エントリ

 2007年7月、周南市で親せき夫婦を死傷させたとして殺人と殺人未遂などの罪に問われた同市遠石1丁目、無職森本貞義被告(73)の控訴審判決が2日、広島高裁であった。楢崎康英裁判長は山口地裁での公判前整理手続きについて、「殺意などの判断に必要な証拠まで排除され、審理が不十分だった」として、懲役18年とした一審判決を破棄、審理を同地裁に差し戻した。

 必要な証拠を採用しなかったなどとして手続きの違法性を認定し、審理のやり直しを命じるのは極めて異例。

 公判前整理手続は始まったばかりですから、まだ「異例」と言うには早いような気はしますが

 検察側が請求、弁護側も同意した写真撮影報告書や医師の調書などを地裁が採用しなかったことに疑問を呈した。

 従来の裁判実務からすれば、たしかに異例だと思います。
 いずれも客観性の高い証拠で、同意がある以上当然採用の証拠です。
  

 犯人性が争点となった義理のめいの夫原田輝男さん=当時(65)=の事件でも検察側が請求した複数の状況証拠を挙げ「調べるのが相当だった」と指摘した。

 地裁がなんでこんな変な証拠決定をしたのか考えてみますと、思い当たるところとしては裁判員制度を意識しすぎてるんじゃないかな、という点です。
 裁判員の負担を考えすぎて、証拠を少しでも減らそう減らそうとしているんじゃないかと思われるわけです。
 地裁の裁判官に聞いてみないと本当のところはわかりませんが。

 ともかく、裁判員制度は証拠を減らすための手続ではないはずです。
 必要な証拠はきちんと調べるという基本をおろそかにしたら、裁判の信頼性なんかなくなりますよ。

| コメント(8) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(8)

> 裁判員の負担を考えすぎて、証拠を少しでも減らそう減らそうとしているんじゃないかと思われるわけです。

もしかしたら、自分の負担を減らすためだったりして。
Wikki でも問題視されていますが、裁判官の抱える審理が多すぎるためか、
”どうせ、有罪だ。事前の新聞情報から考えれば、18年位が妥当なところ。”

なんて判決ありきの法廷指揮を行ったとしたら....
ちょうど富山の冤罪事件で、柳原さんが今月国賠訴訟を起こすようですが、この原審を担当した判事なんかはこう考えたのじゃないか?と私なんて考えてしうのですが、それと同じような匂いがするんですよね。

 

訂正です。

誤:Wikki でも問題視されていますが、
正:Wikki でも問題視する記載がありますが、

でした。

 

>もしかしたら、自分の負担を減らすためだったりして。

 それはないでしょうね。
 たいしたページ数の証拠とは思えないですよ。

>それはないでしょうね。
 たいしたページ数の証拠とは思えないですよ。

そう思いたいのですけどね。
多数の訴訟を抱えていると、わずかな証拠書類といえども、”ちりも積もれば、夢の島...じゃなくて、山となる。”ですからね。
”少しでも仕事を減らしたろぉーか”という誘惑がなかったかどうか? は本人にしかわからんですな。
 
 
 

 横レス失礼します。
 大学同期の裁判官の話によると、地雷を踏むと怖〜い高裁破棄の地獄が待っているようですよ。後医は名医と同様に、高裁は事後審査ができるので名裁判官しかいないとかw
 もちろん、ホントかどうか門外漢の私には分かりません。わかるのは、役所で、上級庁とは、異議申し立て先の官庁でもわるわけで、やはり、そこは、地雷処理班……後医は名医……o(;△;)o

>地雷を踏むと怖〜い高裁破棄の地獄が待っているようですよ。
 
これはこれで困るんだよなぁ。
裁判官は、他者の影響に左右されることなく、自信の信念(心証)によって判断を下さなくてはいけない。と確か憲法だと思ったけど書かれているわけです。

もし上級庁の顔色を伺って判決を下すようなことになると、最終的には人事権を持つ最高裁判所の顔色をうかがうということになる。

そして最高裁判事の任免権は、内閣総理大臣にあるわけで、国民のための裁判所ではなく行政のための裁判所になってしまう。

いやいや、もう既にそうなっているという噂もあるけど(とほほ)。

国民が最高裁判事だけでなく下級審判事についても、審判できるシステムも考える必要があるのかなぁ。国会内の弾劾裁判所では、トンデモ判決を出したとしても訴追対象になる可能性はないものねぇ。

 

>もし上級庁の顔色を伺って判決を下すようなことになると、最終的には人事権を持つ最高裁判所の顔色をうかがうということになる。

 高裁や最高裁には、地域的全国的な法令解釈の統一というお仕事が、訴訟法で認められています。確定した高裁判例と異なる判断なら、判例反を理由に控訴や上告が認められています。
 したがって、地裁裁判官や高裁裁判官は、最高裁判例や確定した高裁判例に基づいた法的判断の枠組みで妥当な結論を模索していると思います。
 もちろん、判例変更が妥当なら、それを求める判決を下すこともありで、大学後輩の裁判官がそれをやりまして、民事の小さな論点でしたが、2年後に高裁新判例がでて、そのX年後最高裁判例の変更に至りました。o(^ヮ^)o

そうですよねえ。
たいしたページ数じゃないですし,そもそもこういった客観性の高い証拠があった方が,判決を書きやすい(したがって仕事は楽)と思うんですけどねえ。

一審ではひょっとして殺意とか自白してたんでしょうかね。それでこれらの証拠はいらないって判断したんでしょうか。
ところが,控訴審で否認に転じたとか。

いろいろ想像できますが,近時の証拠厳選がおかしな方向に向かった例でしょうね。

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント