エントリ

散弾銃発射男、2審も無期

 判決理由で陶山博生裁判長は、弁護側が否定していた殺意を認めた上で「元妻の周囲にいた警察官らには構わず、至近距離から発射を繰り返し、執拗(しつよう)に元妻を殺害しようとした極めて反社会性の強い犯行だ」と指摘、量刑不当の主張も退けた。

 散弾銃の威力にもいろいろあるようですが、これで殺意を否認するのは苦しそうです。
 供述全体の信用性に疑問を呈されたのかも知れません。

 復縁を迫って元妻を脅し、

 このあたりに再犯の恐れが感じられたのでしょうか?

このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント

  • コメントはまだありません。