていないという批判を受けそうです。

| コメント(33) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

取り調べ「全面可視化法案」が参院委可決、衆院へ(ヤフーニュース 6月3日19時56分配信 読売新聞)

 警察や検察による容疑者の取り調べについて、全面的な録音・録画(可視化)を義務づける民主党提出の刑事訴訟法改正案が3日、参院法務委員会で民主、共産、社民の賛成多数で可決された。4日の本会議での採決を経て衆院に送られることになった。

 日本弁護士連合会は「画期的な意義がある」と歓迎しているが、与党が多数を占める衆院で成立する可能性は低く、否決か継続審議になる見通しだ。

 こんな法案が提出されてたんですね。
 知りませんでした。

 こんどの衆院選で与党が負けると成立しちゃうんでしょうか?

 「福岡若手弁護士のblog」では

可視化によるデメリットが 国民には皆無のケースでは ないかと思いますので

 と述べられていますが、皆無と言って良いかどうか疑問です。

 全面録画自体はいいとして、その情報をどこまで開示するかなど制度や手続のつめが必要だと思います。
 法案ではどうなっているのか知りませんが。

 関連エントリ

| コメント(35) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

法相絶賛 サイバンインコ、統一キャラに“昇格” 裁判員制度PR(ヤフーニュース ボツネタ経由)

 サイバンインコは5月23日に鳩山法相を訪問。「サイバンインコがいいと思う。裁判員と分かるから」と法相に絶賛されていた。

 この法相のコメントを「絶賛」と言うんですかね?

 自分の言語感覚にますます自信をなくすモトケンです(^^;

| コメント(7) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

世界的食糧価格高騰、官房長官「コメの減反見直し必要」(2008年6月1日03時05分 読売新聞)

 町村官房長官は31日の都内の講演で、世界的な食糧価格高騰への対応策として、コメの作付面積を減らして生産量を抑える生産調整(減反)を見直す必要があるとの考えを示した。

 田圃というのは、政治家さんが言ったら簡単に減らしたり増やしたりできるものでしたっけ。
 減らすのは簡単かも知れませんけど。

 というような話が、むかしの美味んぼにあったようななかったような。

 ある程度長期的なスパンで物事を考えている政治家は日本にはいない、というようなことも誰かが指摘していたような。
 農業政策においては10年20年のスパンは長期的とは言わないと思いますが。

| コメント(22) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

無期懲役囚が戦後最多、厳罰求める世論で仮釈放減少(ヤフーニュース 6月1日3時4分配信 読売新聞)

 昨年は89人の無期懲役囚が新たに入所したのに対し、仮釈放は3人にとどまり、仮釈放者の平均入所期間は初めて30年を超えた。

 終身刑の導入が議論されていますが、その前提として現状を認識することが大事だと思いますので紹介しました。

 死刑の終身刑化という現象もちらちらと感じているんですが。
 

| コメント(8) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

問題行動の中高生を鍵かけ閉じ込める 北九州市の児相(asahi.com 2008年06月01日19時53分)

 北九州市子ども総合センター(児童相談所、同市戸畑区)で、非行などのため一時保護した少年を鍵をかけた個室に閉じ込めていたことがわかった。厚生労働省の児童相談所運営指針が禁じている行為で、昨年春からは5件を確認。1日会見した小石原善徳所長は「児童の安全確保のためやむを得なかったとはいえ、人権への配慮に欠けていた。深く反省している」と謝罪した。
 厚労省の指針は「身体の直接的拘束」や「一人ずつ鍵をかけた個室におくこと」を禁じている。センターの幹部や職員は禁止行為と知りながら、他の子どもに危害を加えたり施設の設備を壊したりした場合に「やむを得ず外から施錠していた」という。

 厚労省の運営指針では禁じられている行為のようですが、ではどうすればよかったかについては答えがないようです。

 所長は謝罪していますが、真にやむを得なかったのであれば、謝罪の必要がなかったか謝罪すべき人間は別にいるのではないかと思います。

| コメント(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)