エントリ

 といってもコミックなんですが(^^;

麻酔科医ハナ 1 (1) (アクションコミックス) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
 
 感想としては、麻酔科医に惚れましたが(^^)

 このコミックのリアリティはどの程度なんでしょうか?

| コメント(15) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(15)

 女医さんの故意の麻酔…もとい…恋の魔法。
 そんな麻酔科の女医さんに鼻の下を伸ばして公務員医師ライフをジョイしたセンセイならいました。思い出しました。純情で真実医療一路の先生で個人的には好きでした。麻酔科女医との恋は実らなかったようだけど、コメディカルと結婚されて、確か2世が2人とも医学部逝ったという年賀状がきてました。
 麻酔科専攻だったりして(ホノボノ。

 トピズレすまそです。ただ、麻酔科の先生は昔から忙しく分単位で神経張り詰めた方が多かった記憶です。手術室では縁の下の力持ち(頼れる人)で、冥利を求めず患者の回復だけを願う良心的な方が男女とも多かった記憶です。
 私も手術台に登る前に、アレルギーのムンテラ尋問wに加えて、パッチテストを2度もしていただいて、しかもパッチシールを怖い目で何度も視認していらっしゃいました。その慎重さとプロ根性には脱帽しました。

 かなりリアルです。でも、大学や地方によって外科との力関係は変わりますので、すべての麻酔科医が当てはまるわけではありません。
 ただ、麻酔科医の女医さんは、私の知っている限りなぜか美人が多かったですね。この主人公ほどの巨乳の方はいませんでしたし、あんなはずかしい手術場での服も着てませんでしたけど。

非医師の友人から下記メールが来てましたがコレの事だったんですかね?

そういや麻酔科医が主人公という漫画の単行本がコンビニの棚に並んでたが、作者も言うようにちょっと古めの情報で描かれた漫画なのは置いとくとして、外科医がやたら悪者なのもいいとして、眼科がクジゴジ科とか呼ばれてたのもアレとして、帯の惹句が『年収3500万円でもいやな仕事』というのは(実話だとしても)なんだかなあと思った。

>この主人公ほどの巨乳の方はいませんでしたし、あんなはずかしい手術場での服も着てませんでしたけど。

ちょっくら本屋に行ってくらぁ(AA略)

 掲載誌は「漫画アクション」。

 医療関係の漫画としては,現実的で,麻酔科の業務を啓蒙的説明していてよい作品だったと思います。

 しかし,もう,連載は終了してしまいました。
 人気がなかったのでしょう。事実上打ち切りのようなものです。巻数は,搬任辰討△蠅泙垢,1巻の最終話で連載は終了したと記憶しています。

 結局,この国で受ける医療漫画は「ゴッドハンド輝」みたいな対決ものか,「スーパードクターK」みたいな,あり得ないスパードクターものか,仮想の醜い医療を打破した気分になって得意になっている荒唐無稽な「ブラックジャックによろしく」みたいな漫画ばかりが残って,民衆の深層心理には「ブラックジャックによろしく」みたいな医療水準や医療倫理観が残るのです。

 まぁ,「仁」や「ラディカル・ホスピタル」のような佳作もありますが。

 


医療マンガとしては「おたんこナース」はどうでしょうかね?
マンガとしては「動物のお医者さん」ほどにははじけていませんが。
あれに出て来る医者は何かその辺にいそう。(笑

「おたんこナース」ブックオフwからひとそろい買ってきて読みました。医療人からみたら、まじめすぎて、当たり前すぎてあまりおもしろくない、というべきでしょうか(^^;)
もともと医療は一般の方から見れば極度に非日常的な事案でありますからね。

「ドクター秩父山」なんてのもあったんですが...

おたんこナースは原作があるから真面目すぎなんですよね、ちょっと。
実は「動物のお医者さん」の獣医学部のへんちくりんな教授が意外に現実の「人間のお医者さん」に似たタイプがいたので、事務さんたちに回すと大受けでした。(が、勢いあまって似てると思ってた本人にまで回りましたが。笑

 「ドクター秩父山」か、懐かしいですねぇ。
 '80年代、学生のころに読みました。
 作者の田中圭一はその後、手塚治虫の絵柄・描き文字をほとんどそっくりに描けるようになって「神罰」なんて作品集を出したりしています。
 あのタッチで「ブラック・ジャック」のパロディを描いたらすごいだろうなぁ。

モトケン先生ご紹介の漫画コミックは知りませんでした。
私は、スペリオールという雑誌の「医龍」というのが好きなんですが、そういえばあれもそういえばゴッドハンド的なところがあります。そこに出てくる麻酔科医は腕は良さそうですが、素行がどうしようもないです。
あんな風な教授選は実際有るのかな〜。

 有名なところでは「研修医ななこ」。
 ななこやその同僚が等身大でよかったです。

 そうだ、エレガンス・イブ連載中の「Mの伝説」、もと「ダーク・エンジェル」ですが、当初は女医版「ブラック・ジャック」でおいおいと思うスーパードクターだったのですが、最近では、よいブレーンがいるようで、ヒロインが相変わらずのなんでもこなすスーパードクターには違いないのですが、その技術がけっこう現実的になってきて、物語もヒューマン・ドラマ化しており、案外いいです。

医龍は漫画として好きです

富沢順氏の脱獄ドクターいのち屋エンマも面白いと思いますが、いかがでしょうか

「医学生のケロタン」フィギュアをフルスクラッチしたオレ様が来ましたよ。<途中で放り出したままですがw

そういえば、ナースあおいってのもありましたね。
かなりとんでもなストーリーで、tomorrowなみですが。

法律相談へ

ブログタイムズ